「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ガソリンストーブのおすすめ商品5選!失敗しない選び方のポイントも

ガソリンストーブのおすすめ商品5選!失敗しない選び方のポイントも

ガソリンストーブのおすすめ商品を、5アイテムアイテムまとめました。主燃料や付属品、サイズ、重量の観点から、ガソリンストーブの選び方のポイントも詳しく解説。口コミや商品の特徴について比較表を交えながら、わかりやすく紹介します。


ガソリンストーブのおすすめ商品を紹介!

冬のキャンプなどアウトドアの暖房として活躍するのがガソリンストーブです。ガソリンストーブは、自作する人も多くいる定番アイテムです。ガソリンストーブは、暖房だけではなく、煮炊きをする際にも使うことが可能です。
この記事では、ガソリンストーブのおすすめ商品を、5アイテム紹介。ケロシンストーブとの違い、付属品やサイズ、重量、主燃料の観点から、選び方もわかりやすく解説します。

ガソリンストーブの選び方

選び方①主燃料で選ぶ

アウトドアでのガソリンストーブは、主燃料はホワイトガソリンを使うことが多いです。ホワイトガソリンはレギュラーガソリンと比べ、すすがでにくいという特徴があります。
ガソリンストーブを探すと、ケロシンストーブも出てくることがあります。実は、ケロシンストーブとガソリンストーブは別のものです。
ケロシンストーブのケロシンとは灯油を指し、灯油系燃料を主燃料にしています。ガソリン専用のストーブにケロシンストーブ用の燃料を入れても、動かないばかりか故障する場合もあるので気をつけましょう。

選び方②形状・タイプで選ぶ

ガソリンストーブを選ぶ際のポイントに、形状やサイズがあります。暖房力を重視するのか、調理を自作できることにポイントを置くのか、それぞれに合わせたガソリンストーブを選択します。
暖房力やコンパクト製を重視するなら一体型、調理を自作することに主眼を置くなら分離型をおすすめします。

選び方③付属品で選ぶ

ガソリンストーブは、付属品で選ぶというポイントもあります。特にガソリンストーブには付属品がない場合が多いです。ただ、一体型の場合は、ガソリンを入れるタンクも付属していた方が、セッティングがとても楽なのでおすすめです。
ガソリンストーブの初心者の場合は、メンテナンスグッズや収納袋も付属しているタイプを選ぶと、わかりやすくて良いでしょう。

選び方④収納サイズ・重量で選ぶ

収納サイズや重量で、ガソリンストーブを選ぶというポイントもあります。キャンプやアウトドアで車移動する場合には、それなりにサイズや重量があっても大丈夫でしょう。
一方、ツーリングキャンプや登山の場合は、荷物はコンパクトで軽量な事が求められます。小さくまとめられるサイズで、軽いタイプのガソリンストーブを選択しましょう。

ガソリンストーブのおすすめ商品5選

コールマン スポーツスターII

スポーツスターII

¥19604

コールマンのストーブと言えば、このスポーツスターⅡでしょう。一体型のガソリンストーブ。火力が強く、大きめの五徳もついているので、暖房だけではなく、料理でも使うことが可能です。
燃料は、ホワイトガソリンの他に、無鉛ガソリンも使用することが可能。寒冷地での使用もすることができます。

50代/男性
50代/男性

長年のキャンプの友

評価:

コールマンのガソリンストーブは、長年のキャンプの友として大活躍してくれています。火力も強く、寒くても使えるので、冬キャンプで料理を自作するときにも、暖房としても威力を発揮しています。

MSR ドラゴンフライストーブ

ドラゴンフライストーブ

¥23100

強火からとろ火まで、火力調整を細かくすることが可能なガソリンストーブです。暖房よりは、調理に向いているタイプ。
燃料はホワイトガソリンや無鉛ガソリン。DKジェットを付け替えると、灯油や軽油、ジェット燃料も使用することができます。様々なタイプの燃料が使えるので、とても人気のガソリンストーブです。

サイズ17.8x 17.8x 17.8cm
重量500g
40代/男性
40代/男性

高地・寒冷地でも使用できる

評価:

高地や寒冷地での登山・キャンプの際にも使うことができます。料理を自作する際、極弱火で煮込むこともできるのが良い。

OPTIMUS ガソリンストーブ

ガソリンストーブ

¥21232

小型ガソリンストーブと言えば、100年以上もの実績のあるOPTIMUSのガソリンストーブでしょう。極所でも安定して使うことが可能。各国の軍隊や観測隊でも採用されてきた実績があります。
小型で軽く、携帯性が高いので、特に登山やソロキャンプなどで活躍しています。
燃料はホワイトガソリンだけです。120mlのホワイトガソリンで2時間燃焼することができます。

30代/女性
30代/女性

雪の中でも安定した炎

評価:

雪中キャンプでも、簡単に着火でき、安定して使うことができます。暖房としても、コッヘルを乗せて料理を自作する場合でも、両方重宝します。

SOTO ストームブレイカー

ストームブレイカー

¥23100

バーナーヘッドの炎口の数が多く、耐風製に優れています。ホワイトガソリンの他に、カセットガスも使うことが可能。燃料が変わってもノズルを変更しなくても大丈夫です。
付属品はポンプ・ガスバルブ・メンテナンスキット・収納ポーチと充実。燃料さえあれば、すぐに使うことができます。コンパクトかつ軽量なので、登山でも多く用いられています。

サイズ15X13X90cm
重量225g
30代/男性
30代/男性

厳しい気候でも使える

評価:

風が強く吹いていたり、すごく寒かったりしても普通に使えるところがすごいと思います。防風ブレードがあれば、もっと威力を出すことも可能です。

MSR ウィスパーライト

ウィスパーライト

¥14850

MSRのスタンダードモデルのガソリンストーブです。燃料は、ホワイトガソリンのみ使用可能。シンプルな構造なので、メンテナンスがしやすいです。畳むとコンパクトになり、携帯性に優れています。
付属品は、ポンプ、ウィンドスクリーン、簡易メンテナンスキット、説明書、スタッフサックです。ホワイトガソリンさえあれば、すぐに使うことができるキットです。

本体サイズ16×9×9cm
重量334g
20代/女性
20代/女性

小さく畳めて持ち運びしやすい

評価:

とても小さく畳むことができます。ザックの中に入れておいても、負担感はないです。とても軽いというのもあります。登山でよく使っています。高所でも安定して火を使えるので、とても便利です。

ガソリンストーブのおすすめ商品の比較表

ブランド

コールマン

MSR

OPTIMUS

SOTO

MSR

画像

商品名

スポーツスターII

ドラゴンフライストーブ

ガソリンストーブ

ストームブレイカー

ウィスパーライト

特徴

・燃料はホワイトガソリン ・無鉛ガソリンも可 ・寒冷地OK

灯油が使える ・軽油やジェット燃料OK ・細かい火力調整

・燃料はホワイトガソリンのみ ・少ない燃料で長時間使用可能

耐風性が高い ・カセットガスも使用可

シンプルな構造 ・付属品が充実

商品リンク

ガソリンストーブをキャンプで使ってみよう!

おすすめのガソリンストーブを5アイテム紹介しました。ホワイトガソリン以外のものが使えるタイプのものや、メンテンナスが簡単なものまでありました。ホワイトガソリンタイプは、高所や寒冷地でも使えるので、登山や冬キャンプの際にとても支持を得ています。
この記事を参考にガソリンストーブを選び、楽しいアウトドアライフをお過ごし下さい。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー