「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

登山におすすめのマット7選!安い・軽量の人気アイテムも紹介

登山におすすめのマット7選!安い・軽量の人気アイテムも紹介

登山におすすめのテントマットを紹介!値段が安いものやキャンプに最適な軽量のものも解説しているため、自分に合った商品を探してみましょう。登山用のマットの選び方にも触れているので、これから登山を始める人や初めて購入するという人も安心です。


登山におすすめのマットを紹介!

登山では睡眠を快適にするため、マットを持っていくという人が多いです。マットがあれば登山でも快適に睡眠ができて、次の日も問題なく登山を再開できます。テントマットにあまりこだわっていなかったという人は、この機会に購入を検討してみましょう。
おすすめな軽量マットや安い価格で手に入れられるマットを紹介しているので、登山だけでなくキャンプにも利用してみましょう。

登山用マットの選び方

まずは、登山用テントマットの選び方について掘り下げていきましょう。選び方のポイントは主に4つあります。これから登山用マットを購入しようと考えている人も、ぜひ参考にしてみてください。

選び方①種類で選ぶ

登山用マットを購入する際は、好みに合った種類で選ぶことが重要です。テントマットは主に厚みのある「エア」、安い価格の「クローズセル」、持ち運びやすい「インフレ―ター」に分かれます。それぞれ特徴が異なるので、メリットとデメリットを見比べてみてください。

選び方②厚みをチェック

登山では寝心地が悪くて眠れない、という人も少なくありません。そんな時は、マットの厚みに注目してみましょう。マットに厚みがあると地面が硬くても、快適に過ごせます。特にエアマットタイプは空気を抜けば軽量になり、空気を入れることで厚みを復活させることが可能です。

選び方③サイズや収納性で選ぶ

登山やキャンプにテントマットを持っていく場合は、サイズや収納性に注目しましょう。特に登山やソロキャンプではアイテムの軽量さが重要で、軽量になればなるほど持ち運びやすくなります。また、体の大きさによっておすすめなサイズも異なるため、事前にチェックしてください。

選び方④断熱性や耐久性で選ぶ

登山やキャンプにおすすめなテントマットは、断熱性や耐久性で選ぶことも重要です。特に、冬の季節の登山やキャンプは寒くて寝られないことがあります。そのため、どの季節にテントマットを使用するのかによって、何を買うべきか検討しましょう。

登山におすすめのマット7選

登山におすすめなマットを、商品別に紹介します。おすすめ商品の中には軽量で持ち運び安いものや、値段が安くて初心者でも手に入れやすいものも多いです。そのため、これから登山やキャンプを行う予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

Fieid Station インフレータブルマット

インフレータブルマット

¥3036

こちらの商品はポリエステルを使用しているため、安い値段で購入できます。また、自動で膨らむアイテムなので、携帯に最適です。ソロキャンプにピッタリなサイズ感となっているため、一人で登山やキャンプに挑戦したいという人におすすめです。

長さ185cm
65cm
厚み3cm
30代/男性
30代/男性

幅が広がりました

評価:

これまで使っていたものは寝心地が悪く、いつも登山やキャンプは日帰りで行けるようにしていました。しかし、こちらは自動で膨らむので持ち運び安く、セットもしやすいです。寝心地も良いので好きなところに登山に行けて嬉しいです。

ニーモ ZOR 20R

ZOR 20R

¥12650

季節を問わず使用したい方には、こちらの商品がおすすめです。軽量なのでとても持ち運びやすいです。ただし、縦の長さは183cmまでしかなく、比較的小さめですので注意してください。価格は他のブランドと比べて安いわけではありませんが、機能性は抜群です。

長さ183cm
51㎝
厚み2,5cm
20代/女性
20代/女性

快適に過ごせて大満足

評価:

他のブランドよりも軽量な部分に惹かれて購入しました。初めはパッキングのことしか考えていなかったのですが、快適に睡眠ができています。とびぬけて安いわけではないけれど、愛用するのにピッタリな商品です。

エクスペド SynMat XP 7 M

EXPED(エクスペド) SynMat UL 395263

¥19800

暖かさを保てるアイテムを探している人におすすめです。しっかりとした保温性を持っているため、冬に登山を行う人から人気があります。また、軽量なので持ち運びやすく、専用のケースに入れればコンパクトに収納可能です。
しっかりとした厚さがあるので、快適に睡眠を行うことができるでしょう。気温は-6℃まで対応しています。

長さ163cm
52cm
厚み7cm
40代/男性
40代/男性

寒さに強い

評価:

対応温度が-6℃までなので、登山でも快適に過ごすことができています。大きさは少し小さめですが、寝袋と兼用することで睡眠を邪魔することもありません。

WAQ インフレータブル式マット

WAQ インフレータブル waq-m8

¥6980

複数人で登山をしたり、大きめのマットを探している方にはこちらがおすすめです。こちらの商品は連結させて使用できるため、単体では小さいと感じてしまう場合も安心です。また、厚みが8㎝もあるので寝心地も抜群。比較的安い値段で購入できる他、自動で膨らむのでセッティングも簡単です。

長さ190cm
65cm
厚み8cm
50代/女性
50代/女性

子供との登山に使用しています

評価:

子供と登山をすることが増えたのですが、こちらの商品を購入してからは快適に寝ることができています。バルブを開けば3分ほどでセッティング可能なので、初心者の私でも簡単に使えます。安価なのも手に取りやすかったです。

モンベル U.L. コンフォートシステム エアパッド 180

mont-bell(モンベル) U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 180

¥17640

こちらはモンベルから販売されており、信頼の実績があるアイテムです。寝心地が良いのに持ち運びやすいことから、多くの人から愛されています。優れたクッション性がある他、軽量なので登山にも最適です。空気を入れて使用するタイプで、空気を抜く時も簡単です。また、フラットバルブを操作すれば、半自動的に空気を注入可能です。

長さ180cm
50cm
厚み2,5cm
40代/男性
40代/男性

ブランドでアイテムを揃えています

評価:

モンベルの商品が品質が良いため、登山用のマットもこちらで購入しました。半自動的に膨らませることができるので、初心者にもおすすめです。専用のカバーに入れれば片手で持つこともできます。

サーマレスト ネオエアー Xライト レギュラー

サーマレスト ネオエアー Xライト

¥21970

登山におすすめのこちらの商品は、シリーズの中でも最も軽量な登山用マットです。折りたたむと1Lのペットボトルよりもコンパクトになるため、軽量やコンパクトさを重視したい方におすすめです。また、エアポケットがあるので暖かい空気を逃さず、寒い季節でも快適に過ごすことができるでしょう。

長さ183cm
51cm
厚み6,3cm
20代/女性
20代/女性

とにかく持ち運びやすい

評価:

登山でコンパクトに持ち運べるものを探していて、こちらを見つけました。登山用のリュックにもしっかりと入るため毎回持って行っています。

SPECIALIST ポリエチレン発泡マット 折りたたみ式 シングル

ロゴス/LOGOS (高密弾力)55セルフインフレートマット・SOLO

¥8250

登山に人気のこちらの商品は、分厚さがあるため快適に過ごせます。カラーはリバーシブルとなっているため、好みに合わせて変えることも可能です。190cmと大柄な人でも利用できますが、重量が2kgとかなり重たいので注意が必要です。

長さ190cm
65cm
厚み5,5cm
20代/男性
20代/男性

少し重たいのが不便

評価:

人気ブランドにしては屋吸う値段で購入できたので満足しています。大きいサイズなので大柄な自分でも使いやすいです。ただ、他の登山用マットと比べると重たいため、荷物が多いという人にはあまり向いていないかも。

登山におすすめのマット比較表

ブランド

Fieid Station

NEMO

EXPED

WAQ

mont-bell

THERMAREST

LOGOS

画像

種類

インフレータブルマット

ZOR 20R

SynMat XP 7 M

インフレータブル式マット

U.L. コンフォートシステム エアパッド 180

ネオエアー Xライト

(超厚)セルフインフレートマット・SOLO

特徴

自動で膨らむ ・安価 ・持ち運びやすい

・超軽量 ・コンパクト ・冬にも最適

対応温度が-6℃ ・超軽量 ・カラーがおしゃれ

・厚みが8㎝ ・連結可能 ・自動で膨らむ

・軽量 ・半自動で膨らませられる ・人気ブランドで安心

擦れる音が少ない ・超軽量 ・小さく折りたためる

・自動で膨らむ ・リバーシブルカラー ・縦のサイズが大きい

商品リンク

登山用マットのおススメまとめ

登山用マットは、快適な登山やキャンプを行うのに必須です。マットとあわせて寝袋を兼用することで、より良い睡眠時間を過ごせるでしょう。
コンパクトにパッキングできるものもあれば、安い値段で初心者でも手軽に購入できるものも販売されています。
登山用のものを購入する際は、事前にどのような使い方をするのか、具体的に決めておきましょう。そうすることで、自分に合ったものを簡単に見つけられます。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。