「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。


100均ダイソーの人感センサーライトを紹介!

100均ダイソーの人感センサーライトは、ナイトキャンプでも使える大変便利な商品です。発光力もLEDライトを使用しているため強く、夕やみに包まれた屋外では照明の役割を果たしてくれます。
しかし、「100均だし、たいしたことないのでは?」「本当に屋外でも使える?」と気になるところです。紹介する人感センサーライトは、クオリティーが高くとても優秀なのです!それでは、ダイソーの人感センサーライトの特徴や活用方法を取り上げていきます。

100均ダイソーの人感センサーライトの特徴

特徴①単四電池で使用可能

100均ダイソーの人感センサーライトの特徴ひとつ目は、単四電池で使用可能な点です。裏側の電池ボックスに単四電池を三本用意し取り付けるだけで、簡単に使えます
電池ボックスのふたは、ねじで固定されています。あらかじめドライバーも用意しておきましょう。電池ボックスの中には、差し込みフックと両面テープが2枚付いているので、キャンプ時テントに取り付けて照明としても使用可能です。

特徴②オン・オフ・オートに切り替え可能

ダイソーの人感センサーライトの特徴ふたつ目は、ライトをオン・オフ・オートの3段階に切り替えられる点です。オートはモーションセンサーが作動することで、ライトがオン・オフ自動的に切り替わります。 
その他にも手元を常に照らしたいときはオン、必要ないときはオフなど必要なシーンで使い分けができて、とても便利です。

特徴③明るさと点灯時間

ダイソーの人感センサーライトの特徴3つ目は、明るさと点灯時間です。電球にはLEDライトが使われているため、かなり明るいです。そして、モーションセンサーが反応すると30秒間点灯してくれます。
夜のキャンプ時に足元をしっかり照らしてくれるため、タープやテントのロープで躓くのを防いでくれる優れものです。

特徴④人や動物の動きを察知して点灯

ダイソーの人感センサーライトの特徴4つ目は、人や動物の動きを察知して点灯する点です。オートに設定すると、搭載されたモーションセンサーが約4mの距離を約100度で対象物を検知します。
そのため夜に、野生動物や盗難から身を守るなどの防犯対策としてもピッタリなアイテムです!

100均ダイソーの人感センサーライトの活用シーン

活用シーン①キャンプで使用

100均ダイソーの人感センサーライトは、ナイトキャンプにピッタリなアイテムです。なぜなら、ランタンと防犯アイテムの2通りの使い方ができるからです。まずは、点灯を常にオンにしておくことで、辺り一面を照らす照明になり、夜の調理には非常に便利です。
2つ目は、点灯をオートに切り替え、テント前に人感センサーライトを設置します。センサー内に野生動物や人が近づいたら反応しライトが点灯するので、防犯対策グッズとしても使えます。

活用シーン②自宅で使用

ダイソーの人感センサーライトは、自宅で使っても活躍してくれます。設定をオートにして、廊下や階段に設置します。センサーが反応し30秒間ライトが点灯するので、夜間に急にトイレに行きたくなっても電気を付ける必要がありません
検知距離・範囲も広いので、かなり活躍してくれます。電気を付ける必要がないため、電気代節約にもなります。

100均ダイソーのLEDセンサーライトもおすすめ

特徴①暗くなると点灯する

100均ダイソーのLEDセンサーライトの特徴ひとつ目は、暗くなると点灯するという点です。前面に暗さに反応する光センサーが搭載されています。
そのため約3ルクスの光を検知すると自動的にLEDライト点灯し、約13ルクスの光を検知するとLEDライトが消灯されます
しかしながら、取り付けの環境により上記の条件に達さない場合は、点灯・消灯しないため注意が必要です。

特徴②電池ではなくコンセント式

100均ダイソーのLEDセンサーライトの特徴2つ目は、電池ではなくコンセント式という点です。取り付け場所によっては、電池交換が面倒になる場所もあります。
このLEDセンサーライトは、コンセントにつなぐだけ使えるため、電池が無くなったら交換する、といった手間が必要がありません。コンセントがない場所では使えないというデメリットはあります。

特徴③明るさと電気代の目安

100均ダイソーのLEDセンサーライトの特徴3つ目は、明るさと電気代の目安が分かりやすいという点です。LEDの明るさは、凹凸のあるシェードに反射し、光が扇状に広がるため優しいです。
また、消費電力は1日12時間使っても、年間電気代は86.46円しかかかりません!玄関に設置すると、日が暮れて誰かが帰ってきたら、人感センサーライトが反応し点灯します。わざわざ電気をつける必要もなく、電気代を節約にもつながります。

100均ダイソーの人感センサーライトのQ&A

100均ダイソーの人感センサーライトの自動点灯の30秒間は正確ですか?

10回計測した結果、正確に30秒点灯したのは4回だったようです。あとは±1秒のズレ程度で、ほぼ正確な点灯時間です。

100均ダイソーのセンサーライトは防水ですか?

残念ながらセンサーライトに防水機能はありません。屋外に設置する場合は急な雨に濡れないよう透明なポリ袋に入れるか、ラップを巻いて防水しましょう。 

廊下に設置したいのですが、日中でもセンサーが反応してライトが点灯してしまうのでしょうか?

周囲が明るい時は点灯しません。人感センサーのため、温度に変化が起こるとライトを30秒間点灯します。そして、点灯中にセンサーライトの前を通ると点灯時間が延長されます。

100均ダイソーの人感センサーライトを使ってみよう!

100均ダイソーの人感センサーライトは、単四電池を入れるだけで簡単に使えます。そのため、キャンプに持って行くとかなり重宝します。
ランタン・防犯グッズとさまざまな使い方も可能です。人感センサーライトを取り入れて、ナイトキャンプを楽しみましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。