「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

100均の銀マットはキャンプにおすすめ!テントはもちろん車中泊にも便利

100均の銀マットはキャンプにおすすめ!テントはもちろん車中泊にも便利

キャンプにおすすめの、100均銀マットの魅力を解説します。100均の銀マットをキャンプに導入することで得られる、様々な利点やサイズを調査しました。また、いろいろな100均の商品の中から、おすすめ商品をいくつか紹介します。


100均の銀マットがキャンプで人気の理由を調査!

冬のキャンプは夏キャンプと違い、防寒グッズを用意する必要があります。電気毛布や分厚いシュラフ、暖房器具など全てをそろえると、お値段がかかってしまいます。一つでも百均で揃えられたら、安く済ませられます。
その中でもアルミシートは100均でも販売されていて、キャンプや車中泊に使用されています!100均の銀マットが人気の理由を、調査していきます。

キャンプでの100均の銀マットの魅力とは?

キャンプの快適さを求める時、マットを買う方も多いです。百均の銀マットを使えば、マット購入の費用を抑えられます。
100均の銀マットでは、分厚さやサイズに不安を覚える方が多いようです。しかし、100均の銀マットでもキャンプや車中泊で効果を発揮できます。銀マットにどのような効果があるのか紹介していきます。

100均の銀マットの魅力①地面からの断熱効果

アルミは熱を反射する特性を持っています。テント泊で身体が地面と接していると、身体の熱が地面に逃げていきます。身体と地面の間に銀マットを挟むことで、身体の熱が地面に逃げるのを防ぎ、断熱効果が期待できます
寝袋の上下に銀マットを敷いたり、寝袋の内側でも身体に巻いておけば、100均ながらも高い断熱効果を発揮してくれるでしょう。

100均の銀マットの魅力②地面の凸凹の緩和効果

テント泊での大敵は、地面の凸凹です。寝袋に入っても地面の凸凹は気になるため、その下にマットを敷けば、凸凹が身体に当たる負担が軽減されます。
百均の銀マットは、他の市販のものよりも厚さが足りないものが多いですが、何枚か重ねたり、他のクッション性のある商品と銀マットを組み合わせて使うことで、その欠点を補うことができます。
地面の凸凹が気になる方は、より分厚いマットを選ぶのがおすすめです。

100均の銀マットの魅力③車中泊にも便利

100均の銀マットは、車中泊でも活躍します!銀マットにくるまって寝ると、身体の熱を外に逃がしません。また、マットは車の凸凹の軽減にも役立ちます。
100均の銀マットは、厚手のものが少ない反面、持ち運びに便利なサイズのものが多いです。できるだけ荷物をコンパクトに抑えたい車中泊には、百均の銀マットがおすすめです!

キャンプでおすすめの100均の銀マット商品紹介

セリア アルミ温熱シート

サイズ

213cm×137cm

こちらは薄手で、毛布のようにくるまるためのアルミ温熱シートです。薄手なので地面の凸凹を軽減することはできませんが、熱を逃がさない機能があります。
寝袋の上や下に敷いて使うと、身体の熱が逃げにくくなるためおすすめです。
またこの商品はとてもコンパクトなので、持ち運びの際に場所をとりません。念の為予備に持って行って、寒くなったら使うなど、様々な使い方ができます。

DAISO 熱が逃げにくい保温アルミシート

サイズ

180cm×180cm

こちらは先ほどの温熱シートより、厚みがあります。さらに、表面に凸凹があるため保温性が上がっています。また、床に敷くことで、テントの下の凸凹を軽減してくれます。
ただ、クッション性は無いので、クッションの下に敷いて使うことをおすすめします。

100均の銀マットを活用してキャンプを快適に!

100均の銀マットは、分厚さやサイズでやはりアウトドアブランドの商品に劣ります。しかし何枚か重ねたり、他のものと組み合わせて使えば、キャンプでも大活躍してくれます。ぜひ、100均銀マットを活用してみましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー