「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプ飯を充実させる「カルディ」をチェック!マニアックで便利な食材が豊富

キャンプ飯を充実させる「カルディ」をチェック!マニアックで便利な食材が豊富

カルディで手に入る、おすすめのキャンプ食材を紹介します。キャンプでのメインイベントのひとつである「楽しい食事」。本記事ではそんなキャンプ飯をもっと手軽に、もっと本格的に楽しむために、マニアックでおしゃれな食材を紹介していきます。


キャンプの前はカルディに行こう!

キャンプにおける最大の楽しみの一つである「食事」。「もっと美味しく」「もっとおしゃれに」はキャンパー達共通の願いではないでしょうか。しかし、ただでさえ荷物が多くなるキャンプでは、準備に手のかかる本格的な料理は敬遠されがちですよね。

本記事で紹介するカルディで手に入る食材は、そんな悩みを解消してくれます。「手軽に本格的」をキーワードに、おすすめの食材を紹介するので詳しく見ていきましょう。

レアな食材も手に入るカルディの魅力とは

カルディはコーヒー豆の販売などの他、世界の珍しい食材などの購入ができる販売店です。食材との出会いにワクワクして欲しいというコンセプトのもと、新鮮な売り場づくりに取り組んでいます。そんなカルディだからこそ、スーパーではなかなか手に入らない食材や調味料、珍しいスパイスなどを見つけることができます。

キャンプにおけるカルディの魅力は、なんと言っても珍しい食材で、本格的なキャンプ飯を味わえることです。キャンプにも少し慣れてきた頃、いつもと違った料理に挑戦しようと思う人も多いはず。

そんな時カルディの食材は、手軽さと美味しさ、そして周りからの羨望の眼差しを与えてくれます。ぜひ一度、カルディの珍しい食材をチェックしてみてください。

【カルディ】おすすめの簡単キット3選!

カルディで買える、おすすめの簡単キットを3つ紹介します。作り方も細かく載っているので失敗の心配もいりません。いつもとは一味違った本格キットを確認していきましょう。

おすすめセット①:手作りインドカレーキット(408円)

一つ目に紹介するのは「手作りインドカレーキット」です。こちらはカルディオリジナルの商品で、2種のスパイスと煮込み用のソースが入っています。本格的なインドのスパイシーなカレーでありながら、子供でも美味しく食べられるという口コミもある、みんなが大好きなカレーです。

カレーと言えば、キャンプ料理の定番ですが、いつもと一味違った本格カレーが簡単に作れるのは嬉しいポイント。しかも、炒め用スパイス、煮込み用ソース、香りのスパイスの入れる手順さえ間違わなければ失敗の心配もありません。辛いのが苦手な人は香りのスパイスで調整することもできるようなので、お好みで作ってみるのもおすすめです。

おすすめセット②:オールドエルパソ メキシカンフード タコキット(753円)

次に紹介するのは、100年の歴史をもつメキシカンフードのトップブランド「オールドエルパソ」からタコキットです。

タコスまたはタコはメキシカンフードのひとつとして有名ですが、このキットには、タコシェルと呼ばれる具材を包む皮が12枚と味付けのシーズニング、ソースが入っています。なので、お好きなひき肉や野菜を準備すれば、簡単にタコスを味わうことができます

シェルはそのままでもOKですが、温めるとよりパリパリになるので、鉄板や網で少し焼いてみるのもいいでしょう。味も丁度いい辛さなので、手軽にメキシカンフードを感じたい人には特におすすめです。

おすすめセット③:ビリヤニキット チキンダム(537円)

ビリヤニとは、インドなどで食べられるスパイシーな炊き込みご飯のことです。こちらはカルディオリジナル商品で、日本人が一般的に食べているジャポニカ米とは違うインディカ米が使用されています。

インディカ米は香りが強くて水気が少なく、パラパラしているのが特徴で、ビリヤニに適したお米です。しかも、その中でも最高の香りと評されるバスマティライスが使われているので、ビリヤニ初心者でも、挑戦してみる価値はあるでしょう。

とり肉と好きな野菜を準備すれば味付けのためのグレービーソースも入っているので簡単に作ることができますが、バスマティライスは浸水に30分かかるなど、多少の手間があるので、その手間もキャンプの醍醐味と思える人にはおすすめです。

【カルディ】マニアックなスパイス&調味料3選!

次はカルディでおすすめの、スパイスや調味料を3つ紹介します。カルディには世界から集められた、様々な種類のスパイスが売っているので、きっとお気に入りのものが見つかるはず。どんな料理にでも合う万能調味料から、刺激的なスパイスなど、自分好みのものを確認していきましょう。

おすすめスパイス①:食べる ガラムマサラ(432円)

一つ目はインドを代表するミックスパイス、ガラムマサラを使用した「食べる ガラムマサラ」です。唐辛子やスパイスが使用されていて、味は辛めですが、カシューナッツや玉ねぎの甘さやトマトの酸味も感じることができる調味料です。

キャンプではクラッカーやパン、ご飯などに直接乗せて食べても良いですし、パスタなどに入れても美味しくなります。キャンプの定番バーベキューで味変をしたい時には大活躍間違いなしです。

おすすめスパイス②:ハリッサ(432円)

次はカルディが誇る万能調味料のひとつ「ハリッサ」です。ハリッサは地中海生まれの唐辛子をベースとした調味料で、カルディオリジナルではパプリカをベースにコリアンダー、クミンなどを調合して日本人の口に合うように作られています。

トマトベースの煮込み料理に少し入れるだけで、いつもと違った味を楽しむことができます。また、ペースト状になっているので、バケットに塗って食べるもよし、お酒のおつまみとして食べるのもよしです。あなたのキャンプ飯にアクセントを加えてくれること請け合いです。

おすすめスパイス③:ほりにし(842円)

最後におすすめするスパイスは、アウトドアスパイス「ほりにし」です。ほりにしは塩、醤油などを使用した和テイストになっており、日本人好みに調合されています。20種類以上のスパイスをブレンドして作られ、ガーリックの風味も感じさせるほりこしは、肉、魚、野菜、何にでも合わせられる、アウトドアのためのスパイスです。

和歌山県のアウトドアショップが販売しているこちらは、「キャンプでゆっくりしたい」という考案者の想いから、手軽に美味しい調味料が生まれました。キャンプで味付けに困ったら「ほりにし」で決まりです。

【カルディ】困ったときのレトルト3選!

次は、何を作ろうか困ったときの、おすすめレトルトを3つ紹介します。キャンプでは、とにかく簡単にご飯を作りたい。荷物を極力減らしたい。と考えている方には、温めるだけなどの簡単調理で食べられるレトルト商品がおすすめです。では、キャンプで活躍するレトルトを確認していきましょう。

おすすめレトルト①:WINEDELI つぶ貝のアヒージョ(248円)

まず始めに紹介するのは、つぶ貝アヒージョです。こちらもカルディオリジナル商品で、北海道産のつぶ貝とニンニクを使用して仕上げられています。アヒージョとはスペイン語で「刻んだニンニク」という意味があり、オリーブオイル、ニンニクで食材を煮込む、スペインバルで提供される定番料理です。

キャンプでは、お酒のつまみに相性抜群なのはもちろんのこと、余ったオリーブオイルをバケットにつけて食べるのも本場流で美味しいです。もし、アルミ皿など、火にかけられるものがあるなら、少し温めて食べるのもおすすめですので、ぜひお試しください。

おすすめレトルト②:ビーフカレー(378円)

次に紹介するのは、牛肉、玉ねぎ、にんじんをじっくりと煮込んだレトルトビーフカレーです。キャンプ飯定番のカレーを、より簡単に、より美味しく食べたい人におすすめです。

簡単キットで紹介したインドカレーもおすすめですが、カレーは食べたいけど、キットで作る時間ももったいないという人にはレトルトがいいでしょう。

トマトペーストや香り高いカレー粉を使用しているこちらは、欧風な雰囲気を感じさせてくれます。隠し味にはコーヒー豆が入っていて、ちょっと大人なカレーを食べたい人はきっと満足できるでしょう。

おすすめレトルト③:スープスープ 冷たいコーンスープ(204円)

最後に紹介するレトルト商品は、冷たいコーンスープです。トウモロコシと北海道産の生クリームを使用したコーンスープは、牛乳でなめらかにしていて、口当たりもいいです。粒コーンも入っているので小腹がすいたときにもおすすめです。

実際に食べた人からは「濃厚でさわやか。食欲のない朝にピッタリ」「子供が好きでいつも飲んでいます」などの声がありました。キャンプの朝は前日の疲れで、すぐに動き出せない時がありますよね。そんな時でも、手軽にエネルギー補給できるスープは頼りになる存在。キャンプの朝食を彩るスープをぜひ一度お試しください。

【カルディ】個人的におすすめしたい食材3選!

最後は、筆者が個人的におすすめするカルディ商品3選です。グループキャンプでこれらを出せば「良いもの持ってきたね」と言われること請け合いですので、ぜひご確認ください。

おすすめ食材①:瀬戸内レモンバル 小鰯とマッシュルームの瀬戸内レモンアヒージョ(318円)

個人的におすすめする一つ目の食材は、瀬戸内レモンバル 小鰯とマッシュルームの瀬戸内レモンアヒージョです。こちらは商品名の通り、瀬戸内海の小鰯(こいわし)とマッシュルームに、レモン、ガーリック、唐辛子、白コショウを効かせたアヒージョのおつまみ缶です。

メインのキャンプ飯も落ち着いたころ「何かあと一品、おつまみで欲しいな」と思う人は多いはず。そんな、あと一品を解決してくれるのが、このアヒージョです。手間をかけずに、本格的な味を堪能できるため、お酒好きにはたまらない一品です。

おすすめ食材②:燻製牡蠣のオイル漬け(376円)

次に紹介するのは、燻製牡蠣のオイル漬けです。燻製特有のスモークの香ばしさが漂い、若牡蠣のやわらかい食感とうまみが凝縮された味を楽しむことができます。こちらもアヒージョと同じく、お酒のつまみとして食べるのも良いですが、パスタなどに和えるのもおすすめです。

パスタは茹でるだけの手軽なキャンプ飯の定番ですが、どうしても味がマンネリ化しやすいです。そこに燻製牡蠣のオイル漬けを入れれば、簡単にいつもと違ったパスタを楽しむことができるでしょう。

おすすめ食材③:食べるナッツソース(513円)

最後におすすめするのは、食べるナッツソースです。こちらは、様々なキャンプ飯をマンネリから脱却させる味変ソースです。キャンプ飯はその特性から、味が濃いものや辛みの強いものが多い傾向にありますが、ナッツソースはピーナッツやヒマワリの種のザクザク食感を楽しむことができ、バジル風味のソースを使えば、いつもと違った味を感じることができるでしょう。

その上で万能調味料としての役割を担ってくれるので、ポテトサラダやグリル、パンなどにもおすすめです。きっとあなたを、仲間から一目置かれる存在にしてくれるでしょう。

カルディの食材でキャンプ飯を充実させよう!

ここまで、カルディで買うことのできる食材を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。カルディで手に入る食材は、あなたのキャンプ飯に「手軽さ」と「本格さ」を与えてくれます。手の込んだ料理をするのもキャンプの醍醐味ですが、たまにはカルディの食材を使って簡単に、楽しく、おしゃれなキャンプをするのもいいかもしれませんね。ぜひ、楽しく美味しいキャンプ飯にチャレンジしてみてください。

【2023年】業務スーパーの食材はキャンプ飯に最適!簡単で美味しい商品を紹介

https://news-magazine-campers.com/recipes/gyomusuper_camp/

キャンプ飯におすすめな、業務スーパーの商品を詳しく紹介します。おかずや、おつまみだけではなくデザートについても解説しました。また、業務スーパーの食材を使ったレシピも、わかりやすくまとめているので、ぜひキャンプ飯を作る際には参考にしてみてください。

キャンプ場で手作りパンに挑戦!簡単レシピや焼き方を解説

https://news-magazine-campers.com/recipes/camp_pan/

キャンプでのパン作りの方法について解説します。初心者でも失敗しないようにポイントも紹介。お手持ちのキャンプ道具で上手に焼けるよう、様々な焼き方、レシピも紹介しました。パン作りが初めての方もこの記事を参考にぜひ挑戦してみてください。

キャンプにおすすめのアウトドアスパイス8選!簡単レシピも紹介

https://news-magazine-campers.com/recipes/camp-outdoor-spice/

キャンプにおすすめのアウトドアスパイスを紹介します。万能なアウトドアスパイスは、キャンパーさんたちに欠かせない調理アイテムです。人気のアウトドアスパイスやアウトドアスパイスを使った簡単レシピをまとめてみました。どんなスパイスがあるのかチェックしてみましょう。

この記事のライター

キャンプ歴は幼少期から数えると25年以上。教育キャンプから、ファミリーキャンプ、本格的なアウトドアまで、様々なアウトドアを楽しむキャンパーです。「専門的なことをわかりやすく」をモットーに執筆していきますので、興味があればご覧ください!

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。