「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ソログルキャンの魅力やメリットとは?楽しく過ごすポイントも紹介

ソログルキャンの魅力やメリットとは?楽しく過ごすポイントも紹介

ソログルキャン、聞いたことはあるけどどんなメリットがあるのかよくわからないという方いませんか。ソロキャンプとグルキャンを組み合わせたようなスタイルのグルキャンにチャレンジする人が年々増えています。そんなソログルキャンの魅力や楽しみ方をまとめてみました。


ソログルキャンっていったい何?

ソログルキャンとは、ソロキャンプをする人たちが集まって交流しながら過ごすスタイルのことを言います。ソロキャンプをしながら、食事などを一緒にしたり、焚き火などをしたり交流を持つため、それぞれのメリットを活かすことができるスタイルです。

グルキャンと何が違うの?と思うかもしれませんが、ソログルキャンのベースはソロキャンプとなる点が大きく異なります。ソロキャンプが好きだけど、ずっと1人というのもつまらないという方にとって最高のスタイルです。

この記事では、ソログルキャンのメリットや失敗しやすいポイントなどについて解説していきます。ソログルキャンに参加してみたい方はぜひチェックしてくださいね。

おすすめソログルキャンのメリット

ソログルキャンのメリットについて紹介します。ソログルキャンを好むキャンパーさんたちは、どんなことに魅力を感じているのでしょうか。興味がある方は、魅力をチェックしてみましょう。

メリット①:ソロキャンプなのに一人じゃない

ソログルキャンの大きなメリットは、ソロキャンプを自由にしながらも仲間がいるということです。ソロキャンプが好きでも、一人は寂しいという方にとって、いいとこ取りなのがグルキャンとなります。

それぞれが自分のキャンプをする中で、食事を一緒にしたりギアの貸し借りをしたりすることができるため、キャンパーさんたちとの交流が楽しめます。基本的に、個人のキャンパーさん同士が集まる形なので、ここがグルキャンとの違いです。

メリット②:グルキャンのようで一人の時間がベース

ソログルキャンの過ごし方は、基本的に自由です。各自、好きなように過ごすことができるので、グルキャンのようにみんなで一緒に行動する必要はありません。それぞれのペースで行動しながら、食事や焚き火などを一緒にやるのが一般的なソログルキャンです。

メンバーによっては、あまり交流する時間を設けない場合もありますし、交流がメインになるような場合もあります。自分が過ごしたいスタイルに合うソログルキャンに参加することができれば、充実したキャンプを楽しむことができるでしょう。

メリット③:情報交換の場としても活用できる

ソログルキャンに参加するメリットには、他のソロキャンパーの方たちと情報交換ができることです。ソロキャンプの場合、他のキャンパーさんと触れ合う機会があまりないこともありますよね。なんとなく、話しかけづらいと感じることも多く、気軽に情報交換ができないことはデメリットとなります。

その点、ソログルキャンなら情報交換がしやすい環境なので、気軽にいろいろなことを聞くことができるんです。特に、ソロキャンパーデビューしたばかりの方にとっては、先輩たちから役立つ情報を得られることもできるのでおすすめです。

メリット④:ギアの貸し借りなども可能

一般的なキャンプと違う点は、ギアの貸し借りが可能なことです。そのため、他のキャンパーさんから知らないギアを試させてもらえることもできます。また、初心者キャンパーさんの場合、ギアが揃っていないケースもありますよね。

そんなとき、他のキャンパーさんから借りることもできるため安心です。ギアの試しができれば、ギア選びの参考にもなります。初心者ではなくても、知らないギアなどの情報をもらえるなどメリットがたくさんあります。

メリット⑤:ソロキャンプの練習になる

キャンプデビューしたい方にとって、ソログルキャンは練習の機会としても活用できます。先輩キャンパーさんたちの様子を見ることで、スキルを学ぶことができますし、わからないことがあればその場で聞くことができることは大きなメリットです。

また、女性のソロキャンパーさんなどは、1人でできない作業がある場合もありますよね。そんなとき、他のキャンパーさんに安心してお願い出来ることもメリット。ソロキャンプデビューを目指す方や経験がまだ浅い方にとってスキルアップの場所として活用することもできます。

デメリットもある!ソログルキャンの失敗

メリットがたくさんあるソログルキャンですが、デメリットもあります。ソログルキャンが失敗だったと感じてしまった方は、なんらかの原因があることが考えられますね。失敗を防いで、ソログルキャンを楽しむためにデメリットについてみていきましょう。

デメリット①:合わないメンバーの場合もある

ソロ好きが集まるキャンプですが、知らない人の集まりとなれば合うメンバーばかりとは限りません。メンバーによっては、交流好きが集まることもあれば、ほとんど話さないということもあります。

はっきりとした決まりがあるわけではないので、自分に合うかどうかは参加するまでわからないことがデメリットです。可能であれば、事前にどういうスタイルが好きなのかなど情報を交換しておくとよいでしょう。

もし、スタイルが合わなかったのであれば、別のメンバーなどの会に参加しながら、自分が好きな集まりをみつけていくことがおすすめです。

デメリット②:ルールを決めないとトラブルにもつながる

ソログルキャンプは各自で過ごすことがベースとはいえ、食事やギアのシェアなど共有する部分もあります。持ち寄りの割合が多い人もいれば、ほとんど何もない人がいると不満を感じる人も出るでしょう。また、料金などお金に関することとなるとややこしいことにもなりかねませんよね。

せっかくの楽しいソログルキャンで、トラブルとなってしまえばもったいないことになります。はっきりとしたルールがなくても、常識的なマナーを守り思いやりを持って過ごすことが失敗を防ぐポイントです。

ソログルキャンを楽しく過ごすためのポイント

ソログルキャンを楽しく過ごすためのポイントについて解説していきます。ソログルキャンの過ごし方の中で大事なポイントを押さえておきましょう。

過ごすポイント①:キャンプ場でのレイアウトを決める

ソロスタイルでもグループでもないため大事なポイントは、レイアウトです。テントやタープの位置、車を止める位置などが適当になってしまうと、目的にあったキャンプを楽しめないこともあります。ソロキャンプだからと距離が離れすぎてしまうと、グルキャンの雰囲気が少なくなってしまいます

また、あまりに近すぎると、ソロキャンプのプライベート感が薄まってしまうため、レイアウトには注意しなければいけません。真ん中に共有スペースを設ける場合は、共有スペースを囲むようにレイアウトするといい感じになります。

テントスペースが近すぎないように配慮しながらも、あまり離れすぎないことも考えてレイアウトしましょう。当日レイアウトが決められず時間がかかってしまうのはもったいないので、事前に相談しておくことをおすすめします。

過ごすポイント②:道具の使い方を決める

道具をどうするのかということも大きなポイントです。道具や食事などをまったくシェアせず各自で行う場合であれば問題ありませんが、共有スペースを作る場合タープや照明道具をどうするのかという問題があります。

そして、料理をみんなでシェアするなら、道具を分担した方が無駄がありませんよね。また、焚き火台をみんなで囲むのか各々なのかという点も決めておく必要があるわけです。道具を事前に相談しておけば、当日揉めることもなくスムーズに作業することができます。

過ごすポイント③:キャンプ飯の分担を決める

ソログルキャンのキャンプ飯は、みんなで協力して作るケースと各々作り一緒に食べるケースがあります。個人で料理する場合は大丈夫ですが、みんなで料理する場合は事前に話し合っておかないと当日大変です。食材をどうするのか、道具をどうするのかなど必ず事前に決めておきましょう。

これもメンバーによって異なるため、一緒に料理をする場合でも、メニューを決めて料理するケースもあれば、持ち寄った物を料理し合うこともあります。楽しくスムーズにキャンプ飯を楽しむためには、必ず料理についてルールを決めておくようにしましょう。

過ごすポイント④:雨が降った場合の対応を考えておく

雨などの天候の変化があった場合に備えて、事前に話し合っておくことが必要です。ソロキャンプであれば、テントの中で雨宿りしながら過ごせばよいのですが、それではソログルキャンの過ごし方としてはもったいないですよね。

雨が降ったときのために、タープを張った共有スペースを作っておくとよいでしょう。少し大きめのタープを張っておけば、雨の間みんなで過ごすことができます。しかし、雨が強い場合などは吹き込みを防ぐために、シェルターの方がおすすめです。

また、雨があまりにも強いときは、早めにキャンプを中止する判断も大事です。

ソログルキャンはどうやって参加できる?

ソログルキャンのメンバー募集を探す方法は、SNSが一般的です。SNS以外でも、ネット検索で募集を募るサイトもあるのでチェックしてみるとよいでしょう。また、キャンプ場で知り合ってソログルキャン仲間をみつけるという手段もあります。

女性の方は、男性ばかりのソログルキャンは不安だという方もいますよね。そんな方は、女性限定のソログルキャンを探すか女性が募集するソログルキャンを選ぶとよいでしょう。知らない人同士の集まりに抵抗があるなら、キャンプ場でソロキャンパーさんと顔見知りになって仲間を募ってみるのもおすすめです。

魅力がいぱいのソログルキャンに挑戦してみよう!

ソログルキャンの魅力やメリット、注意点などを紹介しました。自分のペースで楽しめるソロキャンプが好きだけど、ちょっと寂しいと感じるときもある方はソログルキャンがおすすめです。また、ソロキャンプ初心者の方や情報を知りたい方なども参加してみるとよいでしょう。

いいとこ取りのソログルキャンは、ソロキャンプやグルキャンだけでは体験できない楽しさがあります。まだソログルキャン未体験の方はぜひチャレンジしてみましょう。

海外キャンプは日本とスタイルが違うって本当?アメリカの事情や注意点なども紹介

https://news-magazine-campers.com/camping_knowledge/kaigai-camp-styke/

いつかは憧れの国でキャンプをしてみたいと思いませんか。アメリカやカナダなど広大な土地で本格的なキャンプができたら最高ですよね。海外キャンプと日本のキャンプはどこが違うのか、スタイルの違いなどをまとめてみました。海外キャンプにチャレンジしたい方は参考にしてください。

キャンプツーリングの持ち物を最低限にしたい!必要な物といらないものとは

https://news-magazine-campers.com/camping_knowledge/camp-touring-item/

バイクを楽しみながらキャンプする「キャンプツーリング」で悩むのは、持ち物ではないでしょうか。できるだけ持ち物を減らしたいと思っても、初心者の場合わからないということもありますよね。キャンプツーリングの持ち物を最低限にするコツをまとめてみました。

雨キャンプの楽しみ方&対策法18選!設営のポイント・持ち物は?

https://news-magazine-campers.com/camping_knowledge/%e9%9b%a8%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ae%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%bf%e6%96%b9%ef%bc%86%e5%af%be%e7%ad%96%e6%b3%9517%e9%81%b8%ef%bc%81%e8%a8%ad%e5%96%b6%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3/

雨キャンプの楽しみ方から対策法まで紹介していきます。雨キャンプのテントやタープの設営ポイントはどのような点にあるのか?また、必需品とされる持ち物までまとめています。撤収についても解説しているので、ぜひ参考にして雨キャンプを目いっぱい楽しんでください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし