「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

初心者や女性におすすめのペグハンマー7選!効果的な選び方も解説

初心者や女性におすすめのペグハンマー7選!効果的な選び方も解説

テントやタープの設営で必要なペグを打ち込むペグハンマーのおすすめを紹介します。初心者や女性でも使いやすいタイプを厳選してピックアップ。効果的な選び方や選ぶポイントもまとめてみました。これからキャンプデビューを考えている方は参考にしてください。


ペグハンマーはなぜ必要?

キャンプに欠かせないアイテムのひとつは、ペグハンマーです。中には、ペグハンマーがなくても代用のものでも大丈夫だと言う方もいますが、やはりあった方が便利だと言えます。特に初心者や女性などは、ペグハンマーを使う方がはるかにラクです。

慣れないテント設営をスムーズにすることができるペグハンマーですが、いろいろなタイプがあるのでどれを選んでいいのか迷ってしまいませんか。キャンプ場の地面がすべて同じであればいいですが、固い場所もあります。やはり、ある程度良質なペグハンマーを用意するのがおすすめです。

この記事では、初心者や女性におすすめのペグハンマーを紹介しています。ペグハンマーを選ぶポイントなども解説しているので、チェックしてください。

ペグハンマーのおすすめは?どうやって選ぶべき

ペグハンマーを選ぶときのポイントについて紹介します。どんなペグハンマーが初心者や女性に適しているのか、はじめてペグハンマーを選ぶ際にチェックしたいポイントについてみていきましょう。

選び方①:握りやすい持ち手かどうか

ペグハンマーを選ぶ際は、使いやすさを考慮したグリップの形状をチェックしましょう。持ち手が握りやすいペグハンマーを選ぶことが重要なポイントです。持ち手が握りにくい場合、滑ってしまったり安定しなかったりするため、うまくペグを打ち込むことができません。

握りやすいグリップは、凹凸感があるものや丸みのあるものなどがおすすめです。逆に避けたいタイプは、細すぎるものや太すぎるもの。そして、表面が滑りやすい加工になっているものです。できれば、店頭で触れながらチェックすると失敗を防ぐことができるでしょう。

選び方②:ヘッドの素材をチェック

ペグハンマーのヘッドは、長い目で考えると金属製がおすすめです。ステンレスやスチール、真鍮や銅などの金属製は、耐久性もあり強度に優れていることがメリットとなります。ペグへのダメージも少なく、手に対する衝撃も少なく済みます。

金属製はプラスチックやゴム製と比べて値段は高いことが多いのですが、長い目で考えると金属製の方がコスパがよくなります。プラスチックやゴム製は軽くて安いというメリットはありますが、破損しやすいデメリットがあります。お子さんと一緒に作業をしたい場合などにはよいでしょう。

選び方③:重量は500g~700gくらいがおすすめ

使いやすいペグハンマーの重量は、軽すぎず重すぎずがポイントです。重量の目安は、だいたい550g前後がベストだと言われています。軽すぎるペグハンマーの場合、力を入れなければいけないので疲れてしまいます。また、重すぎればヘッドを持ち上げるのに疲れてしまうことになるわけです。

550g前後のものであれば、初心者の方や女性でも使いやすく疲れないでしょう。この重量はあくまで目安なので、力がある男性などでは重さがある方がいいという方もいます。一般的な目安となるので、自分に合う重量のペグハンマーを選びましょう。

初心者や女性にもおすすめのペグハンマー7選

初心者や女性におすすめのペグハンマーを紹介します。はじめてペグハンマーを使う場合でも使いやすいタイプをピックアップしています。グリップやヘッド、重量などのポイントと口コミなども併せてチェックしてください。

おすすめ①:VASTLAND/ペグハンマー

ペグハンマー

¥2980

ペグをしっかり打ち込めるタイプのペグハンマーです。ヘッドは、真鍮とスチールの2種類の素材を使っているためバランスのよい重量感となっています。そして、グリップは木製で曲線を描いていることが特徴。握りやすさと力が入りやすいことがおすすめポイントです。

また、初心者でも安心できるすっぽ抜け防止となる安全ストラップも付いているので安心して使うことができます。

材質ヘッド/鉄・真鍮、柄/天然木
サイズ本体:約113×308mm ヘッド部分:約34×113mm
重量約625g
男性
男性

ちょうどいい重量

評価:

他のペグハンマーとも比較しながら慎重に選びました。結果として買って正解!ちょうどいい重量感で力強くペグを打ち込むことができます。

おすすめ②:深山麓 /ペグハンマー

ペグハンマー

¥4980

凹凸感のあるグリップが特徴のペグハンマーです。無骨でありながらおしゃれな雰囲気もあり、ほどよい軽量さとショートハンドルは初心者や女性におすすめ。ステンレス製のヘッドなので、打ち込みしやすいこともメリットです。

また、安全性も考慮した革製の安全ストラップも付いています。さらに、ペグの打ち込みだけでなく2種類のペグ抜き機構があることも特徴。さまざまなペグに対応できるため、初心者の方にとって便利です。

ヘッド材質ステンレス鋼
サイズ柄長22cm ヘッド幅11cm
重量約500g
40代/女性
40代/女性

軽くて使いやすい

評価:

軽くてコンパクトなのに、しっかりペグを打ち込むことができます。打ち込む回数もさほど多くなく済むので、重宝しています。

おすすめ③:スノーピーク/ペグハンマーPRO.S N-002

ペグハンマーPRO.S N-002

¥5280

人気アウトドアブランド「スノーピーク」のペグハンマーは、打ち込みやすさにこだわった叩きやすさが魅力のペグハンマーです。スチール製のヘッド、グリップには滑りにくさのためのローレット加工を施していることが特徴。

使いやすい重量感や長く愛用できる耐久性など、スノーピークがこだわって作ったペグハンマーです。そして、すっぽ抜け防止の安全ストラップも付いています。

材質ヘッド:スチール(黒電着塗装)柄:ケヤキ
サイズ35×120×290mm
重量650g
男性
男性

値段だけのことはある

評価:

今までペグハンマーはどれでも同じだと思い、安価なものを繰り返し使ってきました。スノーピークのペグハンマーを使ってはじめて、同じではないことを実感。打ち込むときの力の入れ方も違い、しっかりとラクに入っていくことがわかりました。やはり、値段だけの違いはあります。安いもので何度も買い替えるよりも、高価でしっかりしたものを買うべきだと反省しました。

おすすめ④:エリッゼステーク /アルティメットハンマーショート

アルティメットハンマーショート

¥5940

ペグの叩きやすさと持ち運びやすさが特徴のペグハンマーです。ショートタイプなので、お子さんや女性の方でも使いやすいことがメリットとなっています。ショートになってもグリップの持ちやすさをキープするために曲線の形を取り入れています。

ステンレス製と真鍮製の2タイプがあり、どちらも適度な強度や錆びにくさを追求して作られていることがポイントです。ショートになった分、重量も軽くなっているためより初心者や女性におすすめのサイズ感となっています。

材質本体/鉄+カチオン塗装もしくは鉄+クロームメッキ塗装 ヘッド/真鍮もしくはステンレス 柄/天然木
サイズ全長 :230mm ヘッド:102mm
重量547g
30代/女性
30代/女性

使いやすい

評価:

他のタイプを使ったことがないので比較はできませんが、使いやすいと感じました。キャンプデビューのために購入したので、まだ練習だけですが本番が楽しみです。

おすすめ⑤:ビジョンピークス/スチールハンマーDX

スチールハンマーDX

¥2990

グリップの持ち手が凹凸になっていて、安全ストラップが付いたペグハンマーです。握りやすさと程よい重量感のペグハンマーは、テントやタープの設営に大活躍するスペックとなっています。ヘッドはスチール素材なので、強度に優れ耐久性もあることが特徴です。

程よいサイズ感は、女性でも扱いやすいため初心者の方にもおすすめ。値段も手頃なので、はじめてペグハンマーを選ぶ方にとって選びやすいと言えるでしょう。

材質
サイズ約32×12cm
重量約760g
40代/男性
40代/男性

安定した使いやすさ

評価:

今まで、安いペグハンマーを使っていましたが、数回で壊れてしまいました。こちらは、しっかり打ち込めて空振りもなく使いやすいです。重さもあるので、前回のよりも安定して使えています。

おすすめ⑥:コールマン/ペグハンマー 170TA0088

ペグハンマー 170TA0088

¥2489

アウトドアブランドで有名な「コールマン」のペグハンマーです。グリップの太さが特徴で、持ちやすさがメリット。ちょうどいい重量感が使いやすく、スチール製であることから強度にも優れています。シンプルながらもデザイン性もあり、コールマンらしいペグハンマーだと言えます。

安全を考えたストラップも付いているので、女性や初心者にもおすすめです。

材質スチール
サイズ約8×30(h)cm
重量約560g
女性
女性

手頃なのにデザインがいい

評価:

値段が手頃なのに、高級感があっていい感じです。他のものと比較して鋭利な部分がなかったので、子どもに使わせるのにも安心です。

おすすめ⑦:ロゴス/パワーペグハンマー

パワーペグハンマー

¥5780

キャンパーさんたちに人気のアウトドアブランド「ロゴス」のペグハンマーです。固い地面のペグ打ちに最適と言われるだけあり、バランスのいい重心によってラクにペグ打ちができます。重量もほどよい重さなので、持ち運びも簡単です。

そして、ロゴスらしいオレンジカラーのデザインもおしゃれなこともおすすめポイントとなっています。

材質
サイズ(約)11.5×30.5cm
重量(約)680g
男性
男性

バランスがいい

評価:

グリップの部分が滑りにくく、持ちやすさもあります。ペグを打っているときもバランスがいいので、とても使いやすくて便利だと思います。

コスパがいい100均のハンマーで代用できる?

安くて便利な100均では、ペグハンマーの代用になるアイテムも販売されています。ペグハンマーの代用として使うこともできますが、デメリットがあることも理解しておきましょう。基本的にコンパクトで軽量なハンマーが多く、耐久性にはあまり期待できない点があります。

お子さんの作業用などであればよいのですが、これだけでテントなどを設営するというのはリスクもあります。特に、初心者の方は頑丈で使いやすいペグハンマーを用意しておいた方がよいでしょう。ペグ打ちはうまくいったとしても、ペグ抜きで壊れたというようなケースもよくあります。

ある程度の値段をかけた方が、結果的にコスパがいいことになるので、値段だけで安易に決めないことが重要です。

おすすめのペグハンマーで効率的なテント設営をしよう

初心者や女性におすすめのペグハンマーを紹介しました。テントやタープ設営時のペグ打ちや、撤収時のペグ抜きをラクにすることができるペグハンマーは重要なアイテムです。特にキャンプ初心者の方は、使いやすい物がおすすめです。

安全でスムーズな設営や撤収のために、おすすめのペグハンマーを参考にしてベストなペグハンマーを選んでください。使いやすいペグハンマーをみつけて、効率的なテント設営をしましょう。

ペグの抜き方のコツは?簡単に抜くテクニックと上手な打ち方も!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/peg/%e3%83%9a%e3%82%b0%e3%81%ae%e6%8a%9c%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%84%e3%81%af%ef%bc%9f%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%81%ab%e6%8a%9c%e3%81%8f%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%a8/

ペグの抜き方のコツやおすすめの方法について紹介します。ペグ抜きのコツとしてハンマーやペグを使った方法を解説!簡単に抜くテクニックや、キャンプでテントを設営する際の上手な打ち方のアドバイスもまとめました。ペグの抜き方のコツの参考にしてください!

鍛造ペグと鋳造ペグの違いを比較!メリット・デメリットは?

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/%e9%8d%9b%e9%80%a0%e3%83%9a%e3%82%b0%e3%81%a8%e9%8b%b3%e9%80%a0%e3%83%9a%e3%82%b0%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%82%92%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%87/

鍛造ペグと鋳造ペグの違いを比較!どちらの方が安いのかなどメリットとデメリットを掘り下げているので、ぜひ参考にしてみてください。また、おすすめ激安商品や長さも紹介しているので、鍛造ペグの購入を検討しているという人はそちらも必見です。

雨キャンプの楽しみ方&対策法18選!設営のポイント・持ち物は?

https://news-magazine-campers.com/camping_knowledge/%e9%9b%a8%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ae%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%bf%e6%96%b9%ef%bc%86%e5%af%be%e7%ad%96%e6%b3%9517%e9%81%b8%ef%bc%81%e8%a8%ad%e5%96%b6%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3/

雨キャンプの楽しみ方から対策法まで紹介していきます。雨キャンプのテントやタープの設営ポイントはどのような点にあるのか?また、必需品とされる持ち物までまとめています。撤収についても解説しているので、ぜひ参考にして雨キャンプを目いっぱい楽しんでください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。