「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ファイヤースターターを自作する方法を詳しく紹介!必要素材はコレ!

ファイヤースターターを自作する方法を詳しく紹介!必要素材はコレ!

ファイヤースターターを自作する方法について詳しく解説します。ファイヤースターターを自作する時に必要な道具や素材をはじめ、作り方手順や作るときのポイントまで徹底的に説明。また、おすすめの100均ショップセリアのファイヤースターターも紹介します。


ファイヤースターターの自作を紹介!

キャンプなどで、焚き火や調理をする時にライターあるいはマッチなどで火付けするキャンパーは多いのではないでしょうか?燃料が不足していたり、湿気などに左右されなかなか火付けができないこともあります。

ファイヤースターターのロッドとストライカーがあれば簡単に火付けが可能。アウトドアだけでなく、災害用としても使い勝手のいい、ファイヤースターターの自作方法を紹介します。

ファイヤースターターの自作方法

道具・素材

ファイヤースターター用のロッドの素材は、ほとんどがマグネシウムとフェロセリウムの2種類です。

フェロセリウムの素材の方がストライカーでこすった時に大きくて高温の火花が発生するので、初心者でも扱いやすく、自作する際のロッド棒におすすめです。

ファイヤースターターを自作する際の材料は、棒状の角材15×15×80mm程度、5×50mmくらいのロッド棒、オイルランター用のフリント、コルク、細めのひも、布ヤスリです。

ファイヤースターターを自作する道具は、電動ドリルと10mm、5mm、2.4mm用の刃、比較的目の細かい金ヤスリ、ペンチ、カッター、金のこぎり、のこぎり、定規が必要になります。

作り方手順

ファイヤースターターを自作する際、 ロッド用の棒を金のノコギリを使い30cmの長さに切ります。 ファイヤースターターのロッドの中心に電動ドリルに2.4mmの刃を使用し、およそ2ⅿⅿの穴を開けましょう。

その際、支える方の手は、棒の下部分をペンチではさみ固定してください。目の細かい金ヤスリを使用し、切断したロッド部分のバリを取ります。ファイヤースターターの本体部分となる角材を、のこぎりを使用し80cmの長さに切りましょう。

電動ドリル5mmの刃を使用し、角材にロッドを入れる穴、深さが10mmになるように作ります。先ほどのロッドを入れる穴と反対面に電動ドリル10mmの刃を使用し、深さ50mmにフリントをしまう穴を作ってください。

電動ドリル2.4mmの刃を使用し、角材の側面、約25mmの部分に穴を開け、紐を通します。10mmの穴のふた用にコルクを削って作り完成です。

作るときのポイント

ファイヤースターターを使う際は、角材本体にロッド用の棒、フリントを備え付け、布ヤスリで削ってかすを作って着火させます。また、ブッシュクラウトのナイフの背などでも着火が可能です。

自作した角材の10mmの穴の方に、布ヤスリを5×30mm程度、ロッド棒、フリント、火起こしに使うテッシュなどを仕舞っておけるので便利です。

おすすめのファイヤースターター

ブッシュクラフト/メタルマッチ

メタルマッチ

¥2750円

折れにくい安定した大きめのロッドを使用したメタルマッチは、およそ12000回もの使用が可能です。また、防水性にも優れており、万が一水に濡れた際もよく水気をふき取ることで使えます。

ストライカーは扱いやすい大きめのサイズで、火花がよく出るよう設計されています。メタルマッチとストライカーをつなぐコードも着火剤として使える丈夫な550ファイヤーコードを使用。

キーホルダーなどに付け、コンパクトに持ち運びができるのでコスパの高いメタルマッチです。

ロッドのサイズ約60×9.5mm
重さ約55g
主要素材ブレード:スチール、ロッド:フェロセリウム
40代/男性
40代/男性

パキパキ着火

評価:

片手で着火が可能な所と慣れてくると狙った場所に火花がちゃんと当てられるので気に入っています。災害対策用として常備しておくと便利ですよ。

セリアでも購入可能

100均ショップのセリアでもファイヤースターターの購入が可能です。マグネシウムの棒をストライカーしっかりと削ると粉末のマグネシウムにできます。

マグネシウムの棒をストライカーで着火させる際は、 ストライカーを棒に対して垂直に擦るのではなく、ひねるようにして擦るのがポイントです。

また、キーホルダーなどに取り付けて日ごろから携帯が可能で、アウトドアやいざというときに使用でき便利ですよ。

ファイヤースタータのサイズ

約65×20×10mm

ファイヤースターターの重さ

9g

マグネシウムの棒のサイズ

約40×4mm

ストライカーのサイズ

約70×1.ⅿⅿ

ストライカーの重さ

5g

ファイヤースターターの自作方法まとめ

ファイヤースターターは、ライターやマッチなどとは違い、燃料が入らずに着火ができるので、アウトドアの場面だけではなく防災用としても使え便利です。

ファイヤースターターの自作をする際は、大きく高温の火花が出るフェロセリウムのロッド棒がおすすめです。自作のファイヤースターターで、キャンプの際の焚き火や調理など楽しんではいかかでしょうか?

セリアのファイヤースターターは売り切れ後免の人気アイテム!売り場は?

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/fire_starter/%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%af%e5%a3%b2%e3%82%8a%e5%88%87%e3%82%8c%e5%be%8c%e5%85%8d%e3%81%ae/

セリアのファイヤースターターをまとめました。売り場や、商品のメリット・デメリットを紹介していきます。また、基本的な使い方から改造方法まで、併せて説明していきますので、セリアのファイヤースターターを購入の参考にして下さい。

火起こしのやり方をリサーチ!キャンプ初心者でも簡単にできる方法は?

https://news-magazine-campers.com/camping_knowledge/%e7%81%ab%e8%b5%b7%e3%81%93%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%84%e3%82%8a%e6%96%b9%e3%82%92%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%81%ef%bc%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%a7/

火起こしのやり方を解説。キャンプ初心者でも簡単にできる火起こしの方法、コツを詳しくまとめています。さらに、火起こしの時に活用できる便利アイテムを紹介しています。火起こしについて興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

松ぼっくりが着火剤になるのか徹底検証!キャンプ時の火起こしに有効?

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/fire_starter/%e6%9d%be%e3%81%bc%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%8c%e7%9d%80%e7%81%ab%e5%89%a4%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%a4%9c%e8%a8%bc%ef%bc%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3/

松ぼっくりが着火剤になるのか徹底検証します。キャンプ時の火起こしに松ぼっくりが着火剤に向いているのは本当なのか?着火剤用におすすめの松ぼっくりは?など、詳しく説明。また、害になる虫が隠れていたり、爆発する危険性もある松ぼっくりを使用する時の注意点を紹介します。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー