「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

スズキ「クロスビー」がキャンプにおすすめな理由は?基本スペックやQ&Aも

スズキ「クロスビー」がキャンプにおすすめな理由は?基本スペックやQ&Aも

スズキ「クロスビー」がキャンプにおすすめな理由について、解説しています。家族でキャンプに行くのに使える仕様満載!ソロキャンプにも使えて、さらには車中泊にまで対応します。公式アイテムも充実しているクロスビーについて詳しく知りたい方は、参考にしてください。


クロスビーがキャンプにおすすめな理由を紹介!

近年のキャンプ流行りで、アウトドアに適した仕様の車も増えてきました。でも正直な話、どれを選んだらいいか悩んでませんか?

公式キャンプアイテムがあった方が選びやすい…キャンプも車中泊もしてみたい積載量はあった方がいいけど、どんな車がいいかわからないなどなど、そんなあなたのキャンプにピッタリな、スズキのクロスビーを徹底解説します。

クロスビーで家族や恋人とキャンプに出かけたり、ソロキャンプに行きましょう!

クロスビーがキャンプにおすすめな理由

スズキ「クロスビー」の基本スペック

新型クロスビー

ボディサイズ

室内長

2.175mm

室内幅

1.355mm

室内高

1.280mm

燃費

クロスビーMZ 2WD 6AT

クロスビーMZ 4WD 6AT

カタログ燃費[WLTCモード]

18.2km/L

17.0km/L

JC08モード

22.0km/L

20.6km/L

クロスビーは、スズキが誇るSUV型コンパクトカーです。2020年度にマイナーチェンジも果たし、また一段と魅力的になりました。

クロスビーに追加された機能1つ目は、アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付き)です。これは、自動運転の一種で、ドライバーが設定した速度で自動運転し、全車に合わせて減速+停止するシステムです。

2つ目は、車線維持支援機能です。これは、車線中央付近から外れそうになったらステアリングに力を与えて、中央走行をキープする機能になります。

3つ目は、新色が7色追加です。その中でも「タフカーキパールメタリックブラック2トーンハーフ」はカタログの表紙にもなってます。

理由①シートアレンジが豊富

クロスビーの魅力のひとつに、シートのアレンジの豊富さがあります。クロスビーのリアシートは両方独立して前後に動かせ、隣の人と背の高さが違っていても自分に合わせて調整が可能です。(シートのスライド幅は165mm)

さらに、ヘッドレストを外し運転席のほうにリクライニングさせるとほぼフラットになるのも魅力。ラゲッジ側からの操作も可能で、シートを前後させることで荷室に積める荷物の量が多くなります。キャンプ用品はかさばるので魅力的ですね。

理由②優れた収納機能

クロスビーの最大の魅力に大容量のラゲッジアンダーボックスがあります。2WD車は81L4WD車は37Lです。

ボードを外せば高さも確保できるので、キャンプに使う長物の荷物やベビーカーなど立てたまま積み込みが可能です。その他の収納機能はこちらになります。

収納機能一覧

インパネドリンクホルダー(運転席、助手席) インパネトレー(助手席) インパネセンタートレー インパネセンターポケット センターロアポケット[ペットボトルホルダー付] 運転席アンダートレー フロントドアアッパーポケット(助手席) グローブボックス フロントドアポケット[ペットボトルホルダー付] リヤドアポケット[ペットボトルホルダー付] ユーティリティーナット(4ヶ所) 助手席シートバックポケット(HYBRID MZ、HYBRID MVのみ) 助手席シートアンダーボックス パーソナルテーブル[折りたたみ格納式](後席左右)(HYBRID MZ、HYBRID MVのみ)

理由③キャンプ用のアイテムがある

クロスビーは公式アイテムでキャンプ用品があります。ベースキャリア+ルーフラックを付けることでさらに積載量を増やし、キャンプを楽しめそうですね。

そして、あの有名キャンプギアメーカー「 OGAWAとのコラボ商品もあったりするんです!その商品は、なんとカータープ!

雰囲気たっぷりのOGAWAのタープをつけたクロスビーは、キャンプ場でも映えるので、すごくかっこいいです。

理由④車中泊にも向いている

クロスビーのリアシートはほぼフラットになるので、車中泊にも向いています。さらにクロスビーの公式アイテム、ラゲッジマットや、フロント+リアのプライベートシェードを使えば完全プライベート空間にもなるし、快適間違いなし!

理由⑤防汚仕様

クロスビーは防汚仕様になっており、前後席が撥水加工シートであったり、後席背面とラゲッジフロアが防汚タイプです。(HYBRID MZHYBRID MVのみ)

ペットを連れて行くキャンプや、海辺のキャンプ、キャンプ場近くで川遊びなど、水辺のアウトドアにも適した仕様で便利ですね。

そしてクロスビーのラゲッジアンダーボックスは取り外しが可能な仕様になっており、汚れた荷物を入れても帰ってから取り外して洗えるので、とっても便利です。

クロスビーは軽自動車ですか?

答えはノーです。普通車になります。

クロスビーはハスラーに似てます。 ですが、クロスビーはただハスラーを大きくしたわけではありません。クロスビーは最初から新規で普通車として開発が始まりました。

コンパクトハイトワゴンとSUVテイストのデザインを融合させ新ジャンルの小型車、それがクロスビーなのです。

正式名称は「XBEE」名前の由来は、『X=クロスオーバー、BEE=To be exciting』から来ています。もっと自分らしく、人生を楽しみたい、お気に入りの車と一緒に遠くまで出かけたいとの思いからだそうです。

スズキ「クロスビー」はキャンプや車中泊におすすめの車!

積載量も充実していて、汚れにも強いのでキャンプ用品などの荷物がいっぱい積める、そして車中泊にも使えるスズキ「クロスビー」。

ソロキャンプにも、家族とのキャンプにも、十分に楽しめる仕様にクロスビーはなってますね。公式キャンプアイテムも充実しているのであなた好みのクロスビーにカスタムする楽しみもあります。

ただのハスラーの兄貴分ではない、このクロスビーの魅力が存分に伝わりましたか?さぁ、あなた好みにカスタムして、クロスビーでどんどんキャンプへと出かけましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。