「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

火起こしのやり方をリサーチ!キャンプ初心者でも簡単にできる方法は?

火起こしのやり方をリサーチ!キャンプ初心者でも簡単にできる方法は?

火起こしのやり方を解説。キャンプ初心者でも簡単にできる火起こしの方法、コツを詳しくまとめています。さらに、火起こしの時に活用できる便利アイテムを紹介しています。火起こしについて興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。


火起こしのやり方を初心者でもわかるように紹介

キャンプをするにあたっての楽しみはやはり焚き火ですよね。当然ですが焚き火をするには、火起こしをしないとできません。簡単そうに見えますが、実際行ってみるとなかなか火が付かないことが多いです。

本記事では、初心者でもわかる火起こしの手順や火起こしに便利な道具を紹介します。火起こしに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

火起こしの方法や簡単にできるコツは?

手順

  • 薪、焚き火台を用意します。
  • 薪を段々に組み上げていきます。
  • 真ん中に着火剤を置きます。
  • 着火剤に火を付けます。
  • 火を育てていきます。
  • 太い薪の芯が燃えたら完成です。

焚き火をするときはまず薪、焚き火台を用意します。近年では直火が禁止されているキャンプ場が多くなってきているので焚き火台は必須です。

次に空気の通りが良くなるよう、薪を段々に組んでいきます。薪の組み方はいろんな方法がありますが中でも「井桁型」がおすすめです。

薪を組み上げたら、真ん中に着火剤を置いて火を付けていきます。この時に新聞紙や落ち葉を使うとすぐに火がつくので便利です。

すぐに火が弱くなるケースもあるので、その場合は落ち葉などを追加で入れていきます。火がある程度大きくなってきたら、細い薪を入れていき、細い薪に火が燃え移ったら、太い薪を入れていき、太い薪にも火がついたら焚き火の出来上がりです。

コツ①小さいものから燃やしていく

着火剤に火を付けたらまず、細い薪に確実に火を付けていきます。最初から太い薪を入れても火力が足りない為燃えません。なので、細い薪を少しずつ入れていき、炎を大きくしていきます。

炎がある程度大きくなったら太い薪を入れてしっかりと燃えるようになります。炎が消えてしまいそうな時は、細い薪を入れ、炎を消えないよう維持します。

コツ②乾燥している薪を使う

焚き火で使用する薪は乾燥しているのが条件です。理由は主に、火がつきにくいのが挙げられますが、湿っている薪でついたとしても焚き火ならではの「パチパチ」という音が出ないため、楽しめません。

湿っている薪しかない場合は、熱源の近くに置いて乾かしてから火を付け、焚き火をするようにしてください。

コツ③便利なグッズを使う

初心者の方には、火起こしは難しいと思われがちですが、便利グッズを用意すれば、簡単に火起こしが出来ます。火起こしするときにおすすめしたい便利グッズは、ファイヤースターター、着火剤、鉈、送風機、焚き火シートです。

これらのグッズは無くても火起こしできますが、あると役に立つものばかりなので、初心者の方は状況に応じて使用してみてください。

火起こしに便利な道具を紹介

キャプテンスタッグ/大型火消しつぼ 火起し器セット

大型火消しつぼ 火起し器セット

¥3979

この商品は、火起こしを煙突効果で簡単に火が起こすことが可能です。さらに、火消しつぼは自然消化が可能です。火消しつぼの蓋を受け皿にできるので、コンロが無くても火を起こすことが出来ます。持ち運びの際も、火消しつぼの中に火起こし器が収納可能なので楽に持ち運ぶことが出来ます。

材質火消しつぼ本体・ふた:アルスター鋼板、火起こし器:亜鉛めっき鋼板、スタンド・ハンドル・つまみ:鉄(クロムめっき)
重量(約)1.7kg
組み立てサイズ(約) 火消しつぼ:215×200×高さ290mm、火起こし器:外径180×高さ200mm
30代/男性
30代/男性

デイキャンプに最適

評価:

炭をこれに入れてもっていき、そのまま火起こしが可能。日帰りだと炭を使いきらずに片付けがスタートすることが多いですが、燃えてる炭をそのままこれに戻せばokなので、次回も使えてスマートです。

sun's hill/着火セット

着火セット

¥1800

キャンプに適した豪華6セットが収納されています。コンパクトで軽いため、持ち運びも楽で、救急袋にはポケットが4つあるので必要なものを分けて保管可能です。 アウトドアナイフは硬度、耐食性に優れるステンレス鋼で安全ロック付きです。最初に研いでから使用するとより機能性を発揮します。火吹き棒は伸縮自在でコンパクト収納が可能です。

 

サイズ7cm
ロープの長さ20cm
素材鉄・マグネシウム
30代/男性
30代/男性

原始的感がほどよく味わえる最高!

評価:

着火セット実際に使ってみて便利でした。コンパクトに収納できるので持ち運びも簡単です。

キャンプに着火剤を忘れてしまいました。代わりになるものはありますか?

新聞紙、割り箸、松ぼっくり、麻ひもなどで代用することが出来ます。この中だと特に燃えやすいのは新聞紙と松ぼっくりです。新聞紙は軽いため、燃えている最中に入れると火の粉と一緒に巻き上がる可能性があるので注意してください。

火起こしをキャンプやサバイバルで試してみよう

火起こしのやり方を初心者でも分かるように紹介し、火起こしの方法、簡単にできるコツの手順をわかりやすくまとめました。火起こしができるようになると今まで以上にキャンプを楽しむことが出来ます。初心者の方も経験者の方も便利グッズを活用して焚き火を楽しんでください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。