「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

「アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールド」が人気の理由は?

「アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールド」が人気の理由は?

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドの人気の秘密について紹介します。また、利用するときの、注意点なども詳しく解説。アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールド周辺のおすすめスポットについてもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。


アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドを紹介!

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドは、赤井川村の人気のキャンプ場です。川遊びもできて、自然を楽しめます。アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドでは、テント泊だけではなくグランピングも満喫できる住箱も設置しています。
テント道具を所持していないテント泊希望者には、テント道具を有料でレンタルしています。この記事では、アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドの魅力や、口コミを紹介しています。

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドの人気理由

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドの基本情報

自然の中でのレジャーを満喫できる、アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドはオールシーズン、キャンプを堪能できます。ソロキャンプでも、家族での利用でも満足のいくキャンプライフを楽しめます。

住所

〒046-0552 北海道余市郡赤井川村明治56

電話番号

0135-34-7575

入場料金

大人(中学生以上)¥1,100   小人(小学生)¥500  幼児無料

公式サイト

「アカイガワ・トモ・プレイパーク キャンプフィールド」公式HP

人気の理由①おしゃれな管理棟

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドは、管理棟がおしゃれです。洋館のような外観で、内装はレトロな装飾で彩られています。もともと、宿泊施設として使用していたところを管理棟にしたからです。
そのため、 アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドは外観が高級ホテルのような管理棟になっています。

人気の理由②予約不要の広いフリーサイト

予約をしなくても利用できるのも、アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドの魅力の一つです。 アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドは、フリーサイトになっているためです。好きな場所にテントを設置してキャンプを楽しんでください。

30代/男性
30代/男性

面倒を省ける

評価:

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドは、予約なしで利用できます。そのため、弾丸で利用できるのでありがたいです。予約手続きが煩わしく面倒な人には、おすすめです。

人気の理由③清潔なトイレや炊事場

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドは、トイレや炊事場がしっかりと管理されていて清潔に保たれています。口コミでも、トイレはきれいでおしゃれなつくりと評判です。

人気の理由④住箱での宿泊が可能

住箱での宿泊が可能なのも、アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドのポイントです。もちろん、寝具も用意されています。大自然の中に囲まれたホテルに泊まっているような、感覚でグランピングが楽しめます。

20代/女性
20代/女性

テント泊とは違う楽しみ

評価:

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドは、住箱を楽しめるサイトがあるので、テント泊とはまた違う気分が味わえます。

人気の理由⑤手ぶらキャンプが楽しめる

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドは、手ぶらでキャンプが楽しめます。キャンプ道具のレンタルをしているためです。キャンプ道具を所持していない人も十分に、アウトドアを楽しめます。

20代/女性
20代/女性

荷物が少なくて済む

評価:

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドは、キャンプ道具がなくてもキャンプを味わえます。準備が少なくて済むので、アウトドア初心者も心いくまで堪能できます。

人気の理由⑥川遊びができる

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドの、キャンプ場内は川が流れているスポットがあります。夏は涼しく川遊びを、楽しめます。家族や大人数でのレジャーを満喫できるのも、アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドの特徴の一つです。 

人気の理由⑦レンタルバイクも魅力的

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドは、自転車をレンタルしています。キャンプ場内は広いので自転車があると、移動が楽です。場内を、サイクリングするのもおすすめです。

40代/男性
40代/男性

本格的なパンプトラック

評価:

レンタルした自転車の使用目的はアカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールド内の移動だけではありません。場内に常設されているパンプトラックに、挑戦して遊べます。

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドの注意点

注意点①お盆や連休はチェックイン時刻が変わる

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドは、お盆や混雑時にチェックインの時刻が変わります。しかし、場内のキャンプサイトによっては通常の時間帯で営業していることもあるので、予約をするときは事前に確認しましょう。

注意点②車移動が難しい

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドの場内は、車移動が少々困難です。ほかの利用者が道に駐車しているため、とくに混んでいる時期は車幅がせまく方向転換が難しいからです。Uターンが可能なスペースまで、進まないとスムーズに方向転換ができません。
場内は、一方通行の道もあるので、目的地を通りすぎると戻れません。その場合は、アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドを出て、再入場をする必要があります。場内を移動するときは、サイトマップを確認してから移動しましょう。

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドの周辺施設

周辺施設①赤井川カルデラ温泉

赤井川村内にある、温泉施設です。休憩場があり、のんびりできるので口コミでも人気です。アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドから、車で10分強で着きます。自然の中で、汗を流して遊んだあとにおすすめです。

周辺施設②道の駅あかいがわ

赤井川村の道の駅です。赤井川村で採れた、新鮮な野菜を販売しています。アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドへ向かう途中に寄って、食材を調達するのもおすすめです。道の駅あかいがわで販売されている、ジェラートが逸品と口コミで話題です。

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドに行こう!

アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドについて、説明しました。アカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドは、大自然を堪能できるキャンプ場で、シーズンを選ばずに利用ができます。
住箱があるのでグランピングも楽しめて、キャンプの初心者から経験者まで満喫できます。周辺施設も人気で、口コミでも評判になっているキャンプ場です。ぜひ、この機会にアカイガワ・トモ・プレイパークキャンプフィールドへ、足を運んでみてください。 

北海道・道央でおすすめのキャンプ場8選!無料で過ごせる人気スポットも

https://news-magazine-campers.com/campsite/hokkaido_tohoku/%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%83%bb%e9%81%93%e5%a4%ae%e3%81%a7%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a0%b48%e9%81%b8%ef%bc%81%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%a7/

北海道・道央エリアでおすすめのキャンプ場の紹介です。道央で人気のオートキャンプ場やフリーテントサイト、コテージ、バンガロー、無料施設などをまとめました。マップと施設データも詳しく紹介するので、道央のキャンプ場を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

巾着田キャンプ場の魅力を一挙公開!口コミや混雑具合もチェック

https://news-magazine-campers.com/campsite/kanto/%e5%b7%be%e7%9d%80%e7%94%b0%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a0%b4%e3%81%ae%e9%ad%85%e5%8a%9b%e3%82%92%e4%b8%80%e6%8c%99%e5%85%ac%e9%96%8b%ef%bc%81%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%82%84%e6%b7%b7/

巾着田キャンプ場の魅力を徹底調査し、一挙公開していきます!巾着田キャンプ場の混雑状況や、アクセスの仕方、予約について、そして、口コミなども詳しく解説します。直火禁止などの注意事項もまとめていますので、参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。