キャンプで寝れない人必見!眠れない7つの理由と改善策を徹底解説

お気に入りに追加

キャンプで寝れない理由や眠れないときの改善策について解説します。いつもキャンプで寝れなくて困っていた方のために、しっかり眠れる方法も伝授!さらに、キャンプ場でぐっすり眠るための快眠グッズも厳選して紹介しますので、翌日に疲れが残る人は必ず読んでくださいね。

キャンプで寝れない人必見!眠れない7つの理由と改善策を徹底解説

目次

  1. キャンプで寝れないときの理由と改善策を紹介!
  2. キャンプで寝れない7つの理由
  3. キャンプで寝れないときはどうする?7つの対策
  4. キャンプでぐっすり眠るための快眠グッズ5選
  5. まとめ:キャンプで寝れない場合の対処法を考えよう

キャンプで寝れないときの理由と改善策を紹介!

キャンプでのテント泊は、大自然を満喫できる醍醐味の一つです。しかし、せっかくのキャンプでぐっすり眠れないと、寝不足でおもいっきり楽しめなくなってしまいます。

眠れないと翌日も疲れがたまってしまい、せっかくのキャンプもつらくなってしまいますよね。

この記事では、キャンプで眠れない理由を解説し、改善策を紹介します。キャンプ場で眠れない原因を知って対策をすることで、睡眠をしっかり取ることができます。しっかり読んで、快適にキャンプを楽しんでください。

キャンプで寝れない7つの理由

キャンプで寝れない理由は、さまざまな要因が考えられます。キャンプで寝れない主な理由を7つ紹介します。寝れない原因を改善してキャンプを楽しむためにも、自分が寝れない理由をしっかり把握しておきましょう。

寝れない理由①:テントの中が暑い・寒い

テント内は冷暖房がないため、暑さや寒さの調節が難しいです。夏のキャンプでは、夜は比較的涼しくなりますが、熱帯夜の日などは夜でも暑い日もあります。

日当たりの良い場所にテントを設営すると、日中にテント内がかなり暑くなり、夜になっても冷めない場合があるでしょう。また、テントの人口密度が多いと熱気で暑くなり、寝苦しいです。

また、秋から春にかけては思いの外テント内が寒くなり、冷えて寝れないことがあります。明け方は特に冷え込むので、暖かくして寝るようにしましょう。

この時、服を着こんで暖かくすると、窮屈で寝れないことがあります。寝袋の中を暖かくする工夫をするようにして保温するようにするとよいでしょう。

寝れない理由②:夜のキャンプ場が怖い

人気の少ないキャンプ場では、風の音や草木が揺れる音など自然の音がよく響きます。また、動物が動く音も聞こえます。動物が襲ってくることを想像してしまうと、怖くなって寝れなくなります。

物音が気になって寝れない以外に、静かすぎて暗さと静寂からお化けを想像してしまい、怖くなって寝れないこともあるでしょう。

寝れない理由③:神経質、神経が過敏

テントでの就寝では、室内とは違うさまざまな音や環境の元で寝なければなりません。神経質な人や神経が過敏な人は、さらにさまざまな気になる要因にさらされます。

特に、元々寝つきが悪い人は、さらに寝れなくなる多いです。自分が気になる要因を排除する方法を考え、少しずつ慣れていくようにしていくとよいでしょう。

寝れない理由④:周りのキャンパーがうるさい

キャンプ場には、さまざまなキャンパーがいます。場合によっては、学生の団体やグループでのキャンパーが騒いで、うるさくて眠れないことがありますよね。特に、自分のテントのすぐ横だった場合に目も当てられません。

しかし、管理者がいるキャンプ場や会員制のキャンプ場は、比較的このようなキャンパーは少ないです。お互いに気持ちよくキャンプができるように、キャンパー同士の気遣いも必要です。夜が静かで、ぐっすりと睡眠を取りたいなら、少し高額でも管理がしっかりしているキャンプ場を選ぶとよいでしょう。

寝れない理由⑤:天候が悪い(雨や風の音が気になる)

悪天候の日のキャンプは、眠れないことが多くなります。テントに雨があたるため、雨の音がかなり大きく気になります。また、キャンプ場は木々が多いため風の音や木の揺れる音がとてもおおきく聞こえ、気になるでしょう。

また、強い雨や風の日は、テントが飛ばされたり崩れたりしないか不安になります。夜中に何度も外に出て確認してしまう人もいるのではないでしょうか?キャンプ場は山の中にあることが多く、川の洪水など周囲の状況も心配です。

天候が悪い日は、さまざまな心配が重なるため、寝れなくなる人も多いのでしょう。

寝れない理由⑥:寝床が斜め、ゴツゴツしてる

テントの設営場所によって、寝心地が悪く寝れないこともあります。設営した場所が斜めになっていると、落ち着いて寝ることができません。

また、川沿いなど石の多い場所では、地面がゴツゴツしているので痛くて寝れないです。テントを設営する場所は、寝やすさも考えて選ぶようにしましょう。

寝れない理由⑦:枕がないと寝れない

テントで寝るときに使用する寝袋には枕はついていません。普段、枕を使って寝ている人は、枕がないと頭の位置が低く、寝れないことがあるでしょう。

マイ枕がないと絶対眠れないという人もいるくらいです。ただ、普段使っている枕を持っていくと荷物が多くなってしまいます。

寝袋の袋にタオルをつめるなど、自分なりの工夫をしてみてくださいね。

キャンプで寝れないときはどうする?7つの対策

キャンプで寝れないとせっかくの楽しいキャンプが台無しになってしまいます。

ここでは、キャンプで寝れない時の対策法を7つ紹介します。思いっきりキャンプを楽しむためにも、しっかり熟睡できるように自分に合った対策を探してください。

眠れないときの対策①:シュラフを季節に合わせる

テントで寝るときに使うシュラフには、さまざまな素材や形状のものがあります。季節に合わせて変えるとよいでしょう。

暑い夏には、薄手の生地で、足元が開けられるシュラフがおすすめです。特にセパレートタイプのものは、通気性がよく蒸れにくいので快適に眠れます。

寒い冬には、保温性に優れた生地のものを選びます。マミー型とよばれる、熱を外部に逃がさない形状のシュラフがよいでしょう。

春、秋には3シーズン使えるタイプが便利です。春や秋でも朝晩はかなり冷えることがあるので、インナーシュラフや毛布を準備しておくと安心でしょう。

 

眠れないときの対策②:ゴツゴツしたサイトは選ばない

上記でも触れていますが、テントを設営するサイトを選ぶ際は、地面に石のあるゴツゴツした場所は避けるようにしましょう。地面がゴツゴツしていると、マットやシュラフを使っても痛みを感じてしまうことが多いため、落ち着いて寝られません。

テントを設営する前に、地面に石がないかを確認し、万が一石があった場合は取り除いて整地をしてから建てるようにしましょう。

眠れないときの対策③:地面が斜めのときは頭を上にする

テントを設営するサイトはできるだけ平らな場所を選ぶと良いです。ただ、見晴らしの良い高台や山の中にあるキャンプ場では、平らな場所が見つからないことがあるでしょう。

足元が高い位置にあると、頭に血が上ってしまうので興奮して寝れなくなります。傾斜している場所に設営した場合は、地面の高い部分に頭がくるようにして寝るようにしましょう。

眠れないときの対策④:トイレから離れた場所を選ぶ

テントを設営するサイトを選ぶとき、トイレの近くを選んでしまいがちです。特に小さい子供がいるとトイレが近いほうが便利でしょう。

しかし、トイレは多くの人が使用するため、人が通るたびに足音がしたり人の気配を感じます。サイトが多いキャンプ場では、さまざまな時間にトイレに行く人がいるので、一晩中人通りがある状態になる場合もあります。

特に神経質な人や音に敏感で静かな環境で寝たい人は、できるだけトイレからは離れたサイトを選ぶようにしましょう。

眠れないときの対策⑤:普段使っている枕を持っていく

日常生活で快眠を得るためには、枕が重要であるといわれています。自分に合った枕で寝ると、熟睡ができ疲れが取れるでしょう。

アウトドア用品店では、コンパクトに収納できるキャンプ用の枕も多く揃っており、荷物を減らしたいときにはおすすめです。

ただし、神経質な人がいつもと違う場所で寝るときには、普段と同じ状態に近づけることが重要です。普段使っている自分に合った枕を使うことで、テントでも寝やすくなるでしょう。

キャンプ場でまったく寝付けない人は、荷物になりますがマイ枕を持参してみてください。

眠れないときの対策⑥:グランドシートやコットで地面の冷気をカットする

設営したテントに寝袋だけで寝ると、地面の凸凹を直に感じて寝心地が悪いです。寒い時期には地面から冷気が入ってくるので寒くて寝れないことがあります。また、夏は湿気でじめじめするため寝苦しいこともあありますよね。

このような状況を防ぐためには、グランドシートやコットを使用するのがおすすめです。グランドシートはテントを設営する時に敷くとよいでしょう。湿気や冷気を防ぐほか、テントの損傷も防止できます。

コットは地面から離れて寝ることが出来るため、地面がゴツゴツしているときや地面からの冷えを防ぎたいときに効果的です。寝る時以外もベンチや荷物置きとしても使え、組み立て式でコンパクトに収納できるものもあるので、1台あるとよいでしょう。

眠れないときの対策⑦:耳栓をする

キャンプでの夜ではさまざまな音がします。人の足音や声、風の音や虫の声、一緒のテントで寝る人のいびきなどが気になりだすと寝れなくなります。

そのようなときにおすすめなのが、耳栓です。耳栓で音が聞こえなくなると、余計な想像をすることもなくなります。気持ちが落ち着くので、快眠に繋がるでしょう。

キャンプでぐっすり眠るための快眠グッズ5選

キャンプで寝れないときの対策として、快眠グッズを使う方法があります。おすすめの快眠グッズを紹介しますので、自分に合ったアイテムを使ってみましょう。これでキャンプ場でもぐっすり眠ることができます。

それでは、厳選した快眠グッズを紹介していきます。

快眠グッズ①:WAQ 2WAY フォールディング コット

出典: 楽天市場
WAQ
2WAY フォールディング コット
15,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る
amazonで詳細を見る
快適な寝心地を実現

キャンプで寝れない人におすすめのコットです。地面から距離をとることで夏は湿気、冬は冷気を防ぎ、テント内でも快眠ができます。

沈み過ぎず固すぎない張り具合にこだわり、快適な寝心地を実現しています。高さが2段階に調整できるため、好みに合わせた使い方が可能です。

フレームはジュラルミンを使用しているため150kgまで耐えられ、安心して使えます。折りたたみ式で付属の収納バッグを使うとコンパクトになるので、持ち運びにも便利です。

カラー タン、オリーブ、ブラック
サイズ(約) 長さ190×幅65×高さ37(cm)
重量(約) 3.2kg
耐荷重 150kg
40代/男性
40代/男性

大柄の男性でも安心

評価:

幅が広めで、耐荷量が150kgなので、男性でも安心して使用できます。高さを調節できるので、寝るときのベッドとしての使用以外に、ベンチや物置としてもとても便利です。

快眠グッズ②:MyCamp 250×210cm グランドシート

出典: 楽天市場
MyCamp
250×210cm グランドシート
2,900円(税込)
楽天市場で詳細を見る
amazonで詳細を見る
抜群の機能性

テントで寝れないことを防ぐため、テントを設営する際に地面に敷くグランドシートです。裏地にシルバーコーティングを施しており、防水性に優れています。

軽量で丈夫なポリエステルである210D素材を使用しているので、破れにくく安心です。本体が軽く、収納もコンパクトにできるため持ち運びに便利でしょう。

標準装備で6本のペグと6カ所のハトメ、ループやロープもついているため、タープとして使用することもでき便利です。

 

カラー ブラック
サイズ(約) 250×210(cm)
素材 ポリエステル(210D)
30代/男性
30代/男性

軽いのでツーリングに便利

評価:

軽量でコンパクトにしまえるのでツーリングでソロキャンプをするときに使用しています。防水性に優れているので、雨の日も安心です。生地がしっかりしていて、タープとして使えるもの便利です。

快眠グッズ③:ナンガ  マミー型シュラフ

出典: 楽天市場
NANGA
マミー型シュラフ450
20,520円(税込)
楽天市場で詳細を見る
amazonで詳細を見る
冬のキャンプでも安心の保温性

冬のキャンプでも寒くて寝れないことを防ぎたい人におすすめのシュラフです。ダウンをボックスキルト構造で詰めているため、シュラフ内はかなり暖かくなります。

肩部分にはシュラフ内の暖かい空気が逃げないように保温材の入ったチューブを装備しています。本体部分にも内側にチューブを設けることで、ファスナーの隙間から冷気が入り込むのを防ぎ、優れた保温性を可能にしています。

国内の布団屋さんが前身のため、ダウンシュラフとしては安価ですが、安心して使用できるでしょう。

カラー バルサム、コヨーテ
サイズ約) 80×210(cm)
重量(約) 940g
素材 20dnナイロンタフタ シレ撥水加工
20代/男性
20代/男性

冬でも暖かく快眠できます

評価:

マミー型なので冷気を防ぎ、ダウンの保温性が逃げにくい構造で暖かいです。コンパクトに収納できるので、荷物がかさばりがちな冬のキャンプで助かります。

快眠グッズ④:キャプテンスタッグ キャンプマット

出典: 楽天市場
CAPTAIN STAG
EVAフォームマット 56×182cm M-3318
2,320円(税込)
楽天市場で詳細を見る
amazonで詳細を見る
波型で快適な寝心地

テントで寝るときに寝袋の下に敷くマットです。波型のマットで厚みができるためクッション性があり、ゴツゴツした地面でも痛みを感じず快適に寝ることができるでしょう。また凹凸の凸部分に空気の層ができるため、高い保温性を発揮します。

非常に軽量でコンパクトなため持ち運びに便利です。折りたたむことができるため、リュックの上に装着することができ、荷物を少なくすることができます。

 

カラー グリーン
サイズ(約) 幅56×長さ182×厚さ2(cm)
重量 199.58g
素材 発砲ポリエチレン、EVA樹脂
50代/男性
50代/男性

ソロキャンプに最適

評価:

コンパクトサイズで荷物にならないので、登山でのソロキャンプで重宝しています。見た目以上に寝心地が良く、大満足です。

快眠グッズ⑤:コールマン コンパクトピロー

出典: 楽天市場
Coleman
コンパクトインフレーターピロー II 2000010428
2,131円(税込)
楽天市場で詳細を見る
amazonで詳細を見る
安定感があり寝やすい

テントで枕を使いたいが荷物を増やしたくない人におすすめのコンパクトピローです。収納袋に入れてコンパクトに持ち運びができ、膨らませて使用します。

中央部にくぼみがあるので頭にフィットし、安定感があります。枕の表面は滑りにくく、肌触りの良いピーチ加工が施されているので使い心地が良いです。

カラー グリーン
サイズ(約) 48×31×9(cm)
重量(約) 300g
素材 ポリエステル、ポリウレタンフォーム
30代/女性
30代/女性

安定感があって使い勝手が良い

評価:

膨らませたとき頭にフィットするので、ぐっすり眠れます。コンパクトに収納ができ、膨らませるのも簡単で、使い勝手のよい枕です。

まとめ:キャンプで寝れない場合の対処法を考えよう

キャンプで寝れないと寝不足になってしまい、次の日の楽しさが半減してしまいます。そのようなことにならないためには、ぐっすり眠れるように対策をすることが大切です。

キャンプで寝れない人は、その理由を知ることで改善策を見つけることができます。快眠するためのグッズなどを使って対策する方法もあります。自分に合った対処法を考え、キャンプでぐっすり眠り、次の日も思いっきり楽しんでください。

 

御友 亜希子

この記事のライター

御友 亜希子

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

焚き火で煙が出る理由と対策は?煙や匂いを気にせず楽しめるアイテム!

キャンプ知識

焚き火で煙が出る理由と対策は?煙や匂いを気にせず楽しめるアイテム!

焚き火で煙が出る原因と対策についてまとめています。煙が出る理由となる薪の水分や燃焼温度、対策方法や薪の組み方について詳しく解説。さらに煙や匂いが少ないオススメの焚き火台も厳選して紹介しますので、焚き火をもっとうまくなりたい人はぜひ読んでください。

庭で焚き火やバーベキューは法律違反?違反・迷惑行為なのか調査

キャンプ知識

庭で焚き火やバーベキューは法律違反?違反・迷惑行為なのか調査

自宅の庭で焚き火やバーベキューをすると法律違反になるのかを徹底調査!庭で焚き火やバーベキューをする場合の各種の法律(消防法や軽犯罪法・条例・廃棄物処理法)についてまとめています。公園や河川敷では大丈夫なのかも一緒に解説しています!







キャンプがめんどくさい!片付けや撤収が楽になる方法を状況別に一挙紹介!

キャンプ知識

キャンプがめんどくさい!片付けや撤収が楽になる方法を状況別に一挙紹介!

キャンプの後片付けがめんどくさい人が知りたい便利なコツを紹介します。キャンプを楽しんだ後、なるべく早く簡単に撤収ができたらいいですよね。片付けや撤収作業が段違いにラクになる方法を状況別にまとめてみました。キャンプの自由時間を増やしたい人は参考にしてください。

サバイバル時の食べ物は?山や無人島での食料調達の仕方を調査

キャンプ知識

サバイバル時の食べ物は?山や無人島での食料調達の仕方を調査

サバイバル時に大切な食べ物の調達方法を紹介!この記事では、山や無人島で調達できる食べ物や、調達してきた食料の保存方法について解説していきます。サバイバル時に食べる際の注意点や少しでも美味しく食べるためのポイントもわかりやすくまとめました。

バーベキューで牡蠣を焼くには?注意点や美味しい食べ方を伝授!

キャンプ知識

バーベキューで牡蠣を焼くには?注意点や美味しい食べ方を伝授!

バーベキューでの牡蠣(かき)の美味しい焼き方を伝授します!バーベキューで牡蠣を美味しく焼く手順や、注意点を解説していきます。また、牡蠣の名産地も紹介していますので、ぜひ参考にして美味しい牡蠣のバーベキューを楽しんでみてください。

関連するキーワード

キャンプ知識ランキング

人気ランキング

話題のキーワード