MUKAストーブは初心者におすすめ!基本スペックと魅力を紹介!

お気に入りに追加

SOTOから販売されているMUKAストーブについての解説です。基本スペックを抑えつつ、MUKAストーブの特徴も挙げて初心者の方におすすめしたいたくさんの理由も紹介していきます。ガソリンストーブの購入を考えている方、是非参考にしてください。

MUKAストーブは初心者におすすめ!基本スペックと魅力を紹介!

目次

  1. 初心者におすすめなMUKAストーブを紹介!
  2. MUKAストーブのスペックと魅力
  3. MUKAストーブ使用時の注意点
  4. 定期的にメンテナンスを行おう!

初心者におすすめなMUKAストーブを紹介!

着火しているガソリンストーブ
SOTOから販売されているMUKAストーブをご存知ですか?
画期的なガソリンストーブで、初心者の方でも使いやすい仕様になっており、海外のアウトドア専門誌で賞も受賞している優秀なストーブなんです。
MUKAストーブのスペックや特徴を紹介していきます。

MUKAストーブのスペックと魅力

MUKAストーブのスペック

出典: 楽天市場
新富士バーナー
MUKAストーブ SOD-371
17,050円(税込)
楽天市場で詳細を見る
SOTOの革命的ガソリンストーブ

ガスストーブの扱いやすさとガソリンストーブの力強さを併せ持つSOTOの革命的ガソリンストーブがMUKAストーブです。
一般的なガソリンストーブで必要な使用前に行うプレヒートや、使用後毎回必要になるメンテナンスの手間を省き、初心者の方でも使いやすいストーブになっています。
燃料ボトルは別売りなので注意が必要です。

サイズ W135x D135 x H80mm
重量 160g
発熱量 4,000kcal/h
使用燃料 自動車用レギュラーガソリン、ホワイトガソリン
使用時間 4,000kcal/hで約1時間
材質 バーナー:アルミダイキャスト、ゴトク・スタビライザー:ステンレス、ポンプ本体・ダイヤル:アルミ、ポンプハンドル:真鍮(ニッケルメッキ)、ホース:フッ素ゴム(中)ステンレス(外)、ピストンシリンダー:アルミ
セット内容 バーナー本体、スマートポンプ、専用収納ケース、風防、メンテナンスキット
男性
男性

バイクツーリングにも最適

評価:

火力と燃費の良さが素晴らしく、軽量・コンパクトなのでバイクツーリングでも邪魔になりません。 また自動車ガソリン使用OKなので、旅先でも燃料の調達がしやすいのも嬉しいです。

魅力①2種類のガソリン燃料が使える

OD缶タイプのシングルバーナーは簡単な調理にピッタリの道具です
これまでのガソリンストーブで自動車用ガソリンを使うとススが出てノズル詰まりを起こしてしまうため、ホワイトガソリンの使用しかできませんでしたが、MUKAストーブでは自動車用ガソリンもホワイトガソリンと同じように使うことができます。
高い燃焼効率によりススが出にくくなっているのです。
ちなみにMUKAストーブとよく比較されるストームブレイカーはガスとガソリンの2種類の燃料を使用することができます。

魅力②プレヒート不要

バーナー
一般的なガソリンストーブは使用前に「プレヒート」と言われる作業が必要です。
プレヒートとは使用前に本体から火柱を上げて本体や配管を温めておく作業のことです。
ガソリンはアルコールと違って気化しないので、この作業をしなければ使用できません。
このプレヒートを行う際に大量のススが出るのがガソリンストーブの欠点でした。
ですがMUKAストーブはガソリンが配管に入る前に気化させる技術を搭載しているため、プレヒート不要ですぐに使うことができるのです。

魅力③超強火力

キャンプ用のシングルバーナー
一般的なガスストーブの火力は1500~3000kcal/h、ガソリンストーブは2000~3000kcal/hなのに対し、MUKAストーブは驚異の4000kcal/hもの火力を誇ります。
ですが火力が強いだけでなくバーナーヘッド全体から火が出る火口により、弱火にも調節することができるので料理のしやすさもバッチリです。
ちなみにストームブレイカーと比較すると最大発熱量が3000kcal/hなので、火力ではMUKAストーブに軍配が上がります。

魅力④燃費がいい

クッカーで料理をする様子
MUKAストーブは最大発熱量4000kcal/hでも1時間使うことができ、非常に燃費が良いです。
また燃料も安価に買える自動車用ガソリンを使用することができるため、ホワイトガソリンやガス缶に比べて燃料費が安く済むのも魅力の一つです。

MUKAストーブ使用時の注意点

注意点①火力調整がしづらい

バーナーの火
MUKAストーブはコントロールダイヤルひとつで火力調節を行うことができます。
全炎口型の火口を採用しているため鍋底にムラなく熱を伝えてくれるのですが、とろ火にするなど細かな調節は苦手です。
弱火にしたいがためにストーブを改造するのは大変危険なのでやめましょうね。

注意点②燃焼音が大きい

焚き火で料理をしている様子
ガソリンストーブということもあり燃焼音はガスストーブに比べるとはるかに大きいです。
音が大きいからと言って改造はしないようにしましょう。
ちなみにストームブレイカーと比較すると、後者の方が燃焼音はかなり小さいです。

注意点③灯油は使用不可

アルコールストーブ五徳
MUKAストーブは灯油を燃料として使用することはできません。
またハイオクガソリンも使用できないので注意が必要です。
ガソリンスタンドで燃料を調達する場合は、灯油やハイオクガソリンではなく必ずレギュラーガソリンを買うようにしましょう。

定期的にメンテナンスを行おう!

キャンプ調理
MUKAストーブには専用のメンテナンスキットが付属します。
配管が詰まることによって火力が落ちてきた場合は、メンテナンスキットで手入れをすることで長く使うことができます。
配管詰まりを改造でどうにかしようとするのは控えてください。
MUKAストーブは使いやすくてランニングコストも抑えられるガソリンストーブです。
適切なお手入れで長く愛用してくださいね。
ウツボの釣り方をマスターしよう!仕掛けや釣れる場所・時期は?

あわせて読みたい

ウツボの釣り方をマスターしよう!仕掛けや釣れる場所・時期は?

まめぞう

この記事のライター

まめぞう

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

ストーブ

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

レインボーストーブの改造方法を解説しています。ファンや反射板、外筒の変えると暖房効果が高まる理由と改造するときのポイントを調査し、説明します。おすすめのレインボーストーブも記事内で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ヒーターアタッチメントは冬キャンプにおすすめ!暖房効果や原理は?

ストーブ

ヒーターアタッチメントは冬キャンプにおすすめ!暖房効果や原理は?

ヒーターアタッチメントが冬キャンプにおすすめな理由を解説しています。ヒーターアタッチメントの暖房効果や暖かくなる原理など、徹底的に調査しました。おすすめのヒーターアタッチメントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめのストーブファン(エコファン)紹介!冬キャンプに便利!

ストーブ

おすすめのストーブファン(エコファン)紹介!冬キャンプに便利!

ストーブファン(エコファン)について説明します。ストーブファン(エコファン)の原理や効果について、詳しく解説!また、ストーブファン(エコファン)のおすすめ商品を8つを、さまざまな点から比較して紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

ワンポールテントで石油ストーブを使うには?リスクについても解説!

ストーブ

ワンポールテントで石油ストーブを使うには?リスクについても解説!

ワンポールテントで石油ストーブを使う際の注意点とリスクを解説します。冬キャンプを快適にしてくれるワンポールテントと石油ストーブの組み合わせですが、具体的にどんな点に注意すべきかを説明!テントと石油ストーブのおすすめの商品を口コミと合わせて紹介していきます。

薪ストーブは自作できる!必要な材料や作り方をまとめて解説!

ストーブ

薪ストーブは自作できる!必要な材料や作り方をまとめて解説!

キャンプで使用する薪ストーブの自作方法を紹介します。薪ストーブを自作するのに必要な材料や、あると便利な道具もまとめました。DIY初心者でも挑戦しやすいシンプルな構造です。溶接作業や細かい図面をひかなくても作成できますから、ぜひチェックしてみてください。

関連するキーワード

ストーブランキング

人気ランキング

話題のキーワード