「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

登山にレンズを持って行くならこれ!おすすめや選び方を解説!

登山にレンズを持って行くならこれ!おすすめや選び方を解説!

登山に向いているレンズの選び方について説明します。登山中に使うカメラのレンズはどのような点に気をつけて選べばいいのか、3つのポイントから解説。また、そのポイントを押さえたおすすめの商品も紹介するので、参考にしてください。


登山におすすめのレンズを紹介!

登山をするときのレンズはどれを選ぶべきなのか悩んでいる人は多いですよね。レンズには、高倍率ズーム、超広角、魚眼、単焦点、望遠、マクロなどいろんな種類があります。それらのポイントを押さえたレンズを選ぶことが重要です。
この記事では、登山に適したレンズを選ぶべきポイントと、そのポイントを押さえた商品について紹介します。

登山向けレンズの選び方

登山中に撮影する写真は、地上で撮影するものより幅広く、そして、異なります。また、カメラを持ちながら何時間も歩いたりと撮影する環境も異なるため、登山に向いているレンズの選び方があるのです。
これから紹介する選び方のポイントを押さえることで、よりよい写真を撮ることができるでしょう。ぜひ参考にしてください。

選び方①カメラに対応している

高級機のデジタルカメラの性能を最大限に引き出すには、カメラに対応したレンズを選ぶことが重要です
例えば、ー眼レフであれば撮像素子が、高級機では35ミリのフルサイズのみ、入門機ではAPS-Cサイズをのみを使用し、中級機では35ミリのフルサイズとAPS-Cサイズの2種類が存在します。
どの撮像素子を採用しているかによって、組み合わせるレンズの種類が変わってくるのです。カメラを選ぶ際は、レンズとの組み合わせが合っているかも確認しましょう。

選び方②レンズの性能

登山中には、遠いものや近いものなど様々な被写体を撮影する機会があります。いろいろな種類の被写体を撮影できる、性能のレンズが必要です。
山岳写真で使用するレンズを大きく分けると、広角、標準、望遠、マクロの4つに分別されます。この4つに合わせたレンズをそれぞれ集めるのは大変です。
しかし、これらのレンズを1本でほとんどカバーできるのがズームレンズ。近年では性能も大幅に向上し、被写体ごとにレンズを変えずとも高画質が得られるようになっているので人気です。このように、交換用のレンズを持ち歩かなくても1本で様々な被写体を撮影でき高性能なレンズを選びましょう。

選び方③レンズの重量

登山で持ち運ぶレンズは、なるべく軽いものにしましょう。登山中はカメラを何時間も持ち歩くので、少しでも軽い方が負担が少なくなります。また、交換用に何本も持ち歩きながら登山するのは大変です。幅広く撮影できるレンズを選び、なるべく1本でまかなえるものを選ぶことが重要です。
例えば、テント泊では15kg近くの荷物になることもあり、少しでも軽量化したいところ。自分の持ち歩く荷物を想定した上で、レンズも検討した方がいいでしょう。カメラ機材などカメラにかかわる道具もあるので、レンズ自体の重量も考慮に選びましょう。

登山におすすめのレンズ5選

SEL24105G

FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G

¥149627

24mm〜105mm対応なので、1本で広角から望遠まで撮影することができます。高画質なので、交換いらずで十分に撮影可能。 比較的コンパクトかつ性能面でも基準値以上の画質と使いやすさで、王道の1本といえるでしょう。

サイズ(径)83.4 x (長)113.3mm
重量663g
男性
男性

解像度が高く撮りやすい

評価:

解像度も高く、ピントはなめらかに動きマニュアル撮影時にスっと合わせることができます。これ1本でだいぶ満足してます!

EF24-105mm F4L IS II USM

EF24-105mm F4L IS II USM

¥139500

多くのプロ風景写真家が使用している商品。また、初心者でも綺麗に撮ることができます。これ一本あればいろいろなシーンに対応できるでしょう。

サイズ83.5mm(最大径)×118.0mm
重量795g
男性
男性

メリハリのある写真が撮れる!

評価:

105mmまで使えるのは登山愛好家にとってはとてもうれしい。明るく、ピンも狙いどおりにきますし、ボケも充分きれいです。

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

¥72800

24-120mmの圧倒的な範囲なので幅広く使用できます。濃厚感のある発色のよい写真が撮れるので、単焦点に勝るとも劣りません!描写や色乗りも良いので、色合いにこだわる方はおすすめです。

サイズ幅140×高さ113×奥行き78mm
重量750g
女性
女性

幅広く撮影できる

評価:

広角から中望遠までのレンジがこれ1本で済むので本当に便利です。山岳用なら交換用を準備しなくてもOK!

EF70-200LIS3 F2.8L IS III USM

EF70-200LIS3 F2.8L IS III USM

¥269725

70-200mmで望遠を撮影したい方にはおすすめです風景写真を撮るには欠かせない商品です!白いボディの見た目もとても美しいデザインになっています。

サイズ最大径88.8mm×長さ199mm
重量1480g
男性
男性

高いけど満足!

評価:

初めての70-200のを購入。ズームもやりやすいし、軽くて使いやすいのでおすすめ!少し高いのが難点。

EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

¥55979

被写体のクローズアップから本格的な望遠まで1本で対応可能!重量が300gと軽量のため、移動距離が長い登山に向いています。軽量かつ性能も申し分ないのでかなりおすすめです。

サイズ最大径60.9mm×全長86.5mm
重量300g
女性
女性

便利な一本

評価:

他のレンズと交換をしなくともこれ一本で大体の場合はいい写真が撮れるので、とても便利です。

登山におすすめのレンズ5選の比較表

ブランド名

SONY

Canon

Nikon

Canon

Canon

画像

製品名

SEL24105G

F4L IS II USM

AF-S NIKKOR f/4G ED VR

LIS3 F2.8L IS III USM

F3.5-6.3 IS STM

特徴

・24mm〜105mm対応 ・高画質 ・使いやすく王道の商品

・24mm〜105mm対応 ・プロも使用 ・初心者にもおすすめ

・24mm〜120mm対応 ・発色の良い写真が撮影可能 ・画質にこだわる日におすすめ

・70mm〜200mm対応 ・望遠に最適 ・ボディのデザイン〇

・18mm〜150mm対応 ・軽いので登山時に最適 ・比較的安い

商品リンク

自分好みの登山向けレンズを見つけよう!

登山に向いているレンズと選び方について紹介しました。登山中に撮影する被写体は、地上で撮影する物とは異なり、また、撮影する環境も違います。そのため、登山に向いているレンズを選ぶ必要があるのです。紹介した3つのポイントを参考に、今までとは一味違う写真を撮影しに行きましょう!

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー