「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプ用エアコンのおすすめ10選!夏の暑さもこれで大丈夫!

キャンプ用エアコンのおすすめ10選!夏の暑さもこれで大丈夫!

夏の暑い時期にキャンプへ行くときに大活躍する、キャンプ用ポータブルエアコンについて、おすすめ商品10選を紹介しています。機能やサイズなどさまざまな観点から、10商品を厳選しています。ポータブルエアコンの選び方も解説しています。


キャンプ用エアコンのおすすめを紹介!

夏の暑い時期にキャンプに行くときに大活躍の、キャンプ用エアコンのおすすめを紹介します。夏にキャンプをする場合、日中が35度以上の猛暑日となることもあります。テントの中にいても熱中症の危険があるため、暑さ対策が必要です。
暑さ対策をしながら楽しく夏キャンプを楽しむために、キャンプ用エアコンのおすすめを紹介していきます。自作エアコンも暑さを凌ぐ手段の一つですが、本記事では自作エアコンではなく手間のかからない既製品を紹介しています。

キャンプ用エアコンの選び方

夏キャンプを快適にしてくれる移動可能なキャンプ用エアコンですが、世の中には様々な種類のキャンプ用エアコンがあります。
大きさや搭載している機能や電源など種類が豊富なため、どの商品を購入すればいいのか迷ってしまう方が多くいます。本記事では購入するときに注目するポイントを、3つに絞って紹介します。

選び方①サイズや持ち運びやすさで選ぶ

まずは、サイズと持ち運びやすさの確認をします。キャンプ用エアコンは持ち運んで使用するものになりますので、なるべく軽いものを購入しましょう。上限が10kgまでの商品であれば、女性でも持ち運びがしやすく、取っ手やキャスターがついているとより運びやすいです。

選び方②電源供給方法で選ぶ

電源の供給方法3種類について紹介します。電源の供給方法には3種類あり、AC電源供給とシガーソケット供給、USB電源供給です。
AC電源を完備しているキャンプ場であれば、AC電源供給型でも問題ありません。しかし、車中泊をする方には、シガーソケット型の商品でないと使用することができません。また、USB給電はモバイルバッテリーなどを持っていれば、テントや車内などどこでも使用可能です。

選び方③ドレン水の排出方法をチェック

エアコンを使用するときに排出されるドレン水の排出方法も、商品を選択するときにチェックする必要があります。ドレン水をエアコンの外に出さない商品であれば、車内やテント内でも使用可能です。
しかし、ドレン水をエアコンの外に出す必要がある商品であれば、ドレン水を出すためのホースを取り付け後に室外機をテントや車の外に取り付ける必要があります。

キャンプ用ポータブルエアコンのおすすめ商品紹介

おすすめポータブルエアコン① Zero Breeze

Zero Breeze

¥151800

バッテリー駆動4~5時間のポータブルエアコンです。また、スマホを充電できるUSB端子やLED照明機能付きです。バッテリー取り外し時にはAC電源での使用も可能です。Bluetoothスピーカー内蔵。

サイズ20cm×28cm×48cm
重量約10kg
男性
男性

車内温度がかなり下がりました

評価:

車内温度38℃から1時間で26℃まで下がりました。 バッテリーのみの3時間使用で十分に涼しいことを確認しました。

おすすめポータブルエアコン② 冷え蔵2EX

冷え蔵2EX

¥38280

シガーソケット型給電の商品で、バッテリー駆動50時間が可能です(保冷剤の交換は定期的に必要)。水位センサー付きの水中ポンプ搭載。
安定した冷風を吹き出すため、夏の車中泊が快適になります。
水分を含んだ冷風のため、空気が乾燥しません。室外機を搭載していないため、コンパクトで持ち運びがしやすいです。

サイズ55cm×30cm×31cm
重量約4.5kg
40代女性
40代女性

車のエアコン代わりになりました

評価:

車中泊をする際に使用しました。涼しい風が出てきてこの風だけで一晩眠ることができました。弱にすれば音も静かなので快適に寝ることができます。

おすすめポータブルエアコン③ ラ・クール

ラ・クール

¥118800

2020年新モデルのAC電源給電タイプのポータブルエアコンです。室内機と室外機が離れており、2メートルの接続ホースでつないで使用します。便利なリモコン付きです。室外機が搭載されているため、冷却能力が高いです。

室内機サイズ40cm×30cm×18.5cm
室外機サイズ43cm×39cm×18.5cm
重量約19kg
30代女性
30代女性

快適に寝ることができます

評価:

車中泊時に使用してみました。やや重たく設置するのが少し大変でしたが、暑い夜でも快適に眠ることができました。購入してよかったと思っています。

おすすめポータブルエアコン④ プラタ

プラタ

¥1980

USBポータブルクーラー(USB冷風機)。扇風機より涼しい風を、気化熱を利用して送ります。軽量、コンパクトなため持ち運びがラクです。
風量3段階調節機能搭載しています。また、水分を含んだ冷風のため空気が乾燥しません。モバイルバッテリーがあれば、テント内でも使用可能です。プラタを使用し、自作エアコンを作成することも可能です。

サイズ16.5cm×16.5cm×14.5cm
重量約1.0kg
男性
男性

水を入れるだけ

評価:

水を入れるだけでひんやりした風が出てきます。ただし、風量調節はあまり関係ないような気がしました。もう一台買い足そうか検討しています。

おすすめポータブルエアコン⑤ CoolAir Ultra

CoolAir Ultra

¥3580

風量3段階のUSB給電式ポータブルクーラーです。USB給電のためモバイルバッテリーを持ち運ぶことで、テントの中でも使用可能です。
アロマディフューザとしても使用可能です。安価なCoolAir Ultraを購入し、自作エアコンを作成することも可能です。

30代女性
30代女性

コンパクトでどこでも使える

評価:

コンパクトでモバイルバッテリーさえあればどこでも使えるのは便利でいいと思います。電源コードの穴がずれていましたが押し込んだら入りました。フィルターを取り出すのが少し大変でした。フィルターを濡らすとより涼しく感じました。

おすすめポータブルエアコン⑥ クレクール3

クレクール3

¥39800

室内機と室外機一体型のポータブルクーラーです。冷房機能に加え、除湿・加湿・空気清浄機能も備えており、様々な用途でご利用いただけます。コンパクトだが、冷房能力の高い商品です。

サイズ37.5cm×28.5cm×50cm
重量約13.2kg
男性
男性

性能よし、音普通

評価:

冷風が出ておりスポットクーラーとしての性能は十分にあると思います。ただし風量調節は体感では違いがわかりませんでした。音は多少するため音に敏感な人は寝るときに気になるかもしれません。

おすすめポータブルエアコン⑦ カンゲキくん

カンゲキくん

¥35063

コンパクトで取っ手付きなので、持ち運びらくらく。吹き出し口は周囲の温度から、-10℃の風が吹き出されます。
ホースを通して熱を室外に出すため、冷却効果が高い商品です。ドレンホースも3mと長く、幅広い場所で使用可能です。

70代男性
70代男性

コンパクトで使いやすい

評価:

キャンピングカーで使用しました。小型なため持ち運びも楽で好きな位置に設置できる点もよいと思います。消費電力も小さくサブバッテリーでも稼働してくれるため暑い夏もこれで乗り切れそうです。

おすすめポータブルエアコン⑧ ここひえR2

ここひえR2

¥8778

3段階の風量切り替えが可能。吹き出し口最大-12℃の風を送ります。
軽量、コンパクトでハンドルがついているので、持ち運びもらくらく。ここひえR2を購入し、自作エアコンを作成することも可能です。消費電力が小さいので、長時間の使用も可能です。

サイズ16.8cm×17.3cm×17cm
重量約1.0kg
男性
男性

想像よりも冷える

評価:

購入前に想像していたより冷えました。強だと涼しくなりますが、弱と中ではあまり涼しくなりませんでした。また、強を使うと涼しくはなりますが少しファンの音がするため音に敏感な方は気になるかもしれません。

おすすめポータブルエアコン⑨ トランスクール

トランスクール

¥48180

持ち運びがラクな、シガーソケット型給電のエアコン。氷を入れると、さらに冷たさがアップします。
吹き出し口は周囲の温度から、-10℃の風を送風します。エッセンシャルオイルを入れて、アロマディフューザーとしても使用可能です。

サイズ34.2×28.8×25.6
重量約1.5kg
50代男性
50代男性

暑い夏でも車内で過ごすことはできる

評価:

夏の車内でトランスクールを使うとなんとか車内にはいることはできます。氷を入れて使用すると冷たい風が出てくるため氷での使用をおすすめします。ただし、外気温が暑すぎるとそこまで冷たい風は出ませんので要注意です。

おすすめポータブルエアコン⑩ 卓上スポットクーラー

卓上スポットクーラー

¥5600

USB充電式のエアコン。コンパクトなため持ち運びがラクで冷房のみならず、アロマディフューザーとしても使用可能です。首振りは3段階で調整可能です。
モバイルバッテリーがあれば、テント内でも使用可能です。卓上スポットクーラーを購入し、自作エアコンを作成することも可能です。

サイズ14cm×18.5cm×13cm
重量約1.0kg
男性
男性

安価だが冷却効果高い

評価:

似た製品をいくつか試しましたが、この製品が安く冷却効果が高いと思います。コンパクトだし充電すればすぐに使える点もよいと思います。水タンクが少し小さめなので近くに水が入ったボトルを置いておくことをおすすめします。

キャンプ用ポータブルエアコンの比較表

ブランド名

コイズミ

Stage21

コイズミ

プラタ

Greg State

CLESEED

日動工業

Shop Japan

コイズミ

infray

商品名

Zero Breeze

冷え蔵2EX

ラ・クール

プラタ

CoolAir Ultra

クレクール3

カンゲキくん

ここひえR2

トランスクール

卓上スポットクーラー

画像

タイプ

AC電源型

シガーソケット型

AC電源型

USB給電型

USB給電型

AC電源型

AC電源型

USB給電型

シガーソケット型

USB給電型

特徴

・LED照明付き ・Bluetoothスピーカー内蔵 ・USB端子付き

バッテリー駆動50時間 ・水位センサー付きの水中ポンプ搭載 ・水分を含んだ冷風のため空気が乾燥しない

・室外機と室内機の接続ホースが2メートル ・便利なリモコン付き ・冷房能力高い

水分を含んだ冷風のため空気が乾燥しない ・風量3段階調整可能 ・モバイルバッテリーがあれば使用場所の制限がない

・風量3段階調整可能 ・アロマディフューザーとしても使用可能 ・モバイルバッテリーがあれば使用場所の制限がない

・冷房+除湿、加湿、空気清浄 ・コンパクトだが、冷房能力高い ・室内機と室外機一体型

・パワフル冷却 ・取っ手付きで運びやすい ・ドレンホースが長いため幅広い場所で使用可能

・3段階の風量切り替え可能 ・ハンドル付き ・吹き出し口最大-12℃

氷も入る ・アロマディフューザとしても使用可能 ・吹き出し口は周囲の温度から-10℃

・アロマディフューザーとしても使用可能 ・首振り3段階 ・モバイルバッテリーがあれば使用場所に制限がない

サイズ

20cm×28cm×48cm

55cm×30cm×31cm

室内機サイズ:40cm×30cm×18.5cm 室外機サイズ:43cm×39cm×18.5cm

16.5cm×16.5cm×14.5cm

37.5cm×28.5cm×50cm

21cm×65cm×30cm

16.8cm×17.3cm×17cm

34.2cm×28.8cm×25.6cm

14cm×18.5cm×13cm

商品リンク

楽天市場

キャンプ用ポータブルエアコンおすすめまとめ

暑い時のキャンプや車中泊で使用できるポータブルエアコンについて紹介しました。様々な価格帯、機能の商品を紹介してきました。購入を迷っている方は、まずは商品の選び方3点を考慮してポータブルエアコンを購入しましょう。
また、使用する目的や環境によっても購入するべき商品は変わってくると思います。使用場面を想定して、自分に合った商品を選択しましょう。希望に合った商品がない方は、必要な部品を購入してきて自作エアコンを作成してみるのもよいかもしれません。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー