「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【関東】穴場のオートキャンプ場が知りたい!おすすめポイントをタイプ別に紹介

【関東】穴場のオートキャンプ場が知りたい!おすすめポイントをタイプ別に紹介

関東の穴場オートキャンプ場を知りたいという方必見です。キャンプブームの今、関東エリアには沢山のオートキャンプ場がオープンしています。人混みを避けて家族や友人と静かにゆったりと過ごしたい人におすすめの穴場オートキャンプ場を取り上げましたのでチェックしてください。


関東エリアに穴場のオートキャンプ場ってどこにあるの?

関東周辺の穴場といわれているオートキャンプ場を知りたいという方が多いのではないでしょうか。できれば人混みが避けられてゆったり過ごせる、穴場と言われる関東周辺のオートキャンプ場8か所を紹介します。

キャンプブームが高まっている今、有名キャンプ場ともなれば夏休みやお盆シーズンは混雑し、予約も取りづらくなります。できるだけアクセスが良く自然を満喫でき、なるべく安く子供連れでも安心して楽しめるキャンプ場を調査しました。

穴場の定義はわかりづらいのですが、それぞれの希望する穴場を見つけたいものです。ここでは、穴場のキャンプ場の特徴やおすすめポイントも解説しますので参考にしてみてください。

【関東】自然豊かなおすすめの穴場オートキャンプ場2選

関東エリアの自然豊かなオートキャンプ場を紹介します。時には都会の雑踏を離れて過ごしたいいという方におすすめです。大自然の中で、アウトドアを楽しんでみてください。

①那須高原アカルパ(栃木県):平日やオフシーズンがねらい目

那須高原アカルパは、標高600mで真夏でも涼しく過ごせます。那須高原にあるキャンプ場です。テントサイトがすべて100㎡から120㎡とゆったりしたスペースがあり、のんびり過ごせます。ベテランキャンパーはもちろん、キャンプ初心者でも選びやすい各種区画が人気の秘密です。

予約の際は、ホームページからリアルに予約状況や空き状況が確認できます。週末は人気のため予約が難しいのですが、平日は比較的空いている日があるので予約しやすいので穴場です。またテントがない方でも、トレーラーハウスやコテージがあるので心配いりません。炊事場は快適で、蛇口の数が多く中にはお湯が出る蛇口もあります。

このキャンプ場は、食材や洗剤といったキャンプ必需品は用意されていないので必ず持参してください。キャンプ場周辺には、自然が多くサイトや施設から川を眺めることもできます。那須高原周辺には温泉や銭湯もあるので、キャンプの帰りに温泉を楽しむこともできます。

住所

栃木県那須郡 那須町高久丙2993-1

電話番号

0287-77-1640 受付時間(9:00~16:00)

予約方法

電話かインターネットでの受けつけ

キャンプ場料金

区画サイト レギュラーシーズン 5000円 ハイシーズン 6000円 ドッグランサイト レギュラーシーズン 9000円 ハイシーズン 10000円

乗り入れ可能車両

すべての車可

施設内設備

売店:管理棟内 シャワー:有り トイレ:3か所 炊事場:3か所 ゴミ:ゴミ置き場有り ドッグラン キッズスペース

公式サイト

那須高原アカルパ公式サイト

②皇海山キャンプフォレスト(群馬県):初心者におすすめ!サポートあり

皇海山キャンプフォレストは、群馬県の中でも過ごしやすい地域にあります。夏場でも朝晩の気温が低く、雨の日もあります。皇海山キャンプフォレストは、キャンプインストラクターが常駐しているので、わからないことは何でも相談にのってもらえる、キャンプ初心者でも安心できるキャンプ場といえるでしょう。

キャンプ場では、様々な体験型イベントを開催しています。管理棟は、品揃え豊富な売店があり、淹れたてコーヒーや生ビールを楽しめる場所です。キャンプに欠かせない炊事場は、きれいに整えられていてお湯を使えます。

さらに給湯ポットや電子レンジも無料で利用できるのは珍しいサービスです。リピートするキャンパーも多いですが、キャンプシーズンをずらせば予約が取りやすくなります。

住所

埼玉県秩父郡長瀞町大字本野上363

電話

0278-56-2854(10:00~17:00)

予約方法

基本的にネット予約でのみ

キャンプ料金

テントサイト入場料 (宿泊) 大人700円  小人400円(18歳未満)  未就学児無料 シルバー600円(65歳以上) ペット3匹まで(1500円) サイト料金:2,200円~

乗り入れ可能車両

乗用車 / キャンピングカー / バイク

施設内設備

売店 :管理棟内あり シャワー:管理棟内 トイレ:2か所 炊事場:2か所 ゴミ:ゴミ捨て場 ペット:リード着用であれば可能 遊び場:アスレチック 遊具

公式サイト

皇海山キャンプフォレスト公式サイト

【関東】都心から近い!好アクセスがおすすめの穴場オートキャンプ場2選

関東エリアの好アクセスがおすすめのオートキャンプ場を紹介します。気軽に行ける都心から近いキャンプ場へ行きたいという方は、参考にしてみてください。

①TAKAO CAMP PARKRAFT(東京都):キャンパス内のキャンプ場

TAKAO CAMP PARKRAFTは、一般的なキャンプ場と違って学校のキャンパス内にあります。キャンプサイトは、ICHOサイトと HINOKIサイトに分かれていることが特徴です。近くには冷蔵庫完備で温水も使える炊事場や男女別のトイレもあり施設内はきれいで使いやすいという口コミもあります。

ICHOサイトでは焚き火やバーベキューを思う存分楽しめます。また区画は、広々として車を2台停められるゆったりサイトです。

夜になると焚き火の薪の音が響くなど静けさの中でキャンプを楽しめます。都内でありながら、非日常を味わえるため穴場のキャンプ場と言えます。またオープンしたてなので設備がきれいで清潔に維持されています。さらにレンタル用品が充実しているので荷物を減らすことも可能。

アクセスしやすいだけでなく、便利なオートキャンプ場です。

 

住所

東京都八王子市元八王子町2-1419(星槎高尾キャンパス内)

電話番号

042-673-4015

予約方法

公式サイトから予約

キャンプ場料金

入場料:大人・子ども ¥300、未就学児 ¥0 (無料) イチョウサイト:宿泊3,000円(一区画あたり)、デイキャンプ2,000円 ヒノキサイト:宿泊4,000円(一区画あたり)、デイキャンプ3,000円

乗り入れ可能車両

サイト内乗り入れ可能

施設内設備

売店:なし 炭、薪の販売:有りトイレ:3か所 水道:2か所 自動販売機:3か所 ゴミ:通常持ち帰り レンタルあり

公式サイト

TAKAO CAMP PARKRAFT公式サイト

②神戸園キャンプ場(東京都):アットホームな穴場のキャンプ場

神戸園キャンプ場は、首都圏からそれほど遠くない檜原村にあります。キャンプ場周辺には釣り堀があり、釣った魚を塩焼きで食べることも可能です。山あいという立地をいかし、川沿いサイトと山沿いサイトが設けられています

神戸園キャンプ場は、管理人さん宅に隣接しているので初心者や子連れには安心です。近頃は、多くのキャンプ場では直火や焚き火ができません。ここでは焚き火も可能なのでキャンパーにはうれしいキャンプ場でしょう。

キャンプ場としては珍しく食堂があり、そばやうどんを提供してくれます。電話予約のみなので、一般的なキャンプ場に比べて人混みが緩和されるため穴場といわれています。一度訪れると居心地の良さにリピートする人もいるほどです。

住所

東京都西多摩郡檜原村神戸8018

電話番号

042-598-0107

予約方法

電話で申し込み

キャンプ場料金

テント持ち込み料(1区画)4,000円 キャンピングカー(大型)6,000円 キャンピングカー(小型)4,500円 AC電源ボタン 660円

乗り入れ可能車両

一部可能 問い合わせ

施設内設備

管理棟内に売店あり トイレ:森林サイトに1か所、川沿サイト1か所 炊事場:森林サイト2か所、川沿サイト1か所 有料シャワー室:森林サイト1か所 ゴミ置き場:通常なし

公式サイト

檜原村観光協会サイト

【関東】子連れにおすすめの穴場オートキャンプ場2選

関東エリアの子連れにおすすめのオートキャンプ場を紹介します。お子さん連れは、キャンプ場内の施設が気になります。サイトや設備がきれいに整っていて、遊び場所が充実している施設を知りたい方におすすめです。

①奥秩父神庭オートキャンプ場(埼玉県):自然と遊び場が充実

奥秩父神庭オートキャンプ場は、アスレチックやボルダリングがあり、お子さんたちもアクティブ体験ができます。そしてキャンプ場周辺の川では釣りも楽しめます。キャンプ場の予約は、オンライン予約が増えていますがこちらは電話予約となっています。

夏休みなどの混雑期を外せば予約が取りやすくなるので穴場です。キャンプ場周辺は、木々がおおい茂っているため自然を感じられ、好みのサイトが選べると人気。キャンプ場受付は、ドライブスルーになっているので簡単な手続きはうれしい対応です。

また、子供向けの滑り台、ターザンロープやブランコといった遊び場があります。もちろんペット同伴もでき、子連れのキャンパーの穴場です。お子さん連れは、トイレやシャワーなどの設備が気になりますが、ウォシュレット付きトイレも完備、シャワールームもきれいに保たれているので安心です。

住所

埼玉県秩父市大滝4273-1

電話番号

0494-55-0137

予約方法

電話にて予約 (予約希望日の3カ月前の1日より予約可能)

キャンプ場料金

5,000~ ※シーズンやサイトによって異なる

乗り入れ可能車両

1台

施設内設備

トイレ:水洗トイレ 炊事棟 シャワー:温水シャワー、サウナ 子ども用アスレチック 毛布や調理用具レンタルあり

公式サイト

奥秩父神庭オートキャンプ場公式サイト

②ロマンの森共和国オートキャンプ場(千葉県):アクティビティが充実

ロマンの森共和国オートキャンプ場は、都内からのアクセスが便利なキャンプ場です。芝生に覆われたサイトは、自然豊かな雰囲気できちんと整備されています。また各サイトが通路より小上がりになっていることで目線を気にせず過ごせることもポイントです。

子供連れの場合は、トイレの状況が気になりますが、掃除が行き届いているので安心です。周囲には温泉施設もあり、大迷路、おもしろ自転車でおもいっきり楽しめる遊びランドエリアは子ども達の人気の的で充実しています。

おもいっきり遊んだ後は、露天風呂がある温泉施設で汗を流すこともできます。週末やハイシーズン中は混雑が予想されますが、連休明けなど予約が取りやすいためオフシーズン穴場のキャンプ場といえるでしょう。

住所

千葉県君津市豊英659−1

電話番号

0439-38-2211

予約方法

キャンプ場へ確認

キャンプ場料金

料金の詳細はキャンプ場へ直接お問い合わせ

乗り入れ可能車両

キャンプサイトに乗用車横付け可能

施設内設備

売店:管理棟に有り シャワー:コインシャワー トイレ:1か所 ゴミ:ゴミ置き場有り 自動販売機

公式サイト

ロマンの森共和国公式サイト

【関東】設備が充実してるおすすめの穴場オートキャンプ場2選

関東エリアの設備が充実している穴場のオートキャンプ場を紹介します。設備が充実しているキャンプ場は、炊事場やトイレなどだけでなく、お風呂や温泉などを併設しているところもあります。

またコテージやトレーラーハウスを提供しているところも少なくありません。週末にちょっとリッチにキャンプを楽しみたい方におすすめです。

①スプラッシュガーデン秩父(埼玉県):ハイシーズン料金がない

スプラッシュガーデン秩父は、7000坪の自然に囲まれた施設です。キャンプ場は、全面芝生に覆われオートキャンプはもちろん、バンガローもあり、ファミリーで楽しめます。バンガローは、テントを持っていない方でも気軽にアウトドアを楽しめるので初心者にもおすすめ。

スプラッシュガーデン秩父は、子どもにも配慮したシャワーやトイレの設備が特徴です。水回りが綺麗に整備されているのは嬉しいですよね。また温泉施設が併設されていて、遊び場も充実しています。

キャンプ場はシーズンによって料金が違いますが、スプラッシュガーデン秩父はハイシーズン料金はありません。これはかなり嬉しいポイントです。荒川の河川敷沿いという立地を活かして、川遊びや自然に触れる機会を楽しめるので、子ども達におすすめです。さらにわんちゃん連れにはうれしい、ドッグランや犬用温泉完備されています。

住所

埼玉県秩父市小柱326-2

電話番号

0494-62-3399

予約方法

WEB予約/当日のみ電話受付可

キャンプ場料金

オートキャンプサイト:5800円

乗り入れ可能車両

キャンピングカー不可

施設内設備

売店:管理棟内 シャワー:併設梵の湯 トイレ:3か所 ゴミ:各種ゴミが捨てられる コインランドリー:有り ドッグラン 自動販売機

公式サイト

スプラッシュガーデン秩父公式サイト

②LANTERN CAMPING FIELD MORIYA(茨城県):新しいキャンプ場

ランタンキャンピングフィールド守谷は、アウトドア専門LANTERNのプロデュースにより2022年7月にオープンしました。都心からもアクセスが良く気軽にキャンプを楽しめます。このキャンプ場の穴場といえば、オープンしたて、場内施設がとてもきれいなことです。

またペット連れに至れり尽くせりのサービスも目玉といえるでしょう。ドッグランにはワンちゃん用のプールも完備しました。ドッグサイトとフリーサイトとの区分けがきちんと分けられているので安心です。

各サイトは、およそ100㎡の広々スペースなので快適です。キャンプ場隣にはキャンパーにはうれしい公共の銭湯があります。街なかにも近いので、キャンプ用品や食材などの買い出しも便利です。

住所

茨城県守谷市野木崎4700

電話番号

0297-21-8889

予約方法

ホームページの予約サイトより

キャンプ料金

フィールドサイト:4,400円~ グループサイトL:5500円~ グループサイトM:5500円~

乗り入れ可能車両

乗用車 / キャンピングカー / バイク

施設内設備

売店:受付コンテナ トイレ:サニタリー棟 炊事場:サニタリー棟 ゴミ:有り 自動販売機

公式サイト

LANTERN CAMPING FIELD MORIYA公式サイト

関東の穴場オートキャンプ場でゆったりと過ごそう!

関東の穴場オートキャンプ場8か所紹介しました。自然を満喫できるタイプ、料金がリーズナブルなタイプ、子連れで出かけられるタイプ、贅沢に過ごせるタイプがなどいろいろあります

キャンプシーズンに沢山の人がにぎわうキャンプ場も良いですが、できれば人混みを避けながらゆったり自然を満喫したいものです。

お気に入りの穴場のキャンプ場をみつけて、快適なキャンプを楽しんでみましょう。

【関西】穴場のオートキャンプ場8選!誰よりも早くチェックしよう

https://news-magazine-campers.com/campsite/kansai/kansai-auto-camp/

関西エリアにある穴場のオートキャンプ場を紹介します。関西にはたくさんのキャンプ場がありますが、あまり知られていないキャンプ場もあるんです。とっておきのキャンプ場をピックアップしています。穴場のキャンプ場が気になる方はチェックしてください。

【関東おすすめ】日帰りグランピングのオススメ!メリットや予約方法などを紹介

https://news-magazine-campers.com/campsite/kanto/kanto-day-trip-glamping/

関東エリアでおすすめの日帰りプランがあるグランピング施設を紹介します。日帰りグランピングは、グランピングに行ってみたいけど予算オーバー、時間の余裕がない方などにおすすめです。日帰りグランピングのメリットやおすすめをまとめてみました。

桜咲く関東のキャンプ場を紹介!チャンスを逃さない予約方法も

https://news-magazine-campers.com/campsite/kanto/kanto-sakura-camp/

関東エリアで桜が見られるキャンプ場をひと足早く紹介します。春の訪れを待ちかねているキャンパーさんや、お花見キャンプしたいキャンパーさんは必見です。人気のキャンプ場は早めの予約が重要なので、予約方法についても触れています。ぜひチェックしてみてください。

この記事のライター

アウトドア好きの主婦です。今は忙しくてキャンプに出掛けられないので、自宅でキャンプ飯作りに挑戦しています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。