「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

おすすめのエアーフレームテントを紹介!評判やデメリットは?

おすすめのエアーフレームテントを紹介!評判やデメリットは?

おすすめのエアフレームテントを紹介します。テントの設営は、慣れない初心者や、ソロキャンプの場合も一人では難しいこともありますよね。設営が簡単なエアフレームテントのおすすめや評判などをまとめてみました。エアフレームテント選びの参考にしてください。


エアフレームテントの評判やデメリットを紹介!

エアフレームテントは、設営が簡単でさまざまなデザインがあり、テントの設営が苦手な人や初心者などにおすすめです。キャンプ初心者は、テントの設営で予想以上に時間がかかってしまうことがあります。せっかくのキャンプなのに、思うように時間が取れないなんてことにもなりかねません。 その点、エアフレームテントなら初心者でも設営が簡単なので、時間を有効的に使えるメリットがあります。おすすめのエアフレームテントや評判などについて、みていきましょう。

エアフレームテントとは?

エアーポンプで膨らまして設営するテント

エアフレームテントとは、フレームに空気を入れて設営するテントのことです。イメージとしては、自転車のタイヤに空気を入れるような方法で設営できます。空気をフレームに入れる作業だけで、テントのフレームが膨らんでテントの形になることが特徴です。 テントの設営に何時間もてこずることがなく、一般的には数分で設営が完了します。

エアフレームテントのメリット

男性
男性

初心者でも安心

評価:

初心者だったので、空気の量がわからなかったのですが、勝手に自立してくれました。

エアフレームテントのデメリット

男性
男性

もう少しコンパクトなら最高

評価:

設営は簡単ですが、かさばるため車に入れづらいことがデメリットです。

エアフレームテントのおすすめ商品

ケシュア/AIR SECONDS 4.1

AIR SECONDS 4.1

¥57096

ポンプで空気を入れるだけで、簡単に設営できるケシュアのエアフレームテントです。レビューや口コミの評価もよく、防風性や防水性が高く、風や冬の季節にも対応しています。高さがある構造なので、テント内も広々としていて快適です。 3~4人サイズなので、ソロからファミリーまで対応可能です。

主素材100%ポリエステル
サイズ5×35×35cm/92L【長方形カバーサイズ】
重量14.5kg
男性
男性

簡単に設営できる

評価:

ちょうどいいサイズで、設営も簡単でした。片付けは少々手間取りますが、慣れてくれば問題ありません。

ロゴス/Tradcanvas エアマジック ドーム XL-BJ

Tradcanvas エアマジック ドーム XL-BJ

¥86900

人気ブランド「ロゴス」の専用ポンプ付きエアフレームテントです。空気を入れるだけで、簡単にテントを設営することができます。UVカット加工や難燃加工が施され、雨の侵入を防ぐシームテープ加工などの機能性が高いことも特徴です。

主素材フレーム:TPUチューブ、フライシート:難燃性ポリタフタ
サイズ(約)幅310×奥行405×高さ190cm
総重量(約)9.0kg
男性
男性

硬い地面や砂地でもOK

評価:

本当に設営が簡単です!どんな場所でも設置できることがメリットです。

ハイランダー/エアートンネル ルーミィ2

エアートンネル ルーミィ2

¥72990

ハイランダーのエアフレームテントは、2ルームタイプの居住性が高いテントです。ファミリーキャンプなどにおすすめで、大きなサイズですが1人で設営できる簡単設営がおすすめとなっています。窓は、クローズ・メッシュ・オープンと状況によって変えることが可能です。 広々としたテント内は、ゆったり快適なキャンプを楽しめる空間となっています。

主素材190Tポリエステル/68D
本体サイズ約W640×H195×D310cm
総重量約18.8kg
男性
男性

想像以上に簡単

評価:

設営は約20分、撤収は約15分でできました。口コミにあるように想像以上に設置がラクです。

エアフレームテントは設営が簡単!

おすすめのエアフレームテントやメリット・デメリットなどについて紹介しました。それぞれのエアフレームテントの口コミやレビューなども参考に、比較してみてください。ある程度の耐久性があるので、強風などの悪天候でなければ問題なく使用できます。 キャンプでのテント設営が苦手な人は、エアフレームテントを使えばストレスなく設営ができるので、ぜひ試してみましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー