「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

電動スケボー「ワンウィール」が人気!値段や公道では走行できるのか調査

電動スケボー「ワンウィール」が人気!値段や公道では走行できるのか調査

Onewheel(ワンウィール)について紹介します。大きなタイヤが特徴的な未来型スケートボードOnewheel(ワンウィール)のスペックや値段、購入方法について詳しく解説します。気になる日本での公道走行の可否についても調査しました。


電動スケボーのワンウィールを紹介!

Onewheel(ワンウィール)は、一輪の大きなタイヤが特徴の未来型スケートボードです。アメリカのカルフォルニア州サンタクルーズに拠点を置く、2013年設立の会社「Onewheel」が作っています。
この記事では、その大きなタイヤで塗装された道だけでなく、キャンプ場などの悪路でも走行可能なOnewheel(ワンウィール) について詳しく説明しています。 是非この機会にOnewheel(ワンウィール) の魅力に触れてみてください!  

ワンウィールのスペックと魅力

板の中心に一輪の大きなタイヤを持ったOnewheel(ワンウィール)。この未来型スケートボードには、その特徴的な見た目以外にもアウトドア好きの心を揺さぶる魅力が詰まっています。是非この機会にOnewheel(ワンウィール)の魅力についてチェックしましょう!

ワンウィールの値段とスペック

ラインアップ

Onewheel+ XR

Onewheel Pint

価格

1,799ドル(約20万円)

950ドル(約10万6,000円)

重量

27ポンド(約12kg)

23ポンド(約10kg)

最高時速

12~18マイル(約19~29km)

6~8マイル(約10~13km)

充電時間

120分

110分

公式サイト

Onewheel(ワンウィール)には、「Onewheel+ XR」と「Onewheel Pint」の2つのモデルが存在します。値段はXRモデルが約20万円、Pintモデルが約10万6,000円となっています。

操作が簡単

Onewheel(ワンウィール)は体重移動で操作します。前傾姿勢で前進、姿勢を戻すことで停止します。バランスが取れるようになれば、操作は直感的に行うことができます

乗り心地が良い

Onewheel(ワンウィール)は、その特徴的なタイヤでオフロード走行も可能です。芝生、ビーチ、砂利道などどこでも走れます。また、Bluetoothでスマートフォンアプリと接続でき、乗り心地をカスタマイズすることも可能です。

高品質な素材

Onewheel(ワンウィール)はどちらのモデルも耐久性があり、高品質な素材が使われています。防水、防塵、耐衝撃性能のため、雨の中でも使用可能です。

ワンウィールの注意点

アウトドア好きの心を揺さぶるOnewheel(ワンウィール)ですが、日本での購入や使用には少し注意が必要です。Onewheel(ワンウィール)に限らず、電動スクーターの使用は法律に触れる可能性があるため、この機会にチェックしておきましょう!

ワンウィールの注意点①購入方法

公道走行ができないためか、日本国内ではECサイトも含め取り扱っている場所はほとんどありません。そのため、安全に購入するには公式サイトからの購入がおすすめです。

「Onewheel」公式HP

ワンウィールの注意点②日本の公道では走行できない

現在、電動スクーターは法律上原付扱いです。そのため、公道利用には原付と同様に、ナンバーや免許の取得など様々な条件があります。ナンバーの取り付けが不可能なOnewheel(ワンウィール)は、公道利用できません
また、公園でも利用が制限されている場合があるため、事前に管理事務所などに確認することをおすすめします。

電動スケボーのワンウィールに乗ってみよう!

近年のキャンプ人気により、キャンパーが急激に増加しました。そんな中キャンプ場で他のキャンパーと差をつけるアイテムは、キャンプ道具だけではありません。この未来型スケートボードOnewheel(ワンウィール)と共に、未来のアウトドアを楽しみましょう!

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー