キャンプでコーヒーを味わおう!淹れ方のコツや必要な道具を紹介!

お気に入りに追加

キャンプで美味しいコーヒーを味わうためのコーヒーの淹れ方、コツを徹底解説します。コーヒーキットやケトル、マグなどの道具もピックアップして紹介します。キャンプで焙煎する方法もまとめたので、美味しいコーヒーを淹れてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプでコーヒーを味わおう!淹れ方のコツや必要な道具を紹介!

目次

  1. キャンプでのコーヒーの入れ方や道具を紹介!
  2. キャンプでコーヒーを味わう!【ドリップコーヒー編】
  3. キャンプでコーヒーを味わう!【パーコレーター編】
  4. キャンプでコーヒー豆をミルで挽く
  5. キャンプでコーヒー豆を焙煎する
  6. キャンプでのインスタントコーヒーにおすすめの商品
  7. キャンプでもコーヒーを味わおう!

キャンプでのコーヒーの入れ方や道具を紹介!

キャンプでコーヒーを淹れる様子
キャンプなどのアウトドアシーンで飲むコーヒーは、家で飲むのとは一味違って、格段に美味しく感じますよね。
そんなキャンプで至福のコーヒータイムを過ごすため、ドリップやパーコレーターの淹れ方とおすすめのキットを紹介します。
本格的な淹れ方を知りたい方から、簡単に美味しくコーヒーを味わいたい人、ソロキャンプにおすすめアイテムを一挙公開していきます。

キャンプでコーヒーを味わう!【ドリップコーヒー編】

必要な道具

ドリップコーヒー
  • コーヒードリッパー
  • ペーパーフィルター
  • コーヒー粉
  • お湯
  • ケトル
  • バーナー
キャンプでのドリップコーヒーに必須なアイテムは、コーヒードリッパーとペーパーフィルターです。ドリップコーヒーをキャンプで淹れるための道具は、家にあるもので対応できますが、荷物がかさばってしまいます。
キャンプ用にコンパクトに収納できるキットもあるので、気に入った道具があったら揃えてしまうことをおすすめします。
粉は、お好きなものを用意してください。豆をミルで引くと、より香りの楽しめる本格コーヒーを堪能できますよ!

キャンプでのドリップコーヒーの淹れ方

コーヒーをドリップする様子
  1. ペーパーフィルターをセットしたドリッパーに、コーヒー粉を入れる
  2. お湯を沸かす
  3. ドリッパーにお湯を少し注ぎ、30秒から1分程蒸らす
  4. ゆっくり円を描きながら、お湯を注いでいく
キャンプで美味しいコーヒーを淹れるコツは、お湯の温度を90度くらいに沸かすことです。ただし、自分で用意した粉には適温がありますので、その温度に合わせたお湯で淹れるとより深い味わいになりますよ。
ドリッパーにセットした粉にお湯を少し注いだら、30秒から1分程蒸らします。粉がふっくらと膨らんでから、次のお湯を注ぐのがコーヒーを美味しく入れるポイントです。
お湯を注ぐときはゆっくりと、円を描きながらまんべんなく注ぎましょう。3分を目安にしてドリップすると、美味しいコーヒーを淹れられますよ。

キャンプのドリップコーヒーにおすすめの商品

出典: 楽天市場
UNIFLAME
コーヒーバネット
1,936円(税込)
楽天市場で詳細を見る

ユニフレームのコーヒーバネットは、壁面がないのが特徴。お湯を注いだ時に発生するガスをしっかり逃がすことで、雑味のない美味しいコーヒーを淹れることができます。
さらに収納する時にコンパクトになるので、荷物を減らしたいソロキャンプやファミリーキャンプにもおすすめキットです。
ユニフレームのバネットは、コーヒー専門店でも使われているほど評判のよい商品です。

使用時サイズ 横110×厚さ70m
収納時 横110×厚さ20m
重さ 46g
男性
男性

キャンプで大活躍!

評価:

コンパクトに収納できるのが嬉しい。セットで専用の袋がついていているのもありがたい。ペーパーフィルターも一緒に入れることができるので、キャンプに忘れななくなりました!

キャンプでコーヒーを味わう!【パーコレーター編】

必要な道具

パーコレーター
  • パーコレーター
  • コーヒー粉またはコーヒー豆
  • ミル(豆を挽く方)
パーコレーターは、お湯を沸かして、コーヒーを循環させ抽出できる構造。ケトルの中にプレートフィルターがセットになっているポット型抽出器。
一見むずかしそうに感じますが、粉と水を入れて、火にかけるだけ。簡単で手軽に美味しいコーヒーを淹れられる、優れた器具です。沸騰時間を調節することで、好みの味で抽出できて、香り高いコーヒーを淹れることが可能です。
キャンプで使うなら、直火でお湯を沸かせるステンレス製のパーコレーターが便利です。パーコレーターはケトルとしても使え、簡単な一人飯を作ったりもできるので、ソロキャンプにもおすすめのキットです。

キャンプでのパーコレーターでのコーヒーの淹れ方

  • パーコレーターのバスケット部分にコーヒー粉を入れ、金属フィルターを被せる
  • 本体に杯数分の水をいれて、弱火にかける
  • 沸騰したら2~3分程で火をとめる
パーコレーターはコーヒーとお湯の接触時間が長く、金属フィルターの目が粗いので、粉は粗挽きがよいでしょう。
美味しく淹れるコツは、長時間火にかけすぎないことです。長時間火にかけると、コーヒーの香りや風味が奪われてしまうので注意してください。抽出具合は、蓋のつまみから確認できます。しっかりと色が濃く出たら出来上がりです。

キャンプにおすすめのパーコレーター

出典: 楽天市場
CAPTAIN STAG
ステンレス製パーコレーター 3カップM-1225
8,124円(税込)
楽天市場で詳細を見る

キャプテンスタッグのパーコレーターはステンレス製で、390gと超軽量なのが特徴。2~3杯用のコーヒーを淹れることができるので、ソロキャンプや少人数のファミリーキャンプに適しています。
ケトルとしても兼用できるので、ケトルを持っていない方にもおすすめのパーコレーターです。

サイズ 170×105×145(h)mm
重さ 390g
容量 0.9L

キャンプでコーヒー豆をミルで挽く

挽きたてのコーヒーの良さ

挽きたてのコーヒーは、格段に「味」と「香り」が違います。豆は挽きたてが一番、味と香りがよく挽いた瞬間から酸化が進んでしまいます。時間がたてばたつほど味と香りが落ちていってしまいます。
豆を挽くためのミルは、比較的コンパクトのものが多く、キャンプに持ち運びしやすいものがたくさん販売されています。
非日常感を味わえるのがキャンプ。自分へのご褒美として、ぜひ挽きたてのコーヒーを味わってみてください。

キャンプでオススメのミル

出典: 楽天市場
ポーレックス
コーヒーミル2 ミニ
6,930円(税込)
楽天市場で詳細を見る

 ポーレックスのコーヒーミル2はとてもコンパクトで軽量。本体の中央にハンドルを収納できるので、キャンプにぴったりなコーヒーミルです。
分解して洗うことができるので、メンテナンスが簡単。一回に豆が挽ける量は20g(カップ2杯分)なのでソロキャンプにもおすすめのキットです。

サイズ 直径5×高さ13.5cm
重さ 250g
女性
女性

挽きがよい!

評価:

挽いた粉の粒がしっかりとそろっていました。少し持ちづらいけど、丸洗いも出来るからお手入れが楽。キャンプにも最適なサイズです。

キャンプでコーヒー豆を焙煎する

キャンプでコーヒーを焙煎する方法

  1. 生豆をさっと水洗いし、水気をきり、ロースターに豆をセットする
  2. 炭火にかけ焙煎していく
  3. パチパチと音がなったら1ハゼ(浅煎りコーヒー完成)
  4. ピチピチと音がなったら2ハゼ(中煎りコーヒー完成)
  5. 2ハゼがしばらくなる(深煎りコーヒー完成)
  6. ロースト後、薄皮を振り落とす
  7. うちわなどの風で冷まし、焦げた豆を取り除く
コーヒー豆を焙煎するのは、敷居が高い感じがしますが、ロースターを使うことで簡単に自分で焙煎することも可能になります。焙煎のコツはしっかりと焙煎中の音を聞いておくことです。
焚き火をしながら焙煎できるのは、キャンプならではの楽しみ方ですね。ソロキャンプなら、じっくり静かに焙煎の音を聞きながら、自分好みに焙煎し、挽きたてのコーヒーを味わってみてるのもよいでしょう。

キャンプでコーヒーの焙煎におすすめ商品【ロースター】

出典: 楽天市場
UNIFLAME
ユニフレーム 焚き火ロースター
3,500円(税込)
楽天市場で詳細を見る

 ユニフレームの焚き火ロースターは、特殊耐熱網をしているので、炎を通さず熱に変換し、コーヒー豆をムラなく焙煎できます。
また、ハンドルが伸縮するので、焚き火台でもバーナーにも対応できるロースターです。ケースもセットになっているので、持ち運びも便利ですよ。収納時もコンパクトになるのでソロキャンプにもおすすめ商品になります。 

サイズ 160×320mm
重さ 約200g
男性
男性

思いのほか簡単!

評価:

初めての焙煎でしたが、キャンプの時に炭火でやったらうまくできた!ちょっと高いけど使いやすい。袋がセットになってるから収納も便利でキャンプに持っていきやすい。

キャンプでのインスタントコーヒーにおすすめの商品

自分で手の込んだコーヒーを飲むのも良いですが、キャンプでは簡単にパッと淹れるインスタントコーヒーもおすすめ。
キャンプで飲むインスタントコーヒーも格別です。インスタントでも、キャンプ用のマグやケトルをお気に入りのものにするとより楽しめます。

スノーピーク フィールドバリスタケトル

出典: 楽天市場
snow peak
フィールドバリスタ ケトル
31,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る

スノーピークのバリスタケトルは、注ぎやすい口形状に設計されています。ゆっくりとお湯を注ぐことができるのでドリップコーヒーなどにおすすめです。
バリスタケトルは収納ケースがセットです。取っ手を外してコンパクトに収納できるキットで、ソロキャンプやファミリーキャンプにもおすすめのケトルです。

サイズ 210×130×180(h)mm
重量 540g
容量 1L
女性
女性

コーヒー用なのでさすがです。

評価:

バリスタケトルというだけあって、湯量の調整ができます。コーヒーを注ぐときに最適!

コールマン ファイヤープレイスケトル

出典: 楽天市場
Coleman
Coleman
4,678円(税込)
楽天市場で詳細を見る

コールマンのケトルは、リーズナブルな価格で手に入れられる商品。縦長のシンプルなデザインのケトルで、ステンレス製なので、焚き火にかけることも可能です。注ぎ口に蓋が付いているため、灰やすすが入ってしまう心配がありません。

サイズ 約13×22×23(h)cm
重さ 約570g
容量 約1.6L
男性
男性

安いし、いい商品

評価:

キャンプで心置きなく丸ごと焚き火にかけられるのが嬉しいです。吊り下げの金具が取れやすいですが、手直しすれば問題なく使えます。

イエティ ランブラー14OZマグ

出典: 楽天市場
YETI
イエティ ランブラー14ozマグ
5,137円(税込)
楽天市場で詳細を見る

イエティのマグはステンレス真空二重構造で、保温力・保冷性にとても優れたマグカップです。蓋もついているので、コーヒータイムをゆっくりと堪能できます。デザインもシンプルなので、長く愛用できるでしょう。

容量 414ml
重さ 約367g
女性
女性

蓋つきのセットが嬉しい!

評価:

大きけど軽いし、ロゴもかわいいのでお気に入りです。保温性も抜群で、洗いやすいから買ってよかった!

キャンプでもコーヒーを味わおう!

キャンプ味わう美味しいコーヒーの淹れ方を紹介しましたが、いかがでしたか?キャンプで飲むコーヒーは格別に美味しいのが魅力。
コーヒーが好きな方は、じっくり時間をかけて、自分好みのコーヒーを淹れて味わうと、より一層キャンプが楽しめますよ。
rikumama

この記事のライター

rikumama

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ゆるキャンの餃子鍋を食べよう!なでしこの再現レシピを大公開!

キャンプ料理・レシピ

ゆるキャンの餃子鍋を食べよう!なでしこの再現レシピを大公開!

ゆるキャン実写ドラマで、なでしこが作っている坦々餃子鍋について美味しく作るコツを詳しく解説します。ゆるキャンの餃子鍋、を簡単な材料で再現する方法をまとめました。ゆるキャンのなでしこが作る辛そうで辛くない少し辛い「餃子坦々鍋」のレシピとポイントを紹介します。

キャンプにおすすめの昼ごはん特集!簡単・おしゃれなランチメニューも

キャンプ料理・レシピ

キャンプにおすすめの昼ごはん特集!簡単・おしゃれなランチメニューも

キャンプにおすすめの昼ごはんを紹介します。キャンプで簡単にお昼ごはんを作るテクニックやポイントもまとめました。子供に人気のランチメニューや、夏や冬におすすめの簡単でおしゃれなランチをピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

熊鍋のポイントは臭みを取ること!気になるレシピや食べられるお店も

キャンプ料理・レシピ

熊鍋のポイントは臭みを取ること!気になるレシピや食べられるお店も

熊鍋について解説します。伝統的な日本のジビエ料理である熊鍋の栄養価と味、入手方法を詳しく説明!!熊鍋のポイントである臭みの取り方や気になるレシピ、熊鍋を食べられるお店も紹介しますので、是非熊料理の定番である熊鍋を食べてみて下さい。

焚き火で絶品焼き芋の作り方!おいしくするコツや裏技も紹介!

キャンプ料理・レシピ

焚き火で絶品焼き芋の作り方!おいしくするコツや裏技も紹介!

焚き火で焼き芋をおいしく焼く方法を紹介します。基本の焼き方からドラム缶を使ったやり方、ダッチオーブンや石焼きの方法まで詳しく解説します。焚き火で焼き芋をおいしく焼くための下準備や火加減のコツを説明するので、参考にしてください。

シュヴァイネブラーテンの作り方は?本格ドイツ料理にチャレンジ!

キャンプ料理・レシピ

シュヴァイネブラーテンの作り方は?本格ドイツ料理にチャレンジ!

「シュヴァイネブラーテン」というドイツの料理を紹介します。シュヴァイネブラーテンとは、どのような料理なのか調査しました。またフライパンやダッチオーブンで作る方法もまとめました。家庭でもキャンプでも楽しめるので、ぜひ作ってみてください。

関連するキーワード

キャンプ料理・レシピランキング

人気ランキング

話題のキーワード