ゆるキャンに登場する焚き火グリルB-6君で美味しい焼き鳥を作ろう!

お気に入りに追加

ゆるキャンで登場する焚き火グリル「B-6君」を使った美味しい焼き鳥の作り方を紹介!気になるB-6君のスペックや、特徴についてもわかりやすくまとめています。ゆるキャンを見て気になった人は、ぜひ焼き鳥づくりの参考にしてください。

ゆるキャンに登場する焚き火グリルB-6君で美味しい焼き鳥を作ろう!

目次

  1. ゆるキャンの焚き火グリルで作る焼き鳥が絶品!
  2. ゆるキャンに登場する焚き火グリルの特徴
  3. ゆるキャンに登場する焚き火グリルで焼き鳥を焼こう
  4. ゆるキャンの焚き火グリルで美味しい焼き鳥を!

ゆるキャンの焚き火グリルで作る焼き鳥が絶品!

キャンプ漫画「ゆるキャン」で登場して話題になった焚き火グリル「B-6君」。ソロキャンプのお供に最適だと、口コミでも評価が高く、ソロキャンパーの間で人気が出ています。
このコンパクトな焚き火グリルB-6君を使って美味しい焼き鳥を作りましょう!

ゆるキャンに登場する焚き火グリルの特徴

ゆるキャンの焚き火グリルB-6君のスペック

出典: 楽天市場
笑's (ショウズ)
笑's コンパクト焚き火グリル 「B-6君」 SHO-0004
5,170円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
軽くてコンパクト!

コンパクトに折りたたむことができる超薄型設計で、折りたたんだときの厚さはなんと18mm重さもたったの500gで持ち運びが楽なので、ソロキャンプはもちろんツーリングやハイキングにもおすすめです。

組み立てサイズ 215×122×165mm
重量 約500g
40代/男性
40代/男性

買って正解!

評価:

キャンプで使いました。初心者でも簡単に火がついて、BBQや焚き火を楽しめました!とても丁寧なつくりで、メイドイン・ジャパンの技術力の高さを感じます。これからもソロキャンプでどんどん使っていきたいです!

焚き火グリルB-6君の特徴①コンパクト収納

焚き火グリルB-6君の一番の特徴は、なんといってもそのコンパクトさ。数多くのバーベキューコンロがありますが、一人用のバーベキューコンロとしてB-6君はサイズ的にも最適といえるでしょう。
 設置面積はたったの128×182mmと小さく、さらに折りたたんだときの厚みはわずか18mmと収納力抜群。簡単手軽に持ち運べるという強みがあります。

焚き火グリルB-6君の特徴②ステンレスとチタンの2種

焚き火グリルB-6君は、ステンレスとチタンの2種類販売されています。
チタン製はビジュアルもかっこよく、重さも300gとステンレスより200g軽いのですが、やはり値段がかなり高め(ステンレスの約4倍)になっているのがネック。
ステンレス製は、500gですが持ち運ぶには十分な軽さで、耐重設計はどちらも10kgと変わりません。
ソロキャンプの道具にあまりお金をかけたくないという人が多いので、ステンレス製の方が人気のようです。

ゆるキャンに登場する焚き火グリルで焼き鳥を焼こう

用意するもの

焼き鳥
  • 焚き火グリルB-6君
  • B-6君専用グリルプレート(別売り)または B-6君専用ステンレスメッシュグリル(別売り)
  • 焼き鳥
  • 塩こしょう
  • トングなど

B-6君には多くの別売りオプションが用意されています。焚き火台としてではなく、バーベキューコンロとして使用するなら、グリルプレートかステンレスメッシュグリルは必要不可欠。本体を購入するときに、一緒に購入しておくと良いでしょう。

作り方手順

  1. B-6君本体の側面版を立てる
  2. 前面板と背面板を側面板のスリットにはめ込む
  3. 全面版の扉を開けた状態で、底上げとなるロストルを中に敷く(凸面が上)
  4. 本体の脚を出す
  5. ロストルの上に炭を置き、火をつける
  6. 上にグリルプレートかステンレスメッシュグリルを乗せる
  7. 焼き鳥を焼き、塩こしょうやたれで味付けをする
B-6君の組み立て方は、コツが必要ですが慣れれば簡単です。 開発者による「B-6君の正しい組み立て方と収納」の解説動画があるので、見ながら一度組み立ててみるとわかりやすいでしょう。
前面版の扉からは、小さな炭なら出し入れできますよ。
 

ポイント

ロストルは、本体の底面に敷くのではなく、前後の金属板に渡す形で底上げして使います(浮いた状態)。口コミによると、付属のロストルは熱で変形しやすいとのことで、別売りのロストルを購入しておくことをおすすめします。
本体に脚がついているとはいえ、使用時は本体の下にかなり熱がこもります。テーブルの上に置いて使用する場合は、耐熱性のあるテーブルを使用しましょう

ゆるキャンの焚き火グリルで美味しい焼き鳥を!

軽くてコンパクトなポケットサイズの焚き火グリルB-6君は、ソロキャンパーや少人数でのキャンプに大変便利。小さめのコンロを探している人におすすめです。
炭火での焼き鳥もふっくらジューシーに焼けて、とても美味しくできるので、ぜひ一度試してくださいね!
kozu

この記事のライター

kozu

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ゆるキャンの餃子鍋を食べよう!なでしこの再現レシピを大公開!

キャンプ料理・レシピ

ゆるキャンの餃子鍋を食べよう!なでしこの再現レシピを大公開!

ゆるキャン実写ドラマで、なでしこが作っている坦々餃子鍋について美味しく作るコツを詳しく解説します。ゆるキャンの餃子鍋、を簡単な材料で再現する方法をまとめました。ゆるキャンのなでしこが作る辛そうで辛くない少し辛い「餃子坦々鍋」のレシピとポイントを紹介します。

キャンプにおすすめの昼ごはん特集!簡単・おしゃれなランチメニューも

キャンプ料理・レシピ

キャンプにおすすめの昼ごはん特集!簡単・おしゃれなランチメニューも

キャンプにおすすめの昼ごはんを紹介します。キャンプで簡単にお昼ごはんを作るテクニックやポイントもまとめました。子供に人気のランチメニューや、夏や冬におすすめの簡単でおしゃれなランチをピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

熊鍋のポイントは臭みを取ること!気になるレシピや食べられるお店も

キャンプ料理・レシピ

熊鍋のポイントは臭みを取ること!気になるレシピや食べられるお店も

熊鍋について解説します。伝統的な日本のジビエ料理である熊鍋の栄養価と味、入手方法を詳しく説明!!熊鍋のポイントである臭みの取り方や気になるレシピ、熊鍋を食べられるお店も紹介しますので、是非熊料理の定番である熊鍋を食べてみて下さい。

焚き火で絶品焼き芋の作り方!おいしくするコツや裏技も紹介!

キャンプ料理・レシピ

焚き火で絶品焼き芋の作り方!おいしくするコツや裏技も紹介!

焚き火で焼き芋をおいしく焼く方法を紹介します。基本の焼き方からドラム缶を使ったやり方、ダッチオーブンや石焼きの方法まで詳しく解説します。焚き火で焼き芋をおいしく焼くための下準備や火加減のコツを説明するので、参考にしてください。

シュヴァイネブラーテンの作り方は?本格ドイツ料理にチャレンジ!

キャンプ料理・レシピ

シュヴァイネブラーテンの作り方は?本格ドイツ料理にチャレンジ!

「シュヴァイネブラーテン」というドイツの料理を紹介します。シュヴァイネブラーテンとは、どのような料理なのか調査しました。またフライパンやダッチオーブンで作る方法もまとめました。家庭でもキャンプでも楽しめるので、ぜひ作ってみてください。

関連するキーワード

キャンプ料理・レシピランキング

人気ランキング

話題のキーワード