アカヤマドリの味や美味しい食べ方まとめ!値段・レシピをチェック

お気に入りに追加

イグチ科の食用きのこ「アカヤマドリ」についてまとめています。アカヤマドリの基本情報を始め、美味しく食べられる方法、アカヤマドリを使ったおすすめレシピを紹介しています。アカヤマドリについて興味がある方は、参考にしてください。

アカヤマドリの味や美味しい食べ方まとめ!値段・レシピをチェック

目次

  1. アカヤマドリの基本情報やレシピを紹介!
  2. アカヤマドリの基本情報
  3. アカヤマドリを使ったおすすめレシピ
  4. アカヤマドリを使った料理を作ってみよう!

アカヤマドリの基本情報やレシピを紹介!

アカヤマドリの写真

料理によく使われる有名なポルチーニの近縁種である、アカヤマドリというきのこをご存知でしょうか。アカヤマドリは傘の直径が25cmほどにもなる、日本で採れるきのこの中では大きめなのが特徴です。

この記事では、アカヤマドリの見た目の特徴や味などの基本情報と、おすすめのレシピをまとめています。アカヤマドリに興味がある方は必見です!

アカヤマドリの基本情報

基本情報①見た目

アカヤマドリは、夏~秋にかけてブナ科広葉樹林内に単生、群生するイグチ科のきのこです。日本で採ることができるきのこの中でも大きな種類で、傘の直径は7cm~25cmほどです。

幼菌時は、こんもりとした饅頭型をしており、傘の表面がでこぼこしているのが、特徴です。大きくなってくると、傘のでこぼこにひびが入ります。

傘は茶色のような色をしており、ひび割れ部分からは、白色、または淡黄色の肉が見えます。

基本情報②味

アカヤマドリは傘と柄の食感が異なるので、別々で料理したほうが楽しみが増えるでしょう。アカヤマドリ自体の味がとても濃厚なので、クリーム系の料理と相性がいいです。また、バターで炒めるきのこソテーもアカヤマドリの味が感じられるのでおすすめです。

柄の部分は、焼いたり、天ぷらにするのがおすすめです。食べる前の下処理は忘れずにしてくださいね。

基本情報③値段

アカヤマドリは、ヨーロッパの方では、日本でも有名なきのこ「松茸」よりも高級のきのことして扱われています。料理によく使われるポルチーニの近縁種で、7月~9月頃に販売を開始します。

気になる値段は、400gで2000円弱と少々高めの設定のようです。自分で採りに行く場合は、よく観察して間違ったきのこを採らないように注意してください。

基本情報④美味しい食べ方

アカヤマドリは洋食との相性がとても良いです。そのため、アカヤマドリを入手した場合、クリームソース系のレシピやバター炒めなどがおすすめです。また、きのこ自体の味が濃く旨味をたくさん詰まっているので、シンプルに炭火焼きなんかもいいでしょう。

この後、おすすめのレシピを紹介しますので、料理する際の参考にしてください。

アカヤマドリを使ったおすすめレシピ

5種類の国産ポルチーニを使ったクリームパスタ

  • 5種のポルチーニ 適量
  • パスタ 300g
  • 麺茹で用の水 適量
  • 麺茹で用の塩 適量
  • バター 40g
  • にんにく 小1
  • 生クリーム 1パック
  • ベーコン 好みで適量
  • コンソメ 4g
  • パルミジャーノ 適量
  • イタリアンパセリ 適量
  • 塩こしょう 適量
  1. きのこの下処理、石づきと汚れを包丁で綺麗に落とす。
  2. パルミジャーノチーズをすりおろし粉々にする。
  3. 用意した5種類のきのこを大きめに切る。
  4. 大きめの鍋に水と塩を入れ、沸騰させ用意したパスタを茹でる。
  5. バターときのこを炒め、軽く炒めたらにんにくを加えて火を通す。
  6. きのこに火が通ったら、ベーコンを加えさらに炒める。
  7. 生クリーム、塩胡椒、コンソメ、パルミジャーノを入れて味を調える。
  8. 茹で上がった麺を入れて、よく絡ませたら完成。

ヤマドリタケ、アカヤマドリ、ムラサキヤマドリタケ、ヤマドリタケモドキ、和名なしのポルチーニの5種類のきのこを使ったレシピになります。

下処理できのこを水で洗ってしまうと、旨味成分が逃げてしまうので注意してください。包丁で綺麗に落とす、または、濡れた布巾で優しく拭くだけで大丈夫です。

アカヤマドリと霜降りシメジのとろとろ玉子

アカヤマドリと霜降りシメジのとろとろ玉子

きのこは弱火でじっくりと料理するのが基本です。弱火を保ちつつ、温度を上げていくようにしてください。砂糖入りの卵は加熱するとすぐに固まり始めますので、卵を入れたら絶え間なくかき回し続けます。そうすることで、とろとろに仕上げることができます。

お好みでチーズを加えても美味しく食べることができます。

クックパッド「アカヤマドリと霜降りシメジのとろとろ玉子」

天然キノコなどアヒージョ風な旨旨炒め~

天然キノコなどアヒージョ風な旨旨炒め~

アカヤマドリ、ブナシメジ、ハタケシメジ、シモコシの4種類のきのこを使ったレシピです。低温調理でじっくりと火を通すことがコツです。また、ちくわやシーフードミックス、ピーマンなど食材をたくさん使っているので、栄養価がとても高いです。

アカヤマドリは虫が入り込みやすいきのこです。天然キノコは必ず下処理を行ってから料理するようにしましょう。

クックパッド「天然キノコなどアヒージョ風な旨旨炒め~」

アカヤマドリを使った料理を作ってみよう!

アカヤマドリの写真

アカヤマドリの基本情報とおすすめのレシピを紹介しました。アカヤマドリは夏~秋にかけて雑木林などで見かけることができるきのこです。自分で採りに行く際は、事前にきのこの特徴を把握してからにしましょう。間違って毒キノコを採取しないように注意してください。

天然のきのこを料理する場合は、下処理も忘れずにおこなってくださいね。

“殺しの天使”ドクツルタケはどんなキノコ?危険性や中毒症状を解説

あわせて読みたい

“殺しの天使”ドクツルタケはどんなキノコ?危険性や中毒症状を解説

殺しの天使ドクツルタケは、どんなキノコなのかを解説します。ドクツルタケは、見た目の美しさから誤...

推定年齢2400歳の「オニナラタケ」とは?世界最大キノコの食べ方は?

あわせて読みたい

推定年齢2400歳の「オニナラタケ」とは?世界最大キノコの食べ方は?

推定年齢が2400歳と長い間生息し続けているオニナラタケについて解説します。世界最大の生物と言われ...

ヤマドリタケモドキはどんなキノコ?とっておきのおすすめレシピも!

あわせて読みたい

ヤマドリタケモドキはどんなキノコ?とっておきのおすすめレシピも!

ヤマドリタケモドキについて解説します。秋は、キノコ狩りの時期、山里や森でいろいろなキノコを目に...

haruka0810

この記事のライター

haruka0810

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

蓼(たで)とはどんな植物?味や効能・美味しい食べ方をリサーチ

狩猟・採集

蓼(たで)とはどんな植物?味や効能・美味しい食べ方をリサーチ

蓼(たで)という植物を詳しくまとめました。名前の由来や「蓼食う虫も好き好き」ということざわの意味を詳しく解説していきます。さらには味や効能、栽培方法を紹介。蓼を使った美味しい食べ方レシピも併せて紹介するので是非、参考にしてください。

ミントテロは危険!嫌がらせにもなる庭に植えるとNGの植物は?

狩猟・採集

ミントテロは危険!嫌がらせにもなる庭に植えるとNGの植物は?

ミントテロの危険性や、対処法について紹介します。繁殖力の高いミントを植えることによるミントテロが、法律違反になるのは嘘か本当かを解説。ミントテロのおすすめ対処法や、ミントテロに匹敵するといわれるペニーロイヤルなどの植物も、詳しく解説します。

ミカワクロアミアシイグチは恐ろしい毒キノコ!毒性や中毒症状は?

狩猟・採集

ミカワクロアミアシイグチは恐ろしい毒キノコ!毒性や中毒症状は?

ミカワクロアミアシイグチという恐ろしい毒キノコについて解説します。ミカワクロアミアシイグチの特徴をわかりやすく説明。毒性や毒の成分をはじめ、ミカワクロアミアシイグチを食べたらどうなるか、ミカワクロアミアシイグチを見つけた時の対処方法の参考にしてください。

食べられる野草25選&見分け方!春夏秋冬・季節ごとのおすすめ植物!

狩猟・採集

食べられる野草25選&見分け方!春夏秋冬・季節ごとのおすすめ植物!

食べられる野草と食べる際の見分け方について詳しく説明します。野草を食べられるかどうかチェックする方法をまとめました。また、ギシギシやノビルなどの食べられる野草を、季節ごとに紹介。キャンプなどで野草を食べる機会がある際には、ぜひ参考にしてみてください。

山菜と毒草の見分け方!知っておきたい食べると危険な植物は?

狩猟・採集

山菜と毒草の見分け方!知っておきたい食べると危険な植物は?

山菜と毒草の見分け方を解説します。山菜と似た毒草を一覧でまとめて、その見分け方をチェックしましょう。また、日本三大毒草と呼ばれている、特に危険なものは要チェックです。山菜採りを行う際に、野草の見分け方の方法や特徴を知るための参考にしてください。

関連するキーワード

狩猟・採集ランキング

人気ランキング

話題のキーワード