パンダメダカの飼育方法は?基本情報や特徴も紹介!

お気に入りに追加

パンダメダカの飼育方法について解説します。パンダメダカの基本情報や名前の由来、寿命、種類など特徴を詳しく説明!パンダメダカの飼育に必要なアイテムや飼育方法、繁殖方法も紹介しますので、ぜひパンダメダカを飼育・繁殖してみてください。

パンダメダカの飼育方法は?基本情報や特徴も紹介!

目次

  1. パンダメダカの特徴や飼育方法を紹介
  2. パンダメダカの特徴
  3. パンダメダカの飼育方法と繁殖方法
  4. パンダメダカを飼育してみよう!

パンダメダカの特徴や飼育方法を紹介

近年、メダカはさまざまな色や形状に品種改良されています。パンダメダカは、改良メダカの1種で、その名の通り白い体と黒い腹部分や黒く縁どられた目からパンダのように見えてかわいいと人気のメダカです。

この記事では、パンダメダカの値段や種類、弱いかどうか寿命などについて詳しく解説します。飼育に必要なアイテムや正しい飼育方法、繁殖方法も紹介します。ぜひ参考にして愛らしいパンダメダカを上手に飼育してください。

パンダメダカの特徴

パンダメダカの基本情報

出典: 楽天市場
メダカ
パンダめだか 未選別 稚魚(SS~Sサイズ) 10匹セット
980円(税込)
楽天市場で詳細を見る
大きな目と透明の体が特徴

パンダメダカは、黒く大きい目と透明な体が特徴のメダカです。全国の小川や水田に生息している二ホンメダカやミナミメダカ、キタノメダカを改良した品種になります。

改良前のメダカは銀色ですが、パンダメダカは鱗の虹色素胞や黒色素胞が欠損しているため、体が透明になります。 親の体長は長くても3cm程度です。

温和な性格なため、肉食でない同じくらいのサイズの魚と一緒に飼育することもできます。体の弱いメダカではないので、初心者でも飼いやすく、値段も手頃です。

分類 ダツ目メダカ科メダカ属
原産地 日本
体長 約10~15mm
適合する水質 弱酸性~弱アルカリ性
適合する水温 16~30度
20代/女性
20代/女性

可愛くて飼いやすいです

評価:

パンダのような目が可愛く、一目ぼれしてしまいました。調べると飼育もしやすく、肉食でない他の魚と一緒に飼うこともできるとのことで購入しました。実際に丈夫で2年以上長生きしています。

パンダのような見た目が名前の由来

パンダメダカは、全身の虹色素胞が欠如しているため、体が透けて見えるメダカです。そのため、内臓の黒色やエラの部分の赤色が目立ちます。

エラの赤色が目立つことにより、目の周りの縁どられたような黒色がくっきりと浮かび上がります。その目の状態がパンダの目に似ていることから、パンダメダカという名称がつけられました。

目の黒さが黒いほど、値段が高くなります。横から見たとき、目の全体が黒いパンダメダカは特に価値が高いでしょう。

パンダメダカの寿命

パンダメダカの寿命は2年~3年程度と言われています。自然界のメダカは外敵などの影響で1年ほどですが、飼育しているメダカは2年~4年くらい生きることが可能です。そのため、パンダメダカもメダカの標準的な寿命と言えるでしょう。

パンダメダカの種類

パンダメダカをさらに品種改良することで、さまざまな種類が作出されています。品種改良されたものは人気があるので、値段も少し高くなります。

楊貴妃メダカと交配することによって作出されたパンダメダカは楊貴妃パンダメダカと呼ばれ、さらに鱗の透明度が増しています。透明度が高いため朱赤色が鮮やかで、パンダの目が似合っていて愛らしいと人気です。

他にも、体が光るパンダ幹之メダカ、琥珀色の琥珀パンダメダカ、出目金のような目をもつパンダ出目メダカなどの種類があります。

パンダメダカの飼育方法と繁殖方法

必要なアイテム

パンダメダカは温度や環境に弱いメダカではないので、屋外でも屋内でも飼育することが出来ます。

屋内飼育では、水槽が必要です。大きさはメダカの数によって判断します。メダカの体長1cmにつき水1Lで計算した大きさのガラスの水槽がおすすめです。また、水をろ過する必要があるため、ろ過フィルターも用意しましょう。

太陽光を浴びることが出来ない場所での屋内飼育の場合は、ライトや照明器具も必要です。 屋外飼育では、水槽ではなくプラスチックや発泡スチロールの容器でも飼育できますよ。

小さな鉢や池で人工的に生態系をつくるビオトーブでも飼育も可能です。

飼育方法

自然界のメダカは、過酷な環境で生息しています。品種改良されたパンダメダカもそれほど弱い魚ではないので、初心者でも比較的飼育しやすい魚です。エサは市販のメダカのエサを与えます。

パンダメダカは、弱アルカリ性~弱酸性の水質、水温は10度~30度くらいの幅広い環境で飼育することができます。水道水には塩素が含まれているので、汲み置きをするかカルキ抜きを使って塩素を抜くようにしましょう。

急激な変化には弱いため、水を一度に取り替えることはせず、少しずつ替えるようにします。水質を維持するために水草かろ過フィルターを入れるようにしましょう。また、底には底砂を敷くようにすると良いです。

パンダメダカの繁殖方法

パンダメダカは、繁殖力が強く、比較的容易に繁殖できます。日照時間12時間以上、水温18度以上でメス2匹に対してオス1匹の割合が、最も多く繁殖できる環境です。

掛け合わせるメダカの種類によって、色の違うパンダメダカを繁殖させることが可能です。パンダ目を固定させたい場合は、パンダメダカ同士で交配すると良いでしょう。

親メダカが卵や稚魚を食べてしまうことがあるので、なるべく早めに別の容器に移します。稚魚のときは餓死しやすいので、こまめにエサを与えるようにしましょう。

パンダメダカを飼育してみよう!

パンダメダカは、鱗が透明で美しく、黒く縁どられたパンダのような目が愛らしいと人気のメダカです。他の品種のメダカと交配することで、さまざまな色や種類に作出することもできます。

可愛らしい見た目ですが、弱い品種ではなく、改良前のメダカ同様比較的飼育や繁殖がしやすいメダカです。ぜひパンダメダカを飼育、繁殖してみてください。

メダカの品種「ブラックダイヤ」はどんな魚?特徴や入手する方法は?

あわせて読みたい

メダカの品種「ブラックダイヤ」はどんな魚?特徴や入手する方法は?

メダカ「ブラックダイヤ」とは、どのような魚かを考察します。メダカ「ブラックダイヤ」の特徴や生体...

雲州三色はどんなメダカ?特徴や魅力に手に入れる方法などを紹介!

あわせて読みたい

雲州三色はどんなメダカ?特徴や魅力に手に入れる方法などを紹介!

雲州三色というメダカはどんなメダカなのか、特徴や魅力などについて紹介します。改良メダカの雲州三...

ダルマメダカはどんな魚?特徴から気になる飼育の仕方まで紹介!

あわせて読みたい

ダルマメダカはどんな魚?特徴から気になる飼育の仕方まで紹介!

ダルマメダカについて解説します。メダカ愛好家が注目しているダルマメダカとは、どんな魚でしょうか...

御友 亜希子

この記事のライター

御友 亜希子

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

竿受けを自作してみよう!基本の作り方と釣り場に合わせたアレンジも

釣り

竿受けを自作してみよう!基本の作り方と釣り場に合わせたアレンジも

竿受けの自作方法を紹介します。船釣りや堤防釣りなど釣り場に合わせたアレンジもまとめました。ホームセンターや100均で購入できる材料を使った作り方なので、手軽に挑戦できるでしょう。室内に置く竿受けの自作方法も要チェックです。

お魚キラーで大物ゲット?おすすめの餌や使い方・自作方法も!

釣り

お魚キラーで大物ゲット?おすすめの餌や使い方・自作方法も!

お魚キラーを詳しく説明します。川や海や用水路に設置して手軽に魚がゲットできるお魚キラーは、なぜ人気になっているのか?気になる仕組みや役に立つ使い方を解説!さらにはお魚キラーの自作方法まで、工夫次第で大漁も期待できるお魚キラーの参考になる情報を紹介します。

雲州三色はどんなメダカ?特徴や魅力に手に入れる方法などを紹介!

釣り

雲州三色はどんなメダカ?特徴や魅力に手に入れる方法などを紹介!

雲州三色というメダカはどんなメダカなのか、特徴や魅力などについて紹介します。改良メダカの雲州三色は、どこでどうやって手に入れられるのか値段などについてまとめてみました。改良メダカの雲州三色を飼育してみたい人は参考にしてください。

泳がせ釣りにシーバスロッドがおすすめ!仕掛けや釣り方のコツも

釣り

泳がせ釣りにシーバスロッドがおすすめ!仕掛けや釣り方のコツも

泳がせ釣りにおすすめなシーバスロッドについて紹介します。また、シーバスロッドで泳がせ釣りを行う際におすすめの仕掛けや釣り方のコツについても詳しく説明。餌の選び方や、魚が餌に食いついた場合の対応についてもまとめていますので、チェックしてみてください。

ジギングで最強のPEライン8選!選び方と使い方のコツも解説!

釣り

ジギングで最強のPEライン8選!選び方と使い方のコツも解説!

ジギングで最強のPEラインを徹底紹介します。また、ジギング用PEラインの選び方と、その使い方のコツについて、丁寧に解説しています。各社のPEラインを徹底比較していますので、最強のPEラインを使って大物を釣り上げましょう!

関連するキーワード

釣りランキング

人気ランキング

話題のキーワード