死んだ魚をエサにする「ゾンベイト」がすごい!使い方次第で大物ゲット

お気に入りに追加

釣りで大物を狙うには?アメリカで開発された、魔法の釣り具「ゾンベイド」について徹底解説しています。商品情報や使い方、名前の由来や釣れる仕組みについても紹介しますので、釣り好きの人は是非読んでください。ZombaitについてのQ&Aにも答えています。

死んだ魚をエサにする「ゾンベイト」がすごい!使い方次第で大物ゲット

目次

  1. ゾンベイト(Zombait)について徹底解説!
  2. ゾンベイト(Zombait)の商品情報と特徴
  3. ゾンベイト(Zombait)の使い方
  4. ゾンベイト(Zombait)Q&A
  5. ゾンベイトで大物を狙おう!

ゾンベイト(Zombait)について徹底解説!

釣り

釣りに置いて大型魚や高級魚をゲットするには生き餌が一番です。しかし、生きた餌を毎回用意し新鮮に保つ事は中々難しく、時には魚が死んでしまう事もあります。

そんな時、画期的な釣り具となってくれるのが、この『ゾンベイト(Zombait)』です。この記事では、アメリカで開発され話題となったロボット釣り装置ゾンベイドについて詳しく解説します。

ゾンベイト(Zombait)の商品情報と特徴

ゾンベイト(Zombait)の商品情報

大きさは手のひらサイズほど、太目のマジックの様なフォルムをしています。水深200フィートまでの防水で、1回の充電で3〜4時間の動作が可能。約7インチから最大約16インチまでのあらゆる魚に対応します。

販売価格は、ルアー1個・バッテリーパック1個などから構成される「Zombait Starter Pack」が現在日本で約22,293円で販売されています。

ゾンベイトの開発者と名前の由来

ゾンベイトはアメリカのクラウドファンディングサービス「KICKSTARTER」にて「Magurobotics」が活動資金を集め、開発しました。

死んでいる魚がゾンビの様に動き出し生きエサの代わりになる事からzombie(ゾンビ)+bait(エサ)= ゾンベイト(Zombait)と言うユニークな名前がつけられました。

ゾンベイトを使う釣りの仕組み

釣り

「Zombait」を使う事により 死んだ魚がまるで生きているように動き出し、水中で生餌に近い効果を得る事ができます。ロボットなので時間の経過とともに魚が疲れたりすることもありません。餌の香りと食感を放ちながらゾンビ餌が大物の目を引く事でしょう!

ゾンベイト(Zombait)の使い方

ゾンベイトの下準備

  • ①死んだ魚の口からゾンベイトを挿入する
  • ②釣り糸にゾンベイトを別ラインで結ぶ
  • ③ゾンベイトのルアーをタイオンポイントからフックへ戻す
  • ④最後に耐久性のあるラインまたはワイヤーでつなぐ

これで準備は完了です。ゾンベイトが入る魚の選別に最初は手こずるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単に作業する事ができます

ゾンベイトでの釣り方

下準備が完了したら後は釣りをはじめます。目標のいるポイントへ移動しゾンビ餌を泳がせ大物を誘い込みます。ゾンベイトは水に入れると再び引き上げるまで自動的に泳ぎ続けます。

ゾンベイトは装着も簡単にできるのでスピーディーに餌を交換する事ができ、それにより多くの魚にアプローチする事が可能です。

ゾンベイトで釣れる魚の種類

魚

ゾンベイトを効果的に使えるのはマグロやメカジキ、シイラのような大型の魚です。他にも、口や体長が合えばゾンベイトを使用できる魚の種類は限定されません。

「魚を餌とする大型魚」であればどんな種類の物も釣ることができます。

ゾンベイト(Zombait)Q&A

zombait(ゾンベイト)はどこで購入できる?

現在日本では『amazon』での購入が可能です(Zombait Starter Packのみ) その他『海外通販のセカイモン』でも取り扱いがありますが、どちらも商品状況によって在庫が無い場合がありますのでご注意ください。

動くスピードは調整できる?

現在スピード調整はできません。将来的にはスピード調整機能や釣りをモニターできる仕組みを開発する予定だそうです。

ゾンベイトで大物を狙おう!

釣り大物

死んだ魚をエサにする話題の釣り具「ゾンベイド」を紹介しました。これがあれば生き餌を毎回用意したり購入したりする手間がなくなり、より効率的に釣りを楽しむ事ができます。

今後日本でも普及すれば釣りを始める人がもっと増えるかもしれませんね。ゾンベイトで大物ゲットを目指しましょう。

アマノツムギ

この記事のライター

アマノツムギ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

竿受けを自作してみよう!基本の作り方と釣り場に合わせたアレンジも

釣り

竿受けを自作してみよう!基本の作り方と釣り場に合わせたアレンジも

竿受けの自作方法を紹介します。船釣りや堤防釣りなど釣り場に合わせたアレンジもまとめました。ホームセンターや100均で購入できる材料を使った作り方なので、手軽に挑戦できるでしょう。室内に置く竿受けの自作方法も要チェックです。

北海道の鮭釣り情報!釣れる場所や時期・河口規制もチェック!

アウトドア遊び

北海道の鮭釣り情報!釣れる場所や時期・河口規制もチェック!

鮭釣りで有名な北海道でのおすすめ場所、また時期、時間や仕掛けなのどポイントを紹介しています。その他に、河口規制とは何かまた釣りをする際のマナー情報などもまとめているので、北海道で鮭釣りを体験する際にぜひ参考にしてください。

お魚キラーで大物ゲット?おすすめの餌や使い方・自作方法も!

釣り

お魚キラーで大物ゲット?おすすめの餌や使い方・自作方法も!

お魚キラーを詳しく説明します。川や海や用水路に設置して手軽に魚がゲットできるお魚キラーは、なぜ人気になっているのか?気になる仕組みや役に立つ使い方を解説!さらにはお魚キラーの自作方法まで、工夫次第で大漁も期待できるお魚キラーの参考になる情報を紹介します。

メダカの卵が白くなる理由はカビ?原因や対策方法を解説

釣り

メダカの卵が白くなる理由はカビ?原因や対策方法を解説

「メダカの卵が白くなる理由がカビなのか?」について解説します。メダカの卵に白い膜のようなものが付いてしまった!その理由や卵をカビから守るための対策方法を詳しく説明。また、孵化させる方法や孵化した後の稚魚の育てる際の注意点も紹介します。

雲州三色はどんなメダカ?特徴や魅力に手に入れる方法などを紹介!

釣り

雲州三色はどんなメダカ?特徴や魅力に手に入れる方法などを紹介!

雲州三色というメダカはどんなメダカなのか、特徴や魅力などについて紹介します。改良メダカの雲州三色は、どこでどうやって手に入れられるのか値段などについてまとめてみました。改良メダカの雲州三色を飼育してみたい人は参考にしてください。

関連するキーワード

釣りランキング

人気ランキング

話題のキーワード