ダイソーの釣具おすすめ18選!ルアーや竿とリールのセット商品も人気!

お気に入りに追加

ダイソーのおすすめ釣具を18選紹介!サビキやオモリ、竿などの釣具を掘り下げています。中には人気の釣具も含まれているので、釣り好きは参考にしてみてください。ダイソーの釣具がおすすめな理由についても触れているので、そちらもぜひチェックしましょう。

ダイソーの釣具おすすめ18選!ルアーや竿とリールのセット商品も人気!

目次

  1. ダイソーのおすすめ釣具を徹底紹介!
  2. ダイソーの釣具の魅力
  3. ダイソーのおすすめ釣具18選
  4. ダイソーの人気釣具で釣りを楽しもう!

ダイソーのおすすめ釣具を徹底紹介!

釣り場で寝転ぶ人
釣りを始めようと考えている人や釣り好きな人は、サビキやオモリも安く手に入れたいと考えているはずです。そんな時は、ぜひダイソーで売られているサビキやオモリを利用しましょう。どれも人気の釣具ばかりで、常に売り切れている釣具も少なくありません。
ダイソーの人気釣具を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。ダイソーでは、竿も販売しているので、安価で釣りを始めることも可能です。

ダイソーの釣具の魅力

ダイソーのおすすめの釣具を紹介する前に、まずはダイソーの釣具の魅力を掘り下げていきましょう。ダイソーで売られている釣具は、とても人気があります。興味がなかったという人も、商品の魅力を知ることで、思わず購入したいと考えてしまうはずです。

魅力①種類が豊富

夕方に釣りをする人

釣りを行っていると、もっと釣具にこだわりたいと考える人も多いです。ダイソーは、そんな人の願望を叶えるために、種類豊富な釣具を販売しています。竿を初め、サビキやオモリなど多数の釣具を販売してきました。

魅力②コスパが良い

魚釣りを見ている鳥
ダイソーの商品は、とにかくコスパが良いのが魅力です。釣具は消耗品のものが多いため、安い価格で手に入るダイソーの人気が高まっています。
ダイソーでは、釣具が100円で販売されていることが多く、安く釣り具を揃えられます。稀に200円の商品もありますが、それでもかなりコスパが良いため、人気の理由の1つです。

魅力③よく釣れる

子供が釣りをしている様子

ダイソーの釣具だと、魚が釣れないと考える人も多いようです。しかし、実際にダイソーの釣具を使っている人は、長年愛用している方が多くいます。ダイソーの釣具でも、高い釣り具と変わらず魚がよく釣れるというレビューもあります。

ダイソーのおすすめ釣具18選

ダイソーの釣具の魅力がわかったところで、次はダイソーのおすすめ釣具を紹介していきます。おすすめの釣具は全部で18種類あり、それぞれ使用方法が異なるので注意しましょう。
本記事ではどの場面で使う釣具なのかについても掘り下げているので、参考にしてみてください。

ジグロック

ジグロックは、ダイソーの釣具の中でも特に人気のアイテムです。ほとんどの店舗で見かけるもので、18gと28g、40gなどの種類があります。ジブロックは竿に取り付けることで、魚をおびき寄せるルアーです。

20代/男性
20代/男性

愛用できるダイソーの釣具

評価:

ダイソーで初めて釣具を購入しました。釣具の中でも特に人気のようで、購入できるのは1週間後だったと思います。長持ちする釣具なので、これからも愛用したいです。

ジグベイト

ジグベイトもジグロックと同じで、小さめサイズから大きめサイズの魚を釣れるルアーです。実際に釣具を使ったことがある人の中には、ジグベイトでシーバスを釣った人もいます。
ただしダイソーの釣具の中では強度が弱めなので、大きい魚を釣る際は注意しましょう。
40代/女性
40代/女性

迷った挙句ジグベイトを購入

評価:

ジグロックとジグベイトで迷い、何度もダイソーの釣具コーナーを行ったり来たりしました。結局ジグベイトを購入し、満足しています。ダイソーの釣具の中でも人気があるので、使うのが楽しみです。

スピナーベイト

スピナーベイトは、バス釣り用として使えるルアーです。しっかりと塗装されている釣具なので、多少荒っぽく使用しても問題ありません。
また、強度があるアイテムのため、バス釣りで何度利用しても問題なく使用できます。釣りを普段から頻繁に行っている人に、おすすめです。
40代/男性
40代/男性

愛用している釣具です

評価:

ダイソーでは、竿やオモリなど様々な釣具を購入しました。その中でも、こちらの釣具は特に強度があるように感じます。普段から釣具を頻繁に使っていますが、壊れる気配はありません。

クランクベイト

クランクベイトは、ルアーの中でもレンジコントロールがしやすいと言われています。竿に取り付けて投げたら、その後はリールを巻くだけです。 
クランクベイトは、主にブラックバスを使うときに使用します。大きく動くので、魚にアピールできるのが特徴です。
50代/男性
50代/男性

大量に釣れます

評価:

釣具はいろいろ使ってきましたが、クランクベイトもリピートしている釣具の1つです。いつ使っても魚が大量に釣れるので、友人にもおすすめしました。竿に取り付けるだけなので、初心者でも取り扱いが簡単です。

ミノーモンスター

ダイソーのミノーモンスターは、シンキングとフローティングの2種類に分かれます。それぞれ3つずつ商品展開されているため、全部で6種類です。ダイソーの釣具の中でもよく釣れると言われているので、ぜひこの機会に釣りに挑戦してみてください。

30代/女性
30代/女性

初心者にもおすすめの釣具

評価:

ダイソーにはいろいろな釣具があって、どれを購入していいのか迷いました。ミノーモンスターが良いと聞いて使ってみましたが、初心者の私でもかなり頻繁に釣れたと思います。

トレブルフック

トレブルフックは、3本針が特徴的なフックです。サイズや重さによって、魚が釣れるか釣れないかが決まります。ダイソーの釣具は汎用性が高く、様々な場面に利用できるでしょう。
魚に気づかれることも少ないので、コスパ良くダイソーの釣具がほしい人におすすめです。
20代/男性
20代/男性

初めて購入しました

評価:

初めはどれを購入していいのかわからず、ダイソーの釣具から使ってみました。竿やオモリ、トレブルフックなどを購入。特に、トレブルフックは上級者も使っているようで、問題なく利用できています。

フックカバー

フックカバーは、ダイソーの釣具であるルアーを保管しておく際に使用します。フックカバーをつけておくことで、ルアーのフックが絡み合うのを防ぐことが可能です。また、フックカバーがあれば、フックで他のルアーの塗装を剥がしてしまうこともありません。

20代/女性
20代/女性

フックの絡まりが気になっていました

評価:

ダイソーのフックカバーを使うと、フックが絡まりません。竿やオモリを簡単につけれるので、時短に繋がっています。何個も入っているので、友人にも分けてあげたいです。

ワーム

ワームは、釣具の中でも消耗品となるアイテムです。そのため、コスパの良いダイソーの商品を選ぶのがおすすめ。
ダイソーでは、いろいろなカラーのものが売られているので、好みで購入してください。ただし、ワームは釣る対象によって適している形がサイズが異なるので、注意しましょう。
50代/男性
50代/男性

消耗品です

評価:

ワームは消耗品なので、ダイソーの釣具で代用しています。いろいろなカラーがあって、いつも選ぶのが楽しいです。形が異なるワームもあるようなので、他の店舗のワームも見てみたいと思います。

ワーム針

ウネウネと動くワームには、ワーム針を取り付けましょう。ダイソーのワーム針は、6個入って100円です。サイズがいくつかあるので、釣りたい魚によってサイズを選びましょう。
ただし、少し錆びやすいというデメリットがあります。なので、使用時は適度に取り換えるのがおすすめです。
40代/男性
40代/男性

ワームを使っています

評価:

ダイソーのワームを使っているので、ワーム針も必要です。錆びやすいので取り換える必要はありますが、コスパが良いので使っています。店舗によって販売しているサイズが異なるので、今度は違うサイズにも挑戦してみたいです。

道糸 平行巻ナイロン糸

道糸 平行巻ナイロン糸は、軽いオモリなら問題なく使用できます。ダイソーの道糸 平行巻ナイロン糸は、普段から使うというよりも、予備として持って行くのがおすすめです。
問題なく使用できる糸なので、ライントラブルが起きたときの予備として購入してみてください。
50代/男性
50代/男性

予備として持っている人が多いです

評価:

万が一の時のために、予備として持っています。まだ使ったことはありません。ただ、他の釣具が使いやすかったので、問題なく使えると思います。

釣り糸ハリス用

釣具の中でも、ハリスは値段が高い釣具です。そのため、コスパの良さを求めるなら、ダイソーの釣り糸ハリス用を購入しましょう。他の釣具メーカーと比べると、耐摩耗性能が少し悪いです。
また、釣具は種類が多いので、どれを購入していいかわからない人もいるでしょう。そんな時は、ハリスの種類を選ぶ必要のないダイソーで購入するというのも、おすすめです。
30代/男性
30代/男性

サブで持つのにおすすめです

評価:

メインは、他の釣り具メーカーのものを使っています。サブで持つには問題ありませんが、メインで持つには、少し耐久性が足りませんでした。

釣具&工具ケース

ダイソーの釣具&工具ケースは、普段使っている釣具を収納できます。例えば、ワームやジグヘッドなどの釣具を入れておきましょう。
釣具&工具ケースはプラスチック製ですが、落としてしまっても、すぐに割れることはありません。大きいサイズで、たくさんの釣具が入るダイソーのアイテムです。
40代/女性
40代/女性

みんなの釣具を入れています

評価:

いつも家族で釣りを楽しんでいるのですが、全員分のルアーを入れておけます。大きめサイズなので、ルアーごとに区画を区切っても十分な大きさです。

エギスパート

エギスパートは、イカ釣りに必須な釣具の1つです。エギスパートはエギと呼ばれる釣具で、お尻部分にはカンナと呼ばれる部分があります。エギは、様々な釣具メーカーから販売されていますが、ダイソーの商品が一番安いです。
ただし、カンナが取れやすいなどの欠点もあるので、安くそろえたい初心者におすすめの釣具と言えるでしょう。
20代/男性
20代/男性

イカ釣りが楽しくなりました

評価:

イカ釣りに使用していますが、面白いくらい釣れます。少し使いづらいと感じる点もありますが、壊れても安価なので購入しやすいです。

サビキ仕掛け

ダイソーのサビキ仕掛けは、餌に似せたものを意味しています。このサビキ仕掛けは動かすことで、魚は勘違いしてサビキ仕掛けに食いつくという原理です。サビキ釣りは初心者でも手軽に行えるので、ぜひこの機会にサビキ仕掛けを使って、釣りを始めてみてください。

30代/女性
30代/女性

初めて釣りをするのに購入しました

評価:

釣り初心者で、初めて釣具を購入しました。初心者でも使える釣具で、本当に魚が釣れるので驚きます。

メバル・カサゴ用ワーム

メバル・カサゴ用ワームは、名前の通り、メバルとカサゴを釣るときに使える釣具です。ダイソーの中でも特に優秀な釣具で、メバルの口にフィットする形です。そのため、メバルやカサゴを釣りたい方は、ダイソーの釣具コーナーで探してみてください。

50代/女性
50代/女性

メバルが連れました

評価:

メバルを釣りたくて購入しました。半信半疑でしたが、本当にメバルが連れて嬉しかったです。主人も使っていますが、びっくりしていました。ダイソーの店舗によっては置いていないこともあるので、いつも行くお店で取り置きをしてもらっています。

蛍光玉

蛍光玉は、いわゆるウキのことを意味しています。他の釣り具メーカーから売られているものと変わらないので、コスパの良さを求めるならダイソーがおすすめです。ダイソーの釣具コーナーで売られている蛍光玉は、店舗によってサイズが異なるので注意しましょう。

30代/男性
30代/男性

他のメーカーと変わりません

評価:

いろいろなウキを使ってきましたが、他のメーカーと変わらない性能です。なので、今ではダイソーのウキを必ず使っています。いくつかサイズを揃えているので、どんな場面にも対応できておすすめです。

ケミカルライト

ダイソーで売られている釣具のケミカルライトは、夜釣りに必須な釣具です。ナマズや太刀魚のシーズンには、ダイソーでは売り切れることがよくあります。そのため、ダイソーでケミカルライトを購入したいなら、釣具コーナーの在庫をチェックしておくのがおすすめです。

30代/女性
30代/女性

初めて夜釣りをしました

評価:

夜釣りには、ケミカルライトが必須です。ケミカルライトがあるだけで、ウキが沈んだことを確認できます。竿とオモリもダイソーのものを使っていますが、趣味として楽しむ分には問題ありません。

ワンタッチスナップ

ダイソーの釣具コーナーにあるワンタッチスナップは、ルアーにつける専用の釣具です。ダイソーは10個入り100円で売られていて、他の釣具メーカーのものよりも安価です。
ただし、ダイソーの釣具の中では作りが甘く、取り付けるのに時間がかかるため注意が必要です。
40代/男性
40代/男性

取付がちょっと難しいかも

評価:

ダイソーの釣具は、優秀なものばかりです。けれど、ワンタッチスナップはあまり初心者におすすめできません。かなり取り付けるのが難しいので、他の釣り具メーカーから買った方がいいかもしれません。

ダイソーの人気釣具で釣りを楽しもう!

男性が釣りをしている様子
ダイソーは、店舗によって売られている釣具が異なります。しかし、どれも人気の釣具ばかりなので、ジグやルアー、ワームやオモリを見つけたときは、ぜひ購入しましょう。気づいたときには売り切れてしまうということも、少なくありません。
また、ダイソーには、太刀魚専用のルアーなど様々な釣具が売られています。初心者におすすめな釣具が多いので、ぜひこの機会に釣りを始めてみましょう。
すうこ

この記事のライター

すうこ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

竿受けを自作してみよう!基本の作り方と釣り場に合わせたアレンジも

釣り

竿受けを自作してみよう!基本の作り方と釣り場に合わせたアレンジも

竿受けの自作方法を紹介します。船釣りや堤防釣りなど釣り場に合わせたアレンジもまとめました。ホームセンターや100均で購入できる材料を使った作り方なので、手軽に挑戦できるでしょう。室内に置く竿受けの自作方法も要チェックです。

泳がせ釣りにシーバスロッドがおすすめ!仕掛けや釣り方のコツも

釣り

泳がせ釣りにシーバスロッドがおすすめ!仕掛けや釣り方のコツも

泳がせ釣りにおすすめなシーバスロッドについて紹介します。また、シーバスロッドで泳がせ釣りを行う際におすすめの仕掛けや釣り方のコツについても詳しく説明。餌の選び方や、魚が餌に食いついた場合の対応についてもまとめていますので、チェックしてみてください。

飛ばしウキでアジング・メバル釣りを楽しもう!仕掛けの作り方は?

釣り

飛ばしウキでアジング・メバル釣りを楽しもう!仕掛けの作り方は?

飛ばしウキでアジングやメバル釣りの楽しみ方を紹介。飛ばしウキを使う上でのメリットやデメリット、そしておすすめの商品を解説!使い方のコツと合わせてダイソーで作った自作の仕掛けの作り方もまとめていますので、沖の獲物を狙いたい人はぜひ参考にしてください。

死んだ魚をエサにする「ゾンベイト」がすごい!使い方次第で大物ゲット

釣り

死んだ魚をエサにする「ゾンベイト」がすごい!使い方次第で大物ゲット

釣りで大物を狙うには?アメリカで開発された、魔法の釣り具「ゾンベイド」について徹底解説しています。商品情報や使い方、名前の由来や釣れる仕組みについても紹介しますので、釣り好きの人は是非読んでください。ZombaitについてのQ&Aにも答えています。

ダイソーの釣具おすすめ18選!ルアーや竿とリールのセット商品も人気!

釣り

ダイソーの釣具おすすめ18選!ルアーや竿とリールのセット商品も人気!

ダイソーのおすすめ釣具を18選紹介!サビキやオモリ、竿などの釣具を掘り下げています。中には人気の釣具も含まれているので、釣り好きは参考にしてみてください。ダイソーの釣具がおすすめな理由についても触れているので、そちらもぜひチェックしましょう。

関連するキーワード

釣りランキング

人気ランキング

話題のキーワード