Zライトソルの特徴を徹底解説!他のマットとの違いについても比較!

お気に入りに追加

Zライトソルの特徴を徹底解説します!スリーピングマットの定番である、サーマレスト「Zライトソル」のスペックや特徴を紹介します。また、価格や寝心地など、他のマットとの違いについても比較していますので、スリーピングマット選びの参考にしてください。

Zライトソルの特徴を徹底解説!他のマットとの違いについても比較!

目次

  1. 大人気サーマレストのZライトソルを紹介!
  2. Zライトソルのスペックと特徴
  3. Zライトソルと他のマットとの違い
  4. サーマレストのZライトソルは寝心地抜群!

大人気サーマレストのZライトソルを紹介!

野外で快適に眠るためのポイントのひとつが、スリーピングマットです。地面のでこぼこや地面から伝わる冷えを軽減できて、寝心地を大きく左右します。
スリーピングマットのブランドで大人気な「サーマレスト」の、定番アイテム「Zライトソル」を紹介します。

Zライトソルのスペックと特徴

Zライトソルのスペック

はじめに、主なマットの種類を以下で表にして、わかりやすくお伝えします。

クローズドセル

エアー

インフレータブル

メリット

さっと広げてすぐ使える

軽量・コンパクト

自動的に膨らむ

デメリット

かさばる

空気を入れる手間がかかる
穴が開くなど、エアーが漏れることがある

比較的に重量がある
穴が開くなど、エアーが漏れることがある

価格

手頃な価格

それほど高くないものもある

高価なものが多い

Zライトソルは、3シーズン用のクローズドセルマットです。表側にアルミを蒸着し、アルミ蒸着なしのモデルに比べ、断熱性が20%高くなっています。クローズドセルマットは、ポリエチレン製の厚さ1.5~2.0cmほどの軽量なマットです。
春から秋までに適したZライトソルは、冬に使用するには断熱性が不足しています。冬に使用する際は、他のマットと組み合わせるなどの対策が必要です。
Zライトソルのサイズはスモールとレギュラーがあり、違いは長さです。スモールは長さを130cmにして軽量化していますが、よほど軽量化が必要でなければ全身が収まるレギュラーがおすすめです。どうしても軽量化したい場合は、レギュラーを150cmほどにカットする方法もあります。

スモール

レギュラー

カラー

シルバー/レモン

シルバー/レモン、シルバー/ブルー

サイズ

51×130cm

51×183cm

重量

290g

410g

収納サイズ

51×10×14cm

51×13×14cm

R値(大きいほど断熱性が高い)

2.0

2.0

特徴①持ち運びやすい

Zライトソルは折りたみ式で軽量なので、登山などのパッキングで、ザックの外側に取り付けて持ち運べます。
濡れたり汚れたりすると表面がでこぼこで拭くのに手間がかかるため、ザックなどに外付けする際はカバーに入れるのがおすすめです。専用のスタッフサックも販売されています。また、キャンプのパッキングの際はゴムバンドなどでとめておくと、広がらず邪魔になりません。

特徴②使い勝手が良い

Zライトソルはアコーディオンのように折りたたみでき、使いたいときにさっと広げて使えて、収納もあっという間です。登山などのパッキングでは、ザックに外付けしておくと休憩時などにパッと使えて便利です。 

特徴③耐久性がある

エアーやインフレータブルのマットは穴が開くと、空気が漏れて使えなくなることがあります。Zライトソルは、多少穴が空いたり破れたりしても、問題なく使用できます。また、アルミ蒸着面は摩耗に強くなっています。

Zライトソルと他のマットとの違い

価格帯の違い

以前はサーマレスト以外にほぼ選択肢がなかった、卵パック状のでこぼこのマット。しかし、近頃は様々なメーカーから発売されています。
いずれもZライトソルとほぼ同価格か価格の安いマットが多く、中国メーカーなどからかなり安価なマットも販売されています。

寝心地の違い

卵パック状のでこぼこでクッション性を高めたZライトソルの寝心地には、定評があります。しかし、近年は他のメーカーでも評価の高いマットが出てきています。
しかし、価格の安いマットの中には、厚さが薄かったり、マットが柔らかすぎたりしてクッション性に劣るマットもあります。注意して選びましょう。

断熱性の違い

銀マット
Zライトソル以外にも、アルミを蒸着して断熱性を高めたマットがあります。しかし、R値の標記のないマットもあり、中には断熱性の低いマットもあります。
R値の標記のないマットは、「アルミ蒸着されているか」や「しっかりしたでこぼこがあり空気を含んで保温性を上げられるか」などをチェックしましょう。
Zライトソルを含めて3シーズンモデルが多いため、厳冬期に使用する場合は、R値が5.0以上のマットを選びましょう。

サーマレストのZライトソルは寝心地抜群!

テント泊

サーマレストのZライトソルについてまとめました。キャンプや登山で日中を楽しく過ごしても、夜に寒すぎたり、石が当たって痛くて眠れないと次の日が辛くなります。ぜひ、Zライトソルで快適に眠ってキャンプや登山を楽しんでください。

翔年むかい

この記事のライター

翔年むかい

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

登山向きワークマンの手袋おすすめ3選!選び方のポイントは?

登山

登山向きワークマンの手袋おすすめ3選!選び方のポイントは?

登山にも使えるワークマンの手袋を紹介!ワークマンの手袋の中から登山にも使えるものを3つ厳選しました。また、登山向きの手袋の選び方について、種類・形状・季節や登山スタイルの3点でまとめましたので、登山用の手袋をお探しの方、是非ご覧ください。

太宰府(福岡)の宝満山で登山!初心者ルートは?服装や難易度・時間など

登山

太宰府(福岡)の宝満山で登山!初心者ルートは?服装や難易度・時間など

福岡県太宰府に位置している宝満山は、登山者数の多い山として知られています。この記事では、宝満山の登山ルートを徹底解説!初心者におすすめのルートから難易度が高いルートまで紹介。登山におすすめの服装や時期なども解説しますので、参考にしてみてください。

鞍馬山の登山ルートをチェック!難易度や歩行距離・所要時間は?

登山

鞍馬山の登山ルートをチェック!難易度や歩行距離・所要時間は?

鞍馬山の登山をするための、おすすめのルートを紹介します。鞍馬山登山の魅力は5つあり、こちらも合わせて、鞍馬山登山はどれほど難しいのか、登山にかかる距離や時間を解説します。3つの注意点を確認して、より楽しく山登りを楽しめるでしょう。

冬登山におすすめのトレッキングパンツ8選!普段着としても使えて便利

登山

冬登山におすすめのトレッキングパンツ8選!普段着としても使えて便利

冬登山で活躍する、おすすめのトレッキングパンツを紹介します!普段着としても着回ししやすいものを選んでまとめました。冬登山用トレッキングパンツを選ぶときのポイントもわかりやすくまとめてあるので、購入する際の参考にしてください。

登山向きの座布団おすすめ7選!持ち運びしやすい便利な商品はこれ!

登山

登山向きの座布団おすすめ7選!持ち運びしやすい便利な商品はこれ!

登山向きのおすすめの座布団を紹介します。登山の持ち物として座布団を購入する際に、注意すべきポイントや選ぶ基準も解説します。ブランド物から100均まで様々な商品が販売されているため、おすすめの商品の特徴や実際の口コミもまとめました。選ぶ際の参考にしてください。

関連するキーワード

登山ランキング

人気ランキング

話題のキーワード