PVC防水シューズのレビューまとめ!バイク走行・釣りにも便利!

お気に入りに追加

PVC防水シューズの特徴や活用法などのレビューをまとめました!スニーカーや長靴との違いや、おすすめの使い方を紹介します。キャンプはもちろん、釣りやバイクなどにもPVC防水シューズは活躍。おすすめのPVC防水シューズコーデも参考にしてください。

PVC防水シューズのレビューまとめ!バイク走行・釣りにも便利!

目次

  1. PVC防水シューズの特徴と活躍シーン・コーデ例も紹介!
  2. PVC防水シューズの魅力
  3. PVC防水シューズの残念なところ
  4. PVC防水シューズの活用おすすめシーン
  5. PVC防水シューズのおすすめコーデ
  6. PVC防水シューズに関するQ&A
  7. PVC防水シューズはコスパ抜群でおすすめ!

PVC防水シューズの特徴と活躍シーン・コーデ例も紹介!

アウトドアで濡れた足元や突然の雨におすすめなのが、ワークマンなどで販売されているPVC防水シューズです。
キャンプやトレッキングを行っていると、ぬかるんだ地面が多い、と感じるかもしれません。そういったときにPVC防水シューズを履いていれば安心です。
長靴とは違ったカジュアルでおしゃれなアイテムで、バイクや釣りなどにもおすすめです。PVC防水シューズの特徴や活躍シーン、そしてコーデ例やレビューを紹介します。

PVC防水シューズの魅力

PVC防水シューズの魅力①カジュアルなデザイン

アウトドアで使うアイテムは、せっかくならおしゃれなものが嬉しいでしょう。PVC防水シューズはしっかりと防水機能があるのはもちろん、見た目もとてもおしゃれでカジュアルになっています。
見た目がカジュアルなこともあり、キャンプやバイク、釣りなど様々な場面で利用している人が多いのです。

PVC防水シューズの魅力②履き心地

履き心地はスニーカーと長靴の中間のような感じになっています。素材がポリ塩化ビニルで作られていることもあり、ほどよい柔らかさがあるのです。
長靴と異なり、紐を縛るタイプになっているので、履いたり脱いだりするときは少し慣れが必要かもしれません。
スニーカーと長靴の両方の要素を持ち合わせているため、履き心地は良く、動きやすいと感じるでしょう。長靴のブカブカした感じが苦手、という人にもおすすめしたいです。

PVC防水シューズの魅力③防水効果

PVC防水シューズの防水効果ですが、通常の使い方では非常に効果を発揮します。ホースなどで足先に水をかけたり、浅い水たまりに足をつけたりしても中は浸水しません。
ただし、長靴とは違って絞りなどは付いていないため、真上からの水はやや苦手です。靴のタンの部分より水がある場所は気をつけましょう。
このようなポイントを把握しておけば、バイクや釣りなどでも足が濡れることを心配しなくても大丈夫です。アウトドアで地面が濡れているときも、靴が染みて足が濡れるということもありません。

PVC防水シューズの魅力④コスパ

ワークマンが販売しているPVC防水シューズは、いくつかの種類が存在します。その中で代表的な「PVC防水シューズ TC 6525」であれば、税込み1500円で販売されています。
人気商品ということもあり売り切れることが多いです。ワークマン以外で近い商品は、2500円前後で販売されていることが多く、非常にコスパの良い商品といえるでしょう。
1500円のPVC防水シューズは、通常のスニーカーや長靴より安く、とてもお得です

PVC防水シューズの魅力⑤洗いやすさ

アウトドアなどで使ったあとは、軽く水で洗い流してあげましょう。そのまま乾かしてもいいですし、水を軽く拭き取ってあげればきれいな状態に戻ります。
泥などは乾くと取れにくくなるので、汚れた時点で流しておくのがおすすめです。きれいに使うことで長く愛用できるアイテムになるでしょう。

PVC防水シューズの残念なところ

PVC防水シューズの残念なところ①重さ

PVC防水シューズの残念なところも確認しておきましょう。メリットも多いアイテムですが、購入する上で気をつけておきたい部分もあります。
これはPVC防水シューズに限ったレビューではありませんが、ある程度の重さがあります。片足で500gほどで、両足で1kgとなります。これは長靴でも同様ですが、レビューにおいて、スニーカーと比べると重い、という声がよく見られます。

PVC防水シューズの残念なところ②ズボンの裾が濡れる

長靴と異なり、普通のスニーカーより少し長い程度なので、あまり深い水たまりではズボンの裾が濡れます。バシャバシャと水まわりを走るような使い方をすると、思っているよりも裾から冷たさを感じるかもしれません。

PVC防水シューズの残念なところ③作りが雑

PVC防水シューズは1500円という低価格が魅力ですが、細かな作りに関しては雑と感じるかもしれません。1500円でこれなら十分、と感じる人もいれば、もう少し丁寧に作って欲しいと感じるかもしれません。
レビューでも1500円なので、ある程度は消耗品という考え方が多くありました。荒い使い方をしなければ大丈夫ですが、予備にもう1足用意しておくのがおすすめです。

PVC防水シューズの残念なところ④脱ぎ履きが面倒

スニーカーと長靴の中間のようなデザインとなっており、靴紐が付いています。そのため、レビューでは脱ぎ履きがやや面倒と感じている声が多いです。
釣りやバイクなどで使うときは、あまり頻繁に脱ぎ履きしないため、そこまで気にならないデメリットといえるかもしれません。
家の庭掃除や農作業で、建物を頻繁に出入りするときは面倒と感じることもあるでしょう。着脱が多いときと、長い時間履きっぱしのときで、適切なものを選ぶのがベストです。

PVC防水シューズの残念なところ⑤レインシューズではない

PVC防水シューズは防水加工となっていますが、本格的なレインシューズと比べると劣る部分もあります。濡れている地面などに対しては使いやすいですが、完全に足元を濡らしたくない、というならレインシューズのほうがいいかもしれません。
そのあたりは、さきほどのズボンの裾が濡れる、という問題点と共通といえるでしょう。どしゃぶりの状況では、裾を中にインできるような、レインシューズや長靴を選択してください。

PVC防水シューズの活用おすすめシーン

おすすめシーン①釣り

釣り
様々な場面でPVC防水シューズは活用できます。たとえば、釣りに出かけるときにおすすめです。
海釣りや川釣りなどの場面で効果を発揮し、動きやすいのが魅力です。船で海釣りを行っているときも、足元の水で靴が濡れるということも少ないでしょう。
長時間履いていても、足への負担が少ないため、釣りに集中することができます。1500円というコストパフォーマンスを考えれば、気軽に釣りのお供として利用できるのです

おすすめシーン②バイク

バイク
バイクにPVC防水シューズを使う人も多くいます。急な雨にも対応できますし、なんといっても足元がおしゃれです。バイクウェアと合わせてコーデしても違和感がないでしょう。
特に通勤などでバイクを利用している人に、PVC防水シューズは人気のようです。長靴ではバイクを操作しにくいですし、スニーカーでは突然の雨で濡れてしまうでしょう。
そういったときに、PVC防水シューズを利用していれば、足元が濡れるのを防げます。価格も1500円でコスパが良いので、バイク乗りのレビューも多く見かけました。

おすすめシーン③雨の日キャンプ

焚き火
PVC防水シューズは雨の日のキャンプで大活躍です。足元が水で濡れていても安心してアウトドアを堪能できるでしょう。
長靴では少し動きにくいという問題もあるため、PVC防水シューズならその点をクリアできます。カジュアルなので、アウトドアコーデとの相性も良いのです。

PVC防水シューズのおすすめコーデ

おすすめコーデ①アウトドアコーデ

アウトドアコーデにPVC防水シューズを合わせましょう。こちらは全身をワークマン系で揃えていますが、とてもカジュアルでおしゃれです。
ワークマンはサイズも豊富で、体が大きな人もコーデを楽しめます。足元のPVC防水シューズのデザインが服装とマッチしているといえるでしょう。パンツもPVC防水シューズも動きやすいので、アウトドアコーデにぴったりです。

おすすめコーデ②雨の日コーデ

PVC防水シューズを使って、雨の日の女性向けコーデも紹介します。最近はレインブーツを利用する女性が増えていますが、PVC防水シューズもおすすめです。
雨の日は撥水性のあるカーゴパンツなどと、PVC防水シューズを合わせてみるのがよいでしょう。足元のトーンに合わせて、全体の服をコーデするのがポイントです。

おすすめコーデ③カジュアルなライダースコーデ

バイク乗りにも人気なPVC防水シューズですが、ライダース系のコーデと合わせてみましょう。
ジャケットにライダースを選んで、中は花柄ワンピースというギャップが人気のようです。PVC防水シューズはハイカットやショートブーツに近い感覚でコーデできるので、カッコよさと可愛さを両立できます。

PVC防水シューズに関するQ&A

ワークマンしかPVC防水シューズは売ってないの?

PVC防水シューズは、スター・トレーディングというメーカーが販売に関わっているようです。そのため、ワークマン限定というわけではなく、Amazonなどでも購入することが可能となっています。

より快適に使うためには

様々な口コミを参考にしたところ、インソールを使うのがおすすめのようです。PVC防水シューズはクッション性が足りない、という声もあるので、インソールを足すのがポイントです。また、靴紐を伸びる靴紐に変えることで、丁度いい長さになります。

PVC防水シューズはコスパ抜群でおすすめ!

長靴と傘
PVC防水シューズについて紹介しました。コスパが良く、サイズも28cmまであるのでとても便利で扱いやすいアイテムです。
今まで長靴を履くのは少し恥ずかしい、と思っていた人も、PVC防水シューズならカジュアルなので履きやすいかもしれません。雨の日から釣りやバイクなどのアウトドアに活用してください
浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ワークマンのスウェットが暖かい!防風・防寒対策に優れた人気アイテム

キャンプファッション

ワークマンのスウェットが暖かい!防風・防寒対策に優れた人気アイテム

ワークマンで大人気のスウェットについて徹底調査しました。ワークマンの暖かくて人気のスウェットの種類や値段、カラーバリエーションについても詳しく解説!ワークマンでスウェットの購入を考えている方は、本記事を参考にしてください。

モンベル「クラッグジャケット」の魅力とは?冬山やバイクにも!

アウトドアジャケット

モンベル「クラッグジャケット」の魅力とは?冬山やバイクにも!

モンベルのクラッグジャケットを紹介します。モンベル製品のノマドジャケットやサイクライムジャケットと比較し、用途に応じた選び方を解説!ソフトシェルとはどういった特徴をもった商品なのかも説明しています。メリット・デメリットをふまえてクラッグジャケットの魅力を紹介!

ワークマン「M65タイプウォームストレッチジャケット」の魅力に迫る

アウトドアジャケット

ワークマン「M65タイプウォームストレッチジャケット」の魅力に迫る

ワークマンの「M65タイプウォームストレッチジャケット」まとめ。スペックを説明し、機能性や人気のデザインや特徴に使い心地について解説します。そんな話題のM65タイプウォームストレッチジャケットの魅力をくまなく紹介します。

ワークマンのソフトシェルジャケットが優秀!冬登山やキャンプにおすすめ

アウトドアジャケット

ワークマンのソフトシェルジャケットが優秀!冬登山やキャンプにおすすめ

ワークマンの「ソフトシェルジャケット」を紹介します。撥水や軽量などの機能を持つワークマンのソフトシェルジャケットの魅力を、7つに分けて解説します!ソフトシェルジャケットに関するQ&Aも用意していますので、気になっていた方はぜひ記事を参考にしてください。

焚き火パンツおすすめ11選!ナンガやグリップスワニーが人気!

キャンプファッション

焚き火パンツおすすめ11選!ナンガやグリップスワニーが人気!

焚き火パンツのおすすめを11商品厳選しました。冬のキャンプで使用することを想定し、難燃や防寒の機能性から、材質、価格についてなどを詳しく解説しています。人気のアウトドアブランドから、ワークマン、ユニクロなどの焚き火向きのパンツのレビューを紹介しています。

関連するキーワード

キャンプファッションランキング

人気ランキング

話題のキーワード