焚き火ポンチョがあれば安心!ワークマンやワイルドワン商品をチェック

お気に入りに追加

焚き火ポンチョを徹底調査しました!焚き火の火の粉でも穴が空きにくい難燃性のポンチョについて、ワークマンやワイルドワン、スノーピークなどから出ている人気商品を中心にまとめました。また、コットン生地を使った自作方法や作り方の詳細も紹介しています。

焚き火ポンチョがあれば安心!ワークマンやワイルドワン商品をチェック

目次

  1. 焚き火ポンチョの人気商品をチェック!
  2. 焚き火ポンチョの選び方
  3. 焚き火ポンチョの人気商品①ワークマン「コットンポンチョ」
  4. 焚き火ポンチョの人気商品②ワイルドワン「キャンパーズポンチョ」
  5. 焚き火ポンチョの人気商品③スノーピーク「FRポンチョ」
  6. 焚き火ポンチョは他メーカーでも多数扱いあり
  7. 焚き火ポンチョを比較
  8. 焚き火ポンチョは自作できる!
  9. 焚き火ポンチョのQ&A
  10. 焚き火ポンチョを活用してキャンプを安全に楽しもう!

焚き火ポンチョの人気商品をチェック!

キャンプで焚き火をする時、着ている服に煙の匂いが移ったり、火の粉がついて穴が空いたりして困った経験はありませんか?また、小さな子供がいっしょの焚き火では安全を確保しながら焚き火をするのもなかなか気が張るものです。
そんな時に活躍するのが難燃性の素材で作られた焚き火ポンチョです。この記事では、ワークマンやワイルドワン、スノーピークといった人気ブランドから販売されている商品詳細について紹介し、選び方のポイントについても解説しています。
燃えにくいとされるコットン生地を使った自作方法についても作り方の詳細を調べましたので、子供連れで焚き火をする予定がある人はぜひ参考にしてみてください!

焚き火ポンチョの選び方

焚き火用に作られたウェア、ポンチョを選ぶ際にチェックすべきポイントについてまとめました。一般に燃えにくいと言われる綿素材のほかにも、難燃性の素材を使った商品が販売されています。体に合って動きを制限されないサイズ感や、おしゃれを損なわないデザイン性のあるものにも注目してみましょう。

難燃性の有無

焚き火の炎が燃えている
焚き火をする時用のウェアとして購入するなら、まずは何よりもその商品が難燃性の生地でできているかどうかについて確認するのが大切です。
一般的にテントやタープと同じく、コットン生地またはコットン混紡素材でできた商品であれば火の粉が触れても穴が空きにくいので安心です。他にも表面を防水加工したものや、スノーピークの商品のようにアラミドと呼ばれる難燃加工が施されたものもあります。

サイズ・デザイン

サイズは基本的にフリーサイズであることが多いです。例えば、人気のワイルドワンから出ている商品では、女性用フリーサイズ、男性用フリーサイズ、キッズ用フリーサイズの3サイズ展開で販売されています。
全体的にゆったりとしたデザインが特徴ではありますが、 体に対してあまりに大きすぎると作業の邪魔になるだけでなく、子供にとっては安全確保の面でも心配であるため、できるだけ体に合ったサイズを選びましょう
また、デザインについては、上からざっくり羽織るだけの商品もあれば、ワークマンのコットンポンチョのように袖の部分にボタンが付属しており、腕へのフィット感に配慮した商品もあります。デザインについては好みに応じて選ぶと良いでしょう。

焚き火ポンチョの人気商品①ワークマン「コットンポンチョ」

ワークマンのコットンポンチョは低価格ながら、焚き火時に活躍する十分な品質があるとキャンプ好きの間でも評判のウェアです。仕様の詳細や、機能面について紹介していきます。

ワークマン「コットンポンチョ」の仕様

ワークマンのコットンポンチョはフリーサイズで、男性でも太ももあたりまでカバーできるゆったりとしたデザインです。薄くて非常に軽量である点が特徴です。カラーはカーキ、ブラック、ブラウンのほか、2色切り替えのコヨーテベージュがあります。

大容量ポケット&難燃加工

作業服のワークマンが近年力を入れているキャンプウェアの一つで、薄くて軽量ながら生地には難燃加工が施されており、火の粉から衣服を守ってくれます
また、胸元まで大きく開くジッパーの下には、大きめのポケットが付けられており何かと便利な仕様です。大容量のポケットにはファスナーがついており、中に入れたものの飛び出しを防ぐ仕様となっています。

低価格

ワークマンの焚き火ウェアが口コミでも大変評判である大きな理由は、その価格にあります。1着2,900円と、市販されている焚き火ポンチョの中ではかなりの低価格です。できるだけ節約してアウトドアウェアは揃えたいという人にぴったりです。
その安さから2019年秋に初めて発売されて以来、ワークマンのコットンポンチョは公式サイトや店頭ではすぐに売り切れになってしまうほど人気があります。例年秋には店頭に並ぶようなので、気になる人は秋口にはチェックするといいでしょう。 

商品紹介

素材はコットン100%で難燃加工されています。サイズはフリーサイズで、胸囲84~110cm、身長160~185cmまで対応で男女問わず使えるサイズ感です。
両脇の部分にボタンがあり、留めると袖のようにすることができます。フロント左右にそれぞれファスナー付きのポケット口がついており、中で繋がっています。フードには絞るための紐がついています。

焚き火ポンチョの人気商品②ワイルドワン「キャンパーズポンチョ」

ワイルドワンは全国に20店舗以上あるアウトドアライフストアです。ネットでも楽天に公式ストアがあり、ワイルドワンのPBである「コールオブザワイルド」の焚き火ポンチョを購入することができます。人気のキャンパーズポンチョの商品詳細についてまとめました。

ワイルドワン「キャンパーズポンチョ」の仕様

ワイルドワンの焚き火ポンチョはオリジナルブランド「コールオブザワイルド」から出ています。難燃性の高いコットン100%で仕立てられており、焚き火時の火の粉や煙から衣服を守ってくれます
デザイン性が高く高機能ながら、一般に販売されている同種商品のなかでは価格が安いとコスト重視のキャンパーたちから高い評価を得ています。

前面ファスナーなど機能性の高いデザイン

ダブルジッパーの前開き仕様のため、シーンに合わせてフロントの開き具合を自由に調整できて機能性が高いと着用者にも好評です。フロント部には大きなポケットも配置されています。また、脇にはボタンが付属しており、腕を通す幅を変えることができます。

男性用・女性用・子供用の3サイズ展開

ワイルドワンの商品が人気の理由に、サイズ展開が豊富であるという点があります。現在サイズは、ウィメンズサイズとメンズサイズ、キッズのMLサイズが展開されています。
キッズサイズは身長110~120cmの子供ならキッズMサイズ、130~140cmの子供ならキッズLサイズを選ぶと良いでしょう。 一般に子供用の焚き火ウェアはあまり多くないため、子供連れファミリーキャンパーには特に注目したい商品です。

商品紹介

出典: 楽天市場
ワイルドワン
CALL OF THE WILD キャンパーズポンチョ
7,590円(税込)
楽天市場で詳細を見る
キッズサイズ含めたサイズ展開が豊富

火の粉が降って来ても安心なコットン100%素材のポンチョです。紐で絞りを調整できるフードのほか、ポケット内側にモバイルポケットが付くなど親切設計がうれしいポイントです。
脇にあるボタンを使って袖幅を調整することも可能です。サイズ展開が豊富で、レディース、メンズの各フリーサイズと、キッズMLサイズが販売されています

サイズ 前側68cm、後側63~78cm
素材 コットン100%

焚き火ポンチョの人気商品③スノーピーク「FRポンチョ」

ハイスペックなアウトドアアイテムを展開するスノーピークからも、高機能な焚き火ウェアが販売されています。火に強いという難燃性だけでなく、雨風からも身を守ってくれる撥水性、防風性の高いスノーピークのFRポンチョについて解説しています。

スノーピーク「FRポンチョ」の仕様

焚き火を囲んでいる

難燃性と撥水性を兼ね備えた生地強度が強いアラミド素材を使用したスノーピークの焚き火ポンチョです。裏面にはアクリルコーティングが施され、防風性の高さもポイントです。

表地にアラミド素材を使用

焚き火
スノーピークの商品の大きな特徴として、表地にアラミドと呼ばれる繊維が使われている点があります。アラミド繊維とは高強力、耐熱性、寸法安定性、耐薬品性などのさまざまな特性を持つ高機能繊維のひとつです。
キャンプの焚き火を始め、さまざまな自然環境にさらされるアウトドアシーンで活躍する丈夫な生地です。

撥水性・防風性

雨のキャンプ場をテント内から見ている
スノーピークのFRポンチョは、多少の雨風にも耐えうる仕様です。表面には撥水加工がされているため、軽い雨であればレインコート代わりに羽織ることができます
生地裏面にはアクリルコーティングがされており、風を通しにくい仕様となっています。撥水性、防風性の高さは急な雨風にさらされることもあるキャンプで活躍します。

商品紹介

出典: 楽天市場
スノーピーク(snow peak)
スノーピーク(snow peak)FR ポンチョ
25,641円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
難燃性と撥水性を備えた高級ポンチョ

FR(ファイアーレジスタント)シリーズのスノーピークのウェアです。難燃性と撥水性、防風性も兼ね備えた生地が特徴です。焚き火をする時だけでなく、表面に施された撥水加工により、軽い雨ならレインコートとしても活躍します。

サイズ 着丈101cm、身幅81cm、裄丈84cm
素材 ポリエステル94%、アラミド6%

焚き火ポンチョは他メーカーでも多数扱いあり

コットンを中心に難燃性の生地を使って作られた焚き火用のポンチョは、さまざまなメーカーでも取り扱われています。なかにはロゴスの「ボウエンポンチョ」のようにすでに販売終了されてしまったものもあります。本項では現時点で販売されている人気商品をピックアップしました。

グリップスワニー「ファイアーポンチョ」

出典: 楽天市場
グリップスワニー
Grip Swany(グリップスワニー )ファイアーポンチョ
12,100円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
フロントポケットが便利

高密度なコットンで仕立てられた焚き火ウェアで、火の粉やキャンプ時の汚れから身体を守ってくれます。前面には細々としたものを入れられる大容量のポケットが用意されており便利です。首元にはトグルがセットされていて、着用時のフィット感を高めます。

サイズ フリーサイズ
素材 コットン100%
20代男性
20代男性

評価:

首元のトグルがおしゃれでファッション性も高いのが気に入っています。フロント部分の大きなポケットも何かと物を入れておくのに便利な仕様です。

TSBBQ×mino 焚火mino

出典: 楽天市場
TSBBQ×mino
TSBBQ×mino 焚き火ポンチョ 焚火mino
17,600円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
スタイリッシュデザインが人気の日本製

FRA日本防炎協会が定める鉛長メタンバーナー法による燃焼性試験においても高い防炎性能が認められた難燃素材を使用した焚火ポンチョです。
付属の帆布紐を使って丸めれば、持ち運び便利な形状にすることができます。オーストラリア産メリノウール67%、アクリル33%を使用しており、 肌寒いときの防寒ウェアとしてもおすすめです。
 カラーはレッド、マスタード×キャメル、ブラックの三色展開で、男女問わず使えるフリーサイズの商品です。

サイズ 120cm×140cm
素材 メリノウール67%、アクリル33%
20代女性
20代女性

評価:

まず日本製というところがポイントです。丁寧な縫製で長く使えそうな安心感があります。ツートンカラーのデザインも他にはあまり見かけずかわいいと思います。

テンマクデザイン 焚き火ブランケット スーパーマント

出典: 楽天市場
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)
焚火ブランケット スーパーマント
10,780円(税込)
楽天で詳細を見る
極厚コットンが火の粉から守ってくれる

胸のボタンをしめるとポンチョのようになる、テンマクデザインの焚き火ウェアです。表面は火に強い極厚コットン、裏面は取り外しが可能なフリースのボアがついており、薄着の季節から極寒日まで使うことができます
隅についたトグルを留めれば袖口を作ることもでき、より保温性を高められます。絞り紐がついたフードは髪に火の粉が付くのを防ぎ便利です。

サイズ 約156cm×98cm 
素材 コットン生地、ポリエステル生地、水牛骨(ボタン)、樹脂(トグル)
40代男性
40代男性

評価:

取り外しができる裏地のフリースボアがあるので、夏キャンプだけでなく冬キャンプでも活躍しています。広げると長方形になるため、羽織るだけでなくブランケットとしても使える点が良いところです。

焚き火ポンチョを比較

ブランド

ワークマンコットンポンチョ

ワイルドワンキャンパーズポンチョ

スノーピークFRポンチョ

グリップスワニーファイアーポンチョ

TSBBQ焚火mino

テンマクデザインスーパーマント

画像

特徴

・コットン100%
・難燃加工
・安い

・コットン100%
・キッズサイズがある
・モバイルポケットつき

・難燃性、撥水性、防風性がある
・高機能繊維アラミド使用
・レインコートにもなる

・高密度なコットン
・トグル付きでフィット感がある
・フロントに大容量ポケット

・日本製
・おしゃれなカラーリング
・防寒ウェアにもなる

・ひざ掛けにもなる形
・極厚コットン
・取り外し可能なフリースボア付き

商品リンク

ワークマン(現在販売無し) 楽天(¥7,590) 楽天(¥25,641) 楽天(¥12,100) 楽天(¥17,600) 楽天(¥10,780)

焚き火ポンチョは自作できる!

できるだけキャンプグッズは節約して揃えたい!という人におすすめなのが、焚き火ポンチョを自作する方法です。燃えにくい綿生地などを用いて作り方を覚えれば、比較的簡単に作ることができます。子供用サイズが見つからない人にも自作がおすすめです。
自作で作りたい人のために、材料や必要な道具、作り方の詳細と作り方のポイントまで解説していきます。

材料・必要な道具

綿100%の帆布生地アップ
ポンチョに仕立てる生地は、火の粉が飛んでも穴が空きにくい綿100%のものやウールがおすすめです。できるだけ厚手の生地で、サイズは身体を覆える長さのものを用意しましょう。
次に布の周囲につけるバイヤステープを用意しますが、ミシンで縫うのが面倒な人はアイロン接着のバイヤステープを利用すると作業が簡単です。
他には附属品として、大きめのボタン、ボタンを留めるための紐を10㎝程度用意します。道具は針と糸、ミシンを使える人であればミシンを、とにかく簡単な作り方が良いという人はアイロン接着用のアイロンを用意します。

作り方

裁縫道具のセット
自作ポンチョの作り方は一度覚えればとても簡単です。用意したコットン100%の生地の周囲を、バイヤステープで囲むように取り付けます。
ミシンを使える人はミシンで縫い付け、できるだけ簡単な作り方で作業を進めたいという人にはアイロン接着のバイヤステープが市販されていますから、こちらを使って接着すると良いでしょう。
バイヤステープを取り付けたら、角の部分にボタンを縫い留め、反対側の角に紐を縫い付けます。紐はボタンを引っ掛けられるサイズの輪っかになるように縫い付けましょう。
自作での作り方は以上です。普段縫いものをしたことがない人でも簡単に作れる作り方なので、ぜひ自作に挑戦してみてください。

焚き火ポンチョのQ&A

前開きタイプのメリットはなんですか?

上から羽織って着用する使い方だけでなく、ひざ掛けのように使えることです。それに、脱ぎ着が簡単で、子供にも扱いやすい点もメリットです。

レインコートの代わりにはなりますか?

コットン100%の素材でできている場合、水を吸って重くなるためレインコートの代わりにはなりません。雨天時でも使いたい場合はコットン素材のものでも撥水加工がされている商品を選びましょう。

焚き火ポンチョを活用してキャンプを安全に楽しもう!

焚き火
焚き火ポンチョは、焚き火の火の粉や煙の匂いから衣服を守ってくれる難燃性の焚き火ウェアです。ざっくりと羽織れて軽量であり、燃えやすい防寒着を着ている冬場や、安全性に注意したい子供連れでの焚き火キャンプに役に立ちます。
この記事では、ワークマンやワイルドワン、スノーピーク、テンマクなど人気アウトドアブランドから出ている商品について紹介しました。
小さな子供がいる人におすすめの自作方法、作り方の詳細についてもまとめています。難燃性のポンチョを羽織って、安全かつおしゃれに焚き火キャンプを楽しみましょう!
モンベル「クラッグジャケット」の魅力とは?冬山やバイクにも!

あわせて読みたい

モンベル「クラッグジャケット」の魅力とは?冬山やバイクにも!

モンベルのクラッグジャケットを紹介します。モンベル製品のノマドジャケットやサイクライムジャケッ...

焚き火パンツおすすめ11選!ナンガやグリップスワニーが人気!

あわせて読みたい

焚き火パンツおすすめ11選!ナンガやグリップスワニーが人気!

焚き火パンツのおすすめを11商品厳選しました。冬のキャンプで使用することを想定し、難燃や防寒の機...

焚き火におすすめのタープ8選!難燃性に優れた軽量アイテムも!

あわせて読みたい

焚き火におすすめのタープ8選!難燃性に優れた軽量アイテムも!

焚き火の近くで設営できるタープをまとめています。安いのにコスパ抜群と評判の焚き火タープや、人気...

ユーカリ

この記事のライター

ユーカリ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

モンベル「クラッグジャケット」の魅力とは?冬山やバイクにも!

アウトドアジャケット

モンベル「クラッグジャケット」の魅力とは?冬山やバイクにも!

モンベルのクラッグジャケットを紹介します。モンベル製品のノマドジャケットやサイクライムジャケットと比較し、用途に応じた選び方を解説!ソフトシェルとはどういった特徴をもった商品なのかも説明しています。メリット・デメリットをふまえてクラッグジャケットの魅力を紹介!

ワークマン「M65タイプウォームストレッチジャケット」の魅力に迫る

アウトドアジャケット

ワークマン「M65タイプウォームストレッチジャケット」の魅力に迫る

ワークマンの「M65タイプウォームストレッチジャケット」まとめ。スペックを説明し、機能性や人気のデザインや特徴に使い心地について解説します。そんな話題のM65タイプウォームストレッチジャケットの魅力をくまなく紹介します。

ワークマンのソフトシェルジャケットが優秀!冬登山やキャンプにおすすめ

アウトドアジャケット

ワークマンのソフトシェルジャケットが優秀!冬登山やキャンプにおすすめ

ワークマンの「ソフトシェルジャケット」を紹介します。撥水や軽量などの機能を持つワークマンのソフトシェルジャケットの魅力を、7つに分けて解説します!ソフトシェルジャケットに関するQ&Aも用意していますので、気になっていた方はぜひ記事を参考にしてください。

焚き火ウェア・ジャケットおすすめ20選!難燃性に優れた安いアイテムも

アウトドアジャケット

焚き火ウェア・ジャケットおすすめ20選!難燃性に優れた安いアイテムも

焚き火ウェア・ジャケットについて紹介します。難熱性に優れたおすすめのウェアや、動きやすく子供も着れるジャケットなど、メンズとレディース合わせて20選にまとめました。さらに、焚き火ウェア・ジャケットの選び方も掲載しています。

焚き火ポンチョがあれば安心!ワークマンやワイルドワン商品をチェック

アウトドアジャケット

焚き火ポンチョがあれば安心!ワークマンやワイルドワン商品をチェック

焚き火ポンチョを徹底調査しました!焚き火の火の粉でも穴が空きにくい難燃性のポンチョについて、ワークマンやワイルドワン、スノーピークなどから出ている人気商品を中心にまとめました。また、コットン生地を使った自作方法や作り方の詳細も紹介しています。

関連するキーワード

アウトドアジャケットランキング

人気ランキング

話題のキーワード