キャンプ向きのSUVはどれ?おすすめの人気車種や選び方を紹介!

お気に入りに追加

キャンプにぴったりのSUVを紹介します。国産車、輸入車別におすすめのSUVを計14種ピックアップしました。キャンプ向きのSUVを選ぶ際のポイントもまとめています。アウトドアやキャンプが好きな方は、レンタカーや、車を購入する時に是非参考にしてください。

キャンプ向きのSUVはどれ?おすすめの人気車種や選び方を紹介!

目次

  1. おすすめのキャンプ向きSUVを紹介!
  2. キャンプ向きSUVの選び方
  3. キャンプ向きSUVのおすすめ人気車種【国産車】
  4. キャンプ向きSUVのおすすめ人気車種【輸入車】
  5. キャンプ向きSUVでアウトドアを満喫しよう!

おすすめのキャンプ向きSUVを紹介!

キャンプやバーベキューなどのアウトドア遊びをする際、車があると非常に便利です。その中でもキャンプにはSUVがおすすめです。

SUVとはスポーツユーティリティービークル(Sport Utility Vehicle)の頭文字をとったものです。スポーツやレジャーにぴったりの装備がありながら、街乗りにも使える便利な車です。この記事では、キャンプにおすすめのSUVの選び方やおすすめの国産車を紹介します。

キャンプ向きSUVの選び方

選び方①積載量

キャンプをする際、寝袋やテントなどのギア類をたくさん持っていきます。SUVは荷台が広く確保されている仕様のものが多く、積載量も多めです。自分のギアの量を大まかに把握し、荷台に荷物が載りきるかをシミュレーションしましょう。

また普段キャンプに何人で行くのかも重要です。乗車人数によって車を選ぶのもポイントです。たまに大人数になるのであれば、レンタカーを利用するのも有効です。

選び方②走破性

キャンプ場によっては、道が舗装されていない場所もあります。ある程度の悪路でも運転可能な走破性が求められます。

4WD(四輪駆動)式のSUVを選べば、大抵の悪路でも走行可能です。4WDとはタイヤ一つ一つが独立して動くため、ぬかるみや雪道などの悪路でも立ち往生することがほとんどありません。また極端に車高が低い車も、悪路であれば車体を擦ってしまう場合もあるため、要注意です。

選び方③防水性や防汚性

キャンプをすると、どうしても土で汚れたものを車に載せて持って帰らないといけません。もしも荷室やシートが布製だと、汚れが移ってしまいます。キャンプから帰ってからギアの手入れの他、車の手入れもするとなるとなかなか大変です。

防水シートや、防汚ラゲッジスペースの仕様のものを選べば、汚れが比較的移りにくいのでおすすめです。SUVだとアウトドア特別仕様車も多く販売されています。

キャンプ向きSUVのおすすめ人気車種【国産車】

【日産】エクストレイル

日産から発売されているアウトドア仕様のSUVです。悪路を走破するタフさと、デザイン性の高さが人気のSUVです。

インテリジェント4×4という電子制御の4WDシステムによって、滑りやすい路面でも安定した走りが可能です。またプロパイロット、インテリジェントFCWなどのアシスト機能も豊富なため、長距離運転も安心です。

シートが防水仕様のため、キャンプ以外のスキーやスノボー、サーフィンといった濡れるようなアウトドアスポーツも、汚れを気にせず楽しめます。シートアレンジもできるため、荷台をフルフラットにして車中泊もできるのが魅力的です。

【三菱】デリカD:5

三菱自動車が製造・販売しているSUV・ミニバンです。7人または8人乗り仕様です。

他のSUV・ミニバンと比較すると、車高がやや高めなのが特徴です。運転する際も視界が良く、運転しやすいです。車高が高いため、砂利道といったオフロードでも車体を傷つけにくく、安心して走行可能です。

公式サイトでもアウトドアを全面に押し出しており、JASPERという特別仕様車では様々な専用装備が用意されています撥水機能付きのシート生地、おしゃれなデカール、ラゲッジルームの荷崩れを防ぐカーゴフェンスなど、アウトドアにぴったりの仕様です。

【Honda】CR-V

CR-Vはシビックの後継種であり、ホンダより発売されているSUVです。初代は1995年に発売され、モデルチェンジが繰り返され、2021年の時点で5代目になっています。

全幅が1,855mmあるので少し大きめです。しかし車体が大きい分、3列目でも快適に過ごせるのでおすすめです。

4WD車では悪路の走行安定性はもちろん、スムーズな旋回性能が備わっています。また4WDトルク配分をメーター内に表示することが可能です。4輪の働きを視覚化でき、4WDの走行の実感や安心感を感じることができます。

【スバル】フォレスター

スバルから発売されているフォレスターは、力強い走りが特徴のSUVです。新世代アイサイトが全グレード標準仕様となっています。安全機能が充実しているため、キャンプ後の疲れた帰路も安心です。

「アクティブトルクスプリットAWD」というシステムにより、路面状況に合わせた安定した走行が可能です。アウトドアでも、街乗りでも快適な運転ができるのも魅力の一つです。

グレードも、Turing、X-BREAK、Advance、SPORTの4つの仕様があり、好みや必要な性能に合わせて選ぶことができます。

【マツダ】CX-8

CX-8はマツダより発売されている、大型クロスオーバーSUVです。CX-8は、北米を中心に発売されているCX-9と、2代目CX-8を組み合わせたモデルとなっています。

3列シートを採用しており、6人または7人がゆったりと乗車できる仕様に設計されています。多人数乗用車ながらも、見た目にもこだわっていて、快適さと見た目を両立させています。

荷室は3列目まで乗車している場合は積載量239L、3列目シートを倒すと積載量572L確保することができます。さらに荷室のトランクボード下には307mm深さのサブトランクもあり、荷物をたくさん載せることが可能です。

【TOYOTA】ランドクルーザー

ランドクルーザーはTOYOTAより、1953年から発売されている車です。走破性がよく、故障しにくいため、ファンが非常に多いSUVです。シリーズのプラドも人気が高いSUVです。

ラダーフレーム構造が採用されており、非常に頑丈な作りです。世界中の悪路で使用されるため、頑丈さと走破性は抜群です。また踏み間違いや後方確認アシストなどの安全性能も備わっており、街乗りも快適です。

キャンプをする際の多少の悪路であれば、余裕を持って走破可能です。

【スズキ】ジムニー

ジムニーはスズキから発売されているコンパクトSUVです。軽自動車ながら、アウトドア好きから根強い人気の車です。4WD、ラダーフレーム、ヒートシーター搭載で、可愛らしい見た目に反し、意外と本格的なSUVです。

ラゲッジスペースの横幅は1,300mmで、後席を倒すとフルフラットになります。ラゲッジスペースは防汚タイプのため、汚れたものを載せても安心です。

過酷な環境でも走破することが可能なサスペンション性能、低回転からの力強いトルク、様々な悪路走破機能が備わっているおかげで、岩場をも走破することが可能です。あまり舗装されていないようなキャンプ場でも安心して走行できます。

車内の広さは大きくないものの、ソロキャンプや2人キャンプをする方におすすめのSUVです。

キャンプ向きSUVのおすすめ人気車種【輸入車】

【Jeep】ラングラー

Jeepより発売されているラングラーは、直線的なデザインが特徴のSUVです。1987年から発売されているクロスカントリーカーで、モデルチェンジを繰り返し、現在は4代目です。

屈強なJeepの4WD性能に、さらにターボエンジン、8速ATを採用するなどし、パワーと低燃費を両立させた車といえます。

リアシートを倒すと積載量約2000Lの確保が可能です。さらに小物入れ、多機能カップホルダー、ドアネットなどの多彩なコンパートメントが標準仕様で備わっています。荷物が多い人でも安心してキャンプを楽しめそうです。

またフリーダムトップ3ピースモジュラーハードトップという取り外し可能のパーツがあり、オープンカーのように開放的な空間を作ることができます。

【BMW】X5

X5はドイツの自動車メーカーBMWが製造・販売しているSUVで、BMWで初めて作られたSUVです。BMW輸入車プレミアムSUV販売台数No.1の、人気の車種です。

ラゲッジルーム積載量650Lで、後席折りたたみ時積載量1870Lと、非常に大容量です。荷物が多いキャンパーでも、かなり余裕を持って荷物を積めるでしょう。

また、安全性能も充実しています。ヨーロッパで自動車の安全性を評価するユーロNCAPという衝突安全試験において、最高評価を獲得しており、高い安全性能を誇っています。

【メルセデスベンツ】Gクラス

ドイツの自動車メーカーであるダイムラーが、メルセデス・ベンツブランドで展開している高級SUVです。GクラスのGは、ドイツ語のオフローダーを意味する「ゲレンデヴァーゲン」の頭文字です。

元々は軍用車両を民生用にアレンジさせたものが、Gクラスの源流となっています。モデルチェンジは繰り返してはいるものの、基本的な部分は当初の設計を引き継いでいる、本格オフローダーのSUVです。

見た目の格好良さはもちろんですが、屈強なオフロード性能、快適なオンロード性能を兼ね備えたSUVとなっています。

【PEUGEOT】5008

プジョーはフランスの自動車メーカーで、5008は初代はミニバンでしたが、2代目はSUVです。2017年より2代目のSUVにスタイルチェンジを行っており、プジョー3008をベースにホイールベースを延長した仕様で、広々とした空間になっています。

2021年にも大幅なマイナーチェンジを行っており、シートを刷新して乗り心地・質感が向上しています。フレームレスグリル、牙のようなデイライトによって印象がガラッと変わっています。

7人乗りなのですが、7つのシートがそれぞれ独立する仕様も特徴です。3列目のシートを格納すれば積載量約702L、2列目シートもすべて折りたためば積載量約1,862Lのラゲッジスペースが確保されています。荷物の量や形によって倒すシートを選べるのも嬉しいポイントです。

【ランドローバー】ディスカバリー

ランドローバーのディスカバリーは、積載量が多く、荷物の多いキャンパーにおすすめのSUVです。走破性も抜群なので、キャンプ場の悪路にも対応可能です。

2列シート5人乗り仕様になっており、リアシートを収納した状態のラゲッジスペースの積載量は2,068Lです。リアシートを倒さない場合でも積載量は1,419Lあるため、家族や友人とのキャンプも楽しめそうです。

4種類のドライビングモードがあり、様々な路面状況にも対応できます。走行状況をモニタリングし、最適なドライビングモードを選択してくれるので、走行性能を最大限に引き出すことができます。

【CITROEN】C3 AIRCROSS SUV

シトロエンはフランスの大手自動車メーカーで、新しい技術を早期に採用することで知られているメーカーです。C3は2002年より発売されており、2016年より3代目のデザインになっています。

シトロエンのグリップコントロールは路面状態に合わせて最適化して、前輪駆動のまま走行性を高めることが可能です。急斜面の下り坂でも、車体を安定させるヒルディセントコントロールという機能で、車体を安定化させることができます。

ラゲッジルームの積載量は通常で410L、座席を一番前にスライドすると520Lまで確保が可能です。またリアシートをすべて折りたためば、最大1,289Lのスペースを確保することが可能です。助手席を折りたためば2.4mの長尺物の積載もできる仕様です。

【mini】miniクロスオーバー

ミニはドイツの自動車メーカーであるBMWが2001年に設立した自動車ブランドです。元々ブリティッシュ・モーター・コーポレーションという自動車メーカーで販売されていたミニをモチーフとして、BMWにて発売されています。

パワフルなMINIツインパワー・ターボ・エンジンと4輪駆動システムにより、街乗りから山道まで、快適なドライブが可能です。ラゲッジスパースの積載量は最大1,390L収容可能で、キャンプの荷物を載せるには十分な広さがあります。

何よりも、見た目がオシャレで、他メーカーには無いオリジナリティがあります。男女ともに根強い人気を誇るコンパクトSUVです。

キャンプ向きSUVでアウトドアを満喫しよう!

各社、国内外問わず、アウトドアやキャンプ向きのSUVは多数発売されています。見た目の格好良さ、積載量の多さ、走破性能の良さ、安全性能の良さなど、キャンプ向きSUVを選ぶポイントは人によって様々です。

オススメポイントをまとめたので、車の乗り換え、レンタカーをする際にはこの記事を是非参考にしてみてください。自分好みのSUVに乗って、キャンプやアウトドアを楽しみましょう!

ミロカロス

この記事のライター

ミロカロス

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ラングラーが車中泊におすすめの理由は?キャンプ仕様にする方法も

ラングラーが車中泊におすすめの理由は?キャンプ仕様にする方法も

ラングラーが車中泊におすすめの理由を紹介していきます!ワイルドでかっこいいラングラーの魅力と、磨き上がったスペックについて詳しく解説。大人を夢中にさせるラングラーが、キャンプ仕様になる方法もまとめたので、車中泊する場合ぜひ参考にしてください。

ラングラーアンリミテッドに乗って後悔したことは?メリットは何?

ラングラーアンリミテッドに乗って後悔したことは?メリットは何?

キャンプに最適なラングラーアンリミテッドについて、紹介します。デザインや走行性などの特徴や、またラングラーアンリミテッドに乗って後悔した内容も説明しています。買って後悔しないために、メリットとデメリットをまとめましたので参考にしてください。



キャンピングトレーラーおすすめ8選!おしゃれな人気車種もチェック

キャンピングトレーラーおすすめ8選!おしゃれな人気車種もチェック

キャンピングトレーラーについて紹介しています。キャンピングトレーラーの4つの魅力や、おすすめのキャンピングトレーラーを8台取り上げました。それぞれのキャンピングトレーラーを比較表にまとめたので、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

キャンプ向きのSUVはどれ?おすすめの人気車種や選び方を紹介!

キャンプ向きのSUVはどれ?おすすめの人気車種や選び方を紹介!

キャンプにぴったりのSUVを紹介します。国産車、輸入車別におすすめのSUVを計14種ピックアップしました。キャンプ向きのSUVを選ぶ際のポイントもまとめています。アウトドアやキャンプが好きな方は、レンタカーや、車を購入する時に是非参考にしてください。

スバル車のスマートキーの電池交換方法は?簡単にできて値段も安い

スバル車のスマートキーの電池交換方法は?簡単にできて値段も安い

スバル車のスマートキーの電池交換の方法について、わかりやすく解説しています。スバル車のスマートキーの電池交換に必要な道具ついても紹介!動画も入れて説明していますので、そろそろ電池交換が必要な方はチェックしてみてください。

関連するキーワード

車ランキング

人気ランキング

話題のキーワード