キャンピングカーを自作してキャンプを満喫!軽トラの改造方法も

お気に入りに追加

自作キャンピングカーの数ある魅力や軽トラをキャンピングカーにする自作方法を詳しく紹介しています。自作する際の注意点もまとめているので、自作キャンピングカーに興味がある方は、参考にしてください。

キャンピングカーを自作してキャンプを満喫!軽トラの改造方法も

目次

  1. 軽トラでキャンピングカーを自作する方法を紹介!
  2. 自作キャンピングカーの魅力
  3. キャンピングカーの自作方法と注意点
  4. 世界に一つだけのキャンピングカーを作ろう!

軽トラでキャンピングカーを自作する方法を紹介!

モバイルハウスとは、移動する家の事です。軽トラの荷台を使用し、小さい家を載せた移動ができる車の事を言います。自作キャンピングカーは、自分で作る楽しさがあったり、価格が抑えられるので、近年注目され始めています。
モバイルハウスは、キャンピングカーとコンセプトは似ていますが、一般的に自作するものを言います。

自作キャンピングカーの魅力

魅力①キャビンをカスタムできる

ベットの下の部分に収納スペースをつくり、普段はベンチシートとして利用できる自作のベットを設置する方法もありますが、市販品のベットキッドを活用もできます。 食事や作業用テーブルや、照明も必要です。例えば、消費電力を抑えるためにLEDを使ったり、大型のポータブル電源を取り付けテレビが見れるようにする方法もあります。

魅力②価格が抑えられる

材料費のみであれば、数十万円の低価格で作れるメリットがあります。市販品を購入すると費用もかかってしまいます。グレードにもよりますが、割合的に安い価格です。その上、軽トラは維持費が手ごろな値段です。

魅力③維持費が安い

自作キャンピングカー

車検の他にも、自動車税、自賠責保険料、検査登録印紙、審査証紙代の費用かかります。車両登録をしてから13年以内、1.5トン超~2トン以下の場合を例に比較すると、商用車の1ナンバーでトータル62,840円です。

それに対し、同様の条件の8ナンバーは、48,410円と約14,000円も安くなります。

キャンピングカーの自作方法と注意点

キャンピングカーの作り方

  • 防腐剤入り2×4材
  • OSB合板(9㎜)
  • 内装や外装仕上げ材
  • 建具(窓や扉)
  • 断熱材(厚み3㎝のスタイロフォーム)
  • 防水シート(外壁や屋根用に透湿防水シート)
  • 屋根材(ガルバリウム銅板)
  • 塗料
  • 金物(ビスやボルト)
  • 工具(インパクトドライバーや丸ノコ)
  • 大工用接着剤
  • 防水テープ
  1. 枠組みを作る
  2. 枠組みの大きさに断熱材をカットする
  3. 窓とドア部分以外の枠組みに断熱材を一つ一つはめていく
  4. 屋根に合板をつける
  5. 外壁をつける前に透湿防水シートを貼る
  6. 屋根に透湿防水シートを貼った後、ガルバリウム鋼板を取りつける
  7. 外壁には野地板を取りつける
  8. 窓には開閉可能な木枠とアクリル板で作る
  9. ドアを作成
  10. 合板を使用し、内装を完成させる

枠組みは、強度を高めるために、ほぞで組んでいきます。ほぞ組とは、木と木に凹凸を作って組んでいく方法です。溝を作る時は、丸ノコで切れ目を入れるとノミで取れやすく、きれいに仕上がります。

なるべく軽量にするために、床と屋根の合板の厚み9㎜を使用。外壁の防水をしっかりするために、透湿防水シート貼り、その上から外壁を貼ります。内装は、合板で継ぎ目ができたところには板を入れます。

注意点①サイズの上限が決まっている

自作キャンピングカーを作る場合は、法律上、軽トラの制約を満たす必要があります。ベースは、軽トラなので横幅のはみだしが禁止されています。また、高さは、2,500mmまで、車の全長の10%以下であれば、はみだしが可能です。

注意点②積載上限が決まっている

軽トラキャンピングカーの種類

軽トラの荷台は、荷物を載せて移動する事を目的にしています。ベースが軽トラックのため、荷台部分は、法律上、荷物扱いになります。重さの制限は、350kgまでと決められています。

ベースは、あくまでも軽トラなので乗車人数は2人までです。軽トラの走行中に荷台に乗る事は、法律で禁止されています。同様に、走行中にモバイルハウスに乗る事は出来ません。

注意点③車検は改造度合によって変わる

自作キャンピングカーを車検に出す場合、改造度合によって変わります。調理台や流し台などの調理可能な施設や水道の設備が無い場合は、一般車両や商用車両の扱いになります。特に流し台、調理台、調理できるスペースは、寸法が決まっています。
また、調理施設など、要件に該当する場合は、改造車と認定されます。「8ナンバー」の登録となり、普通車と比較すると税金が安く、初回の車検が1年早いなどの違いがあります。
自動車税で考えてみます。排気量により税金は、23,600円~88,000円です。同じ排気量の一般車と比較すると約20%も安いのです。

注意点④防水加工が必須

キャンピングカーを自作する場合は、雨や浸水などに備えるために防水加工が必須です。木材に防水加工する方法もありますが、防水ゴムシートや透湿防水シートをあわせて使用することでより防水性が高められます。

世界に一つだけのキャンピングカーを作ろう!

キャンピングカーと夜空

キャンピングカーの魅力と自作方法、注意点を詳しく紹介しました。キャンピングカーを自作すると、自分好みにカスタムできる、価格や維持費を抑えられるなどのメリットがたくさんあります。逆に、注意点などのデメリットも存在するので、キャンピングカーを自作する際は、十分に気を付けて取り掛かるようにしましょう。

haruka0810

この記事のライター

haruka0810

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ラングラーが車中泊におすすめの理由は?キャンプ仕様にする方法も

ラングラーが車中泊におすすめの理由は?キャンプ仕様にする方法も

ラングラーが車中泊におすすめの理由を紹介していきます!ワイルドでかっこいいラングラーの魅力と、磨き上がったスペックについて詳しく解説。大人を夢中にさせるラングラーが、キャンプ仕様になる方法もまとめたので、車中泊する場合ぜひ参考にしてください。

ラングラーアンリミテッドに乗って後悔したことは?メリットは何?

ラングラーアンリミテッドに乗って後悔したことは?メリットは何?

キャンプに最適なラングラーアンリミテッドについて、紹介します。デザインや走行性などの特徴や、またラングラーアンリミテッドに乗って後悔した内容も説明しています。買って後悔しないために、メリットとデメリットをまとめましたので参考にしてください。



キャンピングトレーラーおすすめ8選!おしゃれな人気車種もチェック

キャンピングトレーラーおすすめ8選!おしゃれな人気車種もチェック

キャンピングトレーラーについて紹介しています。キャンピングトレーラーの4つの魅力や、おすすめのキャンピングトレーラーを8台取り上げました。それぞれのキャンピングトレーラーを比較表にまとめたので、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

キャンプ向きのSUVはどれ?おすすめの人気車種や選び方を紹介!

キャンプ向きのSUVはどれ?おすすめの人気車種や選び方を紹介!

キャンプにぴったりのSUVを紹介します。国産車、輸入車別におすすめのSUVを計14種ピックアップしました。キャンプ向きのSUVを選ぶ際のポイントもまとめています。アウトドアやキャンプが好きな方は、レンタカーや、車を購入する時に是非参考にしてください。

スバル車のスマートキーの電池交換方法は?簡単にできて値段も安い

スバル車のスマートキーの電池交換方法は?簡単にできて値段も安い

スバル車のスマートキーの電池交換の方法について、わかりやすく解説しています。スバル車のスマートキーの電池交換に必要な道具ついても紹介!動画も入れて説明していますので、そろそろ電池交換が必要な方はチェックしてみてください。

関連するキーワード

車ランキング

人気ランキング

話題のキーワード