キャンプ場の種類はいくつある?違いと初心者向きのサイトを紹介!

お気に入りに追加

キャンプ場の種類はどれくらいあるのか調査しました。キャンプ場の種類とその違いはどのような箇所にあるのか?それぞれのキャンプサイトの魅力をまとめて紹介していきます。初心者向きのキャンプサイトの種類も解説するので、ぜひ参考にしてください。

キャンプ場の種類はいくつある?違いと初心者向きのサイトを紹介!

目次

  1. キャンプ場の種類を紹介!
  2. キャンプ場の種類と違い
  3. 初心者向きのキャンプ場のサイト
  4. キャンプ場の種類を知っておこう!

キャンプ場の種類を紹介!

キャンプ場で青いテントを張っている様子
キャンプ場のテントを張ったりするキャンプサイトには、種類が豊富にあります。キャンプに出掛けることが多い方であれば、なんとなく違いを知っている方も多いでしょう。
しかし、初心者の方はどのような違いがあるのか分からない方も少なくありません。この記事では、キャンプ場の種類と違いについて紹介していきます。

キャンプ場の種類と違い

種類と違い①オートキャンプ場

オートキャンプ場は車でテントを張る場所まで行くことができ、なおかつ車を横付けしたままキャンプを楽しむことができます。現在は一番主流のため、オートキャンプ場はよく耳にすることが多いです。
キャンプは荷物が多くなりがちですが、オートキャンプ場は車を乗り入れて荷物を下ろすことができます。そのため、設営までの時間を短縮することができるでしょう。
「オート」が付かないキャンプ場は、車の乗り入れができません。荷物を駐車場から自分の手と足で運び入れる必要があります。

種類と違い②区画サイト

区画サイトはグループそれぞれに区画が設けられており、スペース内でキャンプを楽しむサイトです。スペースがあらかじめ決まっているので、大きいテントやタープを張るのは難しいです。
しかし、しっかりと自分の場所が決まっているため、近隣トラブルに見舞われる心配は少ないでしょう。しかし、中には隣同士がとても近い区画サイトもあります。その場合は、思いやり精神を忘れずに過ごすことが大切です。
区画サイトの中にも、オートなのか否かが分かれます。「車を乗り入れたい」という方は、オートの区画サイトを探すのがベターです。

種類と違い③フリーサイト

フリーサイトは名前の通り、自由に敷地内の場所を選んでキャンプができます。ただし、キャンプ場によってはテントやタープの個数が決まっているので、あらかじめ確認しましょう。
フリーサイトは自由に場所が選べるのがメリットですが、場所選びを失敗するとデメリットにもなります。芝生ができるだけ平坦かつ、くぼみが無さそうな場所を選ぶようにしてください。
フリーサイトは比較的リーズナブルな料金設定がされているので、気軽に何度もキャンプへ行きたい方におすすめです。車の乗り入れはできないので、荷物は自分で運び入れる必要があります。

種類と違い④フリーオートサイト

フリーオートサイトは、車乗り入れが可能なフリーサイトです。ただし、フリーオートサイトで注意したい点もあります。人が自由に行き来している場所に車を走らせるので、事故には注意しましょう。小さな子供が飛び出すこともあります。
場所を決める際は、車の中から見て決めるのではなく、必ず地面に降りて芝などの状態を確認してください。また、車がよく通る道筋は、チェックアウト時に混雑になる可能性があります。比較的車の通りが少ない場所がおすすめです。
フリーオートサイトはキャンプ場の種類でも、人気が高い傾向にあります。そのため、繁忙期はかなりのキャンパーの利用が予想されるので、事故等には十分に注意しましょう。

初心者向きのキャンプ場のサイト

サイト①区画サイトのキャンプ場

初心者の場合はしっかりと整備のされた、区画サイトの利用がおすすめです。キャンプ場の中には区画サイトやオートサイトなど、数多くのサイトを展開している場所もあります。
区画サイトは比較的キャンプがしやすいように作られているので、初心者の方でも利用しやすいでしょう。また、スペースが決まっていることもあり、レイアウトしやすいのもメリットです。

サイト②ロッジやバンガロー

キャンプの雰囲気を楽しみたいという方は、キャンプ場内にあるロッジやバンガローを利用してみてください。キャンプ場の種類の一つでもあるロッジやバンガローも、しっかりキャンプを楽しめます。
小さい子供がいる、はたまたキャンプグッズを揃えていない方でも、気軽に宿泊ができます。また、虫の心配がないので、虫刺されに悩むことも少ないです。ただし、キャンプ場の種類の中では、利用料金が高く設定されていることは頭に入れておきましょう。

キャンプ場の種類を知っておこう!

川辺のキャンプ場
キャンプ場の種類は、キャンプをする上で覚えておくと良いです。キャンプ場を利用する際に、どのようなサイトがあるのかで決めることもできます。
初心者の方でも、利用しやすいキャンプサイトは多々ありますので、まずは非日常を感じられるキャンプを楽しんでみてください。キャンプ場の種類から、自分好みのサイトを見つけてみましょう。
N.R

この記事のライター

N.R

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

パインウッドキャンプ場の魅力に迫る!予約方法や料金・アクセスは?

北陸・甲信越のキャンプ場

パインウッドキャンプ場の魅力に迫る!予約方法や料金・アクセスは?

パインウッドキャンプ場の魅力を紹介!ゆるキャンのモチーフにもなった人気キャンプ場でもある、パインウッドキャンプ場の予約方法をはじめ、料金やアクセス、口コミなどを徹底解説!気になるトイレの清潔感や冬キャンプの過ごし方、車とバイクの乗り入れについてもまとめました。

RECAMP勝浦(旧しあわせの丘リゾート)オートキャンプ場の魅力に迫る

関東のキャンプ場

RECAMP勝浦(旧しあわせの丘リゾート)オートキャンプ場の魅力に迫る

RECANP勝浦(旧しあわせの丘リゾート)を紹介します。旧しあわせの丘リゾートで楽しめる施設や料金についても詳しく解説。朝市や海岸など、周辺の遊べるスポットについてもピックアップしていますので、利用する際の参考にしてください。

ふもとっぱらキャンプ場のベストポジションは?攻略法や注意点も!

東海のキャンプ場

ふもとっぱらキャンプ場のベストポジションは?攻略法や注意点も!

ふもとっぱらキャンプ場のベストポジションについて徹底調査しました。ふもとっぱらキャンプ場のベストポジションの攻略法や注意点についても詳しく解説。ふもとっぱらキャンプ場の基本情報も詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

中津川村キャンプ場の魅力に迫る!コテージ・温泉有りの人気スポット

キャンプ場

中津川村キャンプ場の魅力に迫る!コテージ・温泉有りの人気スポット

中津川村キャンプ場(埼玉県秩父市)の魅力について、詳しく紹介します。キャンプ場までのアクセス方法や予約方法、料金やコテージなどの施設について解説します。また、中津川村キャンプ場の利用の際に注意すべきポイントもまとめました。

道志の森キャンプ場の魅力!道志村キャンプ場の予約方法・料金まとめ

関東のキャンプ場

道志の森キャンプ場の魅力!道志村キャンプ場の予約方法・料金まとめ

道志の森キャンプ場は山梨県道志の釣りも楽しめる人気のキャンプサイトです。この記事では道志の森キャンプ場へのアクセス方法と利用料金、予約方法と混雑状況を徹底解説!キャンプサイトでの楽しみ方や、温泉やスーパー等の周辺施設についても紹介しています。

関連するキーワード

キャンプ場ランキング

人気ランキング

話題のキーワード