10月にキャンプする時のポイントまとめ!服装や必要な道具は?

お気に入りに追加

10月にキャンプをする時のポイントを徹底調査しました。10月のキャンプの服装選びのポイント、結露対策や冷気対策についても詳しく解説します!10月のキャンプに必要な服装や道具についても紹介しているので、参考にしてください。

10月にキャンプする時のポイントまとめ!服装や必要な道具は?

目次

  1. 10月にキャンプする時のポイントを解説!
  2. 10月にキャンプする時のポイント
  3. 10月のキャンプにおすすめの服装と道具
  4. 10月のキャンプに必要な服装や道具を揃えよう!

10月にキャンプする時のポイントを解説!

キャンプ
秋のキャンプは空気も澄んでおり、気持ちよくキャンプを楽しめます。しかし、10月のキャンプは朝晩の寒暖差が激しく、服装選びや道具選びに迷う方も多いでしょう。
本記事では、10月にキャンプをするときのポイントを解説します。10月のキャンプにおすすめの服装や道具も紹介しているので、参考にしてください。

10月にキャンプする時のポイント

ポイント①重ね着をする

ばっちり服装で登山
9月~10月の秋キャンプは、朝晩の気温差が大きいため、重ね着が基本です。薄いウエアから厚みのあうアウターまで、数枚を用意しておきましょう。
寒いからと着込みすぎると、気温が上がった際に深いに感じることもあります。重ね着する際は、簡単に着脱できるアイテムを用意しましょう。ダウンはコンパクトサイズに収納できるものがおすすめです。

ポイント②結露対策をする

冬キャンプ
寒暖差のある10月のキャンプでは、結露対策もしっかりと行う必要があります。10月のキャンプは、冷え込むため暖房器具を使用する方も多いでしょう。しかし、暖房器具を使用した場合、結露が発生します。
結露対策のためにも、テントはコットン製の結露しにくいものがおすすめです。喚起をこまめに行うことも、結露対策になります9月~10月の秋キャンプには、結露はつきものです。あらかじめ結露をふき取れるものを用意しておきましょう。

ポイント③冷気対策も重要

冬キャンプ
10月のキャンプは、寒さ対策も重要です。服装だけでは、どうにもならにほど寒いこともあるでしょう。服装だけでは対応できないときは、暖房器具がおすすめです。
北海道のキャンプ場は秋でも、非常に冷え込みます。そのため、ストーブも持参しておきたいところです。他にも、カイロなどの小物を用意しておき、手足や足先が冷えないようにしておきましょう。

10月のキャンプにおすすめの服装と道具

ハスキー Anapurna シュラフ

出典: 楽天市場
ハスキー
Anapurna シュラフ
16,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る
極寒地帯でも認められている寝袋

ハスキーのシュラフは極寒の地でも使用できるほど、防寒性に優れています。寒い秋キャンプでも、大活躍するでしょう。ふかふかの布団のような寝心地で、顔周りに入っているドローコードで、温度やフィット感を調整できます。
撥水加工が施された、破れにくい生地を使用しているため、キャンプやアウトドアにおすすめです。洗濯ネットに入れることで、洗濯機で丸洗いできます。

サイズ 横幅80cm×縦200cm
重量 2.2キロ
女性
女性

秋キャンプには必須の持ち物

評価:

9月のキャンプで利用しました。夜は寒い時期でしたが、お陰様でよく寝られました。

Coleman インフレーターマット

出典: 楽天市場
Coleman
インフレーターマット
12,200円(税込)
快適な寝心地を実現

5cmの厚さがあり、快適に眠れるインフレーターマット。秋のキャンプでは、冷気対策としても利用可能です。ふかふかのマットは寝心地抜群で、キャンプの夜も快適に睡眠がとれます。

サイズ 63×195×5cm
重量 3.5kg
素材 ポリエステル、ポリウレタンフォーム
30代/男性
30代/男性

品質も良くて満足

評価:

程よい分厚さで寝心地も抜群です。何度使ってもほつれてこないので重宝してます。

ザ・ノースフェイス ヌプシブーティー

出典: 楽天市場
ザ・ノースフェイス
ヌプシブーティー
13,000円(税込)
楽天市場で詳細を見る
高いデザイン性と機能性を誇る

幅広いサイズ展開で、男女兼用のショートブーツです。高い防寒性と氷上でも滑りにくいグリップ性が高く評価されています足先の冷えを防げるため、10月のキャンプにもおすすめです。

サイズ 23cm~29cm
30代/女性
30代/女性

デザインが良い

評価:

デザインが気に入って購入しました。足先が冷えることなく、冬にも活躍しそうです。

コロンビア フリースジャケット

出典: 楽天市場
コロンビア
フリースジャケット
19,305円(税込)
楽天市場で詳細を見る
秋冬の人気定番アイテム

人気アウトドアブランド、コロンビアの秋冬の人気定番アイテムです。冷たい風から身を守り、ウエア内にこもった蒸れも放出してくれます。重ね着した際も、腕の動きもスムーズにできるように設計されています。

サイズ S~XL
50代/男性
50代/男性

とても暖かい

評価:

とても暖かくて良いですが、他のXLに比べると少しキツイと感じました。

10月のキャンプに必要な服装や道具を揃えよう!

キャンプ
10月のキャンプをする時のポイントを紹介しました。10月のキャンプは想像以上に冷え込むため、防寒性に優れた服装や道具を準備する必要があります。
また、秋のキャンプは結露がつきものです。そのため、結露対策ができる持ち物を持参してください。本記事を参考に、10月のキャンプに必要な服装や道具を揃えましょう!
shiori

この記事のライター

shiori

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

熾火にしてからの調理がおすすめ!作り方やおすすめ料理も紹介!

キャンプ知識

熾火にしてからの調理がおすすめ!作り方やおすすめ料理も紹介!

キャンプでの熾火の作り方やコツをまとめました。キャンプ料理に欠かせない熾火の上手な作り方や、その意味について詳しく説明します。熾火や焚き火で作るおすすめの料理や薪の処分方法も同時に紹介しているので、キャンプでバーベキューをする時の参考にしてください。

キャンプでお座敷スタイルがおしゃれ!作り方やデメリットもチェック

キャンプ知識

キャンプでお座敷スタイルがおしゃれ!作り方やデメリットもチェック

キャンプで人気のお座敷スタイルについて紹介します!お座敷スタイルのメリットやデメリットを徹底解説するので、お座敷スタイルが気になっていた方はぜひ参考にしてください。あわせて、お座敷スタイルのレイアウトやおすすめアイテムもピックアップするので、必見です。

ドラム缶で焚き火台をDIY!違法にならないための注意点も!

キャンプ知識

ドラム缶で焚き火台をDIY!違法にならないための注意点も!

キャンプで焚き火をする際に必要な焚き火台を、ドラム缶で自作する方法を紹介!廃棄ドラム缶を使えばエコにもなり、また、使い勝手よくDIYすれば、オリジナリティあふれる焚き火台ができあがりますよ。自作する際のコツや違法とならないための注意点をまとめました。

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

キャンプ知識

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造する方法を解説します。ベッドや作業台、目隠し・収納、カーテンなど、ハイラックスサーフをお好みの仕様にカスタムする方法についてまとめました。ハイラックスサーフを改造して、車中泊キャンプをより満喫するための参考にしてください。

ブッシュクラフトは違法?許可は必要か・場所の探し方もチェック

キャンプ知識

ブッシュクラフトは違法?許可は必要か・場所の探し方もチェック

ブッシュクラフトが違法になる可能性を解説します。アウトドアでブッシュクラフトを行う場合、どういった場所では違法になるのか確認しましょう!ブッシュクラフトができる場所や探し方のテクニックを参考にして、ルールを守った上で行ってください。

関連するキーワード

キャンプ知識ランキング

人気ランキング

話題のキーワード