炭の保管はどうしたらいい?キャンプ時に覚えておきたい便利な知識

お気に入りに追加

炭を上手に保管するための方法を解説していきます。炭の保管方法には密閉容器に入れたり、乾燥剤を使用、火消壺などありますので、それぞれの方法を詳しく紹介!その他にも、炭の使い方や活用方法などキャンプ時に役立つ便利な知識をまとめました。

炭の保管はどうしたらいい?キャンプ時に覚えておきたい便利な知識

目次

  1. 炭の保管や使い方を紹介!
  2. 炭の保管方法と注意点
  3. 炭の使い方と活用方法
  4. 炭の保管方法を覚えておこう!

炭の保管や使い方を紹介!

炭

自然の中でバーベキューをしたり焚き火をしたり。炭はキャンプの必需品です。そんな炭を安全に・上手に保管する方法を紹介します。保管方法によっては炭を無駄なく長期保管でき、また、炭には便利な活用方法があります。

炭の保管方法と注意点

炭の保管方法

炭を購入したまま持参する時は、ケースでなく、ダンボールの中のビニールに入って保管されていることが多いです。炭の保管にはいくつかの注意点があります。
長期保管する上での大前提は、湿気から守ることです。保管場所をベランダにするのか、物置にするのか。密閉できるケースを使うのか、大きさを自在にできる土嚢袋や麻袋を使うのか。
上手に保管することにより長期間保管することができます。きちんと湿気対策をすれば、ベランダであれ倉庫であれ屋外であれ保管可能です。
キャンプに行く際の持ち運び方も工夫できます。ソロキャンプでコンパクトに運びたい時は、100均にも売っているランチバッグ(内側がアルミ製のもの)や耐水バッグを使用すると、場所をとらずにスマートです。安全に再利用するのであれば火消し壺を使います。
 

炭を扱う時の注意点①湿気

水
炭には、多孔質と呼ばれる、無数の孔(あな)(多孔質)が空いています。この孔で様々な物質を吸着する特性があります。
水分も吸着するので、保管する場所は湿気がないところを選びます。湿気を含んだ炭でバーベキューや焚き火をすると炭が爆発することがあるので注意してください。密閉できるプラスチックケースや乾燥剤は100均で容易に揃える事ができます。

炭を扱う時の注意点②においの吸着

におい

炭の多孔質と呼ばれる性質で、におい物質の吸着もできます。注意したいのは、消臭目的に利用していた炭を再利用しないことです。たくさんのにおい物質を吸着した炭を燃やすと悪臭を放つことがあります。バーベキューをする時に炭から異臭がしたらとても残念です。

炭を扱う時の注意点③火が消えたことを確認する

消火した炭火
キャンプで炭を使用した後、より早く安全に消火・保管するには、火消し壺を使用する方法があります。一度使用した炭はより燃焼しやすい炭となり、再利用することもできます。
水で炭の火を消すには思ったよりも時間がかかります。また、やけどの危険性もあります。火消し壷を使えば安全に持ち運ぶことができます。 様々なメーカーでお気に入りをみつけてもいいかもしれません。100均で自作する人もいるようです!

炭の使い方と活用方法

炭の正しい使い方

炭でバーベキュー
炭には吸湿効果・消臭効果・水質向上・土壌改善などが期待でき、自宅でも簡単にその効果を利用することができます。
炭を使った消臭剤や、風呂や米を炊くときの水に入れるような商品が販売されているのも、その効果を利用しています。サプリも販売されているので、体にいい事が見て取れるでしょう。

炭の活用方法①消臭剤

炭の種類により、より消臭効果を高めることができます。  竹炭や黒炭は酸性の性質を持ちます。アルカリ性のにおい物質を吸着しやすいため、トイレ・クローゼットの消臭に期待できます。
白炭はアルカリ性の性質を持ちます。酸性物質を吸着しやすいため、下駄箱の消臭に効果があります。

炭の活用方法②お米を炊く

おいしいごはん食べたい!

炭の遠赤外線効果により、米全体にくまなく熱が広がり、うまみの出たふっくらとしたごはんが炊きあがります。また、その後の保温効果も期待できます。

炭の活用方法③土に混ぜる

ガーデニングに!
炭を土に砕いてまぜることで、土壌改良の効果を発揮します。炭の孔が微生物のすみかとなります。土の保湿性・浸水性を高め、根腐れを防止し、植物の生育を助けます。ナメクジ対策にもなります。
庭の土壌改善はもちろんのこと、ベランダ菜園にも利用できそうです。

炭の保管方法を覚えておこう!

炭を使って楽しい生活を!

炭には様々な利用法があり、どれもすぐに実践できそうなことばかりですよね。炭の保管方法を覚えておくことで長期保管し、キャンプはもちろんのこと、自宅での利用も積極的にしていきたいですね!

社会福祉士ママ

この記事のライター

社会福祉士ママ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

熾火にしてからの調理がおすすめ!作り方やおすすめ料理も紹介!

キャンプ知識

熾火にしてからの調理がおすすめ!作り方やおすすめ料理も紹介!

キャンプでの熾火の作り方やコツをまとめました。キャンプ料理に欠かせない熾火の上手な作り方や、その意味について詳しく説明します。熾火や焚き火で作るおすすめの料理や薪の処分方法も同時に紹介しているので、キャンプでバーベキューをする時の参考にしてください。

キャンプでお座敷スタイルがおしゃれ!作り方やデメリットもチェック

キャンプ知識

キャンプでお座敷スタイルがおしゃれ!作り方やデメリットもチェック

キャンプで人気のお座敷スタイルについて紹介します!お座敷スタイルのメリットやデメリットを徹底解説するので、お座敷スタイルが気になっていた方はぜひ参考にしてください。あわせて、お座敷スタイルのレイアウトやおすすめアイテムもピックアップするので、必見です。

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

キャンプ知識

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造する方法を解説します。ベッドや作業台、目隠し・収納、カーテンなど、ハイラックスサーフをお好みの仕様にカスタムする方法についてまとめました。ハイラックスサーフを改造して、車中泊キャンプをより満喫するための参考にしてください。

ドラム缶で焚き火台をDIY!違法にならないための注意点も!

キャンプ知識

ドラム缶で焚き火台をDIY!違法にならないための注意点も!

キャンプで焚き火をする際に必要な焚き火台を、ドラム缶で自作する方法を紹介!廃棄ドラム缶を使えばエコにもなり、また、使い勝手よくDIYすれば、オリジナリティあふれる焚き火台ができあがりますよ。自作する際のコツや違法とならないための注意点をまとめました。

野宿旅の必須アイテムを紹介!選び方やあると便利なお役立ち道具も!

キャンプ知識

野宿旅の必須アイテムを紹介!選び方やあると便利なお役立ち道具も!

野宿旅で使いたい便利な道具やアイテムの選び方について紹介します。バイクや自転車などで巡る旅は、自分らしい旅のスタイルができるため憧れる人も多くいます。キャンプとは一味違う野宿旅は、不便なことも多いので持ち物に注意が必要です。この記事では、野宿旅に適したアイテムや選び方がわかります。

関連するキーワード

キャンプ知識ランキング

人気ランキング

話題のキーワード