台風の時はキャンプを中止・予約キャンセルすべき?風と雨の対策も!

お気に入りに追加

雨風の強い台風の時、キャンプは中止・予約キャンセルするべきなのかについて解説します。キャンセル料や予想される事故、キャンプを行う際の風と雨のテント対策やコテージについても少し説明していますので、台風時のキャンプでお困りの際はぜひ参考にしてください。

台風の時はキャンプを中止・予約キャンセルすべき?風と雨の対策も!

目次

  1. 台風時のキャンプの対処方法を紹介!
  2. 台風の時はキャンプを中止すべき!キャンセルの有無は?
  3. キャンプする時の雨風対策
  4. 台風時のキャンプはとても危険!

台風時のキャンプの対処方法を紹介!

キャンプ
状況によっては、台風でもキャンプができるのではないかと判断する人もいます。しかし、台風は予測不能なことから不安になる気持ちもあるはずです。
そんな人のために台風時のキャンプの対処法について掘り下げていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

台風の時はキャンプを中止すべき!キャンセルの有無は?

台風が直撃する場合は、キャンプを中止するべきだと判断する人がほとんどです。しかし、多少の雨風の場合やコテージに宿泊する場合、キャンセルするべきなのか判断がつかないことも。
そのため、ここからは中止するべき理由やキャンセルの有無、キャンセル料について掘り下げていきます。事故が起きる危険性についても触れているため、キャンセルするべきか迷っているという人はそちらも要チェックです。

テントやタープが破損する

雨あがりの朝のキャンプ場
テントやタープは多少の風で壊れてしまうことはありません。しかし、台風となると風が強く、破損してしまう可能性が高まります。
テントやタープが破損してしまうと雨が入ってきて、中止せざるを得なくなる場合もあるでしょう。風が強すぎる場合は破損した部品で怪我をする危険性もあります。

倒木の可能性がある

木
風が強い場合、倒木の危険性も否定できません。特にキャンプ場は自然に囲まれている場合が多く、近くに木があると倒木に巻き込まれてしまう可能性が高まります。
倒木に巻きこまれると大怪我をしてしまうため、木が倒れてしまうほど風が強い場合はキャンプを中止することが大切です。

ベテランキャンパーでも要注意

雨キャンプをしている様子
長年キャンプをしている人なら、多少の雨風なら台風でもキャンプができると判断することもあるでしょう。
しかし、台風時のキャンプはベテランキャンパーでも注意が必要です。なぜなら、開始時はそれほど雨風が強くない場合でも時間の経過とともに雨風が激しくなる可能性があるからです。

キャンセルはできる?

キャンセル
上記で述べたように、台風時のキャンプは事故に巻き込まれる危険性が極めて高いです。しかし、台風が直撃すると判明した後、予約のキャンセルは行えるのでしょうか。
答えはイエスです。中には危険性を考慮してキャンプ場自体が閉場することもあります。
また、台風の場合は予約のキャンセル料を下げてもらえることも。そのため、キャンセル料が気になってしまう人は各HPをチェックしましょう。

キャンプする時の雨風対策

台風の場合でもキャンプ場が閉場しないことから、キャンプを行う予定だという人もいることでしょう。その際は普段の行っているキャンプとは別に、雨風の対策を行う必要があります。ここからは台風時の雨風対策について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

雨風に弱い場所を避ける

キャンプ
テントやタープを設置する場合は、雨風に弱い場所を避けるようにしてください。木々や遮るものがない場所だと雨風の影響を直接受けてしまいます。
ただし、風が強すぎる場合は倒木の事故に巻き込まれる可能性もあるでしょう。
そのため、キャンプを行う場合は極力風を遮れる林間サイトを利用してください。また、テントやタープに不安がある場合はコテージの利用もおすすめです。

テントの設営を工夫する

テント
通常のテント設営だと雨風によって破損してしまう可能性があるため、設営の際に工夫をしましょう。
入口は風上に向かないようにしたり、 しっかりと地面に埋め込むことのできる鋳造ペグの利用がおすすめです。タープは低く設営するか、状況によっては諦めることも大切です。

片付けや撤収作業の対策も重要

コテージ
料理で焚火を行う場合、片付けを行わずに寝てしまうという人もいます。しかし、台風の場合は片付けや撤収作業の対策も重要。
特に、風で飛んでしまうような小さい荷物はしっかりと片付けましょう。コテージの場合は雨風の影響を受けません。そのため、片付けや撤収作業の不安があるのであれば初めからコテージを利用するのもおすすめです。

台風時のキャンプはとても危険!

雨のキャンプ場
キャンプ非日常感を楽しめる趣味として人気があります。中にはせっかく予約したのだから台風でも中止したくないと考えている人もいるでしょう。しかし、台風時のキャンプは事故の巻き込まれることもあるためとても危険です。
そのため、台風の日とキャンプの予約日が被ってしまう場合は、できるだけキャンセルすることをおすすめします。キャンプを行う場合でも、細心の注意を払うようにしてください。
すうこ

この記事のライター

すうこ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

焚き火で煙が出る理由と対策は?煙や匂いを気にせず楽しめるアイテム!

キャンプ知識

焚き火で煙が出る理由と対策は?煙や匂いを気にせず楽しめるアイテム!

焚き火で煙が出る原因と対策についてまとめています。煙が出る理由となる薪の水分や燃焼温度、対策方法や薪の組み方について詳しく解説。さらに煙や匂いが少ないオススメの焚き火台も厳選して紹介しますので、焚き火をもっとうまくなりたい人はぜひ読んでください。

ブッシュクラフトは違法?許可は必要か・場所の探し方もチェック

キャンプ知識

ブッシュクラフトは違法?許可は必要か・場所の探し方もチェック

ブッシュクラフトが違法になる可能性を解説します。アウトドアでブッシュクラフトを行う場合、どういった場所では違法になるのか確認しましょう!ブッシュクラフトができる場所や探し方のテクニックを参考にして、ルールを守った上で行ってください。

ドラム缶で焚き火台をDIY!違法にならないための注意点も!

キャンプ知識

ドラム缶で焚き火台をDIY!違法にならないための注意点も!

キャンプで焚き火をする際に必要な焚き火台を、ドラム缶で自作する方法を紹介!廃棄ドラム缶を使えばエコにもなり、また、使い勝手よくDIYすれば、オリジナリティあふれる焚き火台ができあがりますよ。自作する際のコツや違法とならないための注意点をまとめました。

熾火にしてからの調理がおすすめ!作り方やおすすめ料理も紹介!

キャンプ知識

熾火にしてからの調理がおすすめ!作り方やおすすめ料理も紹介!

キャンプでの熾火の作り方やコツをまとめました。キャンプ料理に欠かせない熾火の上手な作り方や、その意味について詳しく説明します。熾火や焚き火で作るおすすめの料理や薪の処分方法も同時に紹介しているので、キャンプでバーベキューをする時の参考にしてください。

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

キャンプ知識

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造する方法を解説します。ベッドや作業台、目隠し・収納、カーテンなど、ハイラックスサーフをお好みの仕様にカスタムする方法についてまとめました。ハイラックスサーフを改造して、車中泊キャンプをより満喫するための参考にしてください。

関連するキーワード

キャンプ知識ランキング

人気ランキング

話題のキーワード