冬のソロキャンプ必須アイテムと注意点!思いっきり楽しむ方法も!

お気に入りに追加

冬のソロキャンプに必要なアイテムはどのようなものがあるのか、商品紹介も交えて紹介していきます。冬のソロキャンプで注意する点も合わせて解説!冬のソロキャンプを目いっぱい楽しむ方法もまとめているので、参考にしてみてください。

冬のソロキャンプ必須アイテムと注意点!思いっきり楽しむ方法も!

目次

  1. 冬のソロキャンプの過ごし方を紹介!
  2. 冬のソロキャンプの魅力
  3. 冬のソロキャンプのポイント・注意点
  4. 冬のソロキャンプに必須な装備・アイテム
  5. 冬のソロキャンプの楽しみ方
  6. 冬のソロキャンプの過ごし方まとめ

冬のソロキャンプの過ごし方を紹介!

冬にソロキャンプをしている人
ソロキャンプは今や男性のみならず、女子の間でも流行っています。ソロキャンプの中でも少々難易度が高いとされているのが、冬のソロキャンプです。
冬のソロキャンプに挑戦したいという方も少なくないでしょう。暖房の無い中で、どのような装備でどのような道具を持って行けば良いのか?といった気になるポイントを解説していきます。

冬のソロキャンプの魅力

冬キャンプの魅力①人が少なく静か

冬のキャンプ風景

冬のソロキャンプの魅力として、人が少ないことが挙げられます。マイペースにご飯を作ったり、周りの目を気にすることなく過ごすことができるでしょう。女子のソロキャンプも人が少ないため危険に感じますが、夏場よりも安心して過ごせるという方も多いです。

冬キャンプの魅力②虫が少ない

冬の雪の中でテントが立っている様子
キャンプは好きだけど虫は苦手という方も多いですが、冬のソロキャンプでは虫との出会いがほとんどありません。
虫が苦手な女子も多いので、女子もキャンプがしやすい空間となっています。ランタンに虫が寄ってくることも少ないので、夜も安心して過ごせるでしょう。

冬キャンプの魅力③中上級のキャンパーが多い

冬のソロキャンパーの後ろ姿

初心者の方はなかなか難易度が高いと思われる冬のソロキャンプですが、やはり中上級者のキャンパーが多いと感じるでしょう。初心者の方は中上級者のキャンパーの装備や使っている道具を見て、次回から活かせるようにしてみると良いです。

冬のソロキャンプのポイント・注意点

①一酸化炭素中毒に注意

冬のソロキャンプでは暖房器具として、火を使ったストーブを使用することが多いです。暖房器具のストーブになるため、外で使用することが少ないでしょう。
テントやタープ内で使用することで、煙が充満して一酸化炭素中毒になる可能性があります。暖房器具としてストーブを使用するのは良いですが、煙が充満しないように換気を行ないながら使いましょう

②ペグ対策

キャンプのテントに使用するペグ
ペグはキャンプに欠かせない道具の一つになり、テントやタープを張るのに使用します。しかし、冬のソロキャンプでは地面が凍結していた場合、ペグがささらない可能性があります
そのようなときは、重りを乗せてロープを張ることができるように、重りを用意しておくと良いです。

③水の準備

冬のソロキャンプで見落としがちなポイントが、水の用意です。寒い地域でキャンプをする場合、冬季は水道の使用ができなかったり、凍結している可能性があります。そのため、自分で水を用意して持って行くのが良いでしょう。

④テントの結露対策

冬の雪の中に設置されたテント
冬のソロキャンプで対策したいのが、結露です。タープを持っている方は、タープの中央にテントを移動させて夜を越すようにしましょう。
タープを持っていない場合は、テントの中央にシュラフを移動させるのが良いです。そうすることにより、シュラフが結露で濡れるのを抑えることができます。

⑤外・地面からの冷気対策

冬の雪の中に建てらたテント
冬のソロキャンプで一番冷えるのが、就寝時間となる深夜です。暖房道具はテント内に入れられないので防寒対策をしていないと、寒くて眠ることができないため防寒対策は必要不可欠です。
冷気はテント外はもちろん、地面からも伝わってきます。夏キャンプのように直寝は禁物になるので、必ずテント内のマットなどで対策を行ないましょう

冷気対策におすすめのアイテム

出典: 楽天市場
アルミ遮熱シート
600円(税込)
楽天市場で詳細を見る
テント内に冷気を入れない

アルミシートは一つ持っておくと便利なアイテムです。地面の冷たさを遮断できるので、テント内の暖かさを保つことができる道具です

サイズ 1m×1m
厚さ 4mm
重量 242g
耐熱温度 ー40~75度
50代/女性
50代/女性

さすが業務用!

評価:

すごくしっかりした製品です。4mmの厚さ、侮れません!良い物をみつけました。

冬のソロキャンプに必須な装備・アイテム

必須のアイテム・装備①テント

出典: 楽天市場
Ozark(オザークトレイル)
1人用テントコット
29,980円(税込)
楽天市場で詳細を見る
地面からの冷気をシャットアウト!

こちらの商品は地面に触れていないことから、冷気を遮断することができます。ソロキャンプで寝るだけにテントを利用するのであれば、十分な大きさといえるでしょう。
冬だけではなく夏場でも快適に使用ができるので、年中活躍するアイテムといえるでしょう。

サイズ 252×183×153cm
重量 約15kg
テントはソロキャンプに欠かせないアイテムです。冬のキャンプで使用するテントは、防水性が高い商品を選ぶと長持ちします
商品紹介にあるように、地面から浮いているテントは地面からの冷気を逃がすことができるでしょう。そのため、ソロキャンパーに人気の商品となっています。
女子のソロキャンプの場合は、2名分ほどのテントに男物の靴を外に置いておくのがおすすめ。防犯対策になるので、女子のソロキャンパーは参考にしてみてください。
20代/男性
20代/男性

意外にも広々とした空間

評価:

1人用とありますが、実際広げると2人でもいけるんじゃないって言うくらい広いです。 設営に掛かる時間は、ワンタッチテントと比べると流石に遅いですが、それでも設営に掛かる時間は短いです(10分~15分くらいかな?)

必須のアイテム・装備②スクリーンタープ

出典: 楽天市場
QUICKCAMP(クイックキャンプ)
スクリーンタープ
14,690円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
ソロキャンプでも大きめのタープがおすすめ

ソロキャンプになると小さめのタープを探しがちですが、大きめのタープにすることで、テントを中に入れることができます
ワンタッチで設営のできるタープであれば、サイズが大きくても一人で設置ができるでしょう。

サイズ 300×300×210cm
重量 約7.3kg
50代/女性
50代/女性

女性でも簡単設営!

評価:

女性一人でも簡単に組み立て られる物を優先しました。不器用で初めてのテント張り。YouTuber参考に一人で設置する事が出来ました。ペグを購入しましたが 今の所使用しなくて大丈夫かなっと 言った所です。

冬のソロキャンプではテントの結露防止や、常に外気から身を守るためにもタープは必要な道具といえるでしょう。タープ内でご飯を食べたりなどできるので、初心者のソロキャンパーの方は特に準備すると良いアイテムです。
朝方のテントが結露する事態を招かないためにも、テントより一回りもしくは二回り大きいサイズのタープを選ぶのがおすすめ。就寝時はタープ内にテントを入れて過ごしてください。これは女子キャンプの防犯対策にも繋がるので、取り入れてみましょう。

必須のアイテム・装備③暖房器具・ストーブ

出典: 楽天市場
ネイチャーストーブ
1,980円(税込)
楽天市場で詳細を見る
冬のソロキャンプには欠かせない防寒道具!

コンパクトなサイズ感でソロキャンプにぴったりのストーブ。簡単に火をおこすことができるので、ソロキャンプが初心者の方でも扱いやすい商品です。

サイズ 13.5×16cm
重量 約360g
男性
男性

ソロキャンプにちょうど良いサイズ感

評価:

ソロで使うには丁度良いサイズですね! コンパクトで持ち運び楽です。

暖房器具となるストーブも、冬のソロキャンプには必須のアイテムになります。暖房の役割をするストーブは火をたくものが多いです。そのため、就寝時にはストーブの火を消すなどして、火事対策を行なってください。
テントなどの密閉空間で暖房となるストーブをたいてしまうと、一酸化中毒の恐れもあります。暖房器具として使えるストーブですが、時には危険を伴いますので注意しましょう。

必須のアイテム・装備④焚き火台

出典: 楽天市場
DOD(ディーオーデイー)
秘密のグリルちゃん
5,200円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
収納時はポケットに入るサイズ感

冬のソロキャンプはできるだけ荷物を少なくしたいと考える方は、焚き火台もコンパクトなものを選びましょう。
こちらの商品は収納時はポケットに入るほどコンパクトにしまえるので、ソロキャンプのお供として最適な焚き火道具です。

サイズ 34cm 34.5cm 19.5cm
重量 約610g
男性
男性

持ち運びが便利で大活躍

評価:

コンパクトになるため、持ち運びに便利です。メッシュの下スペースも調理に利用できるため、同じメッシュの他製品にはできない使い方が可能で便利だと思います。

冬のソロキャンプでは暖を取ったりご飯を作るのに欠かせない、焚き火台も必須道具といえるでしょう。ご飯を作る際の調理道具も合わせて、セットで用意しておくと良いです。
キャンプでご飯作りを楽しみたい方は、調理に向いている焚き火台を選んでください。五徳の有無や焼き網を乗せることができるのか?など、作りたいご飯に応じた機能がある商品を選びましょう。

必須のアイテム・装備⑤マット・ホットカーペット

出典: 楽天市場
thermarest(サーマレスト)
リッジレストソーライト
3,520円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
暖かさを感じながら過ごすことができる優秀アイテム

こちらのマットはアルミの蒸着加工が施されているので、保温性が高い製品の一つです。へたりも感じないほどの耐久性があるので、冬のソロキャンプを目いっぱい楽しみたい方におすすめの商品といえるでしょう。

サイズ 51×122cm
重量 約260g
30代/男性
30代/男性

丸めるとコンパクトになって便利

評価:

折りたたみと悩みましたが、車に積んでおく用に買ったので寒くないようにこちらを購入しました。丸めるとこちらもすごく小さくなります。

冬のソロキャンプに慣れている方であれば、どれくらいの防寒をすれば良いのかインプットされているでしょう。しかし、初心者の場合は寒さの基準が意外にも低いとされています。そのため、初心者のソロキャンパーは夜の寒さに耐えられなかったとこぼす方も多いです。
夜の就寝に必須のアイテムとして、マット類が挙げられます。テント用マットは厚みのあるものを選び、冷気を寄せ付けないようにしましょう。初心者の方でもマットを用意することで、寒さがしのげるためおすすめです。

必須のアイテム・装備⑥カイロ・湯たんぽ

出典: 楽天市場
アイリスオーヤマ
カイロぽかぽか家族
4,580円(税込)
楽天市場で詳細を見る
12時間温かさが持続して便利

カイロにはさまざまな種類がありますが、こちらは貼るタイプのものです。冬のソロキャンプは身体が芯から冷える可能性があるので、貼るタイプで直に身体を温めましょう

枚数 30個×8箱
平均温度 53度
持続時間 12時間
男性
男性

温かさが持続する!

評価:

とても使いやすい。暖かさは一日もつ。満足しています。

カイロや湯たんぽは、寒い日に暖が取れる定番のアイテムです。身体が冷える前に、カイロなどで身体を温めておくことが重要。冷えてしまってからでは遅いので、あらかじめ温めておきましょう。

必須のアイテム・装備⑦寝袋(シュラフ)

出典: 楽天市場
Bears Rock(ベアーズロック)
ふわ暖light
3,850円(税込)
楽天市場で詳細を見る
頭まで冷えを寄せ付けない

入った瞬間に温かさを感じられるこちらのシュラフは、冬のソロキャンプに欠かせないアイテムです。
女子のソロキャンプでもシュラフにこだわる方が多く、中でも冬のソロキャンプは睡眠が重要事項にもなります。そのため、暖かさを重視したシュラフで冬の夜を乗り切りましょう。

サイズ 230×80cm
重量 約1.35kg
男性
男性

入った瞬間から温かさが伝わる

評価:

サラサラで、入った瞬間にほんわかと温かくて、とても気持ちいいです。

シュラフは特に初心者の方には、厳選して選んでほしいアイテムです。冬のソロキャンプは思っている以上に極寒の可能性があります。口コミなどを見て、絶対に暖が取れるであろう製品を購入して、冬のキャンプに出掛けてください。

必須のアイテム・装備⑧防寒服

出典: 楽天市場
LAD WEATHER(ラドウェザー)
防寒ジャケット
8,820円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
人気ブランドの優秀アウター

ラドウェザーは人気のファッションブランドになり、そこで展開されている防寒ジャケットは優秀であるという声が多く挙がっています。
裏地にはアルミ加工がされているので、身体から出た熱を逃がすことなくとどめておくことができます。

サイズ S~XXL
50代/男性
50代/男性

真冬でも温かく過ごせるアウター

評価:

これがあれば、真冬でも下はТシャツで十分なくらい温かいアウターです。体格は、164・68の小太り体系ですがMサイズでちょうどよいです。ゆったり目だとLサイズですかね。

冬のソロキャンプが初心者の方は、衣類から揃えていくのも有りです。慣れている人であれば防寒対策の取れる衣類は、必ず持ち合わせているでしょう。初心者の方は意外にも見落としがちなので、動きやすくて尚且つ暖が取れるアウターなどをチェックしてみてください。

必須のアイテム・装備⑨防寒靴

出典: 楽天市場
HI-TEC(ハイテック)
スノーシューズ
3,780円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
足先まで暖かさをキープ!

こちらの商品はスノーシューズになりますが、冬のソロキャンプにおすすめの商品になります。
スノーシューズは防寒性が高いので、冷えることが多い足先をしっかりと保護することができるでしょう。

サイズ 23.5~29.0cm
40代/男性
40代/男性

冬用の靴として最適な温かさ

評価:

冬用の暖かい靴を探していた時に見つけて、ライトベージュを購入。他の方のレビューで1センチアップが良いとあったのですが、品切れで0.5センチアップにしたところ、厚手の靴下でなければ、ピッタリな感じです。

冬のキャンプでは山に行く方も多いでしょう。突然雪が降る可能性もあるので、防寒靴としてスノーシューズを選択するのがおすすめ。
スノーシューズは雪への対策が抜群なので、足先を冷やすことなく防寒対策ができます。

冬のソロキャンプの楽しみ方

楽しみ方①焚き火や料理を楽しむ

冬の雪の中で焚き火をしている様子
冬のソロキャンプはゆっくりとした時間が過ごせるので、焚き火を眺めたりキャンプ飯を楽しんでみてください。キャンプ飯はさまざまなものに挑戦することで、技術も一緒に上がること間違いなし。
ご飯を炊くところから始めて、いろいろなキャンプ飯で一人の時間を有意義に過ごしましょう。一人用のキャンプ飯はおつまみのようにいくつも作って、ちょこちょこ食べるのもおすすめ。今や多くのキャンプ飯のレシピが展開されているので、挑戦してみてください。

楽しみ方②編み物をする

冬のキャンプでテント内に座っている
女子のソロキャンプで多いのが、編み物をして過ごすことです。女子力向上にもつながりますし、気付いたら時間が経っていたという声も少なくありません。
女子のソロキャンプは危険も伴うので、なるべくすぐにでも他の行動に移れるような楽しみ方を取り入れるのが良いでしょう。編み物女子は流行っているので、この機会に編み物に触れて女子力をアップさせてみてはいかがでしょうか?

楽しみ方③自然や星空を楽しむ

冬の空にオーロラが出ている様子

冬は空気が澄んでいるので、星空がよく見えます。また、夏とは違った自然の美しさを感じることもできるでしょう。中でも山でソロキャンプをする場合は、周りに灯りがないことから見上げると満点の星空が浮かぶでしょう。

楽しみ方④温泉を楽しむ

キャンプ場の近隣には、温泉が湧いていることが多々あります。あらかじめ、温泉がある施設を探しておくと良いです。帰宅時に温泉につかるという方が多いです。

楽しみ方⑤雪遊びを楽しむ

冬の雪の中でスキーをしている様子

冬のソロキャンプでは雪が積もることも視野に入れて、キャンプ場に足を運びましょう。雪が積もっているのであれば、雪を取り入れた楽しみ方もあります。なかなか大人になるとできない雪遊びを、ソロキャンプで目いっぱい楽しんでみるのも良いでしょう。

冬のソロキャンプの過ごし方まとめ

冬の雪の中にたつテント

冬のソロキャンプは現在人気度が上昇しており、中上級者のみならず初心者の方も挑戦しています。冬のソロキャンプの楽しみ方は人それぞれですが、有意義な時間を過ごせるようにしてみてください。

ソロキャンプが楽しすぎる人続出!一人で過ごす魅力に迫る!

あわせて読みたい

ソロキャンプが楽しすぎる人続出!一人で過ごす魅力に迫る!

N.R

この記事のライター

N.R

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

熾火にしてからの調理がおすすめ!作り方やおすすめ料理も紹介!

キャンプ知識

熾火にしてからの調理がおすすめ!作り方やおすすめ料理も紹介!

キャンプでの熾火の作り方やコツをまとめました。キャンプ料理に欠かせない熾火の上手な作り方や、その意味について詳しく説明します。熾火や焚き火で作るおすすめの料理や薪の処分方法も同時に紹介しているので、キャンプでバーベキューをする時の参考にしてください。

キャンプでお座敷スタイルがおしゃれ!作り方やデメリットもチェック

キャンプ知識

キャンプでお座敷スタイルがおしゃれ!作り方やデメリットもチェック

キャンプで人気のお座敷スタイルについて紹介します!お座敷スタイルのメリットやデメリットを徹底解説するので、お座敷スタイルが気になっていた方はぜひ参考にしてください。あわせて、お座敷スタイルのレイアウトやおすすめアイテムもピックアップするので、必見です。

ドラム缶で焚き火台をDIY!違法にならないための注意点も!

キャンプ知識

ドラム缶で焚き火台をDIY!違法にならないための注意点も!

キャンプで焚き火をする際に必要な焚き火台を、ドラム缶で自作する方法を紹介!廃棄ドラム缶を使えばエコにもなり、また、使い勝手よくDIYすれば、オリジナリティあふれる焚き火台ができあがりますよ。自作する際のコツや違法とならないための注意点をまとめました。

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

キャンプ知識

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造する方法を解説します。ベッドや作業台、目隠し・収納、カーテンなど、ハイラックスサーフをお好みの仕様にカスタムする方法についてまとめました。ハイラックスサーフを改造して、車中泊キャンプをより満喫するための参考にしてください。

ブッシュクラフトは違法?許可は必要か・場所の探し方もチェック

キャンプ知識

ブッシュクラフトは違法?許可は必要か・場所の探し方もチェック

ブッシュクラフトが違法になる可能性を解説します。アウトドアでブッシュクラフトを行う場合、どういった場所では違法になるのか確認しましょう!ブッシュクラフトができる場所や探し方のテクニックを参考にして、ルールを守った上で行ってください。

キャンプ知識ランキング

人気ランキング

話題のキーワード