パラコードを編んでナイフのグリップ力を強化!利点や編み方は?

お気に入りに追加

キャンプに使うナイフを安全に使いやすくするための、パラコードの使い方について説明します。パラコードをナイフに装着することで、安全に使いやすいナイフにすることができます。この記事では、ナイフにパラコードでグリップを強化する方法や編み方などを紹介しています。

パラコードを編んでナイフのグリップ力を強化!利点や編み方は?

目次

  1. パラコードを編んでナイフのグリップ力を強化しよう!
  2. ナイフにパラコードを編む利点と方法
  3. ナイフにおすすめのパラコード
  4. ナイフにパラコードを編んでより便利に使おう!

パラコードを編んでナイフのグリップ力を強化しよう!

キャンプなどのアウトドアでナイフは必需品の1つです。ナイフを安全に使いやすくするためのパラコードをつけるだけで、ナイフの握り方がラクになり使いやすくなります。パラコードナイフを作るために必要な道具や結び方、なぜパラコードが利点となるのかなど知っていればグリップ強化によって快適な使い方ができます。

はじめての人でもパラコードの編み方のポイントや準備などについて解説していきます。

ナイフにパラコードを編む利点と方法

ナイフにパラコードを編む利点

ナイフにパラコードを付ける利点は、摩擦に強く水にも強いことです、付けるだけでグリップが良くなり、きちんと握ることができます。グリップを握りやすくなることで、安全にナイフを使うことができるためキャンプなどのアウトドアでの使用におすすめです。

サバイバルツールとしての活用と、グリップが握りやすくなるといった利点があるのでキャンパーにとって非常に役立つものとなります。

必要な道具・材料

編んで付けるために必要な道具を紹介していきます。必要な道具は、パラコードとハサミとライター、メジャーです。さらに便利グッズとして、洗濯バサミやヘアピンなどがあるとベターです。

洗濯バサミは、ナイフを完成するときの長さを決めておくポイントに一時的に目印を付けるときに使えます。ヘアピンは、パラコードを編んだあとに縫い込むときに活用できる便利アイテムです。細いループに編み込むときは、ピンセットがあるとさらに便利となるのでおすすめと言えます。

ナイフへのパラコードの編み方

  • カットする
  • 端をライターで焼く
  • 半分に折って真ん中で交差させる
  • ねじって固定して両面にしていく
  • 繰り返していく

パラコードを付けるナイフの長さによって、カットします。約10cmほどの刃のナイフであれば、約3mあれば十分です。端をライターで炙っておくとほつれを防止することができるので、おすすめです。パラコードを半分に折って真ん中で交差させ、ねじって固定して両面にして繰り返していきます。

繰り返して最後に2本を裏側から穴に通し、固結びをしたら完成です。はじめてで結び方がやりづらい場合は、上の紐の部分を輪ゴムなどで固定しておくとスムーズに編むことができます。ポイントは隙間ができないように詰めていくように編んでいくことです。

ナイフにおすすめのパラコード

ガーバー/アウトドアナイフベアグリルス

自作する時間がない人は、既製品を買うこともできます。値段が手頃で軽作業などに向いているガーバーの「アウトドアナイフベアグリルス」は、オレンジカラーのことが特徴です。細めのパラコードを使っていて、軽いため女性でも使いやすいと言えます。

ハードな作業には向いていない場合もありますが、セカンドナイフとして使うこともできます。ちょっとした作業であれば十分に使えるので、キャンプなどのアウトドアにおすすめです。初めて使ってみようというときには、値段の手頃さや扱いやすさを考えると最適なバランスだと言えます。

土佐鍛造/フルタングアウトドアナイフ「独遊」

日本の刃物の生産地として有名な高知県を拠点とする、土佐鍛造のナイフです。さまざまなナイフを制作していて、アウトドア好きな人に知られる人気ブランドです。土佐鍛造のナイフは、丈夫なことがメリットで革ケースが付いていることもおすすめポイントとなっています。

値段的にはやや高めと感じるかもしれませんが、かなり丈夫なのでしっかりと使えば長持ちするため長い目で考えるとお得です。コンパクトな仕様なのでキャンプなどのアウトドアへの持ち運びも簡単で、ややハードな作業でも使えるので便利です。ネイビーカラーは、シンプルでオシャレなこともおすすめの点です。

ナイフにパラコードを編んでより便利に使おう!

編み方・結び方やおすすめを紹介しました。キャンプやアウトドアでの作業に必須なナイフは、パラコードがあるだけで使いやすくなります。見た目もオシャレになることもメリットですが、使うとグリップの良さを感じることになるはずです。

安全にナイフを使うためにも、グリップを強化したナイフはおすすめと言えます。自分のお気に入りのナイフに好みに編んで、自作のナイフを作ってみましょう。

minak1

この記事のライター

minak1

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

熾火にしてからの調理がおすすめ!作り方やおすすめ料理も紹介!

キャンプ知識

熾火にしてからの調理がおすすめ!作り方やおすすめ料理も紹介!

キャンプでの熾火の作り方やコツをまとめました。キャンプ料理に欠かせない熾火の上手な作り方や、その意味について詳しく説明します。熾火や焚き火で作るおすすめの料理や薪の処分方法も同時に紹介しているので、キャンプでバーベキューをする時の参考にしてください。

キャンプでお座敷スタイルがおしゃれ!作り方やデメリットもチェック

キャンプ知識

キャンプでお座敷スタイルがおしゃれ!作り方やデメリットもチェック

キャンプで人気のお座敷スタイルについて紹介します!お座敷スタイルのメリットやデメリットを徹底解説するので、お座敷スタイルが気になっていた方はぜひ参考にしてください。あわせて、お座敷スタイルのレイアウトやおすすめアイテムもピックアップするので、必見です。

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

キャンプ知識

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造する方法を解説します。ベッドや作業台、目隠し・収納、カーテンなど、ハイラックスサーフをお好みの仕様にカスタムする方法についてまとめました。ハイラックスサーフを改造して、車中泊キャンプをより満喫するための参考にしてください。

ドラム缶で焚き火台をDIY!違法にならないための注意点も!

キャンプ知識

ドラム缶で焚き火台をDIY!違法にならないための注意点も!

キャンプで焚き火をする際に必要な焚き火台を、ドラム缶で自作する方法を紹介!廃棄ドラム缶を使えばエコにもなり、また、使い勝手よくDIYすれば、オリジナリティあふれる焚き火台ができあがりますよ。自作する際のコツや違法とならないための注意点をまとめました。

ブッシュクラフトは違法?許可は必要か・場所の探し方もチェック

キャンプ知識

ブッシュクラフトは違法?許可は必要か・場所の探し方もチェック

ブッシュクラフトが違法になる可能性を解説します。アウトドアでブッシュクラフトを行う場合、どういった場所では違法になるのか確認しましょう!ブッシュクラフトができる場所や探し方のテクニックを参考にして、ルールを守った上で行ってください。

関連するキーワード

キャンプ知識ランキング

人気ランキング

話題のキーワード