ソロキャンプの装備を軽量化しよう!バックパック一つで楽しむ方法は?

お気に入りに追加

ソロキャンプの装備を軽量化する方法をまとめました。ソロキャンプを軽量化する上で重要なポイントや理由、おすすめの商品について解説!軽量化した道具や装備に最適なソロキャンプ用のバックパックも、紹介しているので参考にしてください。

ソロキャンプの装備を軽量化しよう!バックパック一つで楽しむ方法は?

目次

  1. ソロキャンプの装備は軽量化してバックパック一つで!
  2. ソロキャンプを軽量化するためのおすすめ装備
  3. 軽量化したソロキャンプにおすすめのバックパック
  4. ソロキャンプの軽量化に関するQ&A
  5. ソロキャンプの装備を軽量化しよう

ソロキャンプの装備は軽量化してバックパック一つで!

ソロキャンプのキャンプギア
ソロキャンプの装備を軽量化する方法を解説します。装備を軽量化することで、バックパック一つでキャンプを堪能できるのです。
装備を必要最低限にするためには、道具の選別が必要になります。限られた装備にすることで、より自然を感じながらアウトドアが堪能できるはず!今一度、ソロキャンプの装備を見直してみましょう。

ソロキャンプを軽量化するためのおすすめ装備

軽量化おすすめ装備①マット

出典: 楽天市場
シートゥサミット
イーサーライトXTインサレーティッドマット
19,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る
厚み10cmの快適仕様

空気を入れることで厚みが10cmにもなるマットです。しっかりと身体を受け止めてくれるだけでなく、暖かさも生み出してくれます。付属のスタックサックで空気を送り込むだけで膨らみます。バルブを調整することで自分好みの厚さに変更できるのもポイントです。

サイズ 168×55cm
重量 460g
最大厚み 10cm
女性
女性

外で寝てるとは思えない快適さ

評価:

女性にはぴったりなサイズだと思います。エアーはしっかりと固定される感じなので、張りがありました。身体の熱をマットが受け止めてくれるので、床冷えのような感じもありません。

寝袋は温かいですが、どうしても地面からの冷えと硬さで満足な休息が得られないことがあります。マットを使うことで体温を下げず、身体をしっかりと受け止めてくれるのでおすすめです。
また、夏であればマットだけで寝るのも良いでしょう。寝袋ではなく、マットならエアを入れるまでは非常にコンパクトなので、ソロキャンプの軽量化につながります。

軽量化おすすめ装備②焚き火台

出典: 楽天市場
TokyoCamp
焚き火台
4,980円(税込)
楽天市場で詳細を見る
軽量な焚き火台

シンプルに折り畳める焚き火台です。ステンレス製で必要最低限のものを、コンパクトにまとめています。収納ケースはほぼA4サイズなので、バックパックにも収納しやすいです。

サイズ 40×22×26cm
重量 965g
女性
女性

バックパックに入れられる点が気に入っています

評価:

ソロキャンプで使うのにぴったりな焚き火台です。ミニマムなサイズとなっており、荷物を圧迫ないところが気に入っています。

ソロキャンプでのんびりと焚き火を眺めながら、癒やされたい人も多いでしょう。そんな人には、折り畳めるタイプの焚き火台が軽量化におすすめです。シンプルなので収納しやすくなっています。

軽量化おすすめ装備③テント・タープ

出典: 楽天市場
Manolla
軽量ワンタッチ式 ドーム型 テント
3,900円(税込)
楽天市場で詳細を見る
ワンタッチ式で簡単設営

テント上部を引っ張るだけのワンタッチ式テントです。出入り口と小窓はメッシュとテントの二重構造となっています。専用の収納バッグもあって、持ち運びしやすいです。

サイズ 200cm×105cm×110cm
重量 1.6kg
男性
男性

設営の手間がまったくない

評価:

とにかく簡単に設営できるテントを求めていました。テント上部を引っ張るだけで設営できて、軽いので気に入っています。

テントはキャンプで必須アイテムといえます。ワンタッチ式のものはポールの重量を軽減できるのがポイントです。さらにソロキャンプで軽量化したい場合は、タープとハンモックだけで寝床を作るのも方法になります。

軽量化おすすめ装備④調理器具・食器

出典: 楽天市場
Neelac
メスティン
1,870円(税込)
楽天市場で詳細を見る
熱伝導率の高い万能クッカー

水を入れる目盛りが入ったメスティンです。メスティンは熱伝導率が良く、ご飯がふっくらと炊けます。様々なキャンプメシが堪能できるので、食事を楽しみたいソロキャンパーが愛用しています。

サイズ 16.5×9.4×6.5cm
重量 165g
容量 2合
女性
女性

コンパクトで使いやすい

評価:

ポケットストーブ付きなので、固形燃料を使って、簡単にご飯が炊けます。難しい知識は不要で、ご飯を入れて目盛りに合わせて水を入れるだけです。収納袋も付いているので完璧です。

ソロキャンプで食事を作るならメスティンがおすすめです。軽量でコンパクト、固形燃料でご飯が炊けるので、他の作業をしながらでも調理ができます。
網付きのタイプなら、蒸し料理などもOKです。食事はもちろんですがお湯を沸かすことにも使えるので、これ一つで他の調理器具は不要です。ソロキャンプをしながら、沸かしたお湯でコーヒーを入れても良いでしょう。
出典: 楽天市場
aria frere OUTDOOR
スリーピングバッグ
2,988円(税込)
楽天市場で詳細を見る
使いやすさを考えたシュラフ

ファスナーが勝手に開くのを防ぐファスナーガードや、ドローコードでフェイス部のサイズが調整できるなど、細かなところまで考えられたシュラフです。収納すればミニマムなサイズになり、コンパクトに纏められるのも魅力となっています。

収納サイズ 約25cm×約37cm
シュラフサイズ 220×70×40cm
重量 1.5kg
女性
女性

女性に丁度いいサイズ

評価:

価格が安くてコンパクトな装備になっています。サイズ的には女性のほうがゆとりがあるかもしれません。快適温度は0℃なので、真冬は少し寒いです。それでもこれだけ安ければ文句はありません。

シュラフの選び方は難しい問題です。高性能なものは高価になり、安価のものは真冬には寒いと感じることがあります。
たとえば、ナンガのシュラフは温かいですが価格が3万強になります。紹介した商品は装備的には真冬以外なら問題はありません。さらなる軽量化を考えるなら、ナンガなどのシュラフを検討してください。

軽量化おすすめ装備⑥食料

出典: 楽天市場
アマノフーズ
雑炊
1,037円(税込)
楽天市場で詳細を見る
お湯を入れるだけで簡単雑炊

さけ、かに、たらこの三種類の味の雑炊です。お湯を入れるだけでできるので、簡単です。コンパクトな容器なので持ち運びや食後のゴミもミニマムに片付けられるでしょう。

個数 各2食の合計6食
賞味期限 製造日より1年
男性
男性

食べやすくて美味しい

評価:

フリーズドライも技術が進化したのか、本当に美味しいです。お湯を用意したら、身体の芯まで温めてくれる雑炊が食べられます。

近年は技術の進化で、ソロキャンプでも非常に簡単に美味しい料理が楽しめます。アマノフーズなどが販売している、フリーズドライ系の食品がおすすめです。
お湯を入れるだけで、美味しい食事が楽しめるのでソロキャンプに最適になります。食べ終えたあとのゴミもミニマムに片付けられるので、持ち帰りも簡単です。
先程のメスティンを使えば、お皿などを用意する必要がないのでゴミを減らすことにもつながります。お湯を沸かして、そのまま雑炊を入れてしまえばOKです。

軽量化おすすめ装備⑦飲み物

出典: 楽天市場
vapur
アンチボトル
1,320円(税込)
楽天市場で詳細を見る
折り畳める容器

好きな飲物を入れておける容器で、飲み終わったあとはくるくると巻いて、ミニマムに片付けられます。洗えば何度でも使えますし、冷凍もOKです。

容量 500ml
女性
女性

エコを意識しました

評価:

できるだけペットボトルは使いたくないので、水筒も考えましたが重くて困っていました。そのため、アンチボトルで軽量化することに!何度も使えますし、冷凍できるのでとてもエコだと思います。

ウォーターパックやアンチボトルは、飲み終わったとはくるくると畳んで、ミニマムにしまえるのでコンパクトになります。
ソロキャンプでは、パック系のジュースを購入するのも良いですし、こういったものを使ってエコ意識を高めるのも自然を楽しむ上で必要な行動です。

軽量化おすすめ装備⑧衣類収納

出典: 楽天市場
Kiimarket
旅行収納ポーチ
850円(税込)
楽天市場で詳細を見る
カラフルなトラベルポーチで整理整頓

かわいいカラーのトラベルポーチです。複数のサイズが用意されており、着替えなどをまとめて収納できます。必要な道具をまとめておくことも、アウトドアでは重要です。また、そのまま洗濯機に入れることもできるので、終わった後の片付けも簡単になります。

サイズ 40×30×12cmなど
個数 6点
女性
女性

着替えをそれぞれきれいにまとめられる

評価:

アウトドアで必要な着替えをそれぞれのポーチにまとめています。靴下や下着などもきれにまとめられるので、後で洗濯するときも楽ちんです。かわいいカラーも気に入っています。

トラベルポーチは、必要な衣類をそれぞれ分けて、きれいにミニマムに整理整頓できます。必要な道具を再確認することができて、ソロキャンプの荷物の軽量化にも繋がるのです。
ジップロックなどに入れて、掃除機で圧縮するのも軽くするための方法になります。見分けやすく、サイズも豊富なのでトラベルポーチと合わせてジップロックも利用しましょう。

軽量化したソロキャンプにおすすめのバックパック

DDベルゲンリュックサック

出典: 楽天市場
DDハンモック
DDベルゲンリュックサック
13,480円(税込)
楽天市場で詳細を見る
55Lサイズは使いやすい

メイン37Lで、リムーバブル2個とアクションパックを合わせて、55Lのリュックサックです。ポケット数も多く、耐久性もばっちりです。

容量 55L
重量 1.7kg
男性
男性

あのタレントも使っているらしい

評価:

ヒロシさんが使っていると聞いて、気になっていました。ソロキャンプなら55Lぐらいは必要です。肩や腰の周りに装備できるストラップで、身体への負担も分散できます。

ボブキャット

出典: 楽天市場
カリマー
ボブキャット
14,482円(税込)
楽天市場で詳細を見る
人間工学に基づいたデザイン

ハイキングやトレッキングに最適で、必要な装備や道具をしっかりと収納できる65Lサイズです。レインカバー付属なので突然の雨や、キャンプの結露にも安心です。

容量 65L
重量 1.28kg
Men
Men

キャンパーが求めているものを満たしたリュックサック

評価:

筒状のリュックサックで、必要な道具をしっかりと収納できます。腰ベルトなどもしっかりと付属しており、ポケットも豊富です。1泊するならこのサイズが扱いやすいと感じました。

ソロキャンプの軽量化に関するQ&A

荷物を減らすコツはありますか?

おすすめなのは、日帰りと泊まりとで分けて用意することです。ソロキャンプの日帰りなら30Lぐらいのバックパックに荷物をまとめると良いでしょう。

軽量化で重視することは?

防寒具の装備や道具は、あまり削らないほうがおすすめです。せっかくのソロキャンプも寒さに凍えたり、風邪を引いては辛い想い出になります。

ソロキャンプの装備を軽量化しよう

ソロキャンプ用テント
ソロキャンプの装備を軽量化する方法を紹介しました。削れるものは削って、防寒具類はしっかり用意することが大切です。
一つの道具で複数の用途に使えるものがあると、ソロキャンプの荷物を減らしやすいです。特に食事に関する装備や道具は、削りやすいものと言えます。
また、天気などを参考にするのも重要です。用途ごとのリュックサックを用意しておけば、ソロキャンプに出かけるときも迷いません。ソロキャンプを行った時に使わなかったものは、次回の装備から外して軽量化しましょう!
ソロキャンプ初心者におすすめのキャンプ場&道具13選紹介!

あわせて読みたい

ソロキャンプ初心者におすすめのキャンプ場&道具13選紹介!

ソロキャンプ初心者におすすめのキャンプ場と道具をまとめました。関東・関西で初心者におすすめのキ...

冬のソロキャンプ必須アイテムと注意点!思いっきり楽しむ方法も!

あわせて読みたい

冬のソロキャンプ必須アイテムと注意点!思いっきり楽しむ方法も!

冬のソロキャンプに必要なアイテムはどのようなものがあるのか、商品紹介も交えて紹介していきます。...

ソロキャンプの持ち物・必需品リスト11選!必要なものをチェック!

あわせて読みたい

ソロキャンプの持ち物・必需品リスト11選!必要なものをチェック!

ソロキャンプの必需品となる持ち物リスト11選を紹介します。ソロキャンプを快適に過ごすためのさまざ...

浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

熾火にしてからの調理がおすすめ!作り方やおすすめ料理も紹介!

キャンプ知識

熾火にしてからの調理がおすすめ!作り方やおすすめ料理も紹介!

キャンプでの熾火の作り方やコツをまとめました。キャンプ料理に欠かせない熾火の上手な作り方や、その意味について詳しく説明します。熾火や焚き火で作るおすすめの料理や薪の処分方法も同時に紹介しているので、キャンプでバーベキューをする時の参考にしてください。

キャンプでお座敷スタイルがおしゃれ!作り方やデメリットもチェック

キャンプ知識

キャンプでお座敷スタイルがおしゃれ!作り方やデメリットもチェック

キャンプで人気のお座敷スタイルについて紹介します!お座敷スタイルのメリットやデメリットを徹底解説するので、お座敷スタイルが気になっていた方はぜひ参考にしてください。あわせて、お座敷スタイルのレイアウトやおすすめアイテムもピックアップするので、必見です。

ドラム缶で焚き火台をDIY!違法にならないための注意点も!

キャンプ知識

ドラム缶で焚き火台をDIY!違法にならないための注意点も!

キャンプで焚き火をする際に必要な焚き火台を、ドラム缶で自作する方法を紹介!廃棄ドラム缶を使えばエコにもなり、また、使い勝手よくDIYすれば、オリジナリティあふれる焚き火台ができあがりますよ。自作する際のコツや違法とならないための注意点をまとめました。

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

キャンプ知識

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造!カスタムしてキャンプを満喫

ハイラックスサーフを車中泊仕様に改造する方法を解説します。ベッドや作業台、目隠し・収納、カーテンなど、ハイラックスサーフをお好みの仕様にカスタムする方法についてまとめました。ハイラックスサーフを改造して、車中泊キャンプをより満喫するための参考にしてください。

ブッシュクラフトは違法?許可は必要か・場所の探し方もチェック

キャンプ知識

ブッシュクラフトは違法?許可は必要か・場所の探し方もチェック

ブッシュクラフトが違法になる可能性を解説します。アウトドアでブッシュクラフトを行う場合、どういった場所では違法になるのか確認しましょう!ブッシュクラフトができる場所や探し方のテクニックを参考にして、ルールを守った上で行ってください。

関連するキーワード

キャンプ知識ランキング

人気ランキング

話題のキーワード