キャンプデビューは何歳から?1歳・2歳の子供との遊び方も!

お気に入りに追加

何歳から子供がキャンプデビューができるかを紹介します。赤ちゃんから幼児とどんどん成長をする子供の、年齢ごとのタイミングや注意点も詳しく解説!何歳からデビューさせるかのかQ&Aもまとめているので、安心安全にファミリーキャンプを楽しみましょう。

キャンプデビューは何歳から?1歳・2歳の子供との遊び方も!

目次

  1. キャンプは何歳から連れて行ける?
  2. キャンプデビューのタイミングとポイント
  3. 赤ちゃんや幼児のキャンプデビューの注意点
  4. キャンプは何歳から連れていく?Q&A
  5. キャンプに子供を何歳から連れていくか検討しよう!

キャンプは何歳から連れて行ける?

子供のキャンプデビュー
ファミリーでキャンプを楽しみたいけれど、実際に子供をキャンプ場にデビューさせるのは何歳からがベストなのか分からないパパやママもいると思います。
結論から言えば、何歳からでも連れて行けるのでデビューのタイミングはパパとママ次第。自然の中でのびのびと子供を遊ばせることができるキャンプは、子供にとって普段できない体験ができる貴重な場所です。
子供をデビューさせるタイミングは、パパとママがリスクやメリットを知ってきちんと準備ができたときだと言えますね。

キャンプデビューのタイミングとポイント

キャンプデビューのタイミング①0歳~1歳

バンガロー
0~1歳の赤ちゃんや乳幼児をキャンプに連れていく場合は夜泣きや授乳、体温調節や虫刺されなどを考慮して、テントではなくバンガローの利用がおすすめです。
歩き回って迷子になる心配がなく、ベビーカーで静かにしている隙にテントを設営したりできるメリットもあるとは言え、0~1歳の子供のキャンプデビューは場所やギアをきちんと調べてからが安心。
0~1歳の子供を受け入れる体勢が整っている場所やグランピングを利用するのもいいですね。

キャンプデビューのタイミング②2歳

広いキャンプ場
ちょこちょこと動き回り目が離せない2歳。熱いものや刃物に触らないように注意しましょう。川や危ない場所にひとりで行かないようにすることも大切です。
さらに2歳児はイヤイヤ期に突入していることも。他のキャンパーのことも考えた場所選びをするとパパやママのストレスも軽減されます。
環境が整い、目の届く場所が幼児のキャンプデビューには重要です。いろいろなものに興味をもつ2歳児は、自然をたくさん感じることができるでしょう。

キャンプデビューのタイミング③3歳

テント泊
テント泊にも順応できる体力と適応力を持ち、言うことを理解してくれるようになる3歳は、最適な年齢と言えます
トイレやご飯もある程度は自分でできるのでパパとママの負担も楽に。お手伝いにも興味を持ち始めるので一緒にキャンプご飯を作って火起こしや料理を学びながら楽しむこともできます。
自然に触れて、遊ぶことができるキャンプは情操教育にもとても良いと言われています。

キャンプデビューのタイミング④4歳以上

4歳
4歳はできることが広がり、周りの状況に合わせた行動できるので仲間の一員としても活躍できます。特にご飯づくりに関わることを積極的に手伝ってもらえば、楽しみながら火育や自立を教えることができるのでおすすめです。
遊びに関しても、自然に落ちているものを集めたりそれを使って何かを作ったり、4歳の想像力は無限大。まだまだ目は離せませんが子どもの自立性を見守ってあげましょう。

赤ちゃんや幼児のキャンプデビューの注意点

キャンプデビューの注意点①定期健診・予防接種

定期健診
赤ちゃんや幼児をキャンプデビューさせるには、予防接種や定期健診を決められた通りにうけていることが必須です。
まだ分かっていないアレルギーがある可能性や免疫力、体力が未発達なことを理解して、少しの変化にも気が付けるように普段から身体の状態を観察するようにしておきましょう。心配を減らしたいなら予防接種が一通り終わってからが安心ですね。

キャンプデビューの注意点②虫刺され・怪我

蚊取り線香
自然の中で行うキャンプには、普段は出会わない虫に刺されることや怪我や火傷のリスクがあることを大人が理解して対策することが重要です。
子供にもそのことをしっかりと話して、虫よけグッズなどを効果的に使って予防します。予防策はもちろん、虫に刺されたときの薬、怪我をした時に応急処置できる道具も準備しましょう。

キャンプデビューの注意点③迷子

森
親が一瞬目を離した隙に子供がいなくなってしまったり、遊びに夢中の子供がどんどん拠点から離れてしまったり、キャンプ場での迷子はニュースでも毎年見るほど頻繁におこります。
迷子は未然に防ぐことが必然子供からは絶対に目を離さず、万が一のために笛や鈴を持たせておきましょう。目立つようにケミカルライトをつけるのもおすすめです。

キャンプデビューの注意点④オムツの処理方法

おむつ

まだオムツが外れていない子供をキャンプに連れていく場合は、オムツは多めに準備しておきます。オムツ交換後はゴミとして自宅に持ち帰るならば問題ありませんが、燃えるゴミとして捨てられるキャンプ場ではうんちはトイレに流してから捨てるなどマナーを守りましょう

キャンプデビューの注意点⑤当日の体調

体温計
子供の体調は変化しやすいもの。また、少しの熱ではいつも通りに元気なこともあるため、子供の体調は大人がしっかりと見てあげることが大切です。当日の朝に少しでも体調不良を感じたならば、無理をさせない判断をしてあげましょう。
子供の体調をきちんと管理することは、キャンプを安全・安心に楽しむ第一歩とも言えます。

キャンプデビューの注意点⑥キャンプ場選び

キャンプ場
子供、特に赤ちゃんや乳幼児をキャンプデビューさせるときのキャンプ場選びはとても重要です。隣同士が隣接していたりあまりにも静かすぎたりするキャンプ場は、ファミリーには不向きです。
何歳からデビューさせるかを考慮した上でおむつ替えをする場所などの必要な設備の有無もチェック! 家族で快適に過ごせるキャンプ場を選びましょう。

キャンプデビューの注意点⑦持ち物

キャンプ準備
子供のキャンプデビューを成功させるキーとなるのが持ち物の準備です。寒さ・暑さ対策から遊び道具、ご飯やおやつの準備はもちろん、子供の月齢ごとに必要なものは変わってきます。忘れ物をしないように準備をする前に紙に書き出してみましょう。
子供と一緒に準備をして、自分のリュックも作ってあげれば準備からキャンプが楽しみになりますね。

キャンプは何歳から連れていく?Q&A

1、キャンプデビューに最適な年齢はありますか?
子供のキャンプデビューは親が「キャンプに連れていける」と思った時がタイミングになりますが、一般的なベストタイミングは3歳くらいと言われています。
子供の成長や体力に合わせた環境を用意してキャンプデビューをさせてあげましょう。
2、子供の服装で注意することはありますか?
キャンプ場は夏でも昼と夜の寒暖差がある場所が多いので、長袖を準備しておきましょう。長袖は防寒以外にも日焼けや虫刺され防止にもなるので必須です。
子供が自然の中で思い切り遊べるように着替えは多めに、汚れてもいい服装を持って行きましょう
3、テント選びで注意することはありますか?

テントは設営が簡単で大きすぎないものを選びましょう。前室が少し広めなものを選べば、そこをリビング変わりに使うこともできて便利です。赤ちゃんの場合はバンガローやグランピングから始めて慣れてきたらテント泊にすると安心です。

4、キャンプのご飯はどうしたらいいですか?

バーベキューやキャンプ飯はキャンプの醍醐味の一つ。子供と一緒作れるメニューにするのもおすすめです。とは言えキャンプデビューの場合荷物も多く準備も大変になるため、手ぶらでバーベキューができる場所を選んで利用してもよいでしょう。

キャンプに子供を何歳から連れていくか検討しよう!

非日常の感動体験
自然の中で非日常を味わえるキャンプは、子供にとっても刺激的で家族との絆が深まる感動体験になります。
子供を何歳から連れていくかを決めるには、パパとママがしっかりと知識を持って準備を万全にできるかどうかがキーとなります。せっかくキャンプデビューをさせるなら、子供が「また行きたい!」と思うようにしてあげたいですね。
らむね

この記事のライター

らむね

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

焚き火で煙が出る理由と対策は?煙や匂いを気にせず楽しめるアイテム!

キャンプ知識

焚き火で煙が出る理由と対策は?煙や匂いを気にせず楽しめるアイテム!

焚き火で煙が出る原因と対策についてまとめています。煙が出る理由となる薪の水分や燃焼温度、対策方法や薪の組み方について詳しく解説。さらに煙や匂いが少ないオススメの焚き火台も厳選して紹介しますので、焚き火をもっとうまくなりたい人はぜひ読んでください。

庭で焚き火やバーベキューは法律違反?違反・迷惑行為なのか調査

キャンプ知識

庭で焚き火やバーベキューは法律違反?違反・迷惑行為なのか調査

自宅の庭で焚き火やバーベキューをすると法律違反になるのかを徹底調査!庭で焚き火やバーベキューをする場合の各種の法律(消防法や軽犯罪法・条例・廃棄物処理法)についてまとめています。公園や河川敷では大丈夫なのかも一緒に解説しています!







ブッシュクラフトは違法?許可は必要か・場所の探し方もチェック

キャンプ知識

ブッシュクラフトは違法?許可は必要か・場所の探し方もチェック

ブッシュクラフトが違法になる可能性を解説します。アウトドアでブッシュクラフトを行う場合、どういった場所では違法になるのか確認しましょう!ブッシュクラフトができる場所や探し方のテクニックを参考にして、ルールを守った上で行ってください。

サバイバル時の食べ物は?山や無人島での食料調達の仕方を調査

キャンプ知識

サバイバル時の食べ物は?山や無人島での食料調達の仕方を調査

サバイバル時に大切な食べ物の調達方法を紹介!この記事では、山や無人島で調達できる食べ物や、調達してきた食料の保存方法について解説していきます。サバイバル時に食べる際の注意点や少しでも美味しく食べるためのポイントもわかりやすくまとめました。

バーベキューで牡蠣を焼くには?注意点や美味しい食べ方を伝授!

キャンプ知識

バーベキューで牡蠣を焼くには?注意点や美味しい食べ方を伝授!

バーベキューでの牡蠣(かき)の美味しい焼き方を伝授します!バーベキューで牡蠣を美味しく焼く手順や、注意点を解説していきます。また、牡蠣の名産地も紹介していますので、ぜひ参考にして美味しい牡蠣のバーベキューを楽しんでみてください。

関連するキーワード

キャンプ知識ランキング

人気ランキング

話題のキーワード