冬キャンプにおすすめのテント13選!快適に過ごせるアイテムばかり

お気に入りに追加

冬キャンプにおすすめのテントについてまとめました。冬キャンプ用のテントの選び方や、価格の安いもの、ストーブなどの暖房器具を使えるものなど、バラエティ豊かな商品を紹介しています。冬キャンプ用テントを探している人は、ぜひチェックしてください。

冬キャンプにおすすめのテント13選!快適に過ごせるアイテムばかり

目次

  1. 冬キャンプに適したテントを紹介!
  2. 冬キャンプに適したテントの選び方
  3. 冬キャンプにおすすめのテント13選
  4. 冬キャンプにおすすめのテント13選の比較表
  5. 冬キャンプに適したテントに関するQ&A
  6. 冬キャンプにおすすめのテントを使ってみよう!

冬キャンプに適したテントを紹介!

冬キャンプでテント泊をしている様子
冬キャンプは、普段と違った美しい景色が楽しめます。キンと冷えた寒さの中で食べる温かい食事は、いつも以上の美味しさに感じます。また、冬は空気が澄んでいるので、星空も格段に綺麗に見えると天体観測にも人気です。
この記事では、最近話題の冬キャンプにおすすめのテントについて紹介します。暖房器具が使えるものから比較的安いものまでまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

冬キャンプに適したテントの選び方

選び方①スカートの有無

冬キャンプにおすすめのテントは、スカートの付いているものです。スカートとは、フライシートの下から地面まで伸びているテントの裾の長い部分のことをいいます。
スカートは隙間風や冷気対策になるので、冬キャンプのテントを選ぶ際に重要なチェックポイントです。また、テントの保温性も高まるので、選ぶ際は注目してみてみましょう。

選び方②換気機能

冬キャンプに適したテントを選ぶ際は、換気機能が付いているかどうかもチェックしてください。冬キャンプでは、テント内でストーブなどの暖房器具を使用する場面も少なくありません。
その際に、一酸化炭素中毒や結露を防止するために、上下解放できる換気機能を備えているものを選ぶようにしましょう

選び方③素材

冬キャンプでテントを張っている様子
冬キャンプ用のテントを選ぶ際は、テントの素材についてもチェックするようにしましょう。冬キャンプ用のテントにおすすめの素材は、コットンやTCことテクニカルコットンと呼ばれるものです。自然素材であるコットン系の生地は、丈夫で長持ちなのが特徴です。
また、コットン素材やコットン混紡のTC素材は、素材自体に通気性のある生地が使われており結露ができにくいという特徴もあります。さらに、ナイロンやポリエステルに比べ火が燃え広がりにくいので、ストーブなどの暖房器具を使用する際にもおすすめです。
ただし、生地に直接暖房器具を当てると当然燃えてしまいますので、扱いには十分に気をつけるようにしましょう。

冬キャンプにおすすめのテント13選

コールマン「トンネル2ルームハウス」

出典: 楽天市場
コールマン
トンネル2ルームハウス
79,799円(税込)
楽天市場で詳細を見る

コールマンのトンネル2ルームハウスは、風の侵入を防ぐスカートがついており、寒さ対策には抜群のテントです。さらに、ひさし機構がついているため、雨や雪の侵入を防いでくれます。
また、全面メッシュにすることが出来るので、夏にも問題なく使えます。価格も安いので、初心者にもおすすめです。

定員 4〜5人用
男性
男性

通気性良くオールシーズン使える

評価:

ポールがDAC社製の軽くて丈夫なアルミポールだったり、ポールがスリーブに通しやすかったり設営が楽で広い2ルームが出来上がるのがとてもよかったです。 2ルームは熱がこもるのがネックになりやすいですが、これはメッシュにしたり開けたりできるところが多く胃です。空気を通せるようになっているのでオールシーズン使えると思います。

コールマン「タフスクリーン2ルームテント」

出典: 楽天市場
コールマン
コールマン「タフスクリーン2ルームテント」
51,780円(税込)
楽天市場で詳細を見る

2ルームとは、リビングと寝室が一体化したテントのことをいいます。このタイプのものはタープなしで過ごせるので、設営も簡単でフラップを下ろせば雨ざらしになることもありません。また、リビング側にはスカートが付いているので、寒い時期でも保温性が高いです。
さらに、室内の空気循環を促すサークルベンチレーションシステムもついているので、ストーブなどの暖房器具を使用することもできます。また、価格が安いのも魅力の一つです。

定員 4〜5人用
男性
男性

お手頃のおすすめツールームテント

評価:

設置は1回目のひもを止めてしまえば、早いです。ポールは色によって、通すところ通す順番が分かりやすいです。大きいテントだけあってポールが重いので1人だと少し大変かもしれません。 3泊して三日間雨にも降られましたが、浸水全くなくとても快適でした。

NORDISK「アスガルド」

出典: 楽天市場
ノルディスク
アスガルド
129,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る

ノルディスクは、北欧デンマーク発祥の老舗アウトドアブランドです。このテントは生地にテクニカルコットンを使用しているので、冬キャンプにもってこいです。テクニカルコットンは、コットンとポリエステルを混紡した生地で、保湿性や保温力が高く耐水性も備えています。
シンプルなデザインで機能的なので、日本でも大人気のテントです。また、ドアと窓がメッシュ素材となっており、通気性がよく夏でも涼しく過ごせます。

定員 6人
女性
女性

お気に入りです

評価:

家族みんなのお気に入りです。 リビングと寝るスペースを分け易くて、家のように使えます。コットンの質感にも癒され、テントの中から見える木々の影に感動します。大きなテントなので重さや大きさもそれなりですが、女性が1人で設営撤収も可能だと思います。

ノルディスク「レイサ6」

出典: 楽天市場
ノルディスク
レイサ6
170,500円(税込)
楽天市場で詳細を見る

ノルディスクの2ルームテントであるレイサも、冬キャンプにおすすめです。間仕切りがあるので、寝室とリビングなど2つのスペースに分けて使用することができます。多機能換気オプションもついているので、ストーブなどの暖房器具を使うのにももってこいです。
また、6人用と広めなので、多彩な使い方ができるのも魅力の一つとなっています。ただし、このテントにはスカートは付いていないので、自作するのがおすすめです。

定員 6人
男性
男性

お気に入り

評価:

設置も難しくないし、出入りもいろいろな所から出来るし、広さも充分でとても良かったです!インナーテントのポケットも便利でした。 初日にいきなり大雨に降られましたが、テント内は全く問題ありませんでした。

ヘルスポート「バランゲルドーム」

出典: 楽天市場
ヘルスポート
バランゲルドーム
180,400円(税込)
楽天市場で詳細を見る

ヘルスポートは、北欧ノルウェー生まれのアウトドアブランドです。ヘルスポートのテントは、テント内部で薪ストーブなどの暖房器具が使える設計になっているので、冬キャンプにぴったりという特徴があります。雪上キャンプでも、テント内では非常に暖かく快適に過ごすことができます。
また、生地は難燃性ポリエステルを使用しているので、火に強く軽いです。バランゲルドームは見た目もかっこよく、ファンが多い一品となっています。キャンプ場でも、一際目を引くこと間違いなしです。

定員 4〜6人
男性
男性

待望!

評価:

1人で設営できるか不安でしたが、30分ほどで設営できました。今のところ不満ゼロです。今シーズン中には薪ストーブを購入し、このテントで使用するつもりです。

ogawa「ティエララルゴ」

出典: 楽天市場
ogawa
ティエラ ラルゴ
178,200円(税込)
楽天市場で詳細を見る

ogawaのティエララルゴは、冷気をシャットダウンしてくれる長めのスカートが全面に付いており冬キャンプにおすすめです。また、開閉可能な大型メッシュパネルが搭載されているので、夏でも快適に過ごすことができます。
さらに、インナーテントは夏涼しく冬暖かいテクニカルコットンなので、丈夫で快適性も高いです。テント内部からも換気調節が可能ですので、ストーブなどの暖房器具を使う際にも便利と評判となっています。

定員 5人
男性
男性

機能的

評価:

インナーテントがテクニカルコットンなので、冬でも安心。スリープを通さない構造上、雨の日の設営・撤収がとても楽でした。

スノーピーク「ランドブリーズ」

出典: 楽天市場
スノーピーク
ランドブリーズ6
102,080円(税込)
楽天市場で詳細を見る

スノーピークの大型テントであるランドブリーズも、冬キャンプに人気です。テントの下部にはスカートが全周装備されているので、冷気の侵入を防いでくれます。寒さが厳しい環境の中でも、暖かく過ごすことができると評判です。
また、換気設備も十分ですので、石油ストーブなどの暖房器具も問題なく使用できます。さらに、生地は耐水性が高く丈夫なので、長く使い続けることができるのも魅力です。

定員 6人
男性
男性

雨風に強い

評価:

暑い夏から寒い冬まで使えます。 スカートが風の吹き込みを塞いでくれ、メッシュ素材で風の通り抜けも良い。 家族キャンプの際に使ってきたテントの中で一番良いです。

スノーピーク「エルフィールド」

出典: 楽天市場
スノーピーク
エルフィールド
87,780円(税込)
楽天市場で詳細を見る

スノーピークのエルフィールドは、比較的安い値段設定で本格的なキャンプを楽しめるエントリーモデルのテントです。リビングスペースにはスカートが装備されているので、冬でも隙間風に悩まされることなく快適に過ごすことができます。
また、設営がしやすいので、初心者にもおすすめです。雨風にも強く、バランスが良いテントといえます。

定員 4人
男性
男性

高品質なお手頃ツールームテント

評価:

スノピ最大級シェルターのランドロックにも見劣りしないサイズなのに、ランドロックの約半分の金額で手に入るのはかなりお得です。天井に装着するルーフシートも標準で付いているので、暑さや結露対策もバッチリです。営、撤収が簡単なトンネル型なので初心者の方でも手間取ることなく設営できます。

ogawa「ポルヴェーラ34」

出典: 楽天市場
ogawa
ポルヴェーラ34
99,000円(税込)
楽天市場で詳細を見る

ポロヴェーラ34は、テント一つでシンプルでコンパクトなキャンプができる一品です。スカートが全面についているので、隙間風を防いで保温性を高めてくれます。さらに、生地がテフロン加工されており、撥水性が高く汚れがつきにくいのも特徴です。
また、一般的なツールームテントに比べて、設営や撤収が素早くできるのも人気の理由の一つとなっています。日本のメーカーなので、安心して使用することができます。

定員 3〜4人
男性
男性

機能的なテント

評価:

無駄を省き本来テントに求められている、軽さ・設営し易さ・防水性などの機能を真面目に追求して製造している姿勢の積み重ねから出来た商品だと思う。

ヒルバーグ「スタイカ」

出典: 楽天市場
ヒルバーグ
スタイカ
151,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る

テント界の最高峰といえば、ヒルバーグです。丈夫な生地やポールを採用しながら軽量性も実現するなど、高品質な製品に定評があります。
スタイカは、ソロでの冬キャンプにぴったりのテントです。強度抜群の素材を使っているため、世界中のどの山でも通用する最強のテントといわれています。また、重量が3.4kgと非常に軽く持ち運びしやすいのも魅力の一つです。

定員 2人
男性
男性

名品

評価:

設営は早くて簡単。風にとても強い。スペースも2人で寝るのに十分。前室の広さもバックパック、靴などを置いておくには十分。 少々重いのだけが、欠点ですね。

テンマクデザイン「サーカスTC」

出典: 楽天市場
テンマクデザイン
サーカスTC
34,980円(税込)
楽天市場で詳細を見る

テンマクデザインのサーカスTCは、夏は涼しく冬は暖気を逃さないテントとして非常に人気があります。ソロや二人で使用するのにぴったりの大きさですが、コットン素材のため重みがあります。
TC生地でできているので、丈夫で長持ちし冬の結露を防ぐことができるのも魅力です。また、値段も安いので、ソロキャンプ用に買い足すのもおすすめです。

定員 1〜2人
男性
男性

真冬のキャンプにおすすめ

評価:

結露で濡れず、スカートで隙間風もありません。迷っているなら買った方が良いです。 雨が降っても大丈夫ですが、カビには気をつけてください。

Naturehike「StarRiver2」

出典: 楽天市場
Naturehike
StarRiver2
28,661円(税込)
楽天市場で詳細を見る

NaturehikeのStarRiver2は、ソロでの冬キャンプにぴったりの比較的安いテントです。テントが二重構造となっているので、暴風や暴雨に強く防虫効果もあります。また、重量が2.18kgと非常に軽量なので、ソロキャンプの際の持ち運びに便利です。
さらに、換気窓がついており、通気性を高めて結露を軽減してくれます。シンプルな構造なので、設営しやすいのも魅力です。

定員 2人
男性
男性

価格の割にしっかりとしています

評価:

値段以上のテントです。ソロ向きで、2人だとちょっと狭いかもしれません。 安価の割にしっかりとした造りで、ゲリラ豪雨に遭いましたが浸水もありませんでした。

スノーピーク「SSD730」

出典: 楽天市場
スノーピーク
ラゴ Pro.air
47,080円(税込)
楽天市場で詳細を見る

スノーピークのソロ用テントであるラゴ Pro.airは、950gと非常に軽量です。結露を軽減するため、ダブルウォールを採用しています。
インナーテントとフライシートに十分な空間を設けることで、結露を軽減することができるのです。ラゴ Pro.air軽量化を図りながら、快適性や耐久性を兼ね備えているので、長く使うことができます。値段も質の割に安いので、本格的なテントが欲しい人にもおすすめです。

定員 1人
男性
男性

小さいですが快適

評価:

耐久性の高さ、快適性、デザインなどを考えると多少の重量増はあるものの、この商品にして良かったと思います。小さいながら前室もあり、靴とちょっとしたものを置くことが出来るのも便利です。

冬キャンプにおすすめのテント13選の比較表

商品名

トンネル2ルームハウス

タフスクリーン2ルームテント

アスガルド

レイサ6

バランゲルドーム

ティエララルゴ

ランドブリーズ6

エルフィールド

ポルヴェーラ34

スタイカ

サーカスTC

StarRiver2

ラゴ Pro.air

画像

トンネル2ルームハウス コールマン NORDISK「アスガルド」 NORDISK バランゲルドーム ogawa「ティエララルゴ」 スノーピーク「ランドブリーズ」 スノーピークエルフィールド ポルヴェーラ34 ヒルバーグ「スタイカ」 テンマクデザイン「サーカスTC」 Naturehike「StarRiver2」 スノーピーク「SSD730」

ブランド名

コールマン

コールマン

NORDISK

NORDISK

ヘルスポート

ogawa

スノーピーク

スノーピーク

ogawa

ヒルバーグ

テンマクデザイン

Naturehike

スノーピーク

特徴

スカート装備
・ひさしがついているので、雨を防げる
・設営が簡単

・リビング部分にスカート装備
サークルベンチレーションシステム搭載
・価格が安い

生地にTCを使用しており、保湿性保温性が高い
・結露しにくい素材
・通気性が良い

多機能換気オプション搭載
・定員6名
・広いスペース

薪ストーブ使用可能
・生地に火に強く、軽い素材を使用
・見た目が個性的

スカートが長めなので、隙間風が防げる
・結露しにくい素材
・夏に涼しく、冬に暖かい生地

スカートを全周装備
・耐水性が高い生地を採用
・換気機能が高い

エントリーモデルなので、初心者向け
・リビングにスカート装備
・雨風に強い

・スカートを全面装備
撥水性が高く、汚れがつきにくい生地
・価格が比較的安い

ソロキャンプ向け
・強度抜群の素材を使用
・テント界の最高峰と言われるヒルバーグ製

・ソロキャンプ向け
TCを使用しているため、結露に強く丈夫
・価格が安い

雨風に強い
・ソロキャンプ向け
・換気窓がついており、結露しにくい

950gと非常に軽量
・結露しにくい構造
・ソロキャンプ向け

商品リンク

楽天(¥79,799) 楽天(¥51,780) 楽天(¥129,800) 楽天(¥170,500) 楽天(¥180,400) 楽天(¥178,200) 楽天(¥102,080) 楽天(¥87,780) 楽天(¥99,000) 楽天(¥151,800) 楽天(¥34,980) 楽天(¥28,661) 楽天(¥47,080)

冬キャンプに適したテントに関するQ&A

冬キャンプでの底冷え対策を教えてください

冬キャンプでは地面からの冷気を防ぐためにしっかり対策をしましょう床面に一番下から、グランドシート、フロアシート、銀マット、キャンピングマット、電気毛布を順番に重ねて敷くと冬でも暖かくおすすめです。

冬キャンプの時の寝袋のおすすめは?
冬キャンプの際は、しっかりと身体を保温できる冬用の寝袋を選ぶようにしましょう。特におすすめなのはマミー型の寝袋で、頭までしっかりと包み込んでくれるので朝までゆっくりと眠ることができます。
また、インナーシュラフや電気毛布などを併用するとより快適に就寝することができるので、試してみてください。

冬キャンプにおすすめのテントを使ってみよう!

雪の中でテントを設営している様子

冬キャンプにおすすめのテントについて紹介しました。冬キャンプに使うテントを選ぶ際には、スカートの有無や換気機能、生地の素材をチェックするようにしましょう。この記事で紹介した選び方を参考に、ぜひ自身にぴったりの冬用テントを探してみてください。

シェルターテント・フロアレステントおすすめ12選!メリットや選び方は?

あわせて読みたい

シェルターテント・フロアレステントおすすめ12選!メリットや選び方は?

シェルターテント・フロアレステントのおすすめ製品を紹介します。シェルターテント・フロアレステン...

テントにおすすめのインナーマット・インナーシート特集!代用品も!

あわせて読みたい

テントにおすすめのインナーマット・インナーシート特集!代用品も!

テントにおすすめのインナーマットとインナーシートを徹底調査!快適なキャンプ、テント生活に必要な...

関谷涼子

この記事のライター

関谷涼子

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

テント

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

パップテントに薪ストーブをインストールする際に、実際に使えるパップテント10選を選び方とともに詳しく紹介します!また冬のキャンプで使える、パップテントにおすすめな薪ストーブもリサーチしたので、ぜひ購入時の参考にしてください。

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

テント

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

日本のアウトドアブランド・テンマクデザイン「サーカスTC BIG」の魅力を徹底解説!また「サーカスTC BIG」と「サーカスTC」の違いも検証してみました。「サーカスTC BIG」のタープ連結方法やレイアウトも紹介していきますので、参考にしてみてください。

オガワのテント「ファシル」の魅力に迫る!口コミやサイズは?

テント

オガワのテント「ファシル」の魅力に迫る!口コミやサイズは?

オガワのテント「ファシル」について解説します。ファシルの製品情報をはじめ、美しいフォルムでコンパクトな居住性など人気の魅力に迫りました。どのような口コミがあるのか?また、疑問点を解決するQ&Aもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

ランドロックのインナーマットに最適のアイテムは?おすすめを紹介!

テント

ランドロックのインナーマットに最適のアイテムは?おすすめを紹介!

ランドロックのインナーマットに最適なアイテムの選び方を解説します。ランドロックのインナーマットの代用となるおすすめアイテムも紹介していきます!ランドロックのインナーマットをどれにしようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

サバティカル「スカイパイロットTC」レビューまとめ!設営方法も

テント

サバティカル「スカイパイロットTC」レビューまとめ!設営方法も

サバティカル「スカイパイロットTC」のレビューを一挙公開!テントの設営方法や、商品紹介も行っています。キャンプで楽しめるアレンジ方法も掘り下げているので、スカイパイロットTCが気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

関連するキーワード

テントランキング

人気ランキング

話題のキーワード