グロッケ12TCのスペックと魅力を紹介!タープ連結の方法も!

お気に入りに追加

グロッケ12TCのスペックと魅力を紹介します。ogawaのグロッケ12TCとタープを連結する方法も解説!空間を有効に使えるレイアウトや、薪ストーブ導入方法も説明しています。設営時のポイントなども具体的にまとめましたので、参考にしてみてください。

グロッケ12TCのスペックと魅力を紹介!タープ連結の方法も!

目次

  1. 人気のグロッケ12TCを紹介!
  2. グロッケ12TCのスペックと魅力
  3. グロッケ12TCの設営方法とタープ連結の方法
  4. グロッケ12TCでキャンプを満喫しよう!

人気のグロッケ12TCを紹介!

テント
北欧アウトドアブランドで見かけるコットン素材のベル型ワンポールテントは、おしゃれな見た目と高い機能性で人気です。しかし、価格が数十万円したり日本では手に入りづらかったりと、入手するのは簡単ではありません。
そこでおすすめなのが、ogawaのグロッケ12TCです。この記事ではogawaのグロッケ12TCの特徴や設営方法について解説します。

グロッケ12TCのスペックと魅力

グロッケ12TCのスペック

出典: 楽天市場
ogawa(オガワ)
グロッケ12TC
107,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る
機能性に優れたベル型テント

グロッケ12TCは、側面が垂直に立ち上がり、居住空間が広いベル型ワンポールテントです。天井2箇所と裾4箇所にベンチレーターがあり、通気性が確保されています。
裾のベンチレーターから煙突を出せば薪ストーブを設置できます。保温性の高いTC生地なので、薪ストーブを使えば、冬でも暖気を逃さず暖かく過ごせます。
裾や入口付近など汚れやすい部分はポリエステルで、シミになりにくい点もポイントです。

組立サイズ 420×405×高さ270cm
収納サイズ 80×35×33cm
総重量 14.7kg
素材 T/C(耐水圧350mm)、ポリエステル210d(耐水圧1800mm)
40代/女性
40代/女性

夏以外なら快適

評価:

家族4人で使用しましたが、荷物を置いても余裕のサイズでした。夏は熱気がこもりやすいですが、夏以外の季節なら快適に過ごせます。

魅力①高い居住性

グロッケ12TCは、円錐型のワンポールテントと違って、側面が垂直に立ち上がっています。このため、有効利用できる空間が広く、居住性が高い点が魅力です。
グロッケ12TCは床面積が12平米で、6畳ほどの広さがあり、寝るだけなら5~6人まで収容できます。頂点部分の高さは270cmあり、解放感の高い室内空間も特徴です。
一般的に、ワンポールテントは入口から雨が吹込みやすい構造になっています。この点において、グロッケ12TCは入口にひさしがついており、雨でも居住スペースが濡れにくいです。

魅力②通気性が抜群

グロッケ12TCは、頂点付近と裾部分の両方にベンチレーターがあり、上下で通気性を確保できます。裾部分のベンチレーターは全面解放でき、煙突を出して薪ストーブの導入も可能です。
また、フライシートには、吸湿性の高いTC生地を使用しており、ポリエステルに比べて結露が少ないです。保温性が高く、寒い時期でも暖かく過ごせるので、夏以外の春秋冬キャンプにおすすめです。

魅力③おしゃれなレイアウトが可能

居住スペースの広いグロッケ12TCは、お気に入りのアウトドア家具を持ち込んで、おしゃれなレイアウトが可能です。全面にマットやラグを敷き、ポールを囲むワンポールテントテーブルを設置すれば、リラックスできるお座敷スタイルになります。
グロッケ12TCのグランドシートは、取り外しできるので、コットを置いてシェルターのようなレイアウトもおすすめです。別売りのハーフインナーを導入すれば、ポールを中心に寝室とリビングに分けられ、レイアウトが決めやすいです。

グロッケ12TCの設営方法とタープ連結の方法

グロッケ12TCはひさしが短いので、タープを連結すると日除けや雨除けになり、より快適に過ごせます。

グロッケ12TCの設営方法

グロッケ12TCの設営方法は、一般的なワンポールテントと同様です。まず、向きに注意してフライシートを広げ、五角形の頂点をペグダウンします。メインポールを組み立て、テント中央に設置して立ち上げます。
入口部分は、フロント下のグロメットにAフレームを差し込み、ベルクロで固定します。あとは必要箇所をロープで固定し、天井のベンチレーターを開きます。最後にグランドシートとハーフインナーを取り付ければ出来上がりです。

グロッケ12TCのタープ連結の方法

グロッケ12TCに、タープを連結させるには、二股ポールとレクタタープを使う方法がおすすめです。ベル型テントは出入り口が広いので、隙間を開けないよう連結させるには、工夫が必要です。
グロッケ12TCのAフレームとタープを連結させる方法もありますが、隙間が開いて雨が降りこんでしまいます。
二股ポールは、フロントの上に設置してタープを立ち上げます。Aフレームを引っ張っているロープは、タープポールに向かって張ると邪魔になりません。

グロッケ12TCでキャンプを満喫しよう!

テント
グロッケ12TCは、有効に使える居住空間が広く、設営が簡単なベル型ワンポールテントです。ベンチレーターが上下に設置されており、通気性がよく結露が少ないので快適です。
おしゃれな外観に合わせて、居室内のレイアウトを工夫すれば、キャンプの楽しみも深まるでしょう。
miyajimaworks

この記事のライター

miyajimaworks

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

テント

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

パップテントに薪ストーブをインストールする際に、実際に使えるパップテント10選を選び方とともに詳しく紹介します!また冬のキャンプで使える、パップテントにおすすめな薪ストーブもリサーチしたので、ぜひ購入時の参考にしてください。

ワンポールテントのレイアウト特集!快適に過ごせるおすすめアイテムも

テント

ワンポールテントのレイアウト特集!快適に過ごせるおすすめアイテムも

ワンポールテントで快適に過ごすためのレイアウトを紹介します。ポール周辺のスペースを有効活用できる家具や小物などをおすすめアイテムとしてまとめました。ソロからファミリータイプまで種類豊富なワンポールテントについて、それぞれに合ったレイアウトを解説します。

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

テント

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

黒いテントのおすすめブランドと、注意点やデメリットを解説していきます。黒いテントの魅力を、徹底的にまとめました。また、様々なデザインの黒いテントを、5つ紹介しています。黒いテントが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

DOD「カマボコテント3」の魅力に迫る!評判やメリット・デメリットも

テント

DOD「カマボコテント3」の魅力に迫る!評判やメリット・デメリットも

DOD「カマボコテント3」の魅力について紹介します。カマボコテント3の評判やメリット、デメリット、売り切れ続出となっている理由を解説!カマボコテント3のサイズやより快適な使い方、他のシリーズとの違いや改善点も解説しています。

イグニオのテントの評判・口コミは?コスパに優れたPBを調査!

テント

イグニオのテントの評判・口コミは?コスパに優れたPBを調査!

レビューの評価が高い、トンネル型テントを販売しているイグニオからテントを紹介します!キャンプで使用するイグニオのテント5選の口コミと評判を調査しました。品質良し、コスパ良しのプライベートブランドについても解説しています。

関連するキーワード

テントランキング

人気ランキング

話題のキーワード