「メガホーンⅢ」のレビューまとめ!ソロキャンプにおすすめ!

お気に入りに追加

冬キャンプに合う、メガホーンⅢについてまとめました。メガホーンⅢの商品情報を始め、特徴やソロキャンプにおすすめな理由もわかりやすく載せています。実際にメガホーンⅢを使っている人のレビューも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

「メガホーンⅢ」のレビューまとめ!ソロキャンプにおすすめ!

目次

  1. メガホーンⅢのレビューを紹介!
  2. メガホーンⅢの商品情報とレビュー
  3. メガホーンⅢはソロキャンプにおすすめのテント

メガホーンⅢのレビューを紹介!

メガホーンⅢは、煙突ポートが付いていて、薪ストーブが設置可能なテントです。このチムニータイプのメガホーンⅢは、薪ストーブを使う冬キャンプだけでなく、夏の日除けテントとしても使えます。
使い勝手の良さから人気の、メガホーンⅢについて多くのレビューが集まっています。これらのレビューを紹介しながら、メガホーンⅢの特徴をまとめていきます。

メガホーンⅢの商品情報とレビュー

商品情報

素材(フライ)

185t ポリエステル タフタ PUコーティング

素材(ホールカバー)

シリコンコーテッドファイバーグラス(穴幅:8×14cm)

素材(ロープ)

反射素材を編みこんだリフレクトロープ(φ3.5mm)

耐水圧

1800mm

総重量

3.76kg

収納サイズ

φ18.5×59cm

構成

フライ、上部キャップ、ホールカバー、ガイロープ×4、アルミポール(φ25㎜)Yペグ(18cm)×16、スマートロールバッグ

床面積

9.37㎡(約5.66畳)

レビュー①難燃性が高い

薪ストーブ

メガホーンⅢは、アメリカの難燃性基準であるCPAI-84に適合しています。CPAI-84は、もし引火しても4秒以内に自然消火すること、さらに燃焼距離が255mm以内であること、という厳しい基準です。メガホーンⅢ使用時に、万が一火の粉がかかっても燃え広がることはないので安心です。

レビュー②夏は涼しく冬は暖かい

メガホーンⅢは、シルバーUVカット加工が施されています。さらに、テントの両サイドには、内側メッシュの2枚扉がついていて風通しよく工夫できます。そのため、夏は涼しく過ごすことができます。もちろん、冬は薪ストーブによって暖かく使用できます。  

40代/男性
40代/男性

夏も冬も快適に過ごせる

評価:

冬は、メガホーンⅢの中に薪ストーブとローコットでのんびり冬キャンプを楽しんでいます。夏はインナーに蚊帳をつけて、過ごしています。快適ですよ!

レビュー③珍しいカラー

今までのメガホーンⅢは、ブラウン系のデザート、グリーン系のフォレストというアースカラーの2色展開でした。そこに、今回シルバーホワイトという新しいカラーが加わりました。
この新しいシルバーホワイトというカラーは、今までのメガホーンⅢのイメージを変える珍しいカラーといえるでしょう。
30代/男性
30代/男性

NEWカラーがいい感じ!

評価:

メガホーンⅢから出た、新しいカラーのシルバーホワイトがすごくいい感じです!今までのメガホーンⅢとは全く違うイメージで、すごく気に入っています!

レビュー④一人でも設営ができる

ソロキャンプ

メガホーンⅢは、モノポール構造なので、一人でも簡単に設営できるのが特徴です。ソロキャンプ用のテントとしても大変おすすめです。設営方法としては、テントの周りをペグダウンして、真ん中にポールを立てるだけ、ととても簡単。ソロキャンプでも余裕です。

30代/男性
30代/男性

一人でも簡単に設営できる

評価:

一人で初めて設営しましたが、6カ所だけのペグ打ちで簡単に建ちました。テンションの張り方がまだわからなくて戸惑いましたが、順番さえ覚えれば簡単に建ちますよ!

レビュー⑤縫製が粗い

メガホーンⅢについては、縫製が少し粗いというレビューが見られました。ただ、このコスパで、このクオリティなら問題なし、という意見の方が多いようです。

レビュー⑥コスパが良い

メガホーンⅢは、重さ4kg以下で、底面積は約6畳弱という広さ、素材のクオリティも高く、人気のワンポールテントです。コンパクトに収納できる収納バッグや、つけ外し簡単のテント上部キャップ、ペグ、ガイロープなど付属品も充実しています。
それでいて、3万円ちょっとというコスパの良さは、大きな魅力です。

レビュー⑦カンガルースタイルにも使える

インナーテント

テントの中にインナーテントをインするカンガルースタイル。メガホーンⅢは、中が広いのでインナーテントも楽に置くことができ(インナーテントは別売り)、もちろん薪ストーブも使用OKです。楽々、カンガルースタイルを楽しむことができます。

40代/男性
40代/男性

広さもあって良いサイズ!

評価:

サイズはサーカスTCより少し小さめで、ピルツ7より大きい感じ。自分にとってはちょうど良いサイズです!薪ストーブを置いても、いい感じに広さもあります。いい買い物をしました!

メガホーンⅢはソロキャンプにおすすめのテント

メガホーンⅢは、設営が簡単にできるため、ソロキャンプにおすすめです。また、テントの中は4~5人用の広さですが、薪ストーブを置くと若干狭くなります。それでも、ソロキャンプなら余裕の広さ。
一人で難なく設営でき、余裕のある空間でキャンプを楽しむことができるので、メガホーンⅢはソロキャンプにはうってつけといえるでしょう。メガホーンⅢに興味のある人は、ぜひ参考にしてくださいね。
kozu

この記事のライター

kozu

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

テント

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

パップテントに薪ストーブをインストールする際に、実際に使えるパップテント10選を選び方とともに詳しく紹介します!また冬のキャンプで使える、パップテントにおすすめな薪ストーブもリサーチしたので、ぜひ購入時の参考にしてください。

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

テント

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

日本のアウトドアブランド・テンマクデザイン「サーカスTC BIG」の魅力を徹底解説!また「サーカスTC BIG」と「サーカスTC」の違いも検証してみました。「サーカスTC BIG」のタープ連結方法やレイアウトも紹介していきますので、参考にしてみてください。

オガワのテント「ファシル」の魅力に迫る!口コミやサイズは?

テント

オガワのテント「ファシル」の魅力に迫る!口コミやサイズは?

オガワのテント「ファシル」について解説します。ファシルの製品情報をはじめ、美しいフォルムでコンパクトな居住性など人気の魅力に迫りました。どのような口コミがあるのか?また、疑問点を解決するQ&Aもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

ランドロックのインナーマットに最適のアイテムは?おすすめを紹介!

テント

ランドロックのインナーマットに最適のアイテムは?おすすめを紹介!

ランドロックのインナーマットに最適なアイテムの選び方を解説します。ランドロックのインナーマットの代用となるおすすめアイテムも紹介していきます!ランドロックのインナーマットをどれにしようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

サバティカル「スカイパイロットTC」レビューまとめ!設営方法も

テント

サバティカル「スカイパイロットTC」レビューまとめ!設営方法も

サバティカル「スカイパイロットTC」のレビューを一挙公開!テントの設営方法や、商品紹介も行っています。キャンプで楽しめるアレンジ方法も掘り下げているので、スカイパイロットTCが気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

関連するキーワード

テントランキング

人気ランキング

話題のキーワード