DDタープ「ビークフライ」の張り方まとめ!4×4・3×3の設営方法は?

お気に入りに追加

DDタープのビークフライの張り方について説明します。DDタープのビークフライに必要なアイテムとアレンジの仕方についても紹介!DDタープ3x3と4x4サイズの設営に必要なロープの本数や長さ、そしてペグの本数についてもまとめています。

DDタープ「ビークフライ」の張り方まとめ!4×4・3×3の設営方法は?

目次

  1. DDタープ「ビークフライ」の張り方を解説!
  2. DDタープはどんなアイテム?
  3. DDタープのビークフライの特徴
  4. DDタープビークフライの商品情報
  5. DDタープ4×4・3×3のビークフライを張る時に用意するもの
  6. DDタープビークフライを張る際におすすめの商品
  7. DDタープ4×4・3×3のビークフライの張り方手順
  8. DDタープのビークフライの設営アレンジ
  9. DDタープのビークフライQ&A
  10. DDタープのビークフライでタープ泊をしてみよう!

DDタープ「ビークフライ」の張り方を解説!

DDタープはDDハンモック社から発売されているタープです。DDタープは3×3や4×4などのサイズがあり、張り方にさまざまなアレンジができるのが特徴です。
軽量かつコンパクトでソロはもちろん、複数人のキャンプでも活躍します。DDタープは「ビークフライ」がオーソドックスで便利な張り方です。
ビークフライは雨や風対策のほか冬キャンの使用にも大活躍!アレンジの方法は無限にあるので、あなたのオリジナルのアレンジ方法をみつけてみましょう。
大人気のDDタープの長さや大きさによって、3x3や4x4など複数の種類があります。ビークフライで設営時に必要なペグの本数と、ポールやロープの長さなどを紹介!ぜひ参考にしてみてください。

DDタープはどんなアイテム?

使い方自在の便利なタープ

DDタープはどんなシチュエーションにも合うアレンジが自由自在なタープです。DDタープは3×3や4x4のサイズがコンパクトで使いやすいため、人気があります。
日除けや雨よけとしてのタープの使い方はもちろんですが、フルクローズしてテントのように中で寝ることも可能です。フルクローズすれば冬の寒さ対策としても使えるので、冬キャンでも大活躍。
ビークフライという張り方で前面部を開口すれば、前面に大きなリビングルームが完成します。DDタープから少し離せば、焚き火も楽しむことができます。
このようにDDタープはアレンジが多彩なので、とても人気があり注目されているアイテムです。

軽量で耐水性が高い

DDタープは軽量でコンパクト、しかも耐水性が高いのでソロキャンプには大活躍のアイテムです。DDタープの3×3は重量は1kg以下と超軽量です。耐水性はなんと3000mmもあります。
一般的なテントの耐水圧は1000〜2000mmが多いのですが、DDタープは非常に高い耐水圧であることがわかります。一時的な大雨が降ってきても、雨が染みてくる心配はありません。

バリエーション豊富

DDタープは17種類ものラインナップがあり、バリエーションが豊富です。それぞれの長さが3×3m、4x4mのほか、3.5×3.5m、5x5m、Sサイズ(2.8×1.5m)、Mサイズ(3.5×2.5m) 、XLサイズ(4.5×3m)の7種類存在します。
その中に迷彩柄のMCシリーズ、軽量モデルのSuperLight、ハイエンドモデルのPROの3つがあります。キャンプでの使い方やデザインなど、お好みにあわせて購入しましょう。
DDタープは長さ(大きさ)も色々あるで、アレンジがしやすく使い勝手が良いです。

4×4と3×3のサイズ

DDタープの中でも特に人気なサイズは4×4と3×3です。3×3サイズは非常にコンパクトでソロキャンプには最適です。3×3サイズでも大人一人がギリギリ横になれるくらい長さです。
4×4はビークフライの張り方をしたときに2mほどの高さがあるので、居住空間は快適です。タープ泊をするなら4×4サイズの方が余裕があっておすすめです。

DDタープのビークフライの特徴

DDタープのビークフライのメリット

DDタープのビークフライのメリットは5つあります。

  • 設営がとても簡単
  • タープ泊ができる
  • 全面を開くと開放的
  • ポールが邪魔にならない
  • おしゃれでカッコいい
ビークフライは上記のようなメリットがあるので、とても人気です。前面をオープンにしてテーブルやチェアを置き、焚き火をセットすればプライベートな最高の空間を演出することができます。
フルクローズにしてタープ泊もできるので、ビークフライの張り方をするだけで普通にキャンプを楽しめてしまうのです。
寒い冬でもDDハンモックとDDタープを利用すれば、十分にタープ泊をすることもできてしまいます。(防寒具や湯たんぽ、カイロ等は必須です)

DDタープのビークフライのデメリット

DDタープのビークフライのデメリットは3つです。

  • 居住空間は少し狭い
  • 強風や大雨には弱い
  • 極寒の冬キャンプには向いていない
3×3サイズでビークフライの張り方をした場合、大人1人寝ることはできますが、中に荷物を置くと狭く感じます。タープ泊するときは4×4サイズのほうがおすすめです。中に荷物をおいても余裕があります。
ビークフライは隙間があるので風や雨が強いときには不向きです。悪天候のときはステルス張りなど他の張り方にしたほうが良いでしょう。
DDタープで冬キャンプを楽しめます、マイナスの気温となるような極寒の冬キャンには向いていません。

DDタープビークフライの商品情報

DDタープ 3×3

出典: 楽天市場
DDハンモック社
DDタープ 3×3
6,980円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
軽量でソロキャンプにおすすめ!

DDタープ3x3は3m四方の正方形のタープです。タープの重量は790gと超軽(付属品抜き)。ソロキャンプに最適のタープです。

男性
男性

キャンプやツーリングに持っていくなら

評価:

3x3は大きすぎず小さすぎずこれくらいのサイズのタープが1番勝手が良いことがキャンプしていて思いました。バイクでキャンプするので収納サイズ、重さも重要ですが、このタープは良い感じです

DDタープ 4x4 DD Tarp 4x4 FOREST GREEN フォレストグリーン

出典: 楽天市場
DDハンモック社
DDタープ 4x4 DD Tarp 4x4 FOREST GREEN フォレストグリーン
9,100円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
4x4はタープ泊に最適!

DDタープの4x4サイズは4m四方の正方形のタープです。4mサイズのため居住空間を広く確保することができます。タープ泊をするときは荷物をおいても邪魔になりません。

Men
Men

多彩なアレンジが可能で便利!

評価:

初めてのタープですが動画や画像などネットで様々な張り方などが紹介してあり、自分のアレンジ次第で色々な形が出来て楽しいです。タープ泊や雨宿りとしても最適な大きさです。

DDタープ4×4・3×3のビークフライを張る時に用意するもの

DDタープ

まずはDDタープ本体が必要です。サイズはお好みでOKですが、3×3や4×4が人気です。ソロキャンプやツーリングなら3x3、ビークフライでタープ泊をするなら4×4サイズがおすすめです。

ポール

DDタープでビークフライの張り方をする場合は、ポールは最低1本必要です。そのほかに開口部をオープンにする場合にもう1本、さらに背部に短めのポールを1本追加することで室内の空間を広げる事ができます。
ポールの長さは3×3の場合は150mm、4×4の場合は180m〜200mm前後のポールを用意しましょう。

ペグ

ビークフライの設営時はペグが最低4本必要になります。DDタープを三角形状に3箇所ペグで固定し、ポールを固定するためのロープ部分で1本ペグを使います。
DDタープの付属品にペグが4本入っていますが、曲がりやすく固い地面には刺さりにくいのであまりおすすめできません。できれば違うペグを用意しておきましょう。
少し重くなってしまいますが、snowpeakのソリッドステークが定評がありおすすめです。ソリッドステークは300mmの長さがあれば十分です。

ロープ

DDタープにはロープも4本付属しています。付属品のロープもあまり耐久性が良くないため、別の商品に交換したほうが良いでしょう。
4mmくらいの太さのものを選んでおけば間違いありません。長さは4mのあれば十分です。4mの長さのロープを4〜5本あれば安心して設営できます。

カラビナ

カラビナは出入り口のタープの隙間を留めたり、物を吊るしたりするのに重宝します。100円ショップのものでも十分なので、2つくらい用意しておきましょう。
雨や冬の寒さ対策でフルクローズする時にカラビナを使えば、出入り口を簡単に閉じることができます。

必要な個数・長さ

DDタープ
(ビークフライ設営時)

3x3
クローズ時

3x3
オープン時

4x4
クローズ時

4x4
オープン時

ペグの最低本数

4本

5本

4本

5本

ポールの長さ

1本
150mm前後

2本
150mm前後

1本
180〜200mm前後

2本
180〜200mm前後

ロープの本数

1本

2本

1本

2本

ロープの長さ

3m1本

3m2本

4m1本

4m2本

居住空間を広げたい場合は、ポールとロープがさらに1本ずつ必要になります。強風時などはペグやロープの本数を増やして固定したほうが安心です。

DDタープビークフライを張る際におすすめの商品

スノーピーク ソリッドステーク30 snow peak

出典: 楽天市場
snow peak (スノーピーク)
スノーピーク ソリッドステーク30 snow peak
2,728円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
頑丈でどんな場面でも確実に固定

snow peak(スノーピーク)のソリッドステークは燕三条に伝わる鍛造製法なのでとても頑丈です。どんなに固い地面でも確実にタープを固定できます。キャンパーなら揃えておきたいアイテムのひとつ。

Men
Men

無敵で最強のペグです。

評価:

夏場のキャンプ時にテントをたてる際、地盤が固くてもガンガン刺さり風にもびくともしません。 色がはがれたり錆たりしても、やすりで削りカラースプレーで塗装して使っています。打ち込みする機能はもちろん、がっつり刺さったペグを抜く時に重宝します。

ロゴス(LOGOS)システム ロック ポール 230cm 【28段階調整】

出典: 楽天市場
ロゴス(LOGOS)
ロゴス(LOGOS)システム ロック ポール 230cm 【28段階調整】
2,700円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
3x3、4x4の両方に使える

高さを調節しやすいロックピン式。90cm〜230cm(28段階)に長さを調整が可能。ポールエンドロック付き。

男性
男性

コンパクトで便利!いろんなアレンジに使えそう。

評価:

テントシートの軒高さ調整で購入しました。強風下最大伸長では弱いと思いますが、2段目ノッチの範囲内での使用なら十分活躍してくれます!(^^ゞ 3x3、4x4など色々なサイズで使えて便利です。

GEERTOP テント ロープ 反射材入りパラコード ガイライン ガイドロープ アルミニウム自在金具付き

出典: 楽天市場
GEERTOP
GEERTOP テント ロープ 反射材入りパラコード ガイライン ガイドロープ アルミニウム自在金具付き 耐
1,318円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
アルミニウム自在金具付きなのですぐに使える

反射材のワイヤーが2本編み込まれているため視認性が高い。夜のキャンプも安心できます。コードは4mの太さで高級ナイロンを使用しており耐久性や耐荷重強度も問題ありません。

男性
男性

視認性は抜群です。

評価:

DDタープ・カモの装備品を赤で揃えようと色々探してましたが、この濃いめの赤色でリフレクター機能付きが大変気に入りました!自在金具も金色でアクセントが効いてて、後は使ってみての耐久性ですかね!! 

DDタープ4×4・3×3のビークフライの張り方手順

ビークフライの手順①タープを裏返して広げる

ビークフライ設営時はDDタープを裏返してから広げましょう。間違えて表面にならないように注意してください。
3x3も4x4もやり方はまったく同じです。

ビークフライの手順②3ヶ所ペグダウンする

DDタープを裏返して広げたら3ヶ所ペグダウンします。1辺の両サイドに2ヶ所と、サイド部分の1/2の地点に1ヶ所ペグで固定し直角三角形の床面を作ります。
YouTube動画での解説では、A、B、Cの位置になります。

ビークフライの手順③ガイラインを結ぶ

ペグダウンが終わったら、次にポールを立てて壁面を作ります。その前にポールを指す位置にガイドライン(ロープ)を結んでおきましょう。YouTube動画内ではDの位置にガイドラインを結びます。
そうしないと一人で設営する時に、ポールを支えることができません。ポールを立てる前にガイドラインを結んで置くのがポイントです。

ビークフライの手順④ポールを立てる

ガイドラインを結び終わったら、ポールを立てて固定します。ポールの先端部分を指す位置は出入り口の辺と反対側にある辺の中央部分です。
YouTube動画ではDの位置になります。ガイドラインを結んだ位置と同じですね。ポールの設置場所は出入り口の辺とサイドの1/2のペグした側の角の位置(B)となります。
そこにポールを固定して差して立ち上げます。すると三角形上の床面ができプライベート空間が確保できます。全面を開いてオープンスタイル、フルクローズにしてタープ泊仕様にできます。

DDタープのビークフライの設営アレンジ

オープンスタイル

ビークフライの設営といえば、オープンスタイルがもっともおしゃれで機能的です。前面部分をフルオープンにすることで、開放的なリビング空間を作ることができます
焚き火スタイルも可能なので、ぜひおすすめしたい設営方法です。焚き火を見ながらゆっくりとソロキャンプを楽しめます。

居住スペース広々スタイル

ビークフライでは居住スペースを広くすることができます。
ビークフライはを雨対策や冬などフルクローズにした場合、居住スペースが少し窮屈に感じてしまいます。そこで居住スペースをすこし広げるために、ポールとロープを1本追加します。
背面部分に1ヶ所ロープをつなぎ、後ろに引っ張ることで中の居住スペースを確保できます。キャンプ道具を置いても狭く感じないスタイルなのでおすすめです。

DDタープのビークフライQ&A

ビークフライの設営時はインナーテントは必要ですか?

ビークフライでタープ泊をする場合は、虫が気になるようならインナーテントを使用するか蚊帳を用意しましょう。コンパクトなタイプの蚊帳もあるのでDDタープ内で使用することは可能です。

冬のキャンプに向いていますか?

冬の寒さ対策にビークフライの張り方はとても適しています。フルクローズをすれば、風や冷気から身を守ることができます。しかし隙間はできてしまうので、完全には風をシャットアウトすることはできません。

DDタープの設営にはそのようなアレンジ方法がありますか?

DDタープはたくさんのアレンジ方法があります。「ビークフライ」をはじめ、「ステルス張り」、「ダイヤモンド張り」「A張りスタイル」などの他、普通のタープとしても使えます。更にハンモックと組み合わせてをするアレンジ方法などもあり便利です。

DDタープのビークフライでタープ泊をしてみよう!

DDタープのビークフライについて紹介しました。3x3はソロキャンプにおすすめで、4x4はタープ泊にちょうど良い長さです。
張り方もたくさんのバリエーションがあるので、あなたのキャンプスタイルに合わせてアレンジしてみましょう。
冬にオープンスタイルで焚き火をしながら、ゆっくりコーヒーを飲みながら過ごすのもいいですね。DDタープを一度使ってみてはいかがでしょうか?
きっとDDタープの魅力にハマってしまうでしょう。
ウイングタープはソロキャンプにもおすすめ!メリットと設営方法

あわせて読みたい

ウイングタープはソロキャンプにもおすすめ!メリットと設営方法

タトンカタープの魅力に迫る!モデルの特徴や張り方をチェック!

あわせて読みたい

タトンカタープの魅力に迫る!モデルの特徴や張り方をチェック!

urataka

この記事のライター

urataka

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

100均のブルーシートでタープを自作!雨よけ・車を使った作り方は?

タープ

100均のブルーシートでタープを自作!雨よけ・車を使った作り方は?

100均でも購入できるブルーシートでタープを自作する方法を紹介していきます!100均のブルーシートを使う時の注意点や、雨よけのためのタープや車を使った作り方などを解説します。また、ポールなしでの自作の仕方や庭での自作方法などの質問にも答えていきます。

DDタープのステルス張りまとめ!設営手順やポールの長さは?

タープ

DDタープのステルス張りまとめ!設営手順やポールの長さは?

DDタープの中でも代表的なステルス張りについてまとめました。ステルス張りをする前にあらかじめ準備したいもの、設営手順など、詳しい情報を紹介しています。DDタープの設営に役立つロープワークも載せているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ヘキサタープの張り方応用編!覚えておきたいアレンジとテクニック!

タープ

ヘキサタープの張り方応用編!覚えておきたいアレンジとテクニック!

ヘキサタープの張り方の応用テクニックを紹介します。キャンプの時にテントと併設して使うと便利な、設置の応用方法とアレンジ一覧なども含めた内容をまとめました。また、現地でのヘキサタープの張り方で、覚えておきたい注意点なども解説していきます。

DDタープの4×4と3×3を比較!人数別のおすすめサイズは?

タープ

DDタープの4×4と3×3を比較!人数別のおすすめサイズは?

DDタープの4x4と3x3の大きさや選び方の基準などについて説明しています。DDタープの3つの種類や3x3と4x4の使い分けについても解説!DDタープのメジャーな張り方である「ビークフライ」「ステルス張り」「ダイヤモンド張り」についても詳しく紹介します。

カーサイドタープの自作方法は?おすすめアイテム5選も紹介!

タープ

カーサイドタープの自作方法は?おすすめアイテム5選も紹介!

カーサイドタープの自作方法と、おすすめアイテムを詳しく解説します!カーサイドタープの魅力や、初心者でも簡単に作れる方法をまとめました。さらに、多種多様な車種に取り付けやすい商品も、5選紹介しています。カータイプに興味がある方は、ぜひ参考にして下さい。

関連するキーワード

タープランキング

人気ランキング

話題のキーワード