焚き火におすすめのタープ8選!難燃性に優れた軽量アイテムも!

お気に入りに追加

焚き火の近くで設営できるタープをまとめています。安いのにコスパ抜群と評判の焚き火タープや、人気のヘキサタイプの軽量タープなど、おすすめアイテムを徹底調査!安全に焚き火を楽しめる配置方法や、スクリーンタープの是非についても紹介しています。

焚き火におすすめのタープ8選!難燃性に優れた軽量アイテムも!

目次

  1. 焚き火タープのおすすめ8選を紹介!安くてコスパがいいのは?
  2. 焚き火タープの選び方
  3. 焚き火タープのおすすめ8選
  4. 焚き火タープ比較表
  5. 焚き火タープ使用時のポイント
  6. 焚き火タープのおすすめ8選まとめ

焚き火タープのおすすめ8選を紹介!安くてコスパがいいのは?

2人でキャンプをしている様子
雨の日のキャンプでも焚き火を諦めたくないというキャンパーに必須なのが、焚き火タープです。タープの種類には自立型のスクリーン、六角形のヘキサなど幾つかありますが、焚き火の近くで使うならスクリーンがなく、難燃性素材でできたタープがおすすめです。
この記事では焚き火の近くでも使えるおすすめのタープを調査しました。安いのに安心して使えるコスパに優れた焚き火タープや、軽量タイプなど人気のアイテムを紹介しています。また、気になる焚き火やテントとの配置方法についてもまとめています。

焚き火タープの選び方

焚き火近くでタープを使うなら、火災と一酸化炭素中毒の危険があるため、空間がクローズになりがちなスクリーンタイプは止めておいた方が良いと言われています。本項では選び方のポイントをまとめました。

焚き火タープの選び方①素材・難燃性

タープの下で焚き火をしている
キャンプ用のタープはその多くが軽量の化学繊維で作られています。しかし、化学繊維の場合は一般的に火に弱く、焚き火の近くでの使用には向きません。直接火に当たらなくとも、飛んだ火の粉で生地に穴が空いたり、火が燃え広がる危険性もあります。
そのため、まずは難燃性の高い素材でできているかどうかに注目して選びましょう。また、同じ難燃性が高い素材でもそれぞれ特徴が異なります。素材ごとの特徴を以下にまとめましたので確認してください。

コットン

天然素材ならではのざっくりした風合いのコットンは、火に強い素材です。化繊素材に比べると火の粉がついても穴が空きにくく、燃え広がりにくいのが特徴です。
経年使用と共に色合いの変化などが楽しめるコットン素材ですが、重くてかさばりやすいのが弱点です。雨などで吸水するとずっしりと重量が増すので注意しましょう。

ポリコットン(TC)

ポリコットン(TC)はコットン混紡素材です。軽量なポリエステル糸に、火に強いコットン糸を混紡したハイブリッド素材で、その両方の長所を受け継いでいます
熱に強く、コットンよりも雨に強いのが特徴です。また、比較的価格が安いアイテムが多いため、キャンプ用品はできるだけ安いもので揃えたい人や、コスパに優れたタープを探している人には特におすすめの素材です。

難燃性ポリタフタ

難燃性ポリタフタは、縦横に極細の糸を平織りして作る高密度の生地です。表面が滑らかで薄手、軽量である点が特徴的です。

焚き火タープの選び方②形・デザイン

タープの形にはスクリーン、ヘキサ、レクタなど幾つかの種類があります。その中で焚き火タープに使えるのはヘキサ、レクタといったオープンタイプの形状のものです。
一般に火災や一酸化炭素中毒の危険があるため、クローズになりがちなスクリーンタープは火気厳禁とされています。焚き火をする際にはスクリーンのない形のタープを選びましょう。

レクタタープ

レクタタープはスクリーンのような壁がないオープンタイプのタープです。長方形のシンプルな形が特徴で、ヘキサタープに比べ大人数でも使いやすいです。
最大の特徴は、ポールの使い方を工夫することによって様々な張り方のアレンジができる点です。コスパに優れた形とも言えます。工夫すれば簡易的に屋根を作ることも可能です。シンプルな形だからこそ、撤収時の片付けが楽に行える点も魅力の一つです。

ヘキサタープ

ヘキサタープもまたスクリーンでないオープンタイプのタープで、焚き火をする時のタープにおすすめです。六角形で開放感があり、見た目の美しさも魅力です。
設営撤収は慣れればスクリーンより短時間で、簡単に行えます。レクタに比べると熱がややこもりやすいとも言われています。人数は1~4人程度の少人数での使用に向いています。

焚き火タープの選び方③大きさ・軽量さ

テントにかぶさるようにタープを張っている
焚き火タープを選ぶときには難燃性の素材かどうか、適した形であるかどうかということと共に、大きさと軽量さについても注目しましょう。大きさは使用する人数に合わせて選びます。
グループキャンプには大きいものを、ソロキャンプには小さいものを選びます。軽量のタープを選ぶと設営撤収時の負担が軽くなります。一般にコットン素材のタープは重くかさばるため、軽量さを重視するならば、TCまたは難燃性ポリタフタのものを選ぶといいでしょう。

焚き火タープのおすすめ8選

各メーカーから出ているヘキサ、レクタタイプの焚き火タープをまとめました。コスパに優れたアイテムや、持ち運びに便利な軽量タイプなどをチェックしています。ぜひ焚き火タープ探しの参考にしてください!

①テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC“焚き火”version

出典: 楽天市場
テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
18,480円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
伝説のムササビウイングデザイン

美しいカーブが独特な形状でキャンパーの間でもファンが多い、テンマクデザインの焚き火タープです。少人数の使用に最適なサイズです。本体はTC素材で、耐久性が高く火の近くでも安心して設営できます。

総重量 2,150g
サイズ 約390×380/240(幅)cm
素材 コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%)
30代/男性
30代/男性
シルエットが美しいので、きれいに張りたくなります。配置が難しいと思いきや、案外左右からの視線を遮ってくれ機能面でも満足です。やや重いので軽量さを求める人には向いていないかもしれません。

使用例

②テンマクデザイン 焚火タープTCコネクトヘキサ

出典: 楽天市場
テンマクデザイン
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)焚火タープTCコネクトヘキサ
29,480円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
サーカスTCと連結するなら一押し

同ブランドから出ているサーカスTC、サーカスコットンとの連結レイアウトが楽しめるヘキサタープです。単体でも使用可能です。素材はコットンとポリエステルの混紡で、コットン比率が高く火にも強い素材です。また、雨をしっかりとはじき、ゆっくりとくつろげるスペースを確保できる点も魅力的。

総重量 5,344g
サイズ 約580×450×280(推奨高さ)cm
素材 コットン混紡生地(TC)撥水加工済み、ポリエステル65%、コットン35%、縁部/ナイロン
20代男性
20代男性
メーカーが推奨するテントとスマートに連結できるのがうれしいです。雨キャンプでも快適に過ごせました。コットンが高比率の割には軽いと思います。価格がもう少し安いとうれしいです。

使用例

③ビジョンピークス ファイアプレイスTCレクタタープ

出典: 楽天市場
ビジョンピークス
レクタタープ ファイアプレイスTCレクタタープ VP160202G01 ビジョンピークス VISIONPEAKS
18,900円(税込)
楽天市場で詳細を見る
コスパ優秀の大きめサイズ

コットン混紡素材のレクタタープで、火に強く耐久性が高いのが特徴です。収容人数は4~5人、長方形で有効面積が広いため、設営配置のバリエーションが豊富に変えられる点も魅力的。テントと連結して配置すればスクリーンタープのような使い方もできそうです。

総重量 約5,400g
サイズ 最大幅約430cm×最大長約460cm
素材 TC(ポリエステル65%、コットン35%)
30代女性
30代女性
冬キャン用に選びました。有名メーカーと比べると価格が安いわりに、丈夫に作られていてコスパ最強だと思います。家族3人分のイスやテーブルを並べても余裕がある広さです。

使用例

④テンマクデザイン ムササビウイング13ft.コットン“焚き火”version

出典: 楽天市場
テンマクデザイン
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)ムササビウイング13ft.コットン“焚き火”version【タープ】
25,080円(税込)
楽天市場で詳細を見る
人気シリーズのコットン100バージョン

美しい張り姿が人気のムササビウイングの、コットン100%バージョンです。漂白していないコットンそのままの風合いはナチュラル感があり、自然素材特有の経年変化を楽しめる商品です。

総重量 3,200g
サイズ 縦約380cm×横約240cm・370cm
素材 コットン100%、撥水抗カビ加工
30代男性
30代男性
ソロキャンプにぴったりの大きさで、ナチュラル感が良い感じです。撥水加工されている点も気に入りました。

使用例

⑤タトンカタープ

出典: 楽天市場
タトンカ
タトンカ タープ 1TC Tatonka Tarp ポリコットン
34,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る
超軽量で取り回しやすい

ポリコットンの火に強いモデルで、コットン混紡のタープとしては超軽量なのが魅力的です。冬の焚き火にも夏の日差しにも強い大きめサイズで、ファミリーキャンプ、グループキャンプにもおすすめです。

総重量 2,950g
サイズ 425cm×445cm
素材 ポリコットン(コットン35%、ポリエステル65%)
40代男性
40代男性
火の粉耐性がありながら超軽量!荷物が多くなりがちなファミリーキャンプなので、軽量さがありがたいです。張り方を工夫すれば雨除けもしやすい形です。

使用例

⑥キャンプオンパレード メイドトゥメジャータープ

出典: 楽天市場
キャンプオンパレード
キャンプオンパレード メイドトゥメジャータープ ポリコットン
27,000円(税込)
キャンプオンパレード公式HPで詳細を見る
オーダーメイドで自分好みにカスタマイズ

11色の中から好みの色の組み合わせでカスタマイズできる、おしゃれなオーダーメイドのポリコットンタープです。サイズも1m単位でカスタムでき、使用人数に合わせて作ることができます。価格は27,000円から大きさに応じて異なります。
カラーの他、グロメットの追加や位置の移動など細部まで変更できるので、タープ選びに徹底的にこだわりたい人にぜひおすすめしたい商品です。

サイズ 3m×3m~5m×7m
素材 ポリコットン(ポリエステル65%、コットン35%)
30代女性
30代女性
なんといってもおしゃれでキャンプ場でも他では見かけないデザインなので小さい子供でも目印にしやすいようです。安い買い物ではないですが、長く大切に使いたいと思えるアイテムです。

使用例

⑦ FIELDOOR ヘキサタープTCポリコットン

出典: 楽天市場
FIELDOOR
ヘキサタープ T/C ポリコットン Mサイズ
7,020円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
コスパ抜群!グループキャンプにおすすめ

遮光性、難燃性、耐久性に優れたTC生地です。別売りのポールを使用することで、レイアウトの幅が広がります。4~6人の大人数でも使いやすい大型サイズでファミリーキャンプにもおすすめです。撥水、防カビ加工が施されているので手入れが楽なのもポイントです。

総重量 4.4kg
サイズ 約440cm×470cm
素材 ポリコットン(ポリエステル65%、コットン35%)
20代男性
20代男性
この大きさで2万円以下は安いと思います。安いタープを探している人におすすめしたいです。支柱を最大にすればタープ下で焚き火をしても安心してできる高さになりました。

使用例

⑧snow peak TAKIBIタープオクタ

出典: 楽天市場
スノーピーク
スノーピーク snow peak TAKIBIタープ オクタ TP-430
76,780円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
機能性とスタイリッシュさを求めるなら

有名アウトドアブランド、スノーピークの変形八角形のタープです。有効面積を広くとれるため焚き火を囲んでもスムーズな動線を確保できます。幕が2重になっているので遮光性が高いのもポイント。

総重量 8.9kg
収納サイズ 83×25×26(h)cm
素材 ポリエステル・コットン混紡
40代男性
40代男性
デザイン性、機能性共に優秀なスノーピークが好きなので値段は張りますが、一生大事にしたいアイテムです。撥水加工の他に、UV加工もしてあり夏場も重宝します。

使用例

焚き火タープ比較表

ムササビウイング13ft.TC“焚き火”version

焚火タープTCコネクトヘキサ

ファイアプレイスTCレクタタープ

ムササビウイング13ft.コットン“焚き火”version

タトンカタープ

メイドトゥメジャータープ

FIELDOOR ヘキサタープ

スノーピーク snow peak TAKIBIタープ オクタ

画像

特徴

ソロキャンプにおすすめ
・独特の美しい張り姿
・左右からの視線も遮ることができる

サーカスTCと連結でき、単体でも使える
・水弾きがいい
・コットン混紡の割りに軽量

長方形で有効面積が広い
・価格が安くコスパ優秀
・レイアウトのバリエーションが豊富

人気のムササビウイングのコットン版
・ナチュラルな風合い
・経年変化を楽しめる

超軽量のポリコットン素材
・大きめサイズでグループキャンプにおすすめ
・張り方の工夫でも雨除けにも使える

カラーや部品のオーダーメイドが可能
・少人数から大人数まで大きさも変えられる
・自分好みにカスタマイズしたい人におすすめ

大人数サイズなのに2万円以下とコスパ抜群
・遮光性、耐火性に優れたポリコットン素材
・撥水、防カビ加工が施されている

難燃性のインナールーフを備え遮光性が高い
・有効面積が広い変形八角形
・スタイリッシュな外観

商品リンク

楽天(18,480円) 楽天(29,480円) 楽天(18,900円) 楽天(25,080円) 楽天(34,800円) キャンプオンパレード(27,000円) 楽天(15,400円) 楽天(76,780円)

焚き火タープ使用時のポイント

焚き火タープを実際に使う際には、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか?本項では安全に使える配置方法や、使用後のお手入れなど知っておきたいポイントについてまとめています。

焚き火タープ使用時のポイント①レイアウトを工夫する

設営時には配置の仕方を工夫しましょう。焚き火を中心に置き、椅子で囲むようにすると冬場も快適に過ごせます。風向きを考えて焚火の炎や火の粉がタープにかからないように配置することも大切です。
また、テントと連結させるようなレイアウトにすれば、テントをスクリーンのように使えます。ただしテントと連結させる場合、テント内がクローズになるため換気には十分留意する必要があります。

焚き火タープ使用時のポイント②火が当たらないよう気をつける

焚き火が燃えている様子

焚き火タープは燃えにくい素材でできていますが、防火素材ではありません。設営の際には炎が直接当たらないように、配置や高さには十分気をつける必要があります。

別売りの難燃シートでより安全に

タープ下で焚き火をするなら配置と素材にこだわる必要がありますが、難燃シートを併用するとより安全に行うことができます。難燃シートはいいものでは1,000円台から揃えることができます。

焚き火タープ使用時のポイント③使用後はお手入れを忘れずに

タープをできるだけ長持ちさせるためにも、使用後の手入れはきちんと行うようにしましょう。晴れていれば撤収前に風をよく通し、湿気を飛ばしておきましょう。雨天であれば持ち帰った後に、全体を広げてよく乾燥させることが重要です。
また、タープの下で焚き火をする場合、内側に煤汚れが付着することがあります。煤汚れは細かい煤の粒子が繊維の中に入り込んでいるため、歯ブラシなどで掻き出してから固形石鹸等を塗りつけぬるま湯でもみ洗いするときれいになります。

焚き火タープのおすすめ8選まとめ

湖のそばでタープを張っている
雨の日のキャンプでも快適に焚き火を楽しめるのが焚き火タープです。火災や一酸化炭素中毒の危険を避けるため、難燃性素材の生地を選び、形はスクリーンではなくヘキサ、レクタなどオープンタイプを選びましょう。
記事ではコスパに優れたおすすめのヘキサ、レクタタープをまとめました。また、設営と撤収が楽になる軽量タイプの焚き火タープも紹介しています。できるだけキャンプ用品は安いもので揃えたいという人も、安全のために素材や配置には十分気をつけて焚き火を楽しみましょう。
ユーカリ

この記事のライター

ユーカリ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

100均のブルーシートでタープを自作!雨よけ・車を使った作り方は?

タープ

100均のブルーシートでタープを自作!雨よけ・車を使った作り方は?

100均でも購入できるブルーシートでタープを自作する方法を紹介していきます!100均のブルーシートを使う時の注意点や、雨よけのためのタープや車を使った作り方などを解説します。また、ポールなしでの自作の仕方や庭での自作方法などの質問にも答えていきます。

DDタープのステルス張りまとめ!設営手順やポールの長さは?

タープ

DDタープのステルス張りまとめ!設営手順やポールの長さは?

DDタープの中でも代表的なステルス張りについてまとめました。ステルス張りをする前にあらかじめ準備したいもの、設営手順など、詳しい情報を紹介しています。DDタープの設営に役立つロープワークも載せているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ヘキサタープの張り方応用編!覚えておきたいアレンジとテクニック!

タープ

ヘキサタープの張り方応用編!覚えておきたいアレンジとテクニック!

ヘキサタープの張り方の応用テクニックを紹介します。キャンプの時にテントと併設して使うと便利な、設置の応用方法とアレンジ一覧なども含めた内容をまとめました。また、現地でのヘキサタープの張り方で、覚えておきたい注意点なども解説していきます。

DDタープの4×4と3×3を比較!人数別のおすすめサイズは?

タープ

DDタープの4×4と3×3を比較!人数別のおすすめサイズは?

DDタープの4x4と3x3の大きさや選び方の基準などについて説明しています。DDタープの3つの種類や3x3と4x4の使い分けについても解説!DDタープのメジャーな張り方である「ビークフライ」「ステルス張り」「ダイヤモンド張り」についても詳しく紹介します。

DDタープの張り方を種類別に調査!ステルスやピークフライをマスター

タープ

DDタープの張り方を種類別に調査!ステルスやピークフライをマスター

DDタープの張り方を詳しく解説します。DDタープの様々な張り方を、特徴やポイントと一緒に紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。DDタープの基本情報や魅力についてもまとめているので、DDタープについて詳しくなりたい方におすすめです。

関連するキーワード

タープランキング

人気ランキング

話題のキーワード