人気タープ「タトンカ3TC」の魅力に迫る!サイズや張り方は?

お気に入りに追加

人気タープ「タトンカ3TC」の魅力に迫ります。タトンカ3TCの商品情報を口コミ添えて紹介。魅力を3つの項目に分けて詳しく説明していきます。タトンカ3TCの張り方やアレンジ方法などQ&Aを交えてわかりやすく解説していきますので、是非チェックしてください。

人気タープ「タトンカ3TC」の魅力に迫る!サイズや張り方は?

目次

  1. タトンカタープ3TCの魅力や張り方を紹介!
  2. タトンカタープ3TCの魅力
  3. タトンカタープ3TCの張り方!
  4. タトンカタープ3TCについてのQ&A
  5. タトンカ3TCはソロキャンプでもおすすめ!

タトンカタープ3TCの魅力や張り方を紹介!

ドイツの人気アウトドアブランドタトンカ。数ある人気アイテムからタープ3TCの魅力に迫ります。タトンカタープ3TC商品情報をクチコミ添えて解説します。また、タープの張り方手順やアレンジ方法まで紹介するので、チェックしてください。

タトンカタープ3TCの魅力

タトンカタープ3TC

出典: 楽天市場
TATONKA(タトンカ)
タープ 3TC
30,359円(税込)
楽天市場で詳細を見る
開放的で軽やか

タトンカタープ3TCの形状はウイングタープで、羽を広げた鳥のようなフィルムをしています。開放的な形状のおかげで、キャンプ場ではリラックスしながらキャンプを楽しめることでしょう。

サイズ 400×400cm
重量 2.10kg
素材 ポリコットン(ポリエステル65%、コットン35%)
30代/男性
30代/男性

色合いがいい!

評価:

色合いが好みで購入を決めました。すごくリラックスできる色合いでキャンプを堪能できました。サイズもちょうど良いし、ソロでも設営できるところが良い!急な雨にも耐えてくれるし、買って正解でした。次はアレンジして設営に挑戦したいです。

魅力①サイズがちょうど良い

タトンカタープ3TCのサイズはちょうど良くて、張った姿がすごくかっこいい作りとなっています。1〜3人の少人数のキャンプや、張り方によっては、家族でも使用することができます。少し広めのリビング空間を作りたい人に、おすすめのサイズとなっています。

魅力②コットンの色合いがオシャレ

タトンカタープ3TCのカラーは1色のみです。コクーンという色で、少し緑のかかったカーキ色は心をリラックスさせます。この色のおかげでキャンプ場では、落ち着いた時間を過ごすことができます。

魅力③撥水性があり、燃えにくい

素材である、「ポリコットン」はポリエステルとコットンの有用性をフルで生かしています。水を通しにくく、難燃性があり、価格が手ごろ。アウトドアアイテムとして非常に優れています。
難点としては、少し重く、乾きにくいことです。それでもタトンカタープ3TCが優れたアイテムであることは間違いありません。

タトンカタープ3TCの張り方!

設営方法

  1. タトンカタープ3TCを地面に広げる。
  2. 四隅にガイドロープをつける。
  3. ロープを緩めた状態でペグダウンする。
  4. 四隅の穴にポールを通し立てる。

設営は非常に簡単で、ソロキャンプでも楽々設営ができますメイングロット部は最初からハトメがされていて丈夫ですが、他にもポールを通す穴がありますので事前にハトメすることをおすすめします。

アレンジ方法

タトンカタープ3TCの使用用途によって、張り方にアレンジができます。小川張りと呼ばれるものやレクタ張りと呼ばれるものなど、さまざまなアレンジ方法があります。
「小川張り」とは、本来メインポール立てるところにテントを潜り込ませるスタイルです。雨が降っても傾斜になっているため、すぐに下に流れて溜まることもありません。
「ムササビ張り」は強風の時に有効的な張り方です。暴風時にも崩れることなく守ってくれます。少し狭い空間になってしまいますが、強風時に快適に過ごしたい方にはおすすめな張り方です。

タトンカタープ3TCについてのQ&A

ポールやガイロープは付属していますか?

ポールは付属していません。なので自身で用意する必要があります。ガイロープは付属していますが、少し頼りない物です。ガイロープも別で用意することをおすすめします。

ポールはどんな物を選べばいいの?

どれを使わないといけないという決まりはありません。あらかじめどのように張りたいかを決めて、そこからポールを選ぶことをおすすめします。

タープの下で火を使っても大丈夫ですか?

完全に大丈夫というわけではありませんが、難燃性なので使用しても問題ありません。気を付けていれば料理でも焚き火でも自由に楽しめます。

タトンカ3TCはソロキャンプでもおすすめ!

タープ
タトンカタープ3TCは非常に優秀なアイテムで、持っていれば、キャンプで快適に過ごせること間違いなし。アレンジして設営に工夫ができるところもおすすめポイント。
設営も後片付けも簡単でソロキャンプでも難なく使用できます。タトンカタープ3TCをゲットして快適なキャンピングライフを送りましょう。
naru

この記事のライター

naru

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

100均のブルーシートでタープを自作!雨よけ・車を使った作り方は?

タープ

100均のブルーシートでタープを自作!雨よけ・車を使った作り方は?

100均でも購入できるブルーシートでタープを自作する方法を紹介していきます!100均のブルーシートを使う時の注意点や、雨よけのためのタープや車を使った作り方などを解説します。また、ポールなしでの自作の仕方や庭での自作方法などの質問にも答えていきます。

DDタープのステルス張りまとめ!設営手順やポールの長さは?

タープ

DDタープのステルス張りまとめ!設営手順やポールの長さは?

DDタープの中でも代表的なステルス張りについてまとめました。ステルス張りをする前にあらかじめ準備したいもの、設営手順など、詳しい情報を紹介しています。DDタープの設営に役立つロープワークも載せているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ヘキサタープの張り方応用編!覚えておきたいアレンジとテクニック!

タープ

ヘキサタープの張り方応用編!覚えておきたいアレンジとテクニック!

ヘキサタープの張り方の応用テクニックを紹介します。キャンプの時にテントと併設して使うと便利な、設置の応用方法とアレンジ一覧なども含めた内容をまとめました。また、現地でのヘキサタープの張り方で、覚えておきたい注意点なども解説していきます。

カーサイドタープの自作方法は?おすすめアイテム5選も紹介!

タープ

カーサイドタープの自作方法は?おすすめアイテム5選も紹介!

カーサイドタープの自作方法と、おすすめアイテムを詳しく解説します!カーサイドタープの魅力や、初心者でも簡単に作れる方法をまとめました。さらに、多種多様な車種に取り付けやすい商品も、5選紹介しています。カータイプに興味がある方は、ぜひ参考にして下さい。

DDタープの4×4と3×3を比較!人数別のおすすめサイズは?

タープ

DDタープの4×4と3×3を比較!人数別のおすすめサイズは?

DDタープの4x4と3x3の大きさや選び方の基準などについて説明しています。DDタープの3つの種類や3x3と4x4の使い分けについても解説!DDタープのメジャーな張り方である「ビークフライ」「ステルス張り」「ダイヤモンド張り」についても詳しく紹介します。

関連するキーワード

タープランキング

人気ランキング

話題のキーワード