ソロキャンプにおすすめのタープ15選!コンパクト・軽量の人気アイテムも

お気に入りに追加

ソロキャンプにおすすめのタープを紹介します。コンパクトサイズで軽量の人気アイテムを中心にまとめました。ソロキャンプにタープが必要な理由についても解説!焚き火ができる、価格が安いなど、様々なポイントに注目して選びましたので、チェックしてみてください。

ソロキャンプにおすすめのタープ15選!コンパクト・軽量の人気アイテムも

目次

  1. おすすめのソロキャンプ用タープを徹底紹介!
  2. ソロキャンプにタープが必要な理由
  3. ソロキャンプ用タープの種類
  4. ソロキャンプにおすすめのタープ15選
  5. ソロキャンプにおすすめのタープ15選の比較表
  6. ソロキャンプにおすすめのタープに関するQ&A
  7. 自分好みのソロキャンプ用タープを見つけよう!

おすすめのソロキャンプ用タープを徹底紹介!

タープが無くてもソロキャンプはできますが、タープがあれば、キャンプの楽しみがより深まります。この記事では、ソロキャンプにタープを導入するメリットや、おすすめのソロキャンプ用タープを紹介します。タープの種類ごとの特徴もまとめているので、参考にしてみてください。

ソロキャンプにタープが必要な理由

理由①雨除け

タープがあれば、雨でも外で調理したり、景色を眺めたりしてソロキャンプを楽しめます。また、水濡れを防いで、ソロキャンプに必要な作業を円滑に進めるためにも役立ちます。
テント設営時にすでに雨が降っているときは、タープを先に張るのがおすすめです。雨除けできるスペースが確保でき、準備がスムーズに進みます。
雨のときは、部分的に低く張って水の逃げ道を作っておくと、タープに水が溜まりません。火に強い生地なら、雨の日でも焚き火ができます。

理由②日除け

気温が高い真夏日にソロキャンプをしても、日陰の下では意外と涼しく過ごせます。暑さによる体力の低下や、熱中症予防のためにも、タープが必要です。テントと違って、タープは側面が開いているので、風が通り抜けやすく涼しく感じます。
使用している生地によっては、遮光性に優れたものや、UVカット加工された製品もあります。濃い色の生地は、日光をさえぎる効果が高く、真夏のソロキャンプの日除けにおすすめです。

理由③雪除け

冬にソロキャンプをするなら、雪対策が必要ですが、タープは雪除けにも役立ちます。張り方を調節すれば、自由に形状を変えられるので、雪が落ちやすい角度に設営できます。
雪除けだけでなく、テントの上に張れば、冷気をさえぎって防寒対策にも役立ちます。また、テントとの間に空気の層を作って、結露対策にもなります。

理由④風が強い時に役立つ

強風の中で長時間過ごすと、意外と体力や気力を消耗します。より快適なソロキャンプのためには、風の影響を緩和するタープが必要です。風上側を低めにして、長めのペグを使ってしっかり設営すれば、風でも倒れにくいです。

理由⑤プライベート感が損なわれない

周囲からの視線をさえぎって、プライベート空間を確保するためにも、タープは必要です。タープは解放感が高い印象がありますが、地面近くに張れば、テントのように壁を作ることができます。
ソロキャンプで、一人の時間を楽しみたい人におすすめの張り方です。また、荷物番がいなくて防犯面が不安なときにも役立ちます。

理由⑥木の下でソロキャンプする時に便利

木の下でソロキャンプをすると、木の枝や落ち葉、木にとまっていた虫や鳥のフンが落ちてくることがあります。タープがあれば、それらを気にせず快適なソロキャンプになります。
木陰があるから、タープは必要ないと思われるかもしれません。しかし、食事をしたりソロキャンプでゆっくり過ごしたいなら、木の下でもタープを張るのがおすすめです。

理由⑦タープ泊ができる

ソロキャンプだと、必要なスペースが少なくて済むので、タープ泊がしやすいです。テントを使わず、タープの下でコットやハンモックを使って宿泊すれば、荷物が軽減できます。
正方形や長方形などシンプルな形のものは、テントのように壁を作りやすく、タープ泊に向いていると言われています。雨や風の影響を受けやすいですが、タープ泊ができれば、テントの必要がありません。

広いテントの場合はタープはいらない

天候の変化に対応したり、プライベート空間の確保したりするために、ソロキャンプでもタープは必要です。
しかし、前室が広いテントや、キャノピーが大きくとれるテントは、タープと同じ役割を果たします。このような広いテントでソロキャンプを行う場合は、タープなしでも問題無いでしょう。

ソロキャンプ用タープの種類

種類①レクタタープ

2本のメインポールと4本のサブポールで設営し、切り妻屋根のような三角形の形状に張られることが多いです。長方形または正方形で、アレンジの幅が広く、テントのように張ればタープ泊に適します
比較的広いスペースをカバーしますが、大型のものが多く、設営に手間がかかります。連結しやすいので、車中泊で役立つカーサイドタープになるものもあります。

種類②ウイングタープ

幕体がひし形になっており、対角線同士の2点をポールで支え、残りの2点にロープを張って設営します。カバーする面積が小さめですが、小型のものが多く、ソロキャンプ用におすすめです。設営が簡単で、1人でも作業できます。

種類③ヘキサタープ

2本のポールとロープで設営し、六角形の幕体です。設営したときの形状に安定感があり、雨や風など天候の変化に強いです。ソロキャンプから大人数用まで、様々な種類があり、タープの中では主流の形状です。

種類④スクリーンタープ

ドームテントのような見た目で、ロープがなくても自立するものもあります。壁面がメッシュパネルになっているものは、風通しを確保しつつ虫の侵入を防ぎます。
フルクローズできるものは、保温性に優れ、冬キャンプにおすすめです。グループ向けで設営に手間がかかる、解放感に掛けるといったデメリットもあります。

種類⑤ワンタッチタープ

運動会など屋外イベントでよく見かける簡易的なタープです。タープとポールが一体化しており、設営が簡単です
ロープが無くても自立するものもあり、狭いスペースにも設営できます。比較的重量がありますが、広範囲をカバーでき、大人数用に便利です。

ソロキャンプにおすすめのタープ15選

DOD「いつかのタープ」

出典: 楽天市場
DOD(ディーオーディー)
いつかのタープ
11,000円(税込)
楽天市場で詳細を見る
初心者にもおすすめのフルセット

ユニークな商品名で知られるDODの製品です。いつかタープを張って快適なソロキャンプを楽しみたい初心者にも挑戦しやすいよう、ポールやロープなどがセットになっています。420×410cmと余裕のサイズで、テントをすっぽり覆うことが可能です。

サイズ 420×410×高さ230cm
収納サイズ 67×14×14cm
重量 5.4kg
材質 150Dポリエステル(耐水圧2000mm)
20代/女性
20代/女性

カビにくく扱いやすい

評価:

ペグやロープなど全て揃っているので、買い足す必要が無く便利です。 防水加工されたポリエステル製なので、雨が降ったり水にぬれてもすぐ乾くので、カビの心配がなく扱いやすいです。

CAPTAIN STAG「トレッカー レクタタープ」

出典: 楽天市場
CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)
トレッカー レクタタープ
4,290円(税込)
楽天市場で詳細を見る
引っ張りに強く耐久性がある

ソロキャンプから2人用にちょうどよいサイズのレクタタープで、ポール2本とロープで設営できます。ロープを接続するコーナー部分が補強されているので、引っ張りに強く、耐久性があります
アレンジの幅が広く、強風や降雪に対応した張り方もできます。

サイズ 290×180cm
収納サイズ 20×10×10cm
重量 450g(ポール、ロープ、ペグ別売り)
材質 ポリエステルリップストップ210T(耐水圧2000mm)
20代/男性
20代/男性

コンパクトで荷物にならない

評価:

防水性、UVカット加工されているので、梅雨や真夏のソロキャンプで重宝します。軽量でコンパクトに収納できるので、タープは荷物になると敬遠している人にもおすすめです。 機能性が高く、価格が安い点もポイントです。

LOGOS「ROSY ヘキサ」

出典: 楽天市場
LOGOS(ロゴス)
ROSY ヘキサ
8,128円(税込)
楽天市場で詳細を見る
1人でも設営できるサイズ

コンパクトで軽量なモデルなので、ソロキャンプやツーリングなどに便利です。シンプルなヘキサタープで、1人でも設営が可能です。価格も安いので、初めて購入するソロキャンプ用タープとしてもおすすめです。

サイズ 400×300×230cm
収納サイズ 68×12×12cm
重量 3.4kg
材質 ポリエステル(耐水圧1000mm)
20代/男性
20代/男性

真夏の炎天下は避けよう

評価:

価格が安いので購入しましたが、耐水性があり、ソロキャンプで使用するなら十分な機能性です。明るい色で遮光性が低いので、真夏の日除けとしては、少し足りないかもしれません。

UNIFLAME「REVOタープ<solo>TAN」

出典: 楽天市場
UNIFLAME(ユニフレーム)
REVOタープ <solo> TAN
11,900円(税込)
楽天市場で詳細を見る
シワになりにくい特殊形状

左右非対称のユニークな形状で、設営したときシワになりにくいのが特徴です。UVカット加工が施された厚みのある生地で、濃い影を落として真夏でも涼しく過ごせます。
同じシリーズのREVOウォールsoloを組み合わせれば、ソロキャンプ用シェルターとしても活躍します。

収納サイズ 40×15×15cm
重量 1.1kg(幕体のみ)
材質 150Dポリエステルタフタ(耐水圧1800mm)
30代/男性
30代/男性

ソロキャンプの快適さがアップ

評価:

変形六角形で設営が難しそうに見えますが、初心者でもシワなくきれいに張れました。防水性や遮光性が高く、タープ無しの場合に比べて、ソロキャンプの快適さがアップします。

mont-bell「ミニタープHX」

出典: 楽天市場
mont-bell(モンベル)
ミニタープHX
15,689円(税込)
楽天市場で詳細を見る
難燃性で焚き火の火の粉に強い

ソロキャンプにちょうどよいサイズで、専用バッグに入れてコンパクトに収納できます。難燃加工が施されているので、焚き火の火の粉が飛んでも、燃え広がったり穴が開くリスクが少ないです。

サイズ 338×280cm
収納サイズ 直径12.5×23cm
重量 640g(幕体のみ)
材質 75Dポリエステルタフタ(耐水圧1500mm)
30代/男性
30代/男性

ソロキャンプ用テントと相性がよい

評価:

ソロキャンプ用テントの上に張るのにちょうどよいサイズです。低めに設営すれば、風や雨の吹込みを防いで、調理もしやすいです。近くで焚き火をしても、燃えにくいので安心できます。

snow peak「ライトタープ ペンタ シールド[1人用]」

出典: 楽天市場
snow peak(スノーピーク)
ライトタープ ペンタ シールド[1人用]
16,946円(税込)
楽天市場で詳細を見る
ワンポールで設営できる

ワンポールで設営する五角形のソロキャンプ用タープです。シールド加工がされており、遮光性が高いので、日光をさえぎって涼しく過ごせます。
コットやインナーテントを設置すれば、ソロキャンプでタープ泊ができます。ポールを複数本使えば、テントとの併用も可能です。

サイズ 400×320×150cm
収納サイズ 32×9×20cm
重量 790g(幕体のみ)
材質 75Dポリエステルタフタ(耐水圧1800mm)
30代/男性
30代/男性

遮光性が高い

評価:

ワンポールで立てられるので、設営が簡単です。必要なパーツが少なくなり、ソロキャンプやツーリングのときに便利です。遮光性が高く、日除けとしての性能が高いです。

tent-Mark DESIGNS「ムササビウイング13ft.TC“焚き火”バージョン」

出典: 楽天市場
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”バージョン
18,480円(税込)
楽天市場で詳細を見る
テントと連結しやすい

ムササビが体を広げたような独得の形状が特徴です。ソロキャンプから少人数にちょうどよいサイズです。ポリエステルとコットンの混紡生地であるTC素材で、燃えにくく、焚き火の火の粉が飛んでも穴が開きにくいです。
テントと連結させて前室のように使ったり、ポール1本でタープ泊したりと、ソロキャンプで様々な使い方ができます。

サイズ 390×幅380/240cm
重量 2150g
材質 TC生地(ポリエステル65%コットン35%)
30代/女性
30代/女性

焚き火がしやすいTC生地

評価:

ナイロン素材に比べて、重量がありますが、安心して焚き火ができるので便利です。大雨でなければ、TC生地が水を弾くので、天候の変化にも対応できます。

Nordisk「ヴォス ダイアモンド」

出典: 楽天市場
Nordisk(ノルディスク)
ヴォス ダイアモンド
10,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る
補強があって耐久性が高い

コットンテントで知られる北欧のテントブランドですが、機能性に優れたソロキャンプ用製品も提供しています。
1箇所の頂点が長く伸びたユニークな形状の五角形タープです。ポールやロープを接続する部分は補強されているので、強く引っ張っても破れる心配がありません

サイズ 310×300cm
収納サイズ 22×35cm
重量 600g(幕体のみ)
材質 68Dポリエステル(3000mm)
30代/女性
30代/女性

耐水性が高く大雨でも安心

評価:

軽くてコンパクトに収納でき、ソロキャンプにも迷わず持って行っています。生地が薄いのでやや透けますが、耐水性が高く、大雨でも雨漏りすることがありません。

HILLBERG「タープ5 UL」

出典: 楽天市場
HILLEBERG(ヒルバーグ)
タープ5 UL
24,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る
登山用の超軽量製品

登山用テントで有名な、スウェーデンのメーカーのソロキャンプ用軽量タープです。専用ポールは付属していませんが、登山用のトレッキングポールで代用することも可能です。防水性が高く、大雨でも安心して利用できます。

サイズ 315×215cm
重量 320g(幕体のみ)
材質 20Dリップストップナイロン(耐水圧1000mm)
30代/女性
30代/女性

破れにくい丈夫な生地

評価:

生地が薄いですが、その分軽量で、引っ張っても破れません。五角形でポール1本でも設営できます。ソロキャンプサイズですが、ポール2本で高めに設営すれば2人用としても使用できます。

TATONKA「タープ 3 TC」

出典: 楽天市場
TATONKA(タトンカ)
タープ 3 TC
31,618円(税込)
楽天市場で詳細を見る
焚き火の火の粉にも耐えるTC生地

ドイツのアウトドア用品メーカーのTC生地ウイングタープです。ソロキャンプの他、ビーチでの日除けとしてもおすすめされており、高い遮光性が特徴です。
ポリエステル100%生地に比べて、火に強いので、近くで焚き火をしても安心です

サイズ 400×400cm
収納サイズ 55×33×5cm
重量 2.1kg(幕体のみ)
材質 PU加工TC生地(ポリエステル65%コットン35%、耐水圧1300mm)
40代/男性
40代/男性

生地の風合いが良い

評価:

重量はありますが、優しい風合いのTC生地で、設営したときのシルエットがきれいです。焚き火の火の粉に強く、耐水加工されており、機能性も十分です。

PaaGo WORKS「ニンジャタープ」

出典: 楽天市場
PaaGo WORKS(パーゴワークス)
ニンジャタープ
37,170円(税込)
楽天市場で詳細を見る
素早く設営できる独得の形状

ジョイントポイントが21箇所もあり、様々な張り方でアレンジが楽しめるソロキャンプ用タープです。手裏剣型の独得な形状で、素早く設営できるよう工夫されています。
ナイロン製なので丈夫かつ軽量で、ソロキャンプやツーリングに便利です。

サイズ 280×280cm
収納サイズ 27×9×9cm
重量 500g
材質 30Dナイロンシリコンコーティング
30代/男性
30代/男性

ソロキャンプ用に活躍

評価:

軽くてコンパクトに収納できるので、ソロキャンプ用に重宝します。結合ポイントがたくさんあるので、様々な形に設営できます。

Bush Craft「オリガミタープ」

出典: 楽天市場
Bush Craft(ブッシュクラフト)
オリガミタープ 3×3
17,040円(税込)
楽天市場で詳細を見る
豊富なループでアレンジしやすい

3×3mサイズの正方形を、折り紙のように自由に折って、様々な張り方が楽しめます。
端や折り目がクロスする点に、合計25箇所のループが取り付けられており、設営しやすいよう工夫されています。ソロキャンプの設営シュミレーション用に、専用折り紙が付属しています。

サイズ 300×300cm
重量 600g(ポールは付属しません)
材質 15Dリップストップナイロン(耐水圧3000mm)
40代/男性
40代/男性

タープ泊にもOK

評価:

ソロキャンプ用にちょうどよいサイズで、携帯性にも優れています。シンプルな形状ですが、ループポイントが多く、テントのように張ってタープ泊も可能です。

DD Hammocks「DDタープ 3×3」

出典: 楽天市場
DD Hammocks(DDハンモック)
DDタープ 3×3
6,680円(税込)
楽天市場で詳細を見る
張り方のアレンジが多彩

19箇所にループが取り付けられており、張り方のバリエーションが多彩です。芸人でソロキャンプYoutuberとしても知られるヒロシさんも使用していると話題になりました。
テントと併用したり、フルクローズにしてタープ泊に活用したりと、ソロキャンプに応用しやすい製品です。

サイズ 300×300cm
重量 790g
材質 ポリエステル(耐水圧3000mm)
20代/男性
20代/男性

価格が安いので挑戦しやすい

評価:

Youtubeのソロキャンプ動画で有名なヒロシさんが使っているのを見て興味を持ちました。汎用性の高い製品の中では価格が安い点もうれしいです。

Naturehike「タープ」

出典: 楽天市場
Naturehike(ネイチャーハイク)
タープ
3,900円(税込)
楽天市場で詳細を見る
価格が安いが機能性は十分

ソロキャンプ用テントの前室にちょうどよいサイズのウイングタープです。1万円以下と価格は安いですが、厚みのあるしっかりした生地です。防水加工されており、大雨にも耐えられます。
ポールは付属しませんが、幕体の他にロープ、ペグ、カラビナがセットになっています。

サイズ 402×268cm
収納サイズ 34.5×25.5cm
重量 630g(ポールは付属しません)
材質 150Dポリエステル(耐水圧1500mm)
20代/男性
20代/男性

コスパが高い

評価:

ソロキャンプ用にテントと併用しています。価格が安いので購入しましたが、軽量で生地も丈夫だし、コスパが高い製品だと思います。

BUNDOK「ミニヘキサゴンタープ」

出典: 楽天市場
BUNDOK(バンドック)
ミニヘキサゴンタープ
5,580円(税込)
楽天市場で詳細を見る
フルセットで価格が安い

ミニという商品名がついていますが、ソロキャンプから2人用までカバーできる余裕のサイズです。価格が安いですが、ポールやペグなど必要なものが揃っているので、すぐに設営できます。UVカット加工で、ソロキャンプの他、海水浴にもおすすめです。

サイズ 430×350×200cm
収納サイズ 73×11cm
重量 2.8kg
材質 ポリエステル(耐水圧1000mm)
30代/女性
30代/女性

ソロキャンプやBBQにもOK

評価:

価格が安いので購入しましたが、ソロキャンプの他、少人数でのデイキャンプやBBQにも使っています。付属のポールで2mの高さに設営できるので、解放感があります。

ソロキャンプにおすすめのタープ15選の比較表

ブランド

DOD

CAPTAIN STAG

LOGOS

UNIFLAME

mont-bell

snow peak

tent-Mark DESIGNS

Nordisk

HILLEBERG

TATONKA

PaaGo WORKS

Bush Craft

DD Hammocks

Naturehike

BUNDOK

画像

商品名

いつかのタープ

トレッカー レクタタープ

ROSY ヘキサ

REVOタープ <solo>TAN

ミニタープHX

ライトタープ ペンタ シールド[1人用]

ムササビウイング
13ft.TC“焚き火”バージョン

ヴォス ダイヤモンド

タープ5 UL

タープ3 TC

ニンジャタープ

オリガミタープ 3×3

DDタープ 3×3

タープ

ミニヘキサゴンタープ

特徴

必要な道具がフルセット
・濡れても乾きやすい
・初心者におすすめ

・ソロキャンプから少人数用
引っ張りに強い
・天候に合わせた張り方が可能

・初心者におすすめ
1人でも設営しやすい
・遮光性が小さい

シワになりにくい形状
・UVカット加工で影が濃い
・防水性が高い

難燃性加工の生地
・コンパクトに収納できる
・ソロ用テントと連結しやすい

ワンポールで設営できる
・遮光性が高い
・タープ泊にも対応

・ユニークなデザイン
・焚き火の火の粉に強い
用途が広い

・コンパクトで軽量
引っ張りに強い
・防水性が高い

登山用で超軽量
・トレッキングポールで設営可能
・薄く丈夫な生地

・遮光性に優れる
火の粉に強いTC生地
・シルエットがきれい

設営しやすい形状
・アレンジの幅が広い
・コンパクトに収納できる

・アレンジしやすい
シミュレーション用折り紙付
・コンパクトに収納できる

・多様なアレンジが可能
Youtubeで人気
・価格が安い

・価格が安い
・しっかりした生地
・防水性が高い

・価格が安い
フルセットですぐ設営可能
・海水浴にもおすすめ

商品サイト

楽天市場(¥11,000) 楽天市場(¥4,290) 楽天市場(¥8,128) 楽天市場(¥11,900) 楽天市場(¥15,689) 楽天市場(¥16,946) 楽天市場(¥18,480) 楽天市場(¥10,800) 楽天市場(¥24,800) 楽天市場(¥31,618) 楽天市場(¥37,170) 楽天市場(¥17,040) 楽天市場(¥6,680) 楽天市場(¥3,900) 楽天市場(¥5,580)

ソロキャンプにおすすめのタープに関するQ&A

ポールの高さは、どのように決めればよいですか?
風や強いときは、低めにすると、バタついたり倒れるリスクが小さくなります。
天候が良いときは、自分の身長より少し高いくらいを目安にしましょう。タープに入るときにかがむ必要がなく、設営や撤収も楽にできます。
ソロキャンプ用のタープは、どのくらいのサイズがよいですか?

キャンプの目的や、併用するテントのサイズによって異なりますが、3×3mくらいのものが扱いやすいようです。5mを超えると、ソロキャンプでは持て余してしまったり、1人で設営するのが大変です。

自分好みのソロキャンプ用タープを見つけよう!

ソロキャンプでタープがあると、直射日光や雨など、天候の変化に対応しやすくなります。また、テントの前に広い前室を確保でき、調理などの作業がスムーズにできます。
ソロキャンプなら、必要なスペースが少なくて済むので、タープ泊にも挑戦しやすいです。キャンプの目的や、テントとの連結方法を考慮すれば、使い勝手のよいソロキャンプ用タープが見つかるでしょう。
miyajimaworks

この記事のライター

miyajimaworks

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

100均のブルーシートでタープを自作!雨よけ・車を使った作り方は?

タープ

100均のブルーシートでタープを自作!雨よけ・車を使った作り方は?

100均でも購入できるブルーシートでタープを自作する方法を紹介していきます!100均のブルーシートを使う時の注意点や、雨よけのためのタープや車を使った作り方などを解説します。また、ポールなしでの自作の仕方や庭での自作方法などの質問にも答えていきます。

DDタープのステルス張りまとめ!設営手順やポールの長さは?

タープ

DDタープのステルス張りまとめ!設営手順やポールの長さは?

DDタープの中でも代表的なステルス張りについてまとめました。ステルス張りをする前にあらかじめ準備したいもの、設営手順など、詳しい情報を紹介しています。DDタープの設営に役立つロープワークも載せているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ヘキサタープの張り方応用編!覚えておきたいアレンジとテクニック!

タープ

ヘキサタープの張り方応用編!覚えておきたいアレンジとテクニック!

ヘキサタープの張り方の応用テクニックを紹介します。キャンプの時にテントと併設して使うと便利な、設置の応用方法とアレンジ一覧なども含めた内容をまとめました。また、現地でのヘキサタープの張り方で、覚えておきたい注意点なども解説していきます。

DDタープの4×4と3×3を比較!人数別のおすすめサイズは?

タープ

DDタープの4×4と3×3を比較!人数別のおすすめサイズは?

DDタープの4x4と3x3の大きさや選び方の基準などについて説明しています。DDタープの3つの種類や3x3と4x4の使い分けについても解説!DDタープのメジャーな張り方である「ビークフライ」「ステルス張り」「ダイヤモンド張り」についても詳しく紹介します。

DOD「オクラタープ」の張り方は自由自在!口コミや評価は?

タープ

DOD「オクラタープ」の張り方は自由自在!口コミや評価は?

DODの超大型タープである「オクラタープ」について紹介しています。オクラタープの魅力について詳しく解説しているので、タープに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。雨の日にもキャンプを楽しみたいという方におすすめです。

関連するキーワード

タープランキング

人気ランキング

話題のキーワード