カーサイドタープの自作方法は?おすすめアイテム5選も紹介!

お気に入りに追加

カーサイドタープの自作方法と、おすすめアイテムを詳しく解説します!カーサイドタープの魅力や、初心者でも簡単に作れる方法をまとめました。さらに、多種多様な車種に取り付けやすい商品も、5選紹介しています。カータイプに興味がある方は、ぜひ参考にして下さい。

カーサイドタープの自作方法は?おすすめアイテム5選も紹介!

目次

  1. カーサイドタープの自作方法とおすすめ商品を紹介!
  2. カーサイドタープの簡単な自作方法
  3. カーサイドタープの自作におすすめの商品5選
  4. カーサイドタープを自作して車中泊に持って行こう!

カーサイドタープの自作方法とおすすめ商品を紹介!

カーサイドタープでキャンプを楽しむ
オートキャンプだけでなく、車中泊をする際、カーサイドタープがあると便利です。タープを車体に設置するだけで、簡単にくつろげる空間を作ることが出来ます。この記事では、カーサイドタープの自作方法を紹介します。
カーサイドタープを取り付けるには費用がかかるからと、諦める必要はありません。また、自作におすすめの商品5選もまとめたので、ぜひ参考にして下さい。

カーサイドタープの簡単な自作方法

高価だと思われがちなカーサイドタープですが、実は簡単に自作することが出来ます。軽自動車用、ワゴン用、SUV用など、車体サイズに合わせて作るのがポイントです。手持ちのテントや身近な物を利用して、自分好みのカーサイドタープを作りましょう。

用意するもの

  • ブルーシートやレジャーシート
  • タープかテント用ロープ
  • ポールはテント・タープ用のものを購入、流用する
  • 吸盤、ジョイントなど車との連結を簡単にするアイテム

キャンプ用タープの半分を、ロープや吸盤で車にしっかり固定すると簡単に自作できます。シートを購入する場合、縁にハトメがあるものを購入しましょう。またポールについては、幟のポールなどを加工し代用できます。

自作方法

  1. 車のレインガーターまたは、吸盤を取り付けるルーフをウェットティッシュなどで綺麗にする。
  2. タープのハトメがくる場所に、スクリュー式タープテントクリップか、タープ用吸盤フックを取り付る。
  3. スクリュー式タープテントクリップかタープ用吸盤フックを、ハトメと同数適切な場所に取り付ける。
  4. 車体側の取り付けができたら、車体とは反対側の辺にあるハトメにポールをさし込む。
  5. タープが抜けないように、その上からガイロープを掛ける。
レインガーターや吸盤の設置面が汚れていると、取り付け器具が取れやすくなるので注意しましょう。車体後方のハトメの位置から取り付け器具を取り付けると設置しやすいです。
またフック上部についている固定用ネジは、しっかり締めましょう。ガイロープをタープの上からかけると、風があってもタープが抜けにくなります。

カーサイドタープの自作におすすめの商品5選

FIELDOORカーサイドタープ

出典: 楽天市場
FIELDOOR
カーサイドタープ
5,940円(税込)
楽天市場で詳細を見る

軽自動車やコンパクトカーに取り付けが簡単なカーサイドタープです。テント泊やディキャンプ、車中泊などにおすすめ、どこでも快適な空間を楽しめます。ハトメが3箇所あるので、車のサイズに合わせて吸盤フックの位置を簡単に変えられます。車を使ってタープを張るので、簡単に組み立てることが出来ます。また車からの荷物の出し入れも簡単で、荷物は積みっぱなしでも問題ありません。

カラー ライトグレー ・ボルドー ・ダークブラウン
サイズ 本体サイズ (約)250cm×350cm 収納時 (約)55cm×13cm×13cm
材質 生地 : ポリエステル ・ ポール : グラスファイバー
重量 (約)2.2kg
耐水圧 1,500mm以上
40代/男性
40代/男性

良い商品です

評価:

カーサイドタープは、ちょっとしたリビングスペースを確保するのに便利。車幅調整ハトメやシルバーコーティング、そしてランタンフックなど良い機能があり良い買い物だと思いました。

通販のトココ テント ルーフ リアゲート

出典: 楽天市場
通販のトココ
テント カーサイドタープ ルーフ タープ リアゲート
9,670円(税込)
楽天市場で詳細を見る

多くの種類の車体に対応したカーサイドタープで、タープ単体でも使用できるので便利です。耐水圧3000mmの撥水加工を施したPU生地が使用され、雨風だけでなく強い日差しも避けられます。風に強い構造で、傾けて車に設置すれば雨風も簡単に軽減できます。ワンタッチで使いやすく便利、重量も2.95kgの軽量で簡単に持ち運びできます。

サイズ 約190cm×240cm×200cm
収納サイズ 約56cm×10cm×16cm
重量 (約)2.95kg
素材 190Tポリエステル
カラー グリーン
30代/男性
30代/男性

可もなく不可もなし

評価:

特に取扱説明書も何も有りませんが、設営自体は難しくありません。ドーム型テントを組んだ経験があれば張り方は簡単です。収納バックがあり、きつく丸めてしまっても余裕があります。値段も安いし、今の所問題なく使えています。カーサイドタープとしては、可もなく不可もなくといった所です。

KingCamp カーサイドタープ

出典: 楽天市場
KingCamp
カーサイドタープ
13,009円(税込)
楽天市場で詳細を見る

軽自動車、SUVからミニバンまで幅広い車種に使えるカーサイドタープです。耐水圧1500mmを施したPU生地を使用、急な雨でも対応できます。設営も簡単で、タープ単体としても利用できます。持ち運びも便利で、防水性や耐久性、そして通気性に優れたカーサイドタープ。キャンプや登山、海や川など様々なアウトドアシーンで活用でき、車中泊も快適で安心です。

サイズ 幅215cm×奥行315cm
材質 150Dオックスフォード製
重量 約6.2kg
収納時 66×20×20cm
50代/男性
50代/男性

お手軽で快適

評価:

想像以上に広々としていて、快適でした。火を使った調理もきちんとできました。また、風の強い日でも十分の耐久性で、日差しもしっかりと避けてくれました。ただし、骨組みの固定はフックでなく、スリーブ式の方がもう少し便利かもしれません。

Kadahis タープ テント カーサイドタープ

出典: 楽天市場
Kadahis
タープ テント カーサイドタープ
9,932円(税込)
楽天市場で詳細を見る

kadahisのカーサイドタープは、5〜8人に対応するスタンダートなキャンプタープ。軽自動車からSUV、ジムニーなど、多様な車種に対応できます。優れたUV加工で、夏の強い日差しや紫外線から守ります。カーサイドに簡単に設置でき、野外などの車中泊でも安定して使えます。タープ本体はしっかりと縫製され、大雨の日でも縫い目から雨が漏れる事はありません。初心者にも設置がしやすいタイプなので、おすすめの商品です。

サイズ 190x280x200cm
収納サイズ 約50cm×17cm
重量 約2.7kg
素材 タープシート
耐水圧 PU2000mm
40代/男性
40代/男性

想像以上のクオリティー

評価:

思った以上に大きいですが、期待以上のクオリティーで満足してます。初めて使った日が雨でしたが、生地もしっかりしていて、雨漏りすることもありませんでした。裏地に加工もしてあり、日差しからも守ってもらえそうです。

Levolva 汎用リヤゲートタープ

出典: 楽天市場
Levolva
汎用リヤゲートタープ
16,900円(税込)
楽天市場で詳細を見る

軽自動車やハイエースに対応したカーサイドタープ。ベルトと吸盤だけで装着できるので、初心者にも簡単に設営できます。2つのモードに使い分けができる2wayタイプで、車中泊やオートキャンプなど、楽しみ方も広がります。横開きバックドアの車と、両開きバックドアの車には取り付けることが出来ません。購入時は事前に車種を確認しましょう。

材質 ナイロン(撥水加工)
40代/男性
40代/男性

大雨の日は注意しよう

評価:

防水加工ではなく撥水加工なので、大雨の日の使用は気をつけた方がいいです。雨ははじく程度と考えた方がいいでしょう。またポールは付いていません。ただ総合的に見て、キャンプや屋外で使用するには問題ないので、大人数で使うならおすすめですよ。

カーサイドタープを自作して車中泊に持って行こう!

夜のキャンプを楽しむ
カーサイドタープは、テントより手軽にプライベートな空間を確保することが出来ます。車でアウトドアを楽しみたい人には、どんな場所でも車中泊ができて便利です。テントを設営する手間を省いて、キャンプや登山などを楽しめます。
さらにカーサイドタープを簡単に自作できるのも、嬉しいポイントでしょう。自分好みのカーサイドタープを選んで、様々なアウトドアシーンに役立てて下さい。
KAME

この記事のライター

KAME

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

100均のブルーシートでタープを自作!雨よけ・車を使った作り方は?

タープ

100均のブルーシートでタープを自作!雨よけ・車を使った作り方は?

100均でも購入できるブルーシートでタープを自作する方法を紹介していきます!100均のブルーシートを使う時の注意点や、雨よけのためのタープや車を使った作り方などを解説します。また、ポールなしでの自作の仕方や庭での自作方法などの質問にも答えていきます。

DDタープのステルス張りまとめ!設営手順やポールの長さは?

タープ

DDタープのステルス張りまとめ!設営手順やポールの長さは?

DDタープの中でも代表的なステルス張りについてまとめました。ステルス張りをする前にあらかじめ準備したいもの、設営手順など、詳しい情報を紹介しています。DDタープの設営に役立つロープワークも載せているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ヘキサタープの張り方応用編!覚えておきたいアレンジとテクニック!

タープ

ヘキサタープの張り方応用編!覚えておきたいアレンジとテクニック!

ヘキサタープの張り方の応用テクニックを紹介します。キャンプの時にテントと併設して使うと便利な、設置の応用方法とアレンジ一覧なども含めた内容をまとめました。また、現地でのヘキサタープの張り方で、覚えておきたい注意点なども解説していきます。

DDタープの4×4と3×3を比較!人数別のおすすめサイズは?

タープ

DDタープの4×4と3×3を比較!人数別のおすすめサイズは?

DDタープの4x4と3x3の大きさや選び方の基準などについて説明しています。DDタープの3つの種類や3x3と4x4の使い分けについても解説!DDタープのメジャーな張り方である「ビークフライ」「ステルス張り」「ダイヤモンド張り」についても詳しく紹介します。

カーサイドタープの自作方法は?おすすめアイテム5選も紹介!

タープ

カーサイドタープの自作方法は?おすすめアイテム5選も紹介!

カーサイドタープの自作方法と、おすすめアイテムを詳しく解説します!カーサイドタープの魅力や、初心者でも簡単に作れる方法をまとめました。さらに、多種多様な車種に取り付けやすい商品も、5選紹介しています。カータイプに興味がある方は、ぜひ参考にして下さい。

関連するキーワード

タープランキング

人気ランキング

話題のキーワード