武井バーナーのパープルストーブ301Aの魅力や使い方を一挙公開!

お気に入りに追加

武井バーナーのパープルストーブ301Aの魅力や使い方を紹介しています。コンパクトサイズながら、非常に火力が強い武井バーナーの使い方や注意点を解説!パープルストーブ301Aをより使いやすくする、圧力計などのカスタムについてもまとめました。

武井バーナーのパープルストーブ301Aの魅力や使い方を一挙公開!

目次

  1. 武井バーナーパープルストーブ301Aの魅力を徹底解説!
  2. 武井バーナーパープルストーブ301Aの魅力
  3. 武井バーナー301Aの使い方
  4. 武井バーナー301Aを使う際の注意点
  5. 武井バーナーパープルストーブ301AのQ&A
  6. 武井バーナー301Aをキャンプのお共に!

武井バーナーパープルストーブ301Aの魅力を徹底解説!

アウトドアストーブ
アウトドアで暖を取るために、「武井バーナーパープルストーブ301A」があると便利です。アウトドアで使うストープには様々な種類がありますが、灯油式ストーブは非常に温かいといえます。
歴史ある武井バーナーのパープルストーブ301Aを用意して、夜間や寒い冬のアウトドアを快適に過ごしましょう。武井バーナーの魅力を徹底解説します!

武井バーナーパープルストーブ301Aの魅力

武井バーナーパープルストーブ301Aのスペック

武井バーナーの人気機種である、パープルストーブ301Aのスペックから確認しましょう。301Aは容量2.8リットルの510Aより一回り小さい、1.2リットルタイプとなっています。
301Aの定価はセットタイプで56,000円です。501Aセットの定価が78,000円なので、価格の点も大きく異なります。また、セットというのはキャンプで使用する際のヒーター付きのものとなっており、初めて買う場合はセットを選びましょう。
そして、サイズは幅16cm×高さ33cmで、重量1.8kgです。高さ的には1Lのペットボトルより少し大きい感じなので、定価と合わせて参考にしてみてください。また、武井バーナー用のサイズに合わせたカスタムパーツを販売しているサイトもあります。

武井バーナーパープルストーブ301Aのセット付属品

キャンプ用のシングルバーナー
武井バーナーのセットに付いてくる付属品もチェックしましょう。ストーブを入れるための、筒型のケースが付属してきます。
その他にはバーナー専用風防、五徳、ゴムパッキンです。五徳はクッカーやカップなどを乗せる時に安定するので便利といえます。お湯を沸かして、のんびりとコーヒーを飲むのもよいでしょう。
カスタムパーツの中には、ロング五徳やメーター付き燃料キャップなどがあります。より快適に使う場合は、カスタムパーツの購入を検討してみてください。

武井バーナー301Aの魅了①レトロなデザイン

デザインは派手ではない、レトロなものとなっています。どこかアンティーク感があり、メカメカしいデザインがかっこいい、と感じるかもしれません。
このレトロなデザインは、バーナーを点灯させたときの赤い火とマッチします。キャンプのときに眺めているだけでも十分に楽しめるほど、レトロなデザインがおしゃれとなっているのです。

武井バーナー301Aの魅力②高い熱量

バーナーの火
武井バーナーパープルストーブが人気な理由として、高い熱量があげられます。コンパクトなサイズながら、その火力は強く、寒い地域でも十分に温まることができるのです。
野外でも安心して温まれるストーブとして、1つ用意しておくと快適度が大きく異なります。また、夏場なら1リットルの水を2分ほどで沸騰させられるのです。キャンプ飯を作るときにも便利なので、荷物を減らしたいソロキャンプにも最適といえます。

武井バーナー301Aの魅力③コンパクトサイズ

キャンプギア
武井バーナーはコンパクトなサイズとなっています。301Aであれば、幅16cm×高さ33cmで、重量1.8kgというのは非常にコンパクトです。
さらに火力が必要な場合は501A、よりコンパクトなら101Cという選択肢もあります。また、カスタムパーツと合わせるなど、使い方やサイズなど選び方が様々といえるでしょう。

武井バーナー301Aの魅力④燃費が良い

どんなにコンパクトでも、燃焼時間が短いものは燃料補充が面倒です。武井バーナーは灯油を燃料にするので、燃焼時間も長くて燃費がいいです。
1.2Lのタンクを満タンにして使えば、燃焼時間は約5時間となっています。通常の調理や夜間に暖を取るなら十分すぎる燃焼時間ですし、5Lの携行タンクがあれば連泊にも耐えられます。

武井バーナー301Aの使い方

武井バーナー301Aの使い方手順①プレヒート

武井バーナーを使う上で、使用上の手順を確認しましょう。一般的な家庭の灯油ストーブと似ていますが、アウトドア用ならではの使い方があります。
まず、使い方の上で「プレヒート」という手順を忘れないようにしましょう。アウトドア用の液体燃料系のストーブを使うための、前準備をプレヒートというのです。
予熱バーナーのコックを開け、気化した灯油をチャッカマンなどで点火しましょう。霧状のものが吹き出ているところに、火をつけて種火を用意するイメージです。
そのままの状態で5分ほど待つと準備が完了します。パープルストーブでは、最初はこの作業が難しいと感じるかもしれません。

武井バーナー301Aの使い方手順②点火

プレヒートが完了したら、メインバルブを開いて点火しましょう。十分にプレヒートが行われていないと青い炎が安定せず、バーナー全体が燃え上がってしまうのです。
五徳などはこのように火が安定してから使用しましょう。もし、プレヒートがうまくいっておらず、火が燃え上がるようなことになっても、焦らずにバルブを閉じれば大丈夫です。何事も焦らないのが大切といえるでしょう。

武井バーナー301Aを使う際の注意点

使用中は上に物を置かない

ブッシュボックス
301Aを使う際、上には物を置いてはいけないときがあります。パープルストーブは、ヒーター付きの状態では上に物は置けません。
上に物を置く際は、ヒーター部分を付けずにバーナー状態に五徳を使うことになります。どうしてもヒーターを付けて上に物を置きたい場合は、脚付き五徳というものが必要ですが、少しお高いのが悩む点といえるでしょう。
そのため、自分でDIYしてカスタムするという方法もあります。工具やある程度の知識が必要ですが、そういった方法も検討してください。

定期的にポンピングを行う

プレヒートと同じく、少しコツが必要なのが「ポンピング」という作業です。風船を膨らますような感じで、ストーブに空気を送り込んで点火させる方法になります。
武井バーナーパープルストーブ301Aの場合、圧力計が付属しておらず、自分で別途購入する必要があるのです。慣れている人は圧力計が無くても大丈夫ですが、初心者にはあったほうが便利といえるでしょう。
ただし、圧力計は約3,000円ほどです。ワンサイズ大きい501Aには定価の違いだけでなく、圧力計が最初からセット品として付属しています。この点は武井バーナーの使い方の上で要注意点です。

ポンピングの際の火傷

軍手
火が弱まってきたら、ポンピングをすることで火力が復活します。しかし、このときに勢いよくやりすぎると、火が強くなりすぎて火傷することがあるのです。
パープルストーブの使い方として、作業中はグローブを付けることをおすすめします。また、バーナー自体も高温となっているので後片付けのときの火傷も気をつけてください。

使用中の音は大きめ

バーナー系のアイテムの問題点として、サイズが小さくても、使用中の音の大きさがあげられます。どのバーナーもある程度は、音がすることを覚悟しましょう。
アウトドアで使う分にはお互い様というところがありますが、家庭の庭で使っていると驚かれてしまうかもしれません。その分、非常に温かくよく燃えるので検討のポイントにしてください。

武井バーナーパープルストーブ301AのQ&A

武井バーナーを使う上で気をつけることはありますか?

どのキャンプギアにもいえることですが、必ずメンテナンスを行ってください。乾いた雑巾などでスス汚れを取りましょう。ススが原因で火力が落ちたり、燃焼時間が短くなることがあります。

ポンピングはずっとしないとダメなのですか?

パープルストーブは、時々ポンピングを行う必要があります。これは、タンク内の圧力を上げる必要があるためです。そういった意味でも、圧力計が装着しておくほうが、ポンピングのタイミングを把握しやすいでしょう。定価3,740円(税込み)とのことなので、後々でも良いので圧力計の購入を検討してみてください。また、カスタムパーツでポンピングの手間が減るものも販売されています。

他にあると便利なものはありますか?

パープルストーブは灯油を使う製品です。そのため、灯油を携行できるタンクがあると良いでしょう。容量は5Lぐらいで十分なので1つ購入しておくことがおすすめです。

売り切れていることが多い理由は?
武井バーナーは近年のアウトドアブームで、売り切れていることが増えています。ネットでは定価よりも高値で転売する人も出ている、とのことです。
定価よりも高い価格で買うのは馬鹿らしいですし、転売する人が増える原因にもなるでしょう。状態の良い中古品もあります。また、アウトドア機会が減った知り合いが持っていたら、譲ってもらうのもおすすめです。

武井バーナー301Aをキャンプのお共に!

マグカップに入ったコーヒーとキャンプギア
武井バーナーのパープルストーブ301Aについて紹介しました。アウトドアの夜や寒冷地は寒いですが、こういったキャンプギアがあるだけで温かく過ごすことができます。
複数人で温まることができますし、焚き火よりも火は安定して安全性があるといえます。キャンプ飯を作ったり、お湯を沸かすこともできるので、武井バーナーをキャンプのお供にしましょう!
二次燃焼を楽しめる焚き火台8選!モンベルのストーブも焚き火におすすめ

あわせて読みたい

二次燃焼を楽しめる焚き火台8選!モンベルのストーブも焚き火におすすめ

二次燃焼を楽しめる焚き火台を紹介します。モンベルなど有名ブランドの他、海外製品も含めて特徴やお...

おすすめのストーブファン(エコファン)紹介!冬キャンプに便利!

あわせて読みたい

おすすめのストーブファン(エコファン)紹介!冬キャンプに便利!

ストーブファン(エコファン)について説明します。ストーブファン(エコファン)の原理や効果につい...

浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

ストーブ

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

レインボーストーブの改造方法を解説しています。ファンや反射板、外筒の変えると暖房効果が高まる理由と改造するときのポイントを調査し、説明します。おすすめのレインボーストーブも記事内で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ヒーターアタッチメントは冬キャンプにおすすめ!暖房効果や原理は?

ストーブ

ヒーターアタッチメントは冬キャンプにおすすめ!暖房効果や原理は?

ヒーターアタッチメントが冬キャンプにおすすめな理由を解説しています。ヒーターアタッチメントの暖房効果や暖かくなる原理など、徹底的に調査しました。おすすめのヒーターアタッチメントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ワンポールテントで石油ストーブを使うには?リスクについても解説!

ストーブ

ワンポールテントで石油ストーブを使うには?リスクについても解説!

ワンポールテントで石油ストーブを使う際の注意点とリスクを解説します。冬キャンプを快適にしてくれるワンポールテントと石油ストーブの組み合わせですが、具体的にどんな点に注意すべきかを説明!テントと石油ストーブのおすすめの商品を口コミと合わせて紹介していきます。

冬キャンプにおすすめの電気ストーブ特集!テント内がポカポカに

ストーブ

冬キャンプにおすすめの電気ストーブ特集!テント内がポカポカに

冬キャンプにおすすめの電気ストーブについて解説します。冬キャンプで電気ストーブを使うメリット、デメリットは?寒い冬のキャンプ場で大活躍のおすすめ電気ストーブ6選を紹介!キャンプだからこそのポータブル性や、バッテリー電源でも使えるストーブに着目して紹介します。

おすすめのストーブファン(エコファン)紹介!冬キャンプに便利!

ストーブ

おすすめのストーブファン(エコファン)紹介!冬キャンプに便利!

ストーブファン(エコファン)について説明します。ストーブファン(エコファン)の原理や効果について、詳しく解説!また、ストーブファン(エコファン)のおすすめ商品を8つを、さまざまな点から比較して紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

関連するキーワード

ストーブランキング

人気ランキング

話題のキーワード