マナスルストーブの使い方や使用感は?価格やメンテナンス方法も

お気に入りに追加

マナスルストーブについて紹介します。マナスルストーブの特徴や使い方を詳しく解説しています。さらに、知っておきたい気になる点やメンテナンス方法についてもまとめているので、マナスルストーブが気になる方はぜひ参考にしてください。

マナスルストーブの使い方や使用感は?価格やメンテナンス方法も

目次

  1. マナスルストーブの使い方やメンテナンス方法を解説!
  2. マナスルストーブの特徴
  3. マナスルストーブの使い方
  4. マナスルストーブの気になる点
  5. マナスルストーブのメンテナンス方法
  6. マナスルストーブに関するQ&A
  7. マナスルストーブは長く愛用したい逸品!

マナスルストーブの使い方やメンテナンス方法を解説!

炎の画像
マナスルストーブは、愛用者が多いと言われる灯油ストーブです。冬キャンプでは、寒さ対策として、暖房器具を取り入れる人も少なくありません。マナスルストーブは、暖房器具としての性能も発揮します。
マナスルストーブは他の暖房器具を上回る性能、魅力があります。マナスルストーブの使い方やメンテナンスについても触れているので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

マナスルストーブの特徴

まずは、マナスルストーブの特徴について掘り下げていきましょう。サイズ別の比較表や、価格について触れています。マナスルストーブの購入を迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

職人が手作りする純国産の加圧式灯油ストーブ

マナスルストーブが多くの人に愛されている理由として、純国産品という点が挙げられます。熟練の職人が1つ1つ手で作り上げていて、使うほどに愛着が沸いてくるでしょう。ブラス製の加圧式灯油ストーブで、ちょっとした調理も楽しくなること間違いなしです。

携行に便利なコンパクト設計

マナスルストーブは、携行に便利なコンパクト設計で作られています。そのため、ソロキャンプなど、荷物を最小限にしたいときにもおすすめです。少人数から大人数向けのマナスルストーブもあるので、自分に合ったサイズを選びましょう。

サイズ別の3種類展開

マナスルストーブ

96

121

126

価格

25,300円

26,400円

27,500円

容量

0.2L

0.4L

0.8L

重量

0.66kg

0.84kg

0.98kg

サイズ

直径16×高さ17cm

直径19×高さ19cm

直径18.5×高さ20cm

収納サイズ

21✕19✕11cm

21✕19✕11cm

21✕19✕11cm

タンクのサイズ

11.5cm

13.5cm

16.5cm

燃焼持続時間

1.5時間

2.5時間

5時間

向いているシチュエーション

ソロ

少人数

少人数

安心の安全弁つき

灯油ストーブであるマナスルには、燃料タンクに安全弁が取り付けられています。安全弁とは、タンクの破裂を防いでくれるものです。安全性に考慮して作られているところも、マナスルストーブが人気の理由と言えるでしょう。

別売のヒーターアタッチメントで一台二役に

マナスルストーブには、ヒーターアタッチメントと呼ばれるアイテムがあります。アタッチメントは別売りなのですが、取り付けることで暖房器具としても使用可能です。普段はコンロとして使用できますが、一台二役になるため、暖房器具として利用する人も多くいます。

品切れ続きで全サイズ入手困難!

人気の暖房器具であるマナスルストーブは、品切れが長く続いています。全サイズ入手困難なので、見つけたときは、迷わず購入するのがおすすめです。
品切れするほど人気商品ということで、かなり気になっている人も多いでしょう。まずは、自分に合っているのか見極めることも重要です。

より希少なマナスルヒーターは中古でも高価格

お金の写真
マナスルストーブは、純国産の希少な灯油ストーブです。特に、2013年に発売したマナスルヒーターは、復刻してから高価格で取り扱われています。中古品を販売しているフリマサイトでは、高価格のマナスルヒーターが購入可能です。
復刻価格は4,000円ほどなのに対し、フリマサイトでは30,000円ほどで取引されています。かなり高価格なので、値下がりするのを待っているという人も多いです。

マナスルストーブの使い方

実際にマナスルストーブを購入したら、使い方に困惑するという人もいるでしょう。そのため、ここからは、マナスルストーブの正しい使い方について掘り下げていきます。使い方は全サイズ同じなので、ぜひ参考にしてみてください。

使い方①部品の確認・組立

部品の画像
マナスルストーブの使用時は、まず部品の確認を行いましょう。部品は、主に7つあります。付属のスパナを使って、タンクにバーナーを取り付けましょう。このとき、きつく締め上げるようにしてください。次に、タンクに燃料を入れます。
注油口のキャップは失いやすいので、ポンプハンドルの先端に取り付けるのがおすすめです。ジョウゴを使って、少しずつ灯油を注入します。灯油を注ぎ終えたら、注油口を閉めてください。

使い方②プレヒート

次に、プレヒートを行います。予熱皿に着火剤を乗せたら、タンクに三脚を差し込みましょう。このとき、着火剤は8分目くらいまで満たされるように乗せてください。
三脚をセットしたら、バーナーにフレームリングをセットしましょう。最後に風防をセットしたら、使う際の準備は終了です。調節弁を開けたら、バーナーを使って着火剤に火をつけましょう。

使い方③点火・火力調節

炎の写真
事前準備をたら、点火と火力調節を行います。調節弁を閉めたら、ポンピリングを行いましょう。このとき、着火剤が燃え尽きるタイミングを見計らうのがおすすめです。燃え尽きる直前にポンピリングを行うと、うまく火が付きます。
次に、バーナーに火をつけましょう。着火剤にに火が残っていると、点火する可能性もあります。ポンビリングを再度行うと、火力が徐々に強くなっていきます。火を消すときは、調節弁を開けてください。火が消えるのは、タンク内の圧力が下がるからです。

おすすめの着火剤

出典: 楽天市場
スターフューエル
バーニングペースト
418円(税込)
楽天市場で詳細を見る
コスパが高い初心者にもおすすめの商品

スターフューエルのバーニングペーストは、灯油ストーブやガソリンストーブの予熱に最適なアイテムです。主成分がエタノールなので、マナスルストーブでも問題なく使用できます。少量でも点火させられるため、コスパの良さが人気です。
低価格なので、キャンプ初心者でも手が出しやすいです。どの着火剤を購入していいのかわからないという人は、まずはスターフューエルのバーニングペーストから試してみてください。

容量 50g
主成分 メタノール
40代/男性
40代/男性

とても使いやすいです

評価:

少ししか入っていないように感じました。頻繁にキャンプを行っているため少し不安でしたが、少量でも問題なく利用できます。価格が高くないので、これからも愛用したいです。

マナスルストーブの気になる点

安全で優秀なマナスルストーブですが、いくつか気になる点があります。購入してから想像と違った、ということがないように、事前に気になる点をチェックしておきましょう。口コミやレビューでよく挙げられる点は、主に4つあります。

点火の手間がかかる

灯油ストーブなので、1回あたり安い価格で使用できます。その点に惹かれて、購入したという人も多いでしょう。しかし、点火に時間がかかってしまうという気になる点が挙げられます。すぐに使用したいという人は、少しデメリットに感じてしまうかもしれません。

燃焼時間が短め

マナスルストーブは、他の灯油ストーブと比べて燃焼時間が短めです。特に、ソロキャンプ向けのサイズは、1時間半しか燃焼しません。そのため、暖房器具としては、長時間のキャンプには向いていません。調理だけであれば、問題ない場合が多いです。
また、長時間の調理や寒さ対策を行いたい場合は、5時間燃焼するサイズがおすすめです。5時間あれば、デイキャンプを十分楽しむことができるでしょう。

使用中の音が大きい

マナスルストーブを実際使った際、使用中の音が気になるという人もいます。燃焼中の音は、実際に使ってみないと分かりません。しかし、YouTubeなら、使用している様子を見ることが可能です。
そのため、音が大きい部分が気になるという人は、他の人が使用している様子をチェックしましょう。使用中の音の大きさは、気になる人もいれば、気にならないという人もいます。中には、逆に安心感を得られるという意見もあるので、実際に使ってみるのがおすすめです。

高火力を要する料理に向いていない

小さいサイズの灯油ストーブなので、高火力は期待できません。そのため、高火力を要するチャーハンや、カリッとした焼き目を付けたい料理には不向きです。その反面、煮込み料理が得意だというメリットがあります。
マナスルストーブを使って調理を行うときは、煮込みハンバーグやポトフ、カレーなどに挑戦してみましょう。また、じっくり煮込み料理を作ったり、複数のレシピに挑戦したいなら、大きめサイズがおすすめです。

マナスルストーブのメンテナンス方法

パッキンの劣化は灯油漏れや異常燃焼の元

点火カップの上下から燃料が漏れる場合、パッキンが損傷していることが考えられます。その際は、パッキンを取り換えるようにしましょう。パッキンの劣化は、灯油漏れだけでなく、異常燃焼の元にもなります。炎が漏れてくるので、怪我の原因にもなり得るでしょう。
パッキンを交換する際は、17mmサイズのレンチを用意してください。コツを掴めば、初心者でも簡単にパッキンを交換できるようになります。

メンテナンス用のパーツセット

出典: 楽天市場
マナスル
パーツセット
2,992円(税込)
楽天市場で詳細を見る
持っていると便利なスペアパーツセット

マナスルのスペアパーツセットには、4種類のパッキンが入っているので確認してください。ジョイントパッキンが2枚、バーナーパッキンが1枚、皮パッキン、注油口パッキンが1枚ずつ入っています。そして、掃除針が3本付属しているセットです。
特殊工具を必要としないセットで、簡単に交換できる部品となります。ケースに入れて持ち運べるので、キャンプサイトでも交換が可能です。マナスルストーブを持っている人は、スペアパーツセットも持っておきましょう。

Men
Men

マナスルストーブに異常が発生しました

評価:

マナスルストーブのパッキンは、時間が経つと固くなってしまいます。なので、スペアパーツセットを持っていると安心です。今回も異常が発生したので、パッキンを交換して、その場で再度使えるようになりました。

パッキンの交換方法

パッキンの交換は、先ほど紹介したパーツセットを使い行います。使う道具は、メガネレンチ、両口スパナ、ソケットレンチ、六角レンチ、マイナスドライバー、バイスです。

交換する古いパッキンをドライバーなどを使い外し、新しいパッキンに付け替えます。長く使用したパッキンはボロボロになり割れている場合が多いので、新しいパッキンを付ける前によく煤や汚れを取り除くようにしてください。

マナスルストーブに関するQ&A

パーツは購入できますか?

マナスルストーブには、様々なパーツがついています。そのため、壊れてしまった場合は、パーツを公式から購入しましょう。フリマサイトでも販売していますが、公式サイトの方が安心です。

最適な収納方法はありますか?

公式からマナスル用のストーブナイロンケースが販売されています。そのため、収納時は専用の収納ケースを利用しましょう。もちろん、サイズが合えば他のケースでも問題ありません。

ずっと欠品ですが、いつ購入できるようになりますか?

公式サイトでは、どのサイズのマナスルストーブも欠品になっていることが多いです。いつ入荷するかは、タイミングによって異なります。気になるという人は、公式サイトから問い合わせるのがおすすめです。

マナスルはいつ頃から人気ですか?

マナスルストーブは、第一次登山ブームが起きたころから生産を行っています。その頃から人気があり、半世紀以上も愛されているブランドなので、安心して使用可能です。

マナスルストーブは長く愛用したい逸品!

3種類のサイズ展開を行っているマナスルストーブは、長く愛用したい灯油ストーブです。現に、純国産で安心安全に利用できるため、多くの人から愛されています。若干のデメリットはありますが、それでも使用する価値はあると言えます。
そのため、購入するか迷っているという人は、ぜひこの機会にマナスルストーブを購入してみてください。ヒーターアタッチメントを使えば、暖房器具としても使用できます。一台二役なので、キャンプが充実すること間違いなしです。
haruka0810

この記事のライター

haruka0810

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

ストーブ

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

レインボーストーブの改造方法を解説しています。ファンや反射板、外筒の変えると暖房効果が高まる理由と改造するときのポイントを調査し、説明します。おすすめのレインボーストーブも記事内で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ヒーターアタッチメントは冬キャンプにおすすめ!暖房効果や原理は?

ストーブ

ヒーターアタッチメントは冬キャンプにおすすめ!暖房効果や原理は?

ヒーターアタッチメントが冬キャンプにおすすめな理由を解説しています。ヒーターアタッチメントの暖房効果や暖かくなる原理など、徹底的に調査しました。おすすめのヒーターアタッチメントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ワンポールテントで石油ストーブを使うには?リスクについても解説!

ストーブ

ワンポールテントで石油ストーブを使うには?リスクについても解説!

ワンポールテントで石油ストーブを使う際の注意点とリスクを解説します。冬キャンプを快適にしてくれるワンポールテントと石油ストーブの組み合わせですが、具体的にどんな点に注意すべきかを説明!テントと石油ストーブのおすすめの商品を口コミと合わせて紹介していきます。

冬キャンプにおすすめの電気ストーブ特集!テント内がポカポカに

ストーブ

冬キャンプにおすすめの電気ストーブ特集!テント内がポカポカに

冬キャンプにおすすめの電気ストーブについて解説します。冬キャンプで電気ストーブを使うメリット、デメリットは?寒い冬のキャンプ場で大活躍のおすすめ電気ストーブ6選を紹介!キャンプだからこそのポータブル性や、バッテリー電源でも使えるストーブに着目して紹介します。

薪ストーブは自作できる!必要な材料や作り方をまとめて解説!

ストーブ

薪ストーブは自作できる!必要な材料や作り方をまとめて解説!

キャンプで使用する薪ストーブの自作方法を紹介します。薪ストーブを自作するのに必要な材料や、あると便利な道具もまとめました。DIY初心者でも挑戦しやすいシンプルな構造です。溶接作業や細かい図面をひかなくても作成できますから、ぜひチェックしてみてください。

関連するキーワード

ストーブランキング

人気ランキング

話題のキーワード