アルコールストーブの自作方法まとめ!ビール缶を使った作り方も

お気に入りに追加

アルコールストーブの自作方法を紹介します。気化したアルコールに引火させて燃焼させる簡単な原理のアルコールストーブの簡単な作り方を解説。ビール缶を使用したの簡単な自作方法などもまとめていますので、キャンプをしたい方はチェックしてみてください。

アルコールストーブの自作方法まとめ!ビール缶を使った作り方も

目次

  1. アルコールストーブを自作する方法を紹介!
  2. アルコールストーブを使うメリット
  3. アルコールストーブをビール缶で自作する方法
  4. トルネード(サイクロン)式アルコールストーブの自作方法
  5. 自作アルコールストーブと一緒に使うおすすめの五徳
  6. アルコールストーブの自作に関するQ&A
  7. アルコールストーブを自作してキャンプに持参しよう!

アルコールストーブを自作する方法を紹介!

アルコールストーブは、構造さえ分かれば自作も可能です。小型・軽量で持ち運びがしやすいので登山に活躍する最強グッズです。また、キャンプでDIYをすることで気分も上昇します。
ほぼ100均の材料で作成することができるので経済的にも安価で作成することができます。この記事では空き缶を利用して自作できる簡単な方法をご紹介します。自分好みの缶や蓋つきの缶を使って、世界で1つだけのオリジナルの最強アルコールストーブをつくりませんか。

アルコールストーブを使うメリット

携帯用のコンロとして最強のアルコールストーブを使うメリットを紹介します。アルコールストーブを使って「火を使ってエンジョイする」アウトドアライフを満喫してください。

アルコールストーブのメリット①軽量・小型

アルコールストーブを使うメリットはなんといっても小型で軽いことです。荷物をなるべく軽くしたい登山やバックパックの時に最強です。
市販のものには サイズは直径約6.5cm、高さ約5cm 、重さ15グラムの超小型サイズのものもあり、自作のものもアルミ缶で作れば軽量なので持ち運びに便利です。

アルコールストーブのメリット②ごみの削減

アルコールストーブは空き缶を利用して自作できるので、ゴミの削減に役立ちます。拾った缶でもできるのでゴミが最強のお宝にかわり、災害時にも役立ちます。
カセットコンロはガス缶がゴミになりますが、アルコールストーブはゴミがキャンプ道具になります。燃えカスや灰もなく、環境にやさしいですよ。

アルコールストーブのメリット③寒さに強い

アルコールストーブはシンプルな構造のため、寒さで故障することが少なく、冬のキャンプにも便利な最強グッズです。
ガスバーナーの場合は寒冷地用が必要ですが、アルコールストーブの燃料となるアルコールはマイナス100度以下でないと凍結しないので、寒冷地でも安心です。

アルコールストーブのメリット④燃料の調達のしやすさ

アルコールストーブの燃料はエタノールなどの燃料用のアルコールです。これはホームセンターやドラッグストア、大手スーパーの薬品コーナーなど、多くの場所で販売しています。
燃料は、100均グッズにもある小型のアルコール液対応の蓋つきボトルで、使う分だけ持っていくようにすると、荷物を軽量化できます。

アルコールストーブのメリット⑤壊れにくい

アルコールストーブは燃料用アルコールを気化して燃焼するというシンプルな仕組みのため、壊れにくいというメリットもあります。また、残りカスや灰もないのでメンテナンスも簡単です。
いざというときに壊れてしまうと困るので、アウトドアや災害時に壊れにくいということは最強のポイントですね。

アルコールストーブをビール缶で自作する方法

アルコールストーブは簡単な構造のため、仕組みを理解すれば自作できます。100均グッズ(ペンチ以外)とビール缶をつかったトレンチジェット型の自作方法を紹介します。

用意する材料・工具

アルコールストーブビール缶で自作する材料
  1. ビール缶などのアルミ缶(350ml)
  2. 缶切り
  3. カッター
  4. 紙やすり(60番)
  5. ラジオペンチ
  6. きり
  7. 新聞紙(作業時に下に敷く用)
  8. 軍手
  9. マジックペン
  10. ガムテープ

作業手順

  1. 缶切りを使ってアルミ缶の上部をふちに沿って切除し、やすりがけをする
  2. アルミ缶の下から5センチのところに、缶に対して真横にカッターナイフを入れていく
  3. 上部のアルミ缶にマジックペンで対角線上に16箇所のしるしをつける
  4. 3でつけたしるしのところにラジオペンチで縦に折り目をつける
  5. 4の上部の缶が内側になるように上下の缶をくっつける
  6. きりで、空気孔(ジェット孔)になるための穴を4箇所、均等な位置に開ける

ポイント・注意点

  • とがっている部分は危ないので、軍手など作業用手袋を着用する
  • アルミ缶を上下に切断するときは、ガムテープを台にしてぐるぐると複数回、深めに切れ込みをいれる
  • 折り目をつけるときは、指を内側に入れて、アルミ缶のでっぱりの部分までしっかりとペンチでひねる。
  • きりでジェット孔を開けるときは少しずつ開けるようにする
  • 上下のアルミ缶の間に隙間があるようにする
  • あまり重いものやなべ底の大きい不安定なものには適さない
  • 長く使うには不向きである
  • 火力の調整ができない

蓋つきの空き缶もおすすめ

コーヒーなどの蓋つきの空き缶を使うと、燃料をいれたまま持ち運びができる蓋つきアルコールストーブができます。便利ですが、気圧差などでもれてしまうことがあるので、注意して持ち運びするという前提で利用することをおすすめします。

トルネード(サイクロン)式アルコールストーブの自作方法

内炎式の渦巻炎であるトルネード式のアルコールストーブも、自作でできます。作成に少し手間はかかりますが、燃焼までの時間が短く、強めの火力が期待できます。美しいトルネードの炎は見ているだけでも楽しめますよ。

用意する材料・工具

トルネード式材料
  1. アルミ缶(フチの形状がくびれのあるタイプ)
  2. コンパス型カッター
  3. ルーター(ミニドリル)
  4. はさみ
  5. ラジオペンチ
  6. きり
  7. マジックペン

作業手順

  1. アルミ缶の上部のプルタブを取り、コンパスカッターで3~4周して切れ目を入れる
  2. 1の切れ目に沿ってペンチでつかみ切り取る
  3. 缶を半分にカットする
  4. 上半分の缶のふちの上部に8箇所マジックでしるしをつけ、きりで空気孔(ジェット孔)を開ける
  5. 4の穴の下に折り目をつける(8箇所)
  6. 5の下部に10㎜くらいの切れ目を入れて内側に折る
  7. 6を缶の下半分に入れて押し込む
  8. 外側の缶の上部余白を3㎜ほど残してハサミで切る
  9. 8の余白をペンチで外側と内側の隙間がなくなるよう内側に少しずつ折り込む

ポイント・注意点

  • 缶の上部8箇所に開けるジェット孔はジェットが噴き出す穴なので45度くらいの角度で穴を開ける。
  • ジェット孔が大きすぎるときれいなトルネードにならないので注意する
  • ジェット孔の下の折り目は孔とつながるように意識するときれいなトルネードができる
  • 上部を下部に押し込むときは瓶など使って奥まで押し込む
  • 外側と内側の隙間ができないように細かく折り込んでいく

自作アルコールストーブと一緒に使うおすすめの五徳

五徳とは炎と調理器具の間に適当な距離を保つための脚のことです。アルコールストーブで調理をする際には、炎が直接調理器具に触れて火が消えるのを防ぐために五徳が必要です。
アウトドア用品のメーカーからも使いやすい五徳を安価で販売しており、100均でも販売していますので紹介します。
出典: 楽天市場
MG TRAIL
アルコールストーブ&五徳
1,980円(税込)
楽天市場で詳細を見る
アルコールストーブと五徳のセット!

バイクでのキャンプツーリング専門店「 MG TRAIL」で販売されているアルコールストーブと五徳のセットです。 ステンレス製で質量144グラムと軽量なので、荷物を軽くできます。五徳はプレートを組み合わせたシンプルな構造なので組み立てが簡単です。組んでいる部分を外すと一辺 幅125mm×高さ60mm とコンパクトなので 標準クッカー(直径約130mm)やメスティンにストーブと五徳を収納することができてツーリングや登山の方に最強の商品です。

五徳サイズ 一辺 幅125mm×高さ60mm
アルコールストーブサイズ 直径:78mm 厚さ0.5mm
総重量 144g
素材 ステンレス

100均(ダイソー)の五徳

100均のダイソーでも組み立て式の五徳を販売しています。3枚の板を組み合わせて使用でき、風防も兼ね備えています。
材質は鉄なので少し重く、さびも気になります。縦7センチ×横15.5センチとサイズが小さめなのでかなり低めに自作したアルコールストーブでないと使用できません。
スリットが2種類あるので大きさが2段階に調節できます。耐荷重は2キロ なので普通の鍋やプライパン、ケトルなら問題なく使えます。

アルコールストーブの自作に関するQ&A

空き缶でアルコールストーブを自作しましたが、炎がゆらゆらするだけでしっかり燃焼しません。なぜでしょうか。

液面が低いと気体が漏れてしまって圧力をしっかりかからず、点火してもしっかり燃焼をしないことがあります。アルコールの量を多めにして液面を高くすると解消されます。

自作のアルコールストーブの燃料でコスパ最強の燃料は何ですか?
燃料のアルコールの中で無水エタノールは飲料できるので酒税がかかります。「消毒用エタノールは水でうすめているものが多いので燃料にはあまり適しません。
「燃料用アルコール」はイソプロパノールやメタノールが含まれているので飲むことができないので酒税がかからない分、エタノールより安価です。また、水でうすめていないのので、燃料に適しています。
市販のアルコールストーブは蓋つきの物がほとんどですが、自作の場合は蓋つきでなくても大丈夫でしょうか。

酸素がある限り燃え続けるので蓋がない場合は燃料を使いたい分だけいれて使い切るようにします。蓋があれば蓋を使って消化することができますので、自作でも蓋つきにすると便利です。

アルコールストーブを自作してキャンプに持参しよう!

アルコールストーブ五徳
アルコールストーブは小型・軽量でキャンプや登山にとっても便利なアイテムです。ビール缶などの空き缶と100均グッズで簡単に自作でき、燃料も調達しやすく環境にも優しいです。
オリジナルの缶で美しいトルネードの炎ができるアルコールストーブをキャンプに持参すると目立つこと間違いなし!キャンプ上級者として最強ですよ。
固形燃料の自作方法は?キャンプ時のコンロやストーブに欠かせない!

あわせて読みたい

固形燃料の自作方法は?キャンプ時のコンロやストーブに欠かせない!

固形燃料を自作する方法について、詳しく解説していきます。固形燃料の材料や作り方を始め、固形燃料...

アルパカストーブは冬キャンプにおすすめ!種類やサイズ・使い方は?

あわせて読みたい

アルパカストーブは冬キャンプにおすすめ!種類やサイズ・使い方は?

アルパカストーブの種類やサイズ、使い方について説明します。また新作のTS-77JS-Cを含む既存のアル...

みとぴー

この記事のライター

みとぴー

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

ストーブ

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

レインボーストーブの改造方法を解説しています。ファンや反射板、外筒の変えると暖房効果が高まる理由と改造するときのポイントを調査し、説明します。おすすめのレインボーストーブも記事内で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ヒーターアタッチメントは冬キャンプにおすすめ!暖房効果や原理は?

ストーブ

ヒーターアタッチメントは冬キャンプにおすすめ!暖房効果や原理は?

ヒーターアタッチメントが冬キャンプにおすすめな理由を解説しています。ヒーターアタッチメントの暖房効果や暖かくなる原理など、徹底的に調査しました。おすすめのヒーターアタッチメントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ワンポールテントで石油ストーブを使うには?リスクについても解説!

ストーブ

ワンポールテントで石油ストーブを使うには?リスクについても解説!

ワンポールテントで石油ストーブを使う際の注意点とリスクを解説します。冬キャンプを快適にしてくれるワンポールテントと石油ストーブの組み合わせですが、具体的にどんな点に注意すべきかを説明!テントと石油ストーブのおすすめの商品を口コミと合わせて紹介していきます。

おすすめのストーブファン(エコファン)紹介!冬キャンプに便利!

ストーブ

おすすめのストーブファン(エコファン)紹介!冬キャンプに便利!

ストーブファン(エコファン)について説明します。ストーブファン(エコファン)の原理や効果について、詳しく解説!また、ストーブファン(エコファン)のおすすめ商品を8つを、さまざまな点から比較して紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

薪ストーブは自作できる!必要な材料や作り方をまとめて解説!

ストーブ

薪ストーブは自作できる!必要な材料や作り方をまとめて解説!

キャンプで使用する薪ストーブの自作方法を紹介します。薪ストーブを自作するのに必要な材料や、あると便利な道具もまとめました。DIY初心者でも挑戦しやすいシンプルな構造です。溶接作業や細かい図面をひかなくても作成できますから、ぜひチェックしてみてください。

関連するキーワード

ストーブランキング

人気ランキング

話題のキーワード