Soomloomのポール情報!安いのに使い勝手抜群の人気アイテム

お気に入りに追加

Soomloomのタープポールについて調査しました。Soomloomのタープポールのスペックやコスパの良さ、どんな魅力があるのかなども紹介しています。付属のタープポールでは不安な方や追加で購入したい方へ、注意点も含め説明しているので、ぜひ参考にしてください。

Soomloomのポール情報!安いのに使い勝手抜群の人気アイテム

目次

  1. Soomloomのタープポールを紹介!
  2. Soomloomのタープポールの魅力
  3. Soomloomのタープポールの注意点
  4. Soomloomのタープポールは高コスパで使い勝手抜群!

Soomloomのタープポールを紹介!

Soomloomは中国広東省のスポーツ用品販売会社です。日本でもAmazonなどで取り扱いがあり、スポーツ用品の販売だけではなくアウトドアグッズの取り揃えも豊富。通販で幅広く展開しているため、実店舗よりも通販の方でSoomloomを知ったという人も多いようです。
特にSoomloomではタープポールも注目されています。この記事では、Soomloomのタープポールについて、スペックから魅力をあわせて紹介します。 

Soomloomのタープポールの魅力

Soomloomのタープポールのスペック

出典: 楽天市場
Soomloom
アジャスタブル スチール ポール 2本セット
2,380円(税込)
楽天市場で詳細を見る

1本最大190cmまで高さ調節ができるSoomloomのタープポールです。直径わずか16mmでコンパクトな収納ができます。重さも1本で600gと超軽量タイプのため、気軽な持ち運びも可能です。

長さ 42cm
直径 サイドポール16mm
厚さ 1mm
重量 1.2kg
男性
男性

安くても優秀な商品です!

評価:

レクタタープ(3×4m)のメイン・サブポールとして購入しました。16mmでは不安定かと心配していましたが、風はもちろんテントの重みにも十分耐えています。多少歪みなどはあるものの、破損などもないです。 細くて短いため収納もしやすく感じます。使い勝手も良く、予備として購入してもお財布に優しいです。安くても良い商品なのでおすすめです!

Soomloomのタープポールの魅力①値段が安い

Soomloomはなんといっても安さが魅力。2本セットを購入しても2,000円以下で購入することも可能です。タープテントを購入したときにポールが付属している場合もありますが、付いていないこともあるでしょう。
買い足しが必要なときでも、Soomloomならお財布に優しいですね。メインだけでは不安なときも、安いのでサブとして気軽に買えます。

Soomloomのタープポールの魅力②軽くて安定感がある

湖のそばでタープを張っている
Soomloomのポールの重さは1本で1kgないタイプも多いので、とても軽いです。軽いので設置しやすく、手軽に持ち運べます。重さによって無駄に労力をすり減らすということもないでしょう。
また軽くても安定感があるので、簡単に倒れる心配はありません。直径も16〜28mmで大きくても33mmと細いですが安定感もあり、少し強めの風でも持ち堪えてくれます。

Soomloomのタープポールの魅力③サイズ調整ができる

タープポール
Soomloomのタープポールは連結を増やせば好きなサイズに調節できます。種類により変わりますが約70cm〜230cm、または120cm・180cm・240cmの3段階で伸縮が可能。伸縮機能で高低差を作れば、雨よけや風よけにも最適です。
連結方法も簡単で、内部接続タイプのため差し込むとロックがかかり固定されます。抜き差しが簡単なので伸縮調節しながらの設営も手軽です。

Soomloomのタープポールの注意点

注意点①指を詰めやすい

ポールの連結部分は内部接続ができるため、安全なのかと思いきや意外と指を詰めやすい構造となっています。そのため、油断しているとうっかり怪我をしてしまうことも。
プッシュボタン式の場合もボタンを押しながらはめ込みますが、ボタンが軽いとスルッと入り込み指が挟まれてしまいます。ボタンが硬くても油断はできません。大きな怪我につながる可能性もあるので、連結の際は特に慎重に扱ってください。 

注意点②作りが雑な部分もある

汚れたパイプ

届いた時点で傷やバリがついていることもあります。さらに新品未使用品でも、ポール本体の塗装が剥げている場合も。塗装ハゲや傷が目立つようなら販売店へ連絡してください。また自分で取れないようなバリなら、こちらも販売店へ連絡して交換してもらいましょう。 

Soomloomのタープポールは高コスパで使い勝手抜群!

Soomloomのタープポールはあまりにも安いので不安になる方もいるかもしれませんが、意外にも丈夫で使い勝手も抜群。コスパの良さも大きな魅力です。安かろう悪かろうを感じさせません。
付属品の不満や追加の検討があるなら断然おすすめです。Soomloomで選んで間違いありません!
タープのポールの代用品は?100均アイテムを使った自作法もチェック

あわせて読みたい

タープのポールの代用品は?100均アイテムを使った自作法もチェック

タープのポールの代用品や、自作法について解説します。高価なタープのポールですが、身近なアイテム...

おすすめのポールケース紹介!タープやテントのポール収納に便利

あわせて読みたい

おすすめのポールケース紹介!タープやテントのポール収納に便利

アウトドアに便利な、おすすめのポールケースを紹介します。使い勝手のいいものや、たくさん収納でき...

ringo

この記事のライター

ringo

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

テント

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

パップテントに薪ストーブをインストールする際に、実際に使えるパップテント10選を選び方とともに詳しく紹介します!また冬のキャンプで使える、パップテントにおすすめな薪ストーブもリサーチしたので、ぜひ購入時の参考にしてください。

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

ストーブ

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

レインボーストーブの改造方法を解説しています。ファンや反射板、外筒の変えると暖房効果が高まる理由と改造するときのポイントを調査し、説明します。おすすめのレインボーストーブも記事内で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

ランタン・ライト

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

テント

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

日本のアウトドアブランド・テンマクデザイン「サーカスTC BIG」の魅力を徹底解説!また「サーカスTC BIG」と「サーカスTC」の違いも検証してみました。「サーカスTC BIG」のタープ連結方法やレイアウトも紹介していきますので、参考にしてみてください。

おすすめのキャンプセット紹介!テントや調理器具を一式揃えよう!

キャンプ道具

おすすめのキャンプセット紹介!テントや調理器具を一式揃えよう!

キャンプ初心者の方が揃えたいキャンプセットについて詳しくまとめています。必要不可欠なテントをはじめとした、さまざまな用品について解説!キャンプ初心者におすすめのキャンプセットから、自分好みで選ぶ際に参考にできるブランド別キャンプセットまで紹介します。

関連するキーワード

キャンプ道具ランキング

人気ランキング

話題のキーワード