キャプテンスタッグの寝袋がおすすめ!冬キャンプが快適に!

お気に入りに追加

キャプテンスタッグの寝袋(シュラフ)について解説します。魅力や種類、おすすめの商品を気になる評判も合わせて紹介!キャプテンスタッグの寝袋を冬キャンプで使用するときの注意点は?寝袋選びに迷っている方、キャンプ初心者の方はぜひ読んでください。

キャプテンスタッグの寝袋がおすすめ!冬キャンプが快適に!

目次

  1. キャプテンスタッグの寝袋(シュラフ)の魅力を紹介!
  2. キャプテンスタッグの寝袋(シュラフ)の魅力  
  3. キャプテンスタッグの寝袋(シュラフ)に関するQ&A
  4. キャプテンスタッグの寝袋(シュラフ)が冬キャンで活躍!

キャプテンスタッグの寝袋(シュラフ)の魅力を紹介!

寝袋
キャプテンスタッグの寝袋を知っていますか?値段と品質のバランスが非常に良く、寝袋選びに迷っている方に、ぜひチェックしてほしいおすすめの寝袋です。
この記事では、キャプテンスタッグの寝袋の魅力を、気になる評判も合わせて紹介します。また、商品紹介では冬キャンプで使用するコツについても解説しています。

キャプテンスタッグの寝袋(シュラフ)の魅力  

魅力①形状・連結機能

キャプテンスタッグの寝袋は、種類の豊富さが魅力の1つ。定番の封筒型や、体温を逃がしにくいマミー型、寝心地のよさと保温力を兼ね備えたエッグ型、そして寝袋に入ったまま歩くことのできる人型まで、色々な種類がそろっています。
キャプテンスタッグの封筒型シュラフは、 同じモデルの寝袋であれば2つを連結してダブルサイズとしても使用可能です。 家族連れのキャンプにもおすすめです。

魅力②保温性

寝袋女性
キャプテンスタッグの寝袋は、中綿の素材に工夫がされています。例えばファミリーバッグというシリーズでは、中が空洞になったホローファイバーという中綿を使用しています。これにより、速乾性と高い保温力を兼ね備えることが可能となっています。
寝袋選びでは、商品の「使用温度」をよく確認してから購入しましょう。一般的には「記載温度+5℃程度」を目安に考えると良いようです。3シーズン用(春~秋)の寝袋であっても、マットと防寒着を組み合わせることで冬場も過ごせるところが多いでしょう。

魅力③収納性

車を使えないキャンプでは、できるだけ荷物を小さくまとめたいですよね。キャプテンスタッグのスーパーコンパクトシュラフというモデルは、収納サイズが径14×22cmと非常にコンパクトです。
他にも、マミー型の寝袋はコンパクトに収納できて軽いものが多いため、収納性を重視したいときにもおすすめです。

魅力④値段

キャンプは「寝袋だけにお金をかけられない」という方も多いでしょう。キャプテンスタッグの寝袋は、多くが3,000~5,000円台で買えるほか、安いモデルでは1,000円台で購入可能で、非常にコストパフォーマンスに優れています。
寝袋を今まで買ったことがないという方にも、お試しに購入する寝袋として最適です。

魅力⑤寝心地

寝袋 男性

キャプテンスタッグの寝袋は、裏地にマイクロファイバーを使用したモデルが多くそろっています。極細のポリエステル繊維による柔らかい肌触りと保温性で、寝心地のよさがアップするのです。

キャプテンスタッグの寝袋(シュラフ)のおすすめ商品

出典: 楽天市場
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 封筒型3シーズン寝袋 春秋冬用7℃以上仕様
3,410円(税込)
楽天市場で詳細を見る
幅広く使える3シーズン対応シュラフ

アウトドアレジャーやブランケット、クッションとしてなど、幅広く使える3シーズン対応シュラフです。190×85cmのゆったりサイズで快適な寝心地で、同タイプを2枚連結してダブルサイズとして使用することも可能です。
幅広いシーズンで使用可能ですが、ゆったりとした封筒型のため真冬用としては寒いかもしれません。冬キャンプで使いたい方は、マットやインナーシーツ、湯たんぽやフリースなどの防寒装備と合わせての使用がおすすめです。
「自宅用として快適に使っています」という評判も多く、室内用にもおすすめです。

使用温度目安 約7℃~
サイズ(約) 幅85×長さ190cm
収納サイズ(約) 外径24×高さ43cm
重量(約) 1.7kg
表地:裏地 ポリエステル100%:ポリエステル100%(マイクロファイバー)
中綿 ポリエステル(ホローファイバー)1,200g
男性
男性

11月中旬、車内泊出来ました。

評価:

彼女と冬の星空を見るために車で出かけました。11月中旬のこと、外気温10℃くらいでした。二枚をファスナーで連結してダブル♪ 仲良く暖かく寝ることが出来ました。買って良かったです。

キャプテンスタッグの寝袋(シュラフ)に関するQ&A

3シーズンのシュラフは真冬には使えませんか?
3シーズンシュラフはほとんどのものが適応温度(目安です)が1度以上のもので、真冬の氷点下になるような環境での使用には適していません。
ウインター用のシュラフには-10度~-20度程度まで対応するもの等もありますが、使用する環境(気温、湿度、風)や、使用者の体調、就寝時の衣服などにより体感温度は大幅に変化します。あくまで目安と考えて下さい。
寝袋を使用した後の、簡単なお手入れ方法はありますか?
寝袋の使用後は汗などで湿気を含んでいます。寝袋を劣化させないためには、使用後のお手入れが重要です。
最低限のケアとしては、寝袋を広げて風通しの良いところで陰干しをして下さい。表と裏、それぞれ1時間ずつくらいが目安です日なたで干す場合は、短時間にして下さい。長時間日にさらすと、生地の劣化を早めてしまいます。

キャプテンスタッグの寝袋(シュラフ)が冬キャンで活躍!

テントと冬の夜空
キャプテンスタッグの寝袋の紹介でした。充実した性能と手に入れやすいお手頃価格で、冬キャンプのお供としても気軽に持っていけるおすすめの寝袋です。
キャプテンスタッグにはこの記事で紹介した以外にもたくさんの寝袋があるので、ぜひチェックしてみて下さい!
寺田 翔

この記事のライター

寺田 翔

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

冬におすすめの化繊シュラフ10選!選び方のポイントもチェック

寝袋・枕

冬におすすめの化繊シュラフ10選!選び方のポイントもチェック

冬におすすめの化繊シュラフのについて紹介します。化繊シュラフの素材や形状、冬用シュラフの選び方についてまとめました。また、有名ブランドのおすすめ商品一覧と各ブランドの比較表も載せたので、冬キャンプのシュラフ選びの参考にしてください。

ワークマンから発売されたシュラフやマット・コット!睡眠ギアの実力をレビュー!

寝袋・枕

ワークマンから発売されたシュラフやマット・コット!睡眠ギアの実力をレビュー!

2022年春より、キャンプギアを扱い始めたワークマンのシュラフやマット・コットを紹介します。発売日より予約殺到した低価格で高品質のワークマンのシュラフなどは、実際どうなのかレビューなどを合わせてまとめてみました。ワークマンの睡眠ギアを選ぶ参考にしてください。

タイベックのシュラフカバーが優秀!自作方法・メーカー商品をチェック

寝袋・枕

タイベックのシュラフカバーが優秀!自作方法・メーカー商品をチェック

タイベックのシュラフカバーについて徹底調査しました!タイベック素材のシュラフカバーの特徴や、おすすめのメーカー商品を詳しく解説します。タイベックを使ったシュラフカバーの自作方法もまとめました。さらに初心者にも分かりやすく、Q&Aも合わせて紹介します。

家で使用できる寝袋おすすめ7選!布団代わりに使った寝心地は?

寝袋・枕

家で使用できる寝袋おすすめ7選!布団代わりに使った寝心地は?

家で使うことができるおすすめの寝袋をまとめました。ミニマリストの方をはじめ、子供のいる家族で自宅で日常使いする際のメリットとデメリットをまとめています。自宅で布団代わりに使用する寝袋の選び方もまとめているので、参考にしてみてください。

Toogeの寝袋「ダウンシュラフ」は最強!おすすめする理由・評判は?

寝袋・枕

Toogeの寝袋「ダウンシュラフ」は最強!おすすめする理由・評判は?

Toogeの寝袋「ダウンシュラフ」の魅力を解説します。保温力だけじゃない!冬キャンプにおすすめの理由や、気になる商品の評判についても紹介しています。普段使いでの具体例も説明。Toogeの寝袋を知らなかった方、どんな寝袋を買おうか迷っている方はぜひ読んで下さい。

関連するキーワード

寝袋・枕ランキング

人気ランキング

話題のキーワード